玉ねぎヨーグルトの正しい食べ方と痩せないときに考えること

今話題の玉ねぎヨーグルト。玉ねぎとヨーグルトを混ぜるだけの簡単レシピが受け、新しいダイエット方法として定着しつつあります。なぜ、こんなにも話題になったのでしょうか。どんな食べ方をすれば、効果的なダイエットができるのか等について、検証してみましょう。

玉ねぎヨーグルトが痩せるメカニズム

玉ねぎとヨーグルトを一緒に食べると「やせ酸」が作られる

玉ねぎとヨーグルトを合わせたのが、玉ねぎヨーグルトです。この2つを組み合わせる理由は、それは腸内でつくられる短鎖脂肪酸にその理由がありました。ちなみに、この短鎖脂肪酸がやせ酸と言われるものです。
ヨーグルトの乳酸菌で善玉菌が増えると腸内活動が活発になりますが、その善玉菌が増えた腸内に玉ねぎに含まれているイヌリンという水溶性食物繊維が入ることで、短鎖脂肪酸がつくり出されるようになります。痩せやすい体質をつくってくれるやせ酸で、効果的なダイエットができるというわけです。

効果が出やすいのは「お腹ポッコリタイプ」の人

お腹ポッコリ体型は中年世代の代名詞のように思われておりますが、20~30代の若い世代の方でもポッコリお腹の方は多く、秘かに悩んでいる方も少なくありません。
そのポッコリお腹に効果的なダイエットが玉ねぎヨーグルトです。玉ねぎの水溶性食物繊維とヨーグルトの乳酸菌の相乗効果で頑固な便秘もスッキリ。元通りのスマート体型に戻すことができます。

玉ねぎ×ヨーグルトの効果で慢性的な便秘が解消

便秘 症状
慢性的な便秘ほど辛いもの。薬に頼らずにスッキリ生活を手に入れたい方には玉ねぎヨーグルトがおすすめ。ヨーグルトの乳酸菌、玉ねぎの水溶性食物繊維の2つの力で腸内に善玉菌を増やし、たまった老廃物をスムーズに排出することができます。ちなみに、食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、さつまいも等に含まれる不溶性食物繊維は腸内の水分を吸収し膨らむことによって腸内を刺激して排出させるタイプになります。

基礎代謝が上がり痩せやすい体質に変化する

玉ねぎヨーグルトの効果によって腸内が活発化すれば、身体の機能が向上します。基礎代謝もその一つです。代謝がアップすると、脂肪が燃焼され痩せやすい体質へと変わります。腸内環境が乱れると悪玉菌が増え、スムーズな排出ができなくなります。結果、腸内にたまった有害物質が血液へと流れ込み、代謝を悪くしてしまうのです。代謝を上げるためには、まずは腸内環境を整えること。血液サラサラ状態にして代謝を向上させ、痩せやすい体質を手に入れましょう。

玉ねぎヨーグルトで痩せない原因

味や臭いが苦手で続けられない

玉ねぎ、ヨーグルトともに強い臭いがあるものになります。その臭いが苦手で続けられないという方も少なくありません。腸内環境を整え、やせ酸をつくり出し、痩せやすい体質に変える玉ねぎヨーグルトは続けなければ意味がありません。途中で止めてしまうことで、痩せないという結果を生みだしてしまっているかもしれません。

食べる量が多すぎて胃腸に負担がかかり続けられない

玉ねぎ 食べ物

玉ねぎヨーグルトは1日50gを目安にと言われますが、50gってどのくらいの量かご存知でしょうか。玉ねぎヨーグルトのレシピは一般的に、玉ねぎ半個、ヨーグルト200g、塩小さじ2分の1杯となっておりますが、実はこれは2~3日で食べる量になります。
この材料を使ってつくった玉ねぎヨーグルトを3等分して、更に1日分を3等分してはいかがでしょうか。胃腸への負担が気になる方は、細かく分けて食べることをおすすめします。

ヨーグルトに含まれている菌の種類や量が足りない

ヨーグルト
現在市販されているヨーグルトは、クレモリスFC株はじめ、ラブレ菌・L-55株・ガセリ菌SP株・LB81乳酸菌・BB536・ビフィズス菌SP株等のビフィズス菌、乳酸菌が使用されています。メーカーによって菌には違いがあり、好みの味で選ぶ方も多いと思います。
そうなりますと、ビフィズス菌・乳酸菌の菌に偏りができてしまい、多くの菌を摂取できないこともしばしば。
そんな時は、玉ねぎヨーグルトをつくる度にヨーグルトの種類を変えてみましょう。いくつかのメーカー、菌の種類を変えることでお気に入りの味を見つけることができるかもしれません。

もともとお通じが良いため効果が出にくい

もともと体質的に便秘でない方が玉ねぎヨーグルトを実践すると、効果を実感しにくく出にくいと感じるかもしれません。そんな時は肌の状態で確認しましょう。腸内で善玉菌が増え、悪玉菌とのバランスがコントロールされている時は肌にしっとりとした保湿を蓄えています。カサカサした乾燥肌がしっとり肌に変わっている時は、効果が出ている時です。

空腹時に食べているため効果が出にくい


ダイエットにありがちな空腹時の玉ねぎヨーグルト。確かに、空腹時はダイエットのチャンスと言えますが、この玉ねぎヨーグルトの場合は、それが効果的に働くとは思えません。
その上、空腹時は脂肪燃焼に働く酵素等の栄養素が不足している場合があるほか、胃腸の動きが悪くなることで代謝が悪くなる恐れもあります。結果、効果が出ないこともしばしば。

玉ねぎヨーグルトの正しい食べ方と痩せるコツ

置き換えではなく料理の副菜やトッピングとして食べる

玉ねぎヨーグルトは置き換えダイエットにはおすすめできません。玉ねぎヨーグルトは玉ねぎとヨーグルトのみの栄養しか摂れず、ダイエット時の栄養不足をほかのもので補給しなければなりません。毎日の食事の副菜として、また、サラダ等のトッピングとして、活用することをおすすめします。

適量を守って食べる

どんなに良いダイエット方法でも、適量を守らず、実践しては何の効果も得られません。玉ねぎヨーグルトの1日の目安摂取量は50g。それ以上でもそれ以下でも、満足できる効果は得られません。適量を守り、できるだけ長く続けることを考えましょう。

食べるタイミングを食中か食後に変えてみる


どんなに好きな食材でも毎日食べれば飽きてしまうのは、至極当然のことです。そんな時は、食べるタイミングを変えてみましょう。玉ねぎヨーグルトのおすすめの食べ方は朝・夕方の食事と一緒にがベストですが、おやつ代わりに、また、夜食として食べてみてはいかがでしょうか。

レシピ通り忠実に作る

玉ねぎヨーグルトはレシピ通りにつくることが基本になりますが、もう一度、作り方を説明しておきましょう。材料は玉ねぎ半個、ヨーグルト200g、塩小さじ2分の1です。
玉ねぎは繊維に垂直の方向に薄くスライスします。玉ねぎの辛味を減らしたい方はスライスした玉ねぎを30分ほどざるに上げて乾燥させましょう。スライスした玉ねぎをヨーグルトに入れて塩を入れれば完成です。冷蔵庫で1晩置くと、玉ねぎがしんなりとして食べやすくなります。

ダイエットに有効な乳酸菌が多く入ったヨーグルトを選ぶ

ヨーグルトはメーカーによってそれぞれの乳酸菌・ビフィズス菌が配合されておりますが、腸内環境を早く活発化したい時は、ダイエットに有効な乳酸菌を使用したヨーグルトを選びましょう。例えば、内臓脂肪と皮下脂肪に働くガセリ菌SP株、便秘解消に働くLB81乳酸菌、ガセリ菌の仲間の乳酸菌シロタ株等がおすすめです。

食後の口臭が気になる人は食前に緑茶を飲む


玉ねぎを食べた後、口臭が気になりませんか。玉ねぎヨーグルトも玉ねぎを使用しているので、口臭が気になるかもしれません。そんな時は、食前に緑茶を飲んでおきましょう。緑茶には殺菌効果があり、口臭の細菌の繁殖を防ぎ、悪臭の原因菌を殺菌してくれます。

便秘体質でない人は運動をプラスすると効果アップ

便秘体質の方はまず便秘を解消できる力をもった腸内環境をつくらなければなりませんが、便秘体質でない方は、適度な運動をプラスすることで、ダイエット効果がアップします。毎日30分のウォーキング、ストレッチ等、お好みの運動方法を取り入れましょう。

まとめ

話題の玉ねぎヨーグルトの効果を紹介しました。スッキリ体型も夢じゃありません。ぜひ、チャレンジしてください。