睡眠 女性

睡眠のゴールデンタイムって本当?成長ホルモンの分泌を促す睡眠方法

睡眠にはゴールデンタイムというものがあります。この間に寝ることによってさまざまなメリットがあるのです。成長ホルモンの分泌を促せるのは特に大きなメリットでしょう。こちらではおすすめの睡眠方法を紹介しましょう。

睡眠のゴールデンタイムと言われる時間帯の効果

睡眠にはゴールデンタイムというものがあります。この時間帯に寝ることによって、さまざまな効果を期待できます。具体的にどのような効果があるのか教えましょう。

美肌効果

肌が綺麗な人になる10この方法と肌が綺麗になる美肌アイテム
ゴールデンタイムに睡眠を取ることによって、美肌効果を期待できるとされています。この時間帯に寝ることによって、肌をどんどん美しくすることができるのです。そのため、美容や美肌を追求している方にとっては、とても都合の良い時間帯となっています。

疲労回復

睡眠の大きな目的は疲労回復でしょう。一日ずっと活動してきた疲れを取るためにも質の高い睡眠を実現したいと考えている方は多いはずです。ゴールデンタイムに睡眠をすることによって、しっかりと疲労回復することができるでしょう。疲れが取れるのです。

睡眠のゴールデンタイムの本当

睡眠にはゴールデンタイムが存在しています。それは本当なのでしょうか。半信半疑になっている方がいるかもしれません。こちらでは睡眠のゴールデンタイムについて注目してみましょう。

これまでの常識は夜22時から翌2時

まず、これまで一般的に睡眠のゴールデンタイムだと思われていたのは夜の22時から2時までです。この間がゴールデンタイムとされており、この時間帯に睡眠をしている方はどんどん成長ホルモンが出ていき、美容に大きな効果を期待できるとされていました。しかし、これは実は昔の常識となっています。

新しい常識は眠り始めの90分がお肌のゴールデンタイム


最近は睡眠のゴールデンタイムについての考え方が変わっています。新しい常識としては、睡眠で眠り初めの90分がお肌にとってのゴールデンタイムであることが分かっています。この時間帯に寝ることによって、肌の調子をどんどん整えることができるのです。そのため、質の高い睡眠を取ることがお肌のゴールデンタイムを実現できるという考え方になっています。単に特定の時間帯に寝れば良いのではないのです。

成長ホルモンとメラトニンの量は睡眠の質に依存する

睡眠の質を高めることができると、成長ホルモンやメラトニンの量が増えるとされています。成長ホルモンというのは代謝を促してくれて、どんどん新しい組織や細胞ができていきます。メラトニンというのは、眠気を誘発してくれるホルモンのことです。良質な睡眠を取れている方は、しっかりとメラトニンが分泌されているため、熟睡できるのです。

成長ホルモンの分泌量を増やすポイント

寝ているときの成長ホルモンの分泌を増やすことは大切です。そうすることによって、睡眠の質がどんどん高まるからです。こちらでは成長ホルモンの分泌を増やすためのポイントを紹介しましょう。

寝る60分から90分前にお風呂に入って身体を温める


体が冷えているとなかなか寝つくことができません。良質な睡眠を取れなくなってしまいます。そこで体をしっかりと温めてから寝ることが大切です。睡眠をする前の60分から90分前にお風呂に入ることをおすすめします。そうすることによって、良質な睡眠を取れるようになるのです。また、お風呂はぬるま湯に20分程度入ることをおすすめします。

21時以降に有酸素運動などで身体を動かさない

寝る前には無理に体を動かすべきではありません。疲れている方が寝やすいと考える方がいるかもしれませんが、寝る直前に体を動かしてしまうのは逆効果となってしまいます。そうすると脳が覚醒してしまうからです。そのため、基本的に21時以降には有酸素運動などで動くのはやめるべきです。おとなしくしてリラックスするように努めましょう。

毎日決まった時間に4時間以上眠る

毎日決まった時間に寝るようにしましょう。そうすれば、それが習慣となります。同じ時間に寝ることを体が学習するようになるのです。そして、毎日決まった時間に4時間以上は寝るようにしましょう。連続で4時間以上眠ることによって、最低限質の良い睡眠を取ることができるのです。寝始めてからある程度の時間が経たなければ十分な成長ホルモンが分泌されないのです。

コルチゾールの分泌量を減らす

コルチゾールというホルモンがあります。こちらは成長ホルモンの分泌を阻害してしまうという作用があります。そのため、こちらのホルモンの分泌量を減らさなければ、成長ホルモンの分泌量を増やすことはできないでしょう。
※コルチゾール=成長ホルモンの分泌量を邪魔するホルモン

コルチゾールの分泌量を減らす方法

成長ホルモン分泌を増やすためにはコルチゾールを減らすことが必要となります。それではこちらのホルモンをどうすれば減らすことができるのでしょうか。その方法について紹介しましょう。

半身浴などでリラックスする


まず半身浴でリラックスしてみましょう。半身浴をすることによって心身がとてもスッキリします。そうなるとコルチゾールというホルモンもどんどん分泌されるようになるのでうs.

日中に軽い運動などで身体を動かす

日中には軽い運動をすることをおすすめします。そうやって体を動かすことによって、コルチゾールが分泌されるようになるのです。激しい運動をする必要はありません。

ストレッチやヨガなどでストレス解消

ストレッチやヨガなどをするのもおすすめです。これらによってストレス解消ができます。そうなればコルチゾールがどんどん分泌されるようになるでしょう。

さらに成長ホルモンの分泌を促す方法

他にも成長ホルモンの分泌を促す方法はたくさんあります。どういった方法を実践するべきなのか解説しましょう。

寝る前にストレッチする


できるだけリラックスした状態でベッドに入ることによって、良質な睡眠を取ることができます。寝る前にはストレッチをすることをおすすめします。ストレッチすることによって、心身がリラックスした状態でベッドに入れるため、すぐに寝つくことができるでしょう。

アロマなどでリラックスする

アロマを使ってみるのもおすすめします。どうすればリラックスできるのか分からない方は多いでしょうが、アロマであればその香りによって自然とリラックスすることができるのです。リラックスの仕方に困っている方におすすめの方法となっています。

寝る1時間以内はスマホやパソコンを避ける

寝る前にはできるだけ脳を覚醒させないことが大切です。そのため、スマホやパソコンについては寝る1時間以内は見ないようにしましょう。これらを見てしまうと眠気が覚めてしまいます。頭が覚醒して全然寝られなくなってしまうため注意しましょう。そうなると浅い眠りとなってしまい、成長ホルモンも全然分泌されなくなってしまうのです。

間接照明を取り入れた寝室を作る


寝室の環境を整えることも大切です。たとえば間接照明を取り入れてみましょう。そうすることによって、リラックスできる部屋づくりができます。間接照明のある部屋の中だと気持ちを落ち着けることができるため、ぐっすりと眠ることができます。そうすれば、寝ている間にどんどん成長ホルモンが出ていくでしょう。

まとめ

睡眠にはゴールデンタイムがあると聞いたことのある方は多いでしょう。これはかつては時間帯のこととして語られていたのですが、今では新しい常識が存在しているのです。成長ホルモンの分泌を促すような睡眠を取ることができれば、それが睡眠のゴールデンタイムとなるでしょう。こちらで紹介した方法を参考にして、睡眠の質をどんどん高めてください。コルチゾールの分泌を抑えて、成長ホルモンの分泌を促進させることができれば、どんどん肌をきれいにしていくことができるでしょう。美容のためにおすすめです。