ストレッチで柔軟性のある体を作る!おすすめストレッチ5選

身体の柔軟性を高めることによってさまざまなメリットがあります。こちらでは柔軟性を高めるメリットや、柔軟性を高めるおすすめのストレッチについて紹介します。

柔軟性のある体にはこんなメリットが


身体の柔軟性が高まることによって、さまざまなメリットを得ることができるでしょう。こちらでは具体的にどういったメリットを期待できるのかを紹介します。

基礎代謝が上がり痩せやすい体になる

実は柔軟性が上がることによって、基礎代謝を上げることができるとされています。身体が硬いと血行が悪くなってしまいます。これは筋肉が衰えてしまうからです。筋肉というのは血液のポンプの役割を果たしているため、これが衰えることによって血行が悪くなり、それによってさらに基礎代謝も悪くなってしまうのです。柔軟性が高まればこの問題を解決できるでしょう。

血行がよくなり集中力が上がる

柔軟性を高めて血行をよくすることができれば、それによって集中力を上げることができます。集中力がないことが気になっている方がいるかもしれません。これは脳がきちんと機能していないために起きてしまうことなのです。血行がよくなると、しっかりと脳に血液が届くようになります。そうなると脳がしっかりと覚醒するようになり、その結果として集中力をどんどん高めることができるようになるのです。

転んだ時やスポーツ時に怪我をしにくくなる

けが
柔軟性を高めることは怪我を予防するためにも効果を発揮します。たとえば転んでしまったり、スポーツをしていて誰かと衝突してしまったときなどでも、柔軟性が高ければ怪我をしにくくなるのです。身体が柔らかいために衝撃を上手く分散させることができるのです。一つの部位に負担がかかってしまうこともないため、怪我をしにくい身体を手に入れられるでしょう。

ゆっくり眠れるようになる

柔軟性が高くなることによって、夜にはゆっくりと眠ることができるようになります。柔軟性があると筋肉が緊張しにくくなります。常に筋肉がほぐれた状態になりやすいため、この状態でベッドに入ることによって、すぐにリラックスできるでしