寝る前の飲み物は何がいい?よい睡眠を得られるドリンク7選

寝る前に何か飲みたくなることがあります。そんなときには、一体何を飲むべきなのでしょうか。こちらでは質の高い睡眠を得るために飲むべきドリンクについて紹介しましょう。寝る前に飲むおすすめのドリンクを教えます。ドリンク選びの参考にしてください。

寝る前の飲み物は何がいいの?

寝る前に何か飲みたいと思うけれども何を飲めば良いのか悩んでいる方は多いでしょう。どういった飲み物であれば寝る前に飲むのに適しているのかを教えましょう。

体を温める飲み物

コーヒー 飲み物 食

まず体を温める飲み物はおすすめします。体をしっかりと温めてくれるのであれば、寝つきやすくなるのです。人は寝る際には体温を下げなければいけません。そのためには実は体温を上昇するのが良いのです。体温を上げることによって、体温を下げようという作用が自然と起きます。これによって、自然と体温がどんどん下がっていき、そのまま寝られるようになるのです。体を温める飲み物によって寝付きをよくすることができるでしょう。

リラックスできる飲み物

リラックスすることができる飲み物もおすすめです。心身が落ち着いた状態となっていなければ、なかなか寝つくことができないのです。寝られなくて悩んでいる方はたくさんいるのですが、それは精神状態が影響していることが多いです。興奮していたり、不安なことがたくさんあると、なかなか寝ることができないでしょう。そんなときにはリラックスできる飲み物を飲むことをおすすめします。そうすることで心身を落ち着けるのです。

眠気を促進するホルモンが含まれる飲み物

女性 睡眠
眠気というのはホルモンによって促されるものです。人はホルモンが分泌されることによって、眠気が生じてくるのです。飲み物の中には眠気を生じさせてくれるホルモンが含まれているものがあります。それを飲むことによって、自然と眠気が出てくるようになるのです。そうすれば、なかなか寝られなかった方も自然と寝られるようになるでしょう。

ホルモンの分泌に異常が生じていることは少なくないのです。そんなときはベッドに入ったとしてもなかなか寝られないでしょう。そんなときには飲み物の力を借りるのです。

寝る前に飲むおすすめの飲み物7選

これから寝たいという方におすすめできる飲み物をいくつか紹介しましょう。なかなか夜に寝付けないという方は参考にしてください。

ハーブティ:カモミールがおすすめ

ハーブティー カモミール
リラックスしたいときや安眠を実現したいときにおすすめの飲み物はハーブティーです。特にカモミールは安眠に効果があることがよく知られているでしょう。

ハーブティーというのはさまざまな効能を持っています。リラックスさせてくれたり、強壮作用があったり、鎮静作用や消化促進といった効果を期待することもできます。ハーブティーを飲むことによって、緩やかにその効果が出てくるでしょう。寝る前に飲むことによって、しだいに気分を落ち着かせることができて、眠たくなっていくのです。

牛乳:ホットミルクに

寝る前には牛乳を飲むことをおすすめします。それも冷たい牛乳を飲むのではなくて、ホットミルクにして飲むことをおすすめします。ホットミルクは安眠に効果があると昔から言われています。

ホットミルクの中にはトリプトファンやカルシウムがたくさん含まれています。トリプトファンは睡眠に必要なホルモンであるメラトニンの生成を促してくれるのです。これによって、眠気をもたらしてくれるでしょう。

白湯


白湯は体を温めるという効果を期待することができます。また、白湯は胃腸に負担をかけないというメリットがあります。寝る前に飲むものについては、胃腸の負担についてよく考えておくべきなのです。胃腸に負担のかかるようなものを飲んでしまうと眠りの妨げとなってしまうでしょう。それではかえって安眠を妨害してしまう可能性があるのです。

生姜湯:温めて飲む

生姜というのは体をしっかりと温めてくれる効果があるとされています。そのため生姜湯を飲んでしっかりと体を温めることによって、眠りやすくなるでしょう。体の末端まで温めてくれるのです。特に冬場に飲むことをおすすめします。市販されているものは砂糖がたくさん配合されているため、生姜パウダーを用いて白湯にそれを混ぜることによって自作することをおすすめします。

ココア


ココアは昔から安眠に効果があるとされています。こちらは体を温めてくれる効果を期待できるのです。カカオというのはストレスを軽減してくれる効果があります。これによって気持ちをリラックスさせることができるでしょう。心身の緊張をほぐしてくれるのです。そのため、なかなか寝付けない夜であっても、ココアによって気持ちを落ち着かせることによって、ぐっすりと寝られるようになるでしょう。

梅昆布茶

梅昆布茶は健康や美容に効果があるとされています。こちらを飲むタイミングとしては寝る前がおすすめなのです。梅昆布茶によって快眠を実現することができるでしょう。体を温めてくれます。梅昆布茶というのはお茶といっても基本的にノンカフェインとなっています。そのため、カフェインが含まれている心配をする必要はありません。その点でも寝る前に飲むのにおすすめできる飲み物となっています。

お吸い物

お吸い物の中にはトリプトファンが含まれています。かつおだしのお吸い物であれば、こちらが含まれており、これは眠気を促してくれるホルモンの合成を助けてくれるのです。そのため、たとえば夕飯にはお吸い物を食べることをおすすめします。こちらをメニューに加えておくことによって、夜は安眠を約束してくれるでしょう。

寝る前はやめておきたい飲み物3選

寝る前には飲むのをやめておくべき飲み物が3つあります。それぞれ理由を含めて紹介しましょう。

コーヒー:カフェインは興奮作用がある

コーヒーは寝る前に飲むことはおすすめしません。そもそも眠気覚ましのためにコーヒーを飲むというイメージを持っている方は多いでしょう。その理由はコーヒーの中にはカフェインが含まれているためです。カフェインというのは覚醒作用があります。そのため、寝る前に飲んでしまうとかえって寝られなくなってしまう可能性があるのです。

また、カフェインというのは美容や健康の妨げになってしまう可能性もあります。過剰に摂取してしまうと肌に影響が出てしまうことがあるのです。日中にカフェインを飲んでいるならば、夜には飲むべきではないでしょう。このような意味においても、寝る前にコーヒーを飲むことはあまりおすすめできないのです。

お茶に関しては最近はノンカフェインのものも売られています。それならば飲んだとしても覚醒作用が生じてしまうことはないため安心できるでしょう。

ジュース:血糖値が高くなると安眠できない


ジュースというのは砂糖がたくさん使われています。そのため、こちらを飲んでしまうと血糖値がどんどん高くなってしまうでしょう。そうなると安眠することができなくなってしまいます。血糖値の上昇に伴って体内ではさまざまな反応が起きてしまうからです。血圧も高くなってしまうでしょう。

また、寝る前に糖分を摂ることによって太りやすくなってしまいます。美容にも悪影響を与えてしまうでしょう。寝る前にジュースを飲むのは良いことがないのです。

アルコール:覚醒作用がある

寝る前にアルコールを摂取することはおすすめしません。アルコールというのは覚醒作用があるからです。そのため、アルコールによってかえって寝られなくなるでしょう。

まとめ

寝る前にはどういったものを飲むべきなのか悩んでいる方は多いでしょう。カフェインや糖分、アルコールを避けるようにして、体を温めてリラックス効果のあるものを飲むことをおすすめします。そうすれば寝付けない夜にも心身を落ちつけてリラックスすることができます。