睡眠不足

不眠になる5つの原因!不眠への対策法を紹介します

不眠になってしまう方がいます。これは主に5つの原因があるとされています。こちらでは不眠になってしまう原因と、それに対処するための方法について教えましょう。不眠に苦しんでいる方は参考にしてください。

不眠になる5つの原因

まず不眠になってしまう原因について説明しましょう。さまざまな原因によって不眠になってしまいます。

1.不安やストレスによるもの

睡眠不足で集中できていない

まず不安やストレスを抱えている方というのはそれによって不眠になってしまうことが多いです。不安やストレスというのは常にその人に影響を与えてしまうのです。さまざまなことが気になってしまったり、何も手に付かない状態となってしまうでしょう。このような状態ではたとえベッドに入ったとしても、寝ることができなくなってしまうのです。

2.アルコールやカフェインの取りすぎ


夜寝る前にアルコールを飲んでいたり、あるいはカフェインを日常的に摂りすぎている方というのは不眠になりやすくなります。アルコールやカフェインによって、睡眠ホルモンがきちんと分泌されなくなります。眠気を阻害してしまうことがあるのです。そのため、夜になってもなかなか眠気が起きなくなってしまうことがあります。

3.時差ぼけや生活習慣の乱れ

時差ボケをしている方は眠れなくなってしまうでしょう。これは自律神経や体内時計といったものがおかしくなっているのです。そのため、時間の感覚を身体が分からなくなってしまい、ちゃんと寝られなくなります。また、生活習慣が乱れている方も寝つきにくくなってしまうでしょう。

4.かゆみや痛みなどの身体的な原因

頭痛
痛みが生じていたり、かゆみがあると寝ることができないでしょう。たとえ眠たくなってきたとしても、痛みやかゆみのことが気になってしまうとすぐに目を覚ましてしまいます。痛みやかゆみというのは眠気の妨げとなってしまうとても厄介なものなのです。

不安やストレスによる不眠の対策

もし不安やストレスによって不眠になってしまったならばどのように対処すれば良いのでしょうか。こちらではおすすめの対策を教えます。

副交感神経を優位にする

まず副交感神経を優位な状態にすることが大切です。そのためには自律神経を整えなければいけないでしょう。副交感神経というのは人間の気持ちを落ち着かせるという作用をもたらしてくれます。そのため、こちらの神経が優位な状態となっていれば、ストレスを解消したり、不安を取り除くことができるのです。気分をよくしていくことができるでしょう。

ストレスの原因を断ち切る

ストレスには原因があるものです。それを断ち切ることができなければ、いつまでもストレスを抱えたままの状態が続いてしまうでしょう。ストレスの原因は人それぞれ異なっているはずです。自分がストレスを抱えていることを自覚しているのであれば、それは一体どのような原因があるのかよく考えてみましょう。

入浴やアロマでリラックスする


お風呂に入るということはそれだけでストレスを軽減させて、不安を解消するという効果があります。とても落ち着くことができて、癒やされていくのです。また、アロマの香りをかぐこともおすすめします。アロマには人を精神的に落ち着かせるという効果があるのです。これによって、不眠を解決できるかもしれません。

アルコールやカフェインによる不眠の対策

アルコールやカフェインなどで不眠になっている方がいます。これについてどのように対処するべきなのか教えましょう。

夕食後のカフェイン摂取を控える

コーヒー 飲み物 食

カフェインを摂取するとそれが睡眠にまで影響を与えてしまいます。そこでカフェインの摂取については夕食後には一切行わないようにしましょう。寝る前にカフェインを摂取するのはいけないのですが、朝や日中などには構いません。お茶やコーヒーなどが好きならば、寝る前に飲むのはやめておきましょう。

寝酒は飲まない

寝酒を飲んでしまうという方がいます。しかし、基本的にお酒も寝る前には飲むべきでありません。それではいつまでも経っても寝られなくなるでしょう。また、寝たとしても睡眠が浅くなってしまう可能性が高いです。お酒も寝る前には飲まないようにしましょう。

時差ぼけや生活習慣の乱れによる不眠の対策

時差ボケや生活習慣が乱れているから不眠になってしまう方がいます。これへの対策について教えましょう。

昼夜逆転生活をやめる

昼夜逆転した生活を送っているのであれば、それは今すぐやめるべきでしょう。そのような生活をしていると体内時計が狂ってしまいます。その結果、ホルモン分泌もおかしくなってしまうでしょう。なかなか眠気がおきなくなってしまうのです。身体がいつ寝るべきなのかタイミングを見失ってしまいます。

昼夜逆転生活をやめるためのポイントは、日光を浴びることです。朝にきちんと日光を浴びることによって、それから15時間ぐらいするとホルモンが分泌されるようになります。これが眠気をもたらしてくれるのです。

寝室は照明を暗くして遮光性の高いカーテンを付ける


寝室の中は証明を暗くしておきましょう。明るいところではどうしても眠気が起きないものです。人は暗いところで寝る生き物なのです。明るいままでは落ち着かないでしょう。そのため、外からの光にも注意するべきです。完全に真っ暗な状態を生み出したいならば、遮光性の高いカーテンを用いることをおすすめします。

アイマスクや耳栓を使って眠ることに集中する

アイマスク ベッド 睡眠

光を完全に遮断したいのであれば、アイマスクを使うと良いでしょう。これによって、光をまったく感じなくなるからです。さらに耳栓を使うと良いでしょう。耳栓によって完全に音を遮断してしまうこともできるのです。こうすることによって、寝ることに集中することができるでしょう。

かゆみや痛みなどの身体的な原因による不眠の対策

かゆみや痛みが気になってしまうとなかなか寝られなくなってしまいます。これへの対策について教えましょう。

医療機関を受診して相談してみる

医者
かゆみや痛みというのは医者に判断してもらうべき問題となります。どこか怪我していたり、隠れた病気のせいでかゆみや痛みが生じている可能性があるからです。医療機関を受診して相談することによって、たとえば検査を受けられるでしょう。それによって、病気や怪我が見つかるというケースもあります。かゆみや痛みをもたらすような病気はたくさん存在しているため、それを甘く見ない方が良いでしょう。深刻な問題を抱えているかもしれないのです。

いびきをかいてないか家族に確認する

もし同居している人がいるのであれば、その人に自分がいびきをかいていないか確認してみましょう。もしいびきをかいているのであれば、病気になっている可能性があるのです。痛みやかゆみで目を覚ますと思っていたのが、実は呼吸困難になって目を覚ましているという可能性もあるのです。いびきをかいていて、不眠になっているならば、しっかりと病院を受診した方が良いでしょう。それは危険性が高いのです。

加齢が原因の不眠の場合は運動する


加齢によって不眠になっている可能性もあるでしょう。こちらも身体的な原因といえます。この場合は運動をすることをおすすめします。運動をしてしっかりと日中に身体を使うことによって、夜に寝ると自然と眠気が生じるようになるのです。特に日中にほとんど運動をしないという方は、それが不眠の原因となる可能性もあるのです。どのような年齢であっても、しっかりと体を動かすことは大切なのです。そうすることで不眠を改善できるかもしれません。

まとめ

こちらでは不眠の原因やその対策法について注目してきました。不眠というのはつらいものです。そのため、できるだけ早くこの問題を解決するべきでしょう。不眠にもいろいろな原因があります。それぞれの原因に対する対策法について説明してきたため、ぜひとも参考にしてください。