酢キャベツの食べやすいアレンジ術!基本と応用レシピ

テレビ番組でも話題になり、芸能人が2キロ以上痩せたと言われる酢キャベツダイエット。酢キャベツダイエットとは毎食酢キャベツを食べることによってダイエットをすることです。体質改善するためにも2週間以上は続けることが必要になりますが、毎日食べると飽きてしまいます。そのため、酢キャベツのアレンジレシピを知っておくとよいでしょう。

酢キャベツってどういう料理?

キャベツをお酢で漬けるだけの簡単料理

酢キャベツとは、キャベツをお酢で漬けただけの料理です。作り方はいたって簡単で、キャベツの千切りもしくは粗みじん切りを酢につけるだけです。冷蔵庫で半日寝かせておくだけでできます。しっかりと味がなじむのであれば1週間程度置いておくとよいでしょう。キャベツはしっかりと細かく千切りしたほうが酢になじみます。スライサーを使うとスムーズに切ることができます。注意事項としては水気があると日持ちがしませんので、水をしっかり切りましょう。

キャベツとお酢の栄養素を同時に摂取でき健康に良いと話題

キャベツとお酢、それぞれダイエットには最適なものです。キャベツはダイエットに良い食物繊維が豊富ですので、腸内環境を整え老廃物が体外へ出やすくします。お酢はクエン酸やアミノ酸など脂肪を燃焼させられるという効果もあります。キャベツとお酢の栄養素が一緒に摂取できますので、脂肪をためにくい代謝の良い理想的な体を作ることができるのです。

お酒が大好きな人の健康維持にもおすすめ

お酒を飲む人にも、酢キャベツがおすすめです。酢は肝臓でアルコールの分解をすることを促進してくれますし、キャベツに含まれるビタミンUは、肝臓の働きを助けてくれます。そのため、お酒が好きな人にとっては二日酔い対策にもなります。また、酢キャベツはカロリーがとても低いです。お酒が体に毒なのはアルコールもそうですが、お酒のおつまみが高カロリーなことも起因しています。酢キャベツをつまみにお酒を飲むことは、アルコールの分解を楽にするだけでなくカロリーの取り過ぎを防ぎます。

毎食100gの酢キャベツを食べるだけのダイエット法も人気

酢キャベツダイエットはとても手軽です。毎食100グラムの酢キャベツを食べるだけのダイエット法はとても手軽で人気になっています。酢キャベツを食べるだけでほかに食事制限をしたり辛い運動をしたりする必要がないので、簡単に続けることができます。年齢や性別を問わずにできるダイエット法で、口コミも大変多いです。

酸味を生かした料理にアレンジすると食べやすい

酢キャベツを食べるだけ、といっても酢キャベツダイエットは2週間以上酢キャベツを食べ続けないと腸内環境が変わりません。毎日食べると飽きてしまうので、アレンジをするのもよいでしょう。酢キャベツは特に酸味を生かした料理にアレンジすると食べやすいです。ドイツにはキャベツを発酵させたザワークラウトのような料理がありますので、そういった酸味を生かした料理にすると食べやすいのです。

酢キャベツの基本レシピ

酢キャベツの基本レシピ


酢キャベツの作り方は極めて簡単です。キャベツ1個を千切りにします。酢に漬けますので芯まで全部食べられます。広口瓶やジップロックなどに目いっぱいキャベツを詰めましょう。それから、酢を注いで混ぜます。ジップロックなどに入れる場合は、空気が入らないように空気を抜きましょう。鷹の爪を入れるのもよいですが、鷹の爪は中の種を抜いて入れるとよいです。すぐ食べたい場合は塩を少々加えてもんだりするのもよいでしょう。しんなりして早く食べられます。2,3週間日持ちします。

酸味が苦手な場合はダシや水で酢を薄めても良い

酢キャベツダイエットを続けられない、という人は味を変えてみるのも一つの方法です。酸味が苦手で受け付けないという人もいるからです。酢キャベツに使う酢はどのようなものでも構いませんが、比較的まろやかなりんご酢を使うという方法もあります。それだけでなく、水で薄めたりだしを加えたりすることで、カロリーが高くならず、かつ酸味が苦手な人でもダイエットを続けられます。

お酢のみで漬けた場合は2~3週間保存可能

調味料 酢

酢キャベツの保存期間は、お酢のみでキャベツを漬けた場合は、保存期間が2,3週間程度です。生のキャベツよりも保存期間が極めて長いですので、キャベツが余ってしまって・・・という人にもおすすめです。酢キャベツは毎食100グラム程度を食べるのが良いですので、キャベツひと玉か半玉を使って一気に作ってしまうと楽です。

