大きいお尻は魅力的?男性目線からみた魅力を紹介します

綺麗なヒップラインは、とても魅力的です。また、大きいお尻も、男性から見たら魅力的に感じられることも少なくありません。女性は小さめのお尻の方が良いと思う方も多いようですが、実は決してそんなことはないのです。もちろん、大きなお尻なら何でも良いというわけではありません。綺麗に見えるように、程よく鍛えられていて理想的な形を目指すことも必要です。

男性は大きいお尻のここに惹かれる

女性らしく見える

男性の多くは、お尻が小さめです。女性は、スリムの方もぽっちゃりさんも、男性と比較してお尻が大きく感じられます。その為、お尻が大きいだけで女性らしく見えます。特別お洒落をしなくてもあまりスタイルが良くなくても、大きなお尻は女性らしくて魅力的に見えます。

セクシーに感じる

お尻が大きいと、セクシーに見えるといった意見もあります。これもまた、男女の体型の違いをよりはっきりと感じるからこそのことです。また、健康的で若々しい印象も感じられます。そこが魅力的に感じられるのです。

肉感的

美尻

女性は、ひたすら体を絞ってほっそりとした体になりたいと考えている方も多いようですが、男性はむしろ少しぽっちゃりとしている女性の方が良いと思う人も多いです。理由は、女性らしく見えることと、セクシーに見えることが挙げられます。また、肉感的に見えるのも理由。男性にはない特徴であり、アピールポイント。露出度の高くないファッションであっても、ドキドキするといった意見もあります。

触った時の感触

お尻は、肉付きが良い部位でもあります。その為、触った時にふっくらとしていて、心地よいと感じる人も少なくありません。男性のお尻は筋肉も多いので、大きさに関係なく硬くて触った感触もあまりよくありません。女性の場合は、柔らかくて癒されます。これは、女性ならではの感触です。

もみごたえがありそう


お尻が小さいと、やはり肉付きもあまりよくありません。その為、触った時に特別な感覚もあまり感じることができません。その点お尻が大きいと、肉付きも良いので何度も触りたくなりますし、もんでみたいと思います。

安産型のイメージ

お尻が大きい女性が必ずしも安産型ではないのですが、男性のイメージとしては安産型であるようです。お尻が大きいと、子どもを産むときに楽だと勘違いしているのです。また、安産型であれば、たくさん子供を産むことができるようにも思う。その為、将来結婚してたくさん子供を育てたいといった夢がある男性は、お尻が大きい女性を好むようです。

しかしながら、お尻が大きいことと安産型であることは関係がありません。安産型の体型は、お尻が大きいのではなく骨盤が広いことです。つまり、お尻が大きくても骨盤が狭い場合は安産型とは言えないのです。反対に、小さめに見えるお尻であっても、骨盤が広い女性もいます。この場合は、安産型だと言えます。

好かれるお尻の条件

大きいお尻に魅力を感じる男性は多いのですが、大きければ何でも良いというわけではありません。理想のお尻の形もあるようです。ここを理解していないと、大きなお尻はむしろデメリットにもなりえますので注意が必要です。

たるんでいない

たるんだお尻は、パンツやスカートの上からでも何となく分かってしまいます。お尻がたるんでいると、だらしなく見えたり老けた印象に映ったりすることもあります。また、スタイルも良く見えません。好かれるお尻とは、たるんでいないお尻です。

プリッと上向き


プリッと上向きのお尻も、好まれるお尻です。スタイル良く見えますし、若々しく見えるのもメリット。スポーツをしている方に多いので、健康的でしっかりとした人の印象もあり人気があります。セクシーに見えるといった良さもあり、多くのメリットがあります。

脚との境がハッキリわかる

たるんだお尻は、そのまま何もしていないと、どんどんたるみ続けます。そして、最後には脚とお尻の境目がわからなくなっていまいます。こうなると、老けた印象がかなり強く、その上不健康にも見えてしまうので、魅力的だと思われにくくなります。また、パンツもタイトなスカートもかっこよく穿きこなせなくなってしまうため、どうしてもマイナスな印象が強くなってしまいます。

大きいお尻のメリット

ウエストが細く見える

同じウエストであっても、お尻が大きい女性はウエストが細く見えます。その為、スタイル良く見えますし、洋服も映えます。反対に、お尻が小さめの女性は、せっかくの細いウエストもそれほど目立たなくなります。しかしながら、こういったタイプの女性は華奢なイメージがありますので、そこが良いと思う男性もいます。

弾力で体を守る

長時間座っているような仕事をしていると、お尻が痛くなることがあります。新幹線や飛行機などを使った長時間の旅もそうかもしれません。その点、お尻が大きい女性は、弾力で痛みを避けやすくなります。クッションや座布団などが無くても、長い時間座っていることが苦でない方もいます。

体に必要な脂肪がついている


太り過ぎは不健康ですが、痩せすぎもデメリットがあります。お尻が大きい女性は、上半身がスリムであっても、体に必要な脂肪がついているので安心です。

大きいけどエクササイズしたほうがいいお尻

大きなお尻は魅力的です。しかし、場合によってはエクサイズをオススメしたい方もいます。毎日の生活にエクササイズや体操、ストレッチ、スポーツなどを取り入れることで、更に素敵なお尻が手に入ります。短時間であっても毎日続けることで効果が期待できますので、できるところから試してみてはいかがでしょうか。少しでもこういった習慣がある方は、全くない方と比較して違いがはっきり表れるものです。

但し、腰痛がある方や赤ちゃんを産んで間もない方は避けることをオススメします。安心してできるようになってから、無理なく始めてみましょう。

全体的に太ってお尻が大きくなった

運動不足やストレスなどで太ってきてしまうこともあります。どんなに大きくて魅力的なお尻であっても、太り過ぎてしまえば素敵に見えなくなってしまいとても残念です。大きなお尻は、程よく引き締まったウエストがあるからこそ映えるもの。体が全体的に太ってきて、以前よりもお尻が大きくなったと感じる方は、今からエクササイズを始めてみましょう。忙しくてそういった時間が取れない方は、階段を積極的に上り下りしたり、たくさん歩いたりするだけでも効果的です。また、姿勢が悪い状態で歩くよりも、良い姿勢を心がけて歩いた方が効果を期待できます。より効率よく行うためにも、姿勢に気を付けて行動するようにしてみましょう。

骨盤がゆがんでいる

骨盤がゆがんでいると、体型が崩れるだけでなく腰痛や肩こりなどが出てきます。他にも、冷えを感じたり便秘になったり、下半身がむくんだりすることもあります。脚を組む癖がある方や、おかしな座り方をする方は要注意。また、いつも同じ方の手でバッグを持つ方も気を付けた方が良いでしょう。

筋力が落ちてたるんでいる

運動不足が原因で筋力が低下。その結果、お尻がたるんでしまうこともあります。気になる方は、運動を始めてみましょう。また、年齢を重ねると、誰でも筋力が落ちやすくなります。そして、たるみやすくなります。簡単にできるエクササイズもありますので、試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ウエストが細く見えるなど、大きなお尻を魅力的だと思う男性は多いのですが、大きければ何でも良いというわけではありません。たるんでいないお尻や、脚とお尻との境目が分かるお尻が理想的です。気になる方は、できるところから運動を取り入れたりエクササイズを行ったりすることも大切です。ただし、出産したばかりの方や腰痛などがある方は、そちらを治療してから始めるようにしてください。形が良い大きなお尻は、スタイル良く見えますしセクシーに見えます。