右脳の働きと左脳の働きは?利き脳チェックとトレーニング法

人の脳というのは、生きていく上で重要な役割を持っています。人の脳は左脳と右脳に分かれているということは知っている人が多いと思いますが、実はそこまで脳について知らないという人も多く居ます。何をする上でも人の脳は大切な働きをする場所でもあるので、少しでも脳についてをしっかりと理解して、より脳の働きを高められるようにしていきましょう。

左脳と右脳の役割

男脳 女脳
人の脳は、左脳と右脳の2つに分かれています。同じ人の脳でありながら、この2つは異なる役割を持っており、その場面場面によって使われる場所が異なります。では、実際に右脳と左脳はどのような役割を持っているのかをしっかりと理解して、その2つの違いについて覚えておくようにしましょう。

左脳は論理的思考を担当

左脳というのは、論理的思考を行う時に使用される場所です。動物の中で、人が最も発達している場所とも言われています。左脳の役割というのはコンピューターのCPUのような役割をする部分で、記憶を脳内にとどめるということよりは分析や解析をするということを得意としている箇所です。

このような働きを得意としているため、記憶をするという領域は右脳に比べると小さいのも特徴です。そのため、大量の情報を長期間記憶したままにするということは向いていません。そのため、短期間の情報を脳内にとどめておく時には、左脳を使うことが多くなります。

右脳は全体的な処理能力を受け持つ

先ほど左脳は記憶の容量は少ないことをご紹介しましたが、右脳はその逆で左脳に比べると記憶容量が大きいと言われています。そのため処理能力も早いというのが特徴で、その処理スピードは左脳とは比べものにならないレベルだとも言われており、頭の中で多くの情報などを処理してくれるのが右脳です。

左利きは右脳が発達しやすい


左脳と右脳というように人の脳は右と左に分かれていますが、同じように右と左に分かれているのが利き腕です。単純に考えると左利きの人は左の脳が発達しやすく、右利きの人が右脳が発達しやすいというイメージの方がしやすいでしょう。しかし、実際はその逆で右利きの人は右脳が発達しやすく左利きの人が右脳が発達しやすくなっています。そのため、人は身体の左側を動かそうとすれば右脳が命令をだし、身体の右側を動かそうとすれば左脳が命令を出すというようにできています。

右脳の詳しい働き

全体的な処理能力を持っているうえに、ハイスピードで処理することができる右脳ですが、その右脳には左脳とは異なるさまざまな働きを持っています。日常生活を送るうえでは、右脳の働きについて知ろうと思う機会はなかなかないと思いますがこれを機会に自分の身体の1部である右脳がどのような働きを担っているのかについて知っていきましょう。

芸術を司る脳

芸術というのは、論理的に考えるというよりは見たものを捉える感覚的な部分が強い分野です。そのため、感覚的な要素が強い芸術と言うのは五感を働かせるときに強く働かせるのは右脳なので、五感の要素が非常に強いので右脳は芸術的な分野を司る脳であるということも理解しましょう。

図形や映像の認識


右脳と左脳は、役割に違いがあるもののどちらも情報処理能力は有しています。しかし、何の情報処理をするのかにもよって得意不得意というのが存在しています。右脳の場合は、図形処理や映像処理などを得意としているので、図形や映像を認識して処理をするということに関しては左脳に比べて優れている場所だと考えて良いでしょう。

大容量の記憶

左脳と右脳には記憶量に違いがあり、左脳の場合は文字による記憶が得意ですが少量しか覚えることができません。それに対して右脳はイメージによって大量の記憶をすることができます。そのため、右脳の特性を理解してものごとを記憶するという場合には速読記憶術や覚えたいことを聞いて覚えるという方法をとることによって大量の情報を脳に記憶することができるでしょう。

音楽を聴く

音楽を聴くという時にも、右脳が使われることが多いと言われています。しかし、歌詞を意識して聴くようになると左脳が働くとも言われています。音楽を聴くことによって右脳が働くというのに当てはまる場合は、歌詞が聞こえてきたとしてもそれを言葉として意識するのではなく音としてそのまま脳内で処理するという時に右脳が活発に働きます。