お酢を水などで薄めた場合は早めに食べきること

酢キャベツの保存期間は2,3週間程度です。ですが、お酢の酸味が苦手なので水で薄めた場合、傷みも早くなります。そのため、酢キャベツを水などで薄めた場合は1週間程度を目安に食べきるようにしましょう。すし酢やポン酢などの調味酢には、糖分が含まれていますのでこちらも同じように1週間程度の日持ちと考えましょう。一方で調味酢は糖分が入っていて高カロリーですのでダイエットには不向きな一面もあります。

酢キャベツの簡単アレンジ

黒コショウ・ごま・ハーブソルトなどお好みのシーズニングを加える


酢キャベツの酸味が苦手な人は多いですし、せっかく作った酢キャベツを「まずい」と感じてしまうことも少なくありません。しかしながら、黒コショウやごま、ハーブソルトなどを使うことで酢の酸味が緩和されますのでまろやかで食べやすくなります。また、ごまにも栄養素が豊富にありますのでそういった意味でも良いかもしれません。何より味が変わって食べやすくなります。

オリーブオイルやごま油をちょい足しして風味をつける


酢キャベツダイエットで効率的に痩せようと思うのであれば、やはり少々の油をかけてみるとボリュームが多く食べやすくなるのです。たとえばえごま油やオリーブオイルですと、良質な油で味も良いですので食べられますしお酒のおつまみにもおすすめです。

生野菜やナッツをプラスしてサラダ風にアレンジ


酢キャベツを毎食100グラム食べるのは簡単そうで難しいことです。毎日気軽に食べるのであれば、サラダにするのがよいでしょう。ニンジンがあると彩りがよくなりますし、ナッツがあるとそれだけで食べ応えがあります。ナッツは抗酸化作用があり肌にも良いですし、味も良くなりますのでサラダへのアレンジがおすすめです。

食卓が華やかになる紫キャベツのマリネ風アレンジ


酢キャベツで食卓を華やかにするのであれば、紫キャベツで作ることです。普通のキャベツで作っても紫キャベツで作っても栄養価が大きく変わるということはありません。そのため、食卓を華やかにしたいのであれば、紫キャベツで酢キャベツを作ってみるのもよいでしょう。

塩昆布をプラスしてお酒のヘルシーおつまみにアレンジ


酢キャベツは和風の味わいでも作ることができます。酢キャベツに塩昆布をプラスをすると、ヘルシーなお酒のおつまみになります。お酒のおつまみはとても高カロリーなものが多いですので、塩昆布をプラスした酢キャベツですとお酒にも合いますし低カロリーで健康にも良いです。

酢キャベツのひと手間アレンジレシピ

酢キャベツのせトースト


酢キャベツをアレンジした朝食は、酢キャベツトーストがおすすめです。酢キャベツを食パンにのせてトーストし、マヨネーズやケチャップと食べるとそれだけでボリュームの多い朝食になります。ただしマヨネーズなどの調味料にはカロリーが多く含まれていますので注意が必要です。

酢キャベツのせ低糖質トマト麺


酢キャベツダイエットが成功する秘訣としては、やはり糖質を控えめにすることです。それでも麺料理を食べたい、と思うのなら糖質オフ麺がおすすめです。糖質オフ麺をトマト缶で煮て、それから酢キャベツを添えればそれだけでおいしくてそしてボリュームのある麺料理になります。

ドイツ風酢キャベツとソーセージの煮込みマスタード風味


ドイツには酢キャベツと似ているザワークラウトという料理があります。発光させているかどうかの違いです。そのため、ソーセージとの相性は抜群でしょう。そのため、ニンニクとマスタードで味を付けたソーセージと酢キャベツで煮るというアレンジもおすすめです。ソーセージを使っていますので手軽にできます。

まとめ

話題になっているダイエット方法の一つ、酢キャベツダイエットです。酢キャベツとはキャベツを酢に漬けこんだ料理ですが、両方の栄養素を摂取できるとおすすめです。毎食100グラム酢キャベツを食べるだけでダイエットできるというダイエット方法も手軽です。酢キャベツの酸味が苦手な場合は、ダシや水で薄めることもおすすめですがそうすると1週間程度しか日持ちがしませんので注意が必要です。酢キャベツのアレンジ料理としては、好みのシーズニングを加えたり、生野菜やナッツなどをのせてサラダ風にしたり、食卓を華やかにする紫キャベツのアレンジもあります。酢キャベツのせトーストや低糖質のトマト麺とかソーセージ煮込みなどいろいろなアレンジ方法があります。