バランスボールの選び方はサイズ!大きさ別おすすめ商品も紹介します

バランスボールは、運動を普段全くしない人でも取り扱うことができる簡単なトレーニング用具です。ただ椅子に座っているだけで姿勢が良くなりますし身体のゆがみも改善できます。バランスボールの効能としてはインナーマッスルを鍛えることができるだけでなく、しなやかな身体を作ることもできます。バランスボールの効能や選び方について知っておくとよいでしょう。

バランスボールの効果

インナーマッスルが鍛えられる

バランスボールで筋力トレーニングをすると、インナーマッスルを鍛えることができます。インナーマッスルとは、体幹部分に存在するという人間の姿勢を維持するための筋肉全般を示す言葉です。インナーマッスルを鍛えている人はスタイルもよく見えますし、体幹を鍛えることもできます。体幹を鍛えると運動したときに姿勢が崩れにくかったりケガが起こりにくかったりします。

椅子代わりに使って身体のバランスを整えゆがみを改善する

筋力トレーニングに抵抗がある人でも、バランスボールを椅子代わりに使うことで身体のバランスを整えてゆがみを改善できます。骨盤や背骨など、人間を支える骨はあるのですが、知らず知らずのうちに歪んでしまいます。例えば足を組んだり同じ肩でばかりかばんを使うなどすると、身体のバランスが改善されて姿勢が良くなります。身体のゆがみから生じる肩こりや頭痛、腰痛なども改善できます。バランスボールはもともと医療用に作られていたため、こういった効能もあるのです。

ダイエット効果が期待できる

バランスボールはダイエット効果が期待されます。バランスボールを使った筋力トレーニングやヨガは簡単なようで実は全身の筋肉を伸ばすようになります。バランスボールを使ったトレーニングは上下均等に筋肉を鍛えていくことができます。そのため、高いダイエット効果が期待できます。バランスボールを使って体幹を鍛えれば、スタイルもよくなりますしダイエット用の筋肉トレーニングをしてもトレーニング効果が高くなり、痩せやすくなります。

バランスボールの選び方

140~155cm…55cmサイズがおすすめ

バランスボールの選び方は身長に応じて選ぶとよいです。フリーサイズのバランスボールをありますが、身長が低めの女性にとっては大きすぎるのでおすすめできません。140cmから155cmまでの小柄な女性は、55cmサイズがおすすめです。小柄な女性だけでなく、小学校高学年から子どもでも単独で使用できる大きさですのでトレーニングを考えている子どもにも便利です。安いからと言って男性や背が高めの女性が購入してしまうと使いづらさを感じます。

155~170cm…65cmサイズがおすすめ

もっとも需要が多いサイズが65cmサイズのバランスボールです。身長155cmから170cmくらいの人が使えます。真ん中のサイズですが、バランスボールの使用者の多くは女性ですので女性を意識したサイズ設定になっています。運動によっては、身長が高くてもこのサイズでいけますので、まずどのサイズかわからない人は試してみるのによい大きさです。ホームセンターなどの店舗では、このサイズまでしか展開していないところも多いです。

170cm以上…75cmサイズがおすすめ

身長が170cm以上ある人は、75cmのサイズのバランスボールがおすすめです。身長170cmから185cmの人に向いていますが、もともとバランスボールが女性中心のサイズ展開になっていることからも、170cm程度の身長の人はこのサイズを使用するのが良いかもしれません。特に座ってトレーニングをしたり姿勢を正したりするのでは、小さすぎるバランスボールでは腰の位置も低くなり体重も腰にかかりやすくなります。水平な姿勢で座ることができるように、少し大きめのサイズを用意したほうがよいかもしれません。

身長140㎝~155㎝の人におすすめのバランスボール(55㎝サイズ)

Active Winner バランスボール

Active Winner バランスボール 55cm シルバー ポンプ付き! ヨガボール ダイエット アンチバースト仕様

使う人を選ばない、55cmのバランスボールです。フットポンプ式の空気入れもついており、自宅やオフィスでの簡単なエクササイズからバランス運動まで無理なくできます。小さめのサイズですので女性だけでなく子どもやお年寄りでも使用できます。本物のアンチバースト加工をしていますので、妊婦さんや子どもでも安心して使用できます。お値段もお手頃で、小柄な人であれば椅子代わりにも使用できます。

Reebok(リーボック)スタビリティ ジムボール

Reebok(リーボック) エクササイズ ジムボール 55cm ツートン RAB-40015BL DVD付

腹筋や体幹など負荷のかかる運動でもできる、リーボックのジムボールです。二重の構造グリップにより抜群の安定感を誇ります。負荷を与えた状態ではグリップ力が追加されますのでエクササイズ中に転がっていくこともありません。長寿命の高密度のゴム製ですので質の高いバランスボールで長く続けることができます。身長がさほど高くない人なら、椅子代わりに使うことができます。上下が決まっているので戸惑う人もいるかもしれませんが、逆に上下が決まっているので転がらず使いやすいです。

身長155㎝~170㎝の人におすすめのバランスボール(65㎝サイズ)

Astarye バランスボール

バランスボール 65cm 25cm 55cm 75cm 滑り止め 厚い アンチバースト ポンプ付き ヨガボール フィットネス エクササイズ トレーニング ジム/ホーム/オフィスに適応 十色 Astarye(65ブルー)

評判がよく、多くの人に使われているバランスボールだそうです。カラーバリエーションも豊富であり、性別を問わず使いやすいです。適度な弾力があって上に乗せたりおなかをのせたりなどいろいろな用途で使用できます。かわいらしい形ですので使うたびにテンションが上がります。値段も安くてよい商品ですし、155cmから170cmの人まで幅広く使うことができます。

ANBURT バランスボール

ANBURT バランスボール 65cm ダイエット フィットネスバール ヨガボール エクササイズボール 運動 椅子 破裂防止機能付き アンチバースト仕様 エアポンプ付き 栓付き プレゼント

値段も安くて汎用性のあるサイズですのでいろいろな体格の人に使えるバランスボールです。専用の空気入れポンプもありますし、耐荷重は500キログラムですので安心して使用できます。身体全体をこのバランスボールに乗せて伸ばすだけで筋肉がきれいにほぐれます。また、あまり身長の高い人でなければ椅子代わりにも使用できますのでおすすめです。使い方次第で幅広く使用できるバランスボールです。

身長170㎝以上の人におすすめのバランスボール(75㎝サイズ)

Patech フィットネスボール

Patech フィットネスボール エクササイズボール バランスボール ヨガボール 75cm ストレッチボール 固定リング付き フィットネスボール トレーニングボール トレーニングチューブ付き PVC アンチバースト ダイエット 健康維持 ジム/ホーム/オフィス適用

75cmサイズのバランスボール自体があまり店頭には展開されていませんが、このPatech フィットネスボールはエクササイズボールとしてもバランスボールとしてもヨガボールとしても使えます。固定リングもついていますし、トレーニングチューブ、空気入れまでついていますので一通りの本格的なトレーニングができます。今までのバランスボールよりは一回りも二回りも大きく感じられますのでダイナミックなトレーニングができます。お手頃価格でありながらも商品はしっかりしており耐久性も高いです。とくに椅子の代わりに使う人はこれくらい大きなものの方が腰に負担がかかりません。

東急スポーツオアシス フィットネスクラブがつくったバランスボール

東急スポーツオアシス フィットネスクラブがつくった バランスボール 75cm (リング & エクササイズDVD & ハンドポンプ付き) FB-800 (アイスブルー)

フィットネスクラブが作った大きなバランスボールですので、本格的なエクササイズはもちろんのこと、椅子の代わりにも育児にも、シェイプアップにもいろいろな場面で使うことができます。固定用リングがついていますので、バランスボールが滑っていくことがありません。ゆえにデスクワークやパソコン作業、乳幼児をあやすときに安定して使えるというメリットがあります。エクササイズ、シェイプアップなど行いたい人は、付録のエクササイズDVDを見るのがおすすめです。フィットネスクラブのノウハウが詰まっています。

まとめ

バランスボールの効果としては、インナーマッスルが鍛えられた理椅子の代わりに使って体のバランスを整えて歪みを改善したり、ダイエットやシェイプアップが期待できるなどさまざまなものがあります。バランスボールの選び方としては、55cmサイズのもの、65cmサイズのもの75cmサイズのものと3つあります。身長を一つの基準として選ぶとよいですが、椅子のかわりにバランスボールを使うのであれば少し大きめのほうがよいかもしれません。バランスボールにはさまざまなサイズがありますが、65cmサイズが一般的なものです。ですが、バランスボールを使用する人の多くが女性であることから、170cmくらい身長のある人は大き目の75cmサイズを選ぶとよいでしょう。バランスボールを選ぶのであれば、品質だけでなくサイズにも注意をして選ぶようにしましょう。