利き脳をチェックする方法


右脳と左脳には、異なる特徴があります。人は、普段多く使用する利き手というものが存在していますが、実は人には利き脳と呼ばれる普段多く使う脳がどっちかというものがあります。自分の利き脳がどちらなのかは、なかなか調べる機会がないので気になるところでしょう。では、自分の利き脳がどっちなのかチェックする方法をご紹介するので自分の利き脳が右なのか、左なのかをチェックする方法を試してみましょう。

利き脳(左脳優位・右脳優位)は存在する

人というのは、身体の場所によってどちらか片方を多く使っているものです。代表的なものは腕や足・目などですが人の脳というのも優先的に使用しているのがどちから人によって違います。そのため、使用することが多い方を利き脳と呼びます。なので、利き脳を知るということは普段の生活の中で右脳と左脳のどちらを多く使っているのかを知ることができます。

腕組みで利き脳がわかる


まず最初に利き脳が簡単にわかる方法というのが腕組みをするというものです。腕を組んでみたときに、自分の組んだ腕を見てどちらの腕が下になっているかを確認してみましょう。右腕を下に組んでいる人の場合は、利き脳が右脳で左腕を下に組んでいる場合は左脳が利き脳というものです。また、指を組んだ時に右指が下になっていると右脳で左指が下になっていると左脳です。この腕組みと指組みを組み合わせることで自分の利き脳が分かることはもちろんですがその人の考え方の傾向もわかるという診断です。

右脳タイプの人は右回りに見える動画


続いては、こちらの動画を見ることでも自分の利き脳が分かるようになっています。こちらは、見たときに、その映像がどちらに回っているのかというのが焦点になる動画です。この動画を右脳タイプの人が見た場合右回りに見えるというものなので、動画を見たときにどちらに戻っているかを確認して自分の脳のタイプを確かめましょう。

右脳を鍛える方法


人には利き脳があることは、上記の内容で分かってもらえたかと思いますが、もしも左脳を多く使う人の中に右脳を鍛えたいと思っている人がいる場合は、右脳を鍛える方法というのが存在しています。これから紹介する内容を実践して右脳を鍛えるトレーニングを取り入れましょう。

身体の左側を使う

右の脳というのは、身体の左側を動かす役割を持っています。そのため、身体の左側を使うことを意識することによって右脳を鍛えることができます。左手でご飯を食べてみたり、左手で字を書いてみるなど簡単な方法であっても、身体の左側を使うことで右脳を鍛えるのに効果的なので試してみましょう。

連想ゲームを行う

右脳を鍛えるのに効果的なゲームも存在しています。それが連想ゲームです。最初に決めた言葉から、次々に物を連想していくゲームですが思いついた単語を脳内で色や形などをしっかりとイメージすることによって右脳が働きます。この時、自分の直感で連想するように意識してください。

音楽を聴く

音楽の聞くときには、感覚的な部分が大きい右脳が活発になります。そのため、音楽を聴くということも右脳を鍛えるのには効果的です。しかし、歌詞が入った曲を聴いてしまうと歌詞に意識が持っていかれて左脳が働いてしまうこともあるので、右脳を鍛えるために音楽を聴く場合には歌詞のない音楽を聴きましょう。

絵を描く


右脳は、感覚的な情報を処理する能力というのが優れています。そのため、感覚的な部分が強く求められる絵を描くという行為も右脳を鍛えるのには良い方法です。大人になると、絵を描くことが減ってしまう人も多いものですが久しぶりに絵を描くことで気分転換にもなり右脳も鍛えられて一石二鳥です。

パズルゲームをやる

楽しい遊びの1つであるパズルゲームも、右脳を鍛えるのに効果的です。右脳というのは空間認識も司っているために、空間認識能力が必要となるパズルゲームは右脳を使って行われます。簡単なものから、細かいものまでパズルにも種類があるので自分がチャレンジできそうなものを探して挑戦してみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。人の脳というのは左脳と右脳で異なる働きをしており、人によって使うことが多いのがどっちかあるということも知ることが出来たでしょう。また、自分の使用する脳が右脳でも左脳でも鍛える方法というのが存在しているので、自分の利き脳が分かったら利き脳ではない方を鍛えるトレーニングをしてみるのも良いでしょう。