汗をかく方法9選!自宅で手軽にできる発汗方法

汗をかくことはさまざまなメリットがあります。こちらでは汗をかくための方法について紹介しましょう。自宅で簡単にできる方法を教えましょう。

汗をかくことにはどんなメリットがある?

まず汗をかくことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。こちらでは汗をかくのがどうして良いことなのか、そのメリットについて説明しましょう。

体の余分な毒素を出すことができる


まず汗をかくことによって、どんどん毒素を出すことができます。たとえば老廃物をどんどん排出していけるでしょう。全身のあらゆるところから汗は出てくるものです。それぞれの部位に存在している毒素を排出するという役割が汗にはあるのです。これによって、健康や美容に大きな影響を与えてくれるでしょう。

体の余分な水分を出してむくみ解消につながる

身体の中から余分な水分を出すという作用が汗にはあります。これによってむくんでしまうのを防ぐことができるでしょう。身体がむくんでしまうのは、余分な水分が溜まってしまうからなのです。汗をかくことができれば、水分をどんどん排出することができます。身体の中に余計な水分が存在しなくなるため、むくみの予防にもつながるでしょう。

肌のうるおいも期待できる


汗をかくことによって、実は肌のうるおいを期待することもできます。汗によって皮膚の角質層に水分を補給することができるのです。角質層というのは乾燥しやすい部分となっています。こちらが乾燥してしまうと肌にうるおいがなくなってしまうでしょう。それでは肌のバリア機能も失われてしまうのです。汗をかくことで角質層が水分を得て、それによって、肌の保湿を助けることができます。

hrhs629
汗をかくことは体調維持のために必要不可欠の生理現象なのです。この汗をかくこということは、内臓の機能がしっかりと働いている証拠です。

汗をかくことで、余計な水分を取り除くのでむくみの解消となり、また、新陳代謝が上がるので、皮膚の再生にも繋がっていきます。このように汗をかくことは、美容の為にも非常に大事なことです。

汗をかくために取りたい食品3種

汗をかきたい方におすすめの食品はたくさんあります。こちらではどういった食品を取るべきなのか紹介しましょう。

唐辛子などカプサイシンを含む食品

トウガラシの中にはカプサイシンという成分が含まれています。こちらを摂取することによって汗をかくことができるのです。カプサイシンはニューロンを直接刺激することができます。ニューロンというのは温度受容器のことです。カプサイシンによってかく汗というのは油分も多く含まれています。そのため、皮膚の保湿性と保油性の両方に役立っています。

たんぱく質を多く含む食品


タンパク質をたくさん摂取することによって、汗を多くかくということが分かっています。これはタンパク質を摂取したときに、それを体外に排出するという作用が起きるのです。そのため、アポクリン腺からどんどん汗が出るようになります。

緑茶やコーヒーなどカフェインを含む飲料

カフェインを多く含んでいる緑茶やコーヒーを飲むことによって、汗をかくことを促すことができます。これはカフェインの摂取によって、血流が良くなっていき、それによって汗をかいてしまうことがあるのです。

ただし、これは人によって異なります。カフェインを摂取してもあまり汗をかかない人もいるため注意しましょう。

hrhs629
汗をかくにはそのための成分も必要となります。香辛料を食べた際に汗をかく方は多いと思いますが、あれは摂取することで、体温を上げ、その後の体温調整の為に汗をかきます。

その体温調整は、熱を作る筋肉が重要であり、その元であるのはタンパク質。また体温調整のもう一つである排尿はカフェインが促す作用があります。ですのでこれらを摂取して汗をかくことを意識するとしっかりと効果が出ると思われます。

汗をかくためにできる気軽な運動3選

汗をかくといえば運動を思い浮かべる方は多いでしょう。実際に運動をすることによって、どんどん汗をかきましょう。汗をかきたいときにおすすめの運動を紹介しましょう。

あまり運動を普段しない人はウォーキングで汗を流す


普段あまり運動をしないという方は激しい運動をいきなりするべきではありません。軽い運動をするだけでも十分汗をかくことはできます。たとえばウォーキングはおすすめです。季節にもよりますが、ウォーキングをしていれば、10分や15分程度でも汗をかくことができるでしょう。無理なく長時間続けることができるのがウォーキングの特徴です。それでもあまりやりすぎないようにしましょう。30分程度でも効果はあります。

踏み台昇降で足腰を鍛えながら汗を流す

踏み台を用意すれば自宅でも簡単に汗をかくための運動をできます。それは踏み台を昇降するというものです。このような単純な運動であっても、どんどん汗をかくことができるでしょう。しかも、こちらの運動をすることによって、足腰を鍛えることができるでしょう。足腰の弱っている方にはぜひともおすすめしたい運動となっています。

ハードな筋トレで思いっきり汗をかく

筋トレをしてみるのも良いでしょう。ただし、軽い筋トレだとあまり汗をかくまではいきません。そのため、ハードな筋トレをしてみましょう。そうすればどんどん汗をかくことができます。

また、筋トレをすることによって、筋肉をつけることができます。そうすれば基礎代謝を上げることができるため、結果的に痩せやすくなるでしょう。ダイエットのためにも筋トレはとても有効な手段となっているのです。

hrhs629
汗をかくことは代謝を上げるということでもあるので、そこには筋肉の働きということが重要な役割を果たします。特に下半身への刺激は、下半身の筋肉が上半身よりも大きいので代謝も上がりやすいです。

また、思いっきり力むことは、力んだ所だけが働かず、力んだところ中心に全身の力が働きますので、全身運動にも繋がる方法だと思われます。

入浴時に汗をかくために気をつけたいこと3つ

お風呂に入ることによって、汗をかくことができます。その際に注意しておくべき点が3つあるため、それぞれ教えましょう。

半身浴は10分程度にする

お風呂に入って汗をかくことが目的ならば半身浴をおすすめします。半身浴の方が基本的に汗をかきやすいのです。半身浴というのは下半身だけお湯に浸かるというお風呂の入り方のことです。こちらの方法は汗をかきやすい以外にもたくさんのメリットがあります。たとえば心臓や肺への負担は少ない方法となっています。また、むくみを改善させることもできるでしょう。身体を芯からしっかりと温めることができる方法です。

ただし、半身浴をするならば、時間は10分程度で良いでしょう。それぐらいでも十分効果を発揮するのです。それ以上入っていても今度は身体がどんどん冷えてしまう可能性があります。そのため、半身浴はあまり長時間やらないようにしてください。ほどほどの時間が止めておくことによって、効果が出るのです。

半身浴ではお風呂の温度を38℃から40℃程度にしておきましょう。半身浴だからといって、熱い温度にするべきではありません。それでは体に対する負担が大きくなってしまいます。心拍数が急激に上がってしまい危険な状態となるため、熱湯に入るべきではありません。ほどほどの温度に留めておきましょう。

手足をしっかり温める


手足を温めることは大切です。汗をかくためには体温を上げなければいけません。上がった体温を下げるために汗をかくのです。しかし、肝心の体温を上昇させることができなければ、いつまで経っても汗をかくことはないのです。そして、手足を温めるのは血液を温めることにつながります。血液を温めることによって、全身を温めることができるのです。そうすれば、自然と汗をかけるようになるでしょう。

冬の寒いときには特に手足の末端が冷えてしまうものです。そのままでは汗をかくことはないため気をつけましょう。靴下を履いたり、カイロを使ったりしながら、しっかりと手足を温めるようにしましょう。

あわせてリンパマッサージをすると効果的

汗をかきたいならば、そのための方法に合わせてリンパマッサージをすることをおすすめします。しっかりとリンパマッサージをすることによって、老廃物の排出を促すことができるのです。これによって、大きなデトックス効果を期待できるでしょう。

汗をかくために新陳代謝を高めるための行動を取っているならば、同時にリンパの流れもよくなっていくでしょう。リンパ液の中には余分な水分や老廃物、ウイルスや細菌などが含まれています。これをどんどん体外へと排出していくことによって、身体の毒素を出せます。これが美容や健康を高めてくれるでしょう。

hrhs629
半身浴は心臓や血圧に負担をかけずに温まることが出来る有効な手段です。しかし、肘から手先、膝から足先がしっかりと温まらないと全身の循環は上がりませんので、入り方が注意です。

また、リンパマッサージをしておくと、静脈の流れがしっかりとあがり、むくみの改善にも大きく期待できますのでぜひおすすめです。

まとめ

汗をかくのはとても良いことです。これによってダイエットができたり、もっと美しくなることができるのです。汗をたくさんかくための方法をこちらで紹介してきましたので、ぜひとも参考にしてください。

汗を出すことで毒素を排出できたり、むくみを改善させることもできるのです。運動をしてみたり、半身浴をしたり、リンパマッサージをすることはおすすめです。