ダイエットケーキの謎に迫る!おすすめレシピも紹介

ダイエット中にどうしても甘いものを食べたいと思う方はきっと多いことでしょう。ダイエット中にデザート類を我慢してしまうと、リバウンドを引き起こす恐れがあります。

悪いケースではデザートをドカ食いしてしまい、前よりももっと太るということもあります。上手にダイエットを実行するためにはデザートも我慢せず、少しだけ食べるということがポイントです。

ダイエット中の方でもお勧めしたいのがダイエットケーキです。ダイエットケーキは通常のケーキとは違う特徴などがあります。そこでダイエットケーキの特徴や効果的な食べ方などについて、お伝えしたいと思います。

太りづらい?!ダイエットケーキの正体とは…

一般にデザートの多くは太りやすく、ダイエット中には我慢しなければならないものとされています。特にケーキは高脂肪で砂糖の使用量も非常に多いものです。

しかしダイエットケーキはヘルシーで健康的です。そのため、甘いものを我慢することなくダイエットを実行したい方でも、安心して食べることができます。ダイエットケーキとは実際にどういったものなのでしょうか。

生クリームを使っていない

脂質は体にとって必要な栄養素ですが、必要以上に摂取しないことが大切です。ダイエットケーキには生クリームを使用していないという特徴があります。

生クリームは乳脂肪が非常に多く、通常のケーキを食べることで乳脂肪を多く摂取してしまいます。そのため、ダイエット中は通常のケーキはなるべく避けなければなりません。しかしダイエットケーキなら乳脂肪の摂取を抑えることができます。

ケーキに食物繊維が入っている

ダイエットケーキには食物繊維が含まれています。食物繊維は糖や脂肪の吸収を抑えたり、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果があります。そのため、ダイエット中には積極的に摂取したい成分といえます。ダイエットケーキを食べることで、食物繊維を摂ることができます。

通常のケーキよりも太りにくいため、甘いものが食べたい場合にケーキの代用としてぴったりです。特に健康を意識しながらダイエットを実行していきたい方は、ダイエットケーキを作る際に食物繊維を加えてみるといいでしょう。

バターの使用が少ない


ダイエットケーキには、通常ケーキ作りで欠かせないバターは使用していません。バターは乳脂肪そのものです。しかしダイエットケーキではバターを使用しない分、乳脂肪を多く摂取する心配がなく、適量なら食べても太ることがありません。

バター不使用でヘルシーなダイエットケーキを上手にダイエット中に取り入れていくといいでしょう。ダイエットがもっと気軽に楽しく実行できます。

クリームチーズやマスカルポーネを使っている

ケーキでは脂肪分がある程度必要になりますが、ダイエットケーキでは脂肪の多い生クリームやバターを使用しておらず、代用としてクリームチーズやマスカルポーネを使用しています。そのため、脂肪の摂取を抑えることができます。

またこれらの原料を使用しているため、コクと風味が出て満足感を得ることができます。チーズを使用すれば少量でも強く風味を出せるため、ケーキらしい味わいが欲しい時には少量チーズを加えてみてください。

ダイエットケーキでさらにダイエット効果を得る方法

ダイエット中でも甘いものを我慢する必要はありません。ダイエットケーキなら適量で満足できますし、甘いものを控えることで起こりやすいドカ食いの心配もありません。

実際にダイエットを実行し、ダイエットケーキを間食として召し上がる際には、より高いダイエット効果を実感するために、いくつか工夫したいポイントがあります。このポイントを知って、その上でダイエットを実行してみてください。きっとより早く痩身効果を実感できることでしょう。

よく噛んで食べる


食べ物を食べる時によく噛むことで満腹感が得られやすいものです。また満腹感が得られる前によく噛まずに急いで食べてしまうと、食べ過ぎになってしまうことになります。

そのため、ダイエット中でも安心して食べられるダイエットケーキであってもゆっくりとよく噛んで食べることが大切です。のんびりと、ノンシュガーの紅茶やコーヒーと一緒に食べることで、よりおいしさを感じられることでしょう。

なるべく朝に食べる

夜に多く食事をすると過剰に食べた分が脂肪に変わってしまうものです。そのため、ダイエットケーキを食べるタイミングとして、できれば朝に食べるようにした方がいいでしょう。朝に食べれば寝る前までには消化されてしまうため、脂肪に変わりにくく安心です。

朝にダイエットケーキを食べれば1日の始まりもきっと楽しくスタートを切ることができることでしょう。

味が薄くてもハチミツやクリームを使用しない

ダイエットケーキは多少の甘さを感じられる為、甘いものが食べられないことでストレスがたまりやすいダイエット中でも満足感を得ることができます。それでもあまり甘くしないことが大切です。

ダイエットケーキを作る時には、はちみつやクリーム類をできるだけ使用しないことを守ってください。最初は物足りないと感じるかもしれませんが、徐々にその味に慣れていくものです。

ダイエットケーキのおすすめレシピ

ダイエット中でも安心してデザートが食べたい方にはダイエットケーキをお勧めします。ただこれまでそういったケーキを作ったことがない方にとっては、どうやって作ればいいのかわからないことでしょう。

そこで美味しく、また満足感が得られやすいダイエットケーキの作り方をご紹介したいと思います。中にはケーキを作ったことがない方のために、特別な材料がなくても簡単に作れるレシピもあります。是非一度ダイエットケーキを作ってダイエットをより楽しいものにしてみてください。

簡単なダイエットチーズケーキ


デザートを日常的に作ることがない方でも簡単に作ることができるレシピです。クリームチーズを使用し、コクと満足感を引き出しています。また人工甘味料を使用することで、カロリーダウンを図りつつ、太らないようになっています。

仕上がりはふんわりとしており、通常のチーズケーキのような味わいを楽しむことができます。チーズケーキをダイエット中でも食べたいという方には特におすすめです。

豆腐を使ったダイエットケーキ


ヘルシーな仕上がりで、軽さが特徴的なのが豆腐のダイエットケーキです。牛乳を使用していますが、ごく少量となっており、乳脂肪の摂取を抑えることができます。また豆腐とオリーブオイルの使用により、植物性脂肪を摂取できるようになっています。

フライパンで作るため、ケーキを作る際に使用する型をお持ちでない方でも、簡単に素早く作ることができます。ケーキ作りの材料がないけどダイエットケーキを作ってみたいという方はこのレシピを参考にしてみてはいかがでしょうか。

痩せるパンケーキ


フライパンを使用して作ることができるパンケーキのレシピです。食物繊維を加えることで、糖質や脂肪の吸収を抑えることができます。

甘さを抑えているレシピですが、少し甘味が欲しいという方は人工甘味料、またフルーツソースを少量トッピングしてもおいしく仕上がります。材料がシンプルになっており、ケーキを作ったことがない方でも、気軽に、また時間をかけることなく調理することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。ダイエット中にデザートを我慢してしまうと、リバウンドを引き起こすことがありますし、苦痛を感じて断念してしまうこともあります。そういったことを防止するためにも、ダイエット中でも太らないダイエットケーキを活用してみてはいかがでしょうか。

ご紹介したレシピはどれも作りやすいものばかりです。実際に作ってみて、ダイエットをより楽しく実行していってください。