酢キャベツダイエットでデブ菌を撃退!痩せるメカニズムを紹介します

酢キャベツダイエットというダイエット法が注目されています。簡単なダイエット法でありながらもテレビ番組では腸内にある「デブ菌」を駆逐して痩せられるという実績込みで証明されたダイエットです。誰にもできるものですが、酢キャベツダイエットはどういった効果があるのか、効率的にダイエットする方法について知っておきましょう。

注目の酢キャベツダイエットとは?

お酢に漬けたキャベツを食べるだけのダイエット法


酢キャベツダイエットは、キャベツの千切りをお酢に漬け込んだものを食べるだけのダイエット方法です。毎食酢キャベツを取り入れる以外は、特段の食事制限は必要ありませんので手軽に始められるとされています。それだけでなく、酢とキャベツはそれぞれ健康効果の高いものとして着目されていましたが、ダイエット効果だけでなく美肌効果や肝臓の働きを適正化するなど、いろいろな効能があるとして知られています。

朝昼晩の食事に酢キャベツを加える

酢キャベツダイエットを行う方法は極めて簡単です。あらかじめ作っておいた酢キャベツを、朝昼晩それぞれの食事に取り入れるだけです。酢キャベツはそのまま食べてもよいですし、煮たり焼いたり、スープにしたりと工夫をしてもかまいません。しかし加熱することで成分が洗い流される場合がありますので注意が必要です。朝昼晩の食事に酢キャベツを加えるだけで食事を抜いたりする必要もありません。

酢キャベツダイエットで痩せるメカニズムとは

キャベツの食物繊維が腸内環境に作用し「デブ菌」を撃退する

キャベツダイエットという言葉のあるとおり、キャベツ自体食物繊維が豊富で腸内環境にプラスに作用します。腸内環境には善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌とありますが、日和見菌のなかに脂肪を溜め込もうとするいわゆる「デブ菌」と脂肪を燃焼させようとするいわゆる「痩せ菌」があります。キャベツの食物繊維が腸内環境に作用し、日和見菌の中での痩せ菌の割合を増やすこと、すなわちデブ菌を駆逐することで痩せやすい体になるという仕組みなのです。

ご飯やパンに含まれる糖質の摂取を抑える効果がある


酢キャベツには、酢の成分が脂肪を燃焼したりご飯やパンに含まれる糖質の摂取を抑えて脂肪になりにくくする働きがあります。またキャベツも糖質の分解に必要なビタミンやミネラル、そして老廃物として余分なものを排出する食物繊維が豊富ですので、糖質の摂取を抑えられます。苦しい糖質制限ダイエットをしなくても毎日の食事に酢キャベツを取り入れるだけで痩せられるのです。

食物繊維が豊富なキャベツは満腹感を得やすい

また、キャベツは食物繊維が豊富です。食物繊維が豊富な食べ物は往々にしてよく噛まないと消化できません。キャベツも例外ではなく、きちんと消化しようとするとかなり咀嚼が必要になります。そのため、食事を食べる前に酢キャベツを食べると、満腹を感じるまでの時間が早くなり、結果的に食べ過ぎを防げます。ダイエットに悩む現代人の多くが食べ過ぎでかつカロリー過多であることを考えるとこれはうれしい効果です。

血糖値の急激な上昇を防いで脂肪が溜まりにくい体になる

酢のアミノ酸を中心とする成分は脂肪の燃焼を促したり血糖値の上昇を抑えてくれます。キャベツに限らずまず最初に野菜を食べると、血糖値の上昇が防げることは割と一般的に知られていることです。酢キャベツを食べることで血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。血糖値が上昇すると、脂肪がたまりやすくなりますので特に高血糖な人は食事の前に酢キャベツを食べるとよいでしょう。

お酢のアミノ酸が脂肪燃焼効果をサポートする


お酢にはアミノ酸やクエン酸がたくさん含まれており、脂肪燃焼をサポートしてくれます。そのため、お酢を使ったダイエットは昔から割とポピュラーでした。それだけでなく、キャベツの食物繊維がいらないものを便として排出しますので、その分脂肪がたまりにくくなります。そのため、酢キャベツは今までにある脂肪燃焼をサポートしてくれる食べ物なのです。

お酢が腸のぜん動運動を促進しお腹ポッコリを解消する

お酢には、腸のぜん動運動を促進する働きがあります。そのため、腸がスムーズに動きます。スムーズに動かない腸は余分な水分や老廃物を取り込んでしまい、むくんでしまいます。いわゆる「腸むくみ」もしくは「むくみ腸」と呼ばれる状態を引き起こすのです。そのため下っ腹がぼっこりしてしまいます。しかしながら、腸内環境をサポートするキャベツと、ぜん動運動を促進する酢の組み合わせは、腸自体をすっきりとするため下腹部ポッコリが改善されます。

キャベツとお酢の相乗効果で肝機能が向上しむくみを解消する

キャベツには、ビタミンUという成分が含まれており、肝臓の働きを増強します。そして、酢には弱った肝臓を助ける作用や、アルコールの分解を促す作用があります。酢キャベツを食べ続けることで結果的に体内の余分な水分や塩分が分解されますので肝機能が向上し、むくみを改善するのです。二日酔いなどになりにくいですので、お酒を飲むときのおつまみとしても酢キャベツはおすすめできるのです。

酢キャベツが「デブ菌」を減らすメカニズム

デブ菌(フィルミクテクス)は食生活次第で増殖する


腸内には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌という3つの菌があります。その日和見菌の中には、脂肪を蓄える役割をする「デブ菌」フィルミクテクスと、脂肪を排出する「痩せ菌」があります。デブ菌の割合が多いと脂肪を溜め込むため太りやすい体質になります。たとえば普段小食なのに太ってしまうという人はそうしたデブ菌が多いのかもしれません。どちらの傾向であるかというのは、食生活によって改善できます。

キャベツの食物繊維が善玉菌のエサとなりデブ菌の繁殖を防ぐ

キャベツには食物繊維が豊富に含まれていますが、その食物繊維はデブ菌の繁殖を抑える役割があります。キャベツの食物繊維は善玉菌の餌になりますので乳酸菌などいわゆる体に良い働きをする善玉菌優位になります。

お酢が悪玉菌の過剰繁殖を抑え腸内環境を整える

お酢には悪玉菌の繁殖を減らす効果が期待できます。善玉菌が増えれば割合的には悪玉菌が減ることになり、結果的に腸内環境が善玉菌優位になります。善玉菌とは乳酸菌のような体に良い働きをする菌です。悪玉菌は血中コレステロールを増加させたり、血行を悪くしてしまいます。血行が悪いと老廃物がうまく静脈から排出できません。そういった意味からも、お酢は腸内環境を良くすることができるのです。

お酢×キャベツの組み合わせはデブ菌撃退の最強コンビ

お酢もキャベツもそれぞれダイエットによい食品として着目されてきました。そのお酢とキャベツをあわせるのはデブ菌を撃退するのに最高の組み合わせなのです。酢には脂肪燃焼効果がありますし、キャベツは食物繊維があり噛み応えもあります。キャベツだけを食べるキャベツダイエットだと、ドレッシングをかけたりして結果的に高カロリーになりますが、酢はカロリーが低いですのでカロリーが低いながらも食べ応えがあるという最高の組み合わせなのです。

酢キャベツの作り方は?

酢キャベツの基本の作り方


酢キャベツの作り方は極めて簡単です。キャベツ2個を細かく千切りにします。水をよく切って塩をまぶし、余分な水分を出します。それを広口瓶やジップロックなど密封できるものに入れ、酢を注ぎます。たっぷり酢を注いだら、空気が入らないように密閉します。そうして冷蔵庫で1週間程度寝かせると完成です。ですが、すぐにでも食べてみたいという人は、最低半日寝かせればよいようです。

お酢は好みのものを使ってOK

酢キャベツに使う酢は、どのようなものでも構いません。しかしながら、ダイエット効果を目的としている人は、なるべくカロリーが低いものにしたほうがよいでしょう。お酢のカロリーはそれぞれ違いますが、米酢などの穀物酢、もしくはりんご酢のカロリーは低いです。一方でポン酢やすし酢は糖質が含まれており少しカロリーが高いです。りんご酢はまろやかな風味になりますので酢の酸味が苦手な人にもおすすめです。一方、熟成期間の長い黒酢はその分アミノ酸やクエン酸などといった成分が多いのでおすすめです。

キャベツの千切りはスライサーがあると便利

キャベツの千切りは、包丁でやっているとどうしても太くなり、その分キャベツの苦みやえぐみが出てきやすいです。しかしながら、スライサーを使うと簡単にお店のような千切りができますので成分もしみだしやすいですし、何より食べやすいです。初心者にも使いやすいスライサーがありますので購入するとよいでしょう。

手軽なカット野菜を使ってもOK


最近ではコンビニエンスストアなどでもカット野菜が手軽に売られており、キャベツの千切りはなかでもポピュラーです。自分で料理をすることができない人は、そういったカット野菜を利用するのもよいでしょう。ただし、漬け込むのは密閉できるジップロックなどを利用するのがよいでしょう。

ダイエットに効果的な酢キャベツの食べ方とは

食べる量は毎食100gが理想的

酢キャベツは毎食100グラムを目指して食べましょう。酢キャベツをそのまま100グラム食べるとなると飽きてしまったりすることもあるでしょう。サンドイッチの具にしたり、チャーハンにしたり、炒め物やスープにすることによって飽きることなく続けられます。あまり加熱すると成分が溶けだしてしまうので、スープにして汁も飲み切るか、少なめの加熱時間にしましょう。

食前に食べると過食を防げる

酢キャベツを食前に食べると、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防げます。キャベツには食物繊維が豊富に含まれていますので、噛み応えがあります。そのため、酢キャベツ100グラムをしっかりと食べるだけで、普段の食事を少なめにできます。脂肪を溜め込んでいる多くの人が摂取カロリーが消費カロリーよりも多いという現状があります。酢キャベツを食前に食べることで無理なく摂取カロリーを抑えられます。

一日に一回主食に置き換えるとダイエット効果が高まる


酢キャベツダイエットにおいて早く成果を出したい、ぜい肉がかなりあって痩せたいという人は、一日一回、パンやお米などの主食を酢キャベツに置き換えることで糖質制限にもなり痩せられます。しかしながら、毎食主食を酢キャベツに置き換えると、糖質不足になり低血糖になりますのでおすすめできません。あくまで一日一食に抑えましょう。

まとめ

酢キャベツダイエットとは、お酢につけたキャベツを毎食100グラム食べるというダイエット方法です。キャベツの食物繊維が腸内におけるいわゆる「デブ菌」を撃退するだけでなく、ご飯やパンに含まれる糖質の摂取を抑える効果もあります。また、酢には脂肪燃焼効果があるなど、ダイエットには最高の組み合わせです。酢キャベツダイエットを効果的にするには、一日一食、主食を酢キャベツに置き換えるのがおすすめです。