バナナマン「日村勇紀」16年前に未成年と淫行確定?見る目が変わったとの声も

「日村勇紀」16年前の未成年との淫行行為が発覚

お笑いコンビとして活動しているバナナマンの日村勇紀さん。コントを原点とした、演劇のようなコントが特徴的なお笑いコンビ。バラエティー番組でも良く見かける、人気のあるお笑い芸人ですよね。

しかし9月に入ってからは、バナナマンの日村勇紀さんの16年前に取ったある行為が話題となりました。雑誌「FRIDAY」で発覚した、16年前に日村勇紀さんと体の関係を持ったと発言している、当時16歳の女性。雑誌には、当時の日村勇紀さんと思われる、若かりし姿が女性の太ももと共に映っていました。

問題なのは未成年と関係を持ったことに対する淫行行為。最初は疑惑として飛び交っていましたが、日村勇紀さん自身が謝罪表明したことから事実であることが発覚。今回は話題の「淫行行為」騒動一連の流れをまとめてご紹介します。

 

16年前に行われた「淫行行為」の全貌とは

16年前にバナナマンの日村勇紀さんのファンであった女性からのファンレターをきっかけに、メールなどを交わす仲へと発展していきました。しかし、次第にふたりの関係は、大人の男女関係へと変化していきます。気づけば、会うたびに体の関係を持つようになり、断り切れなくなったと話す女性。

出合った頃は「21歳」と伝えていたものの、実際には「16歳」であったことを告白。しかしその事実を知っても、ふたりの関係が変わることがなかったのだとか。雑誌「FRIDAY」では、当時の状況や心境などを女性が語っていますが、体の関係が続いただけで、彼女としてお付き合いしていたわけではないようですね。

 

16年前の行為がナゼ今?結婚への嫉妬が要因か

なぜ今になって、16年前である2002年の出来事が公になったのでしょうか。それはバナナマン日村勇紀さんが、2018年の4月に、アナウンサーである神田愛花さんとの結婚が今回の行為発覚の要因ではないかと言われています。

もともとバナナマン日村勇紀さんのファンであったことから、ひとりの女として扱ってもらえずに、体の関係だけだったことに不満が募っていたのかもしれません。そんな中、女子アナウンサーという立場の女性と結婚したことによって憎しみが膨らんだと考えられますね。

 

妻である神田愛花さんも夫の行為に対して謝罪

今回の夫である日村勇紀さんの16年前にあった淫行行為で世間を賑わせる中、妻の神田愛花さんも謝罪の言葉を述べています。そこに夫を攻める言葉はなく、「精一杯彼をサポートしたい、夫をよろしくお願いいたします」という言葉で締めくくらています。女子アナウンサーと言うこともあり対応に落ち着きも感じられますね。

淫行行為に関しては時効?しかしマイナスイメージは拭えない

現在番組出演などを辞退する様子などもなく、普通にテレビ出演を果たしている日村勇紀さん。このままの流れだと、問題は静まり騒動が収まる傾向にあると言われています。しかし正直な話、マイナスイメージはそう簡単には拭えないモノ。日村勇紀さんを見る目が変わってしまったと、残念がる声も少なくはありません。

 

淫行した事実は消えない!もう日村さんみて笑えない

その当時関係を持っていた女性に対しても、時間が経ちすぎていることもあって「今さら」という理由から日村勇紀さんを、かばう声も少なからずあります。しかし後に未成年であることを知っていても、関係を持ったということが問題であることに変わりはありませんよね。数十年前のことを今でも語るということは、恨みが残るような女性の扱い方をしていたと言えるでしょう。

 

罪を犯した人が許され、何でもない人が叩かれる不思議

今回の日村勇紀さんの淫行行為が、16年前の出来事だからと許されるような流れが起きています。立派な罪と認められているような行為をした人が許され、罪でもないことで叩かれる人も。その人の立場によって周りの反応が異なる、芸能界って不思議ですよね。闇すら感じさせます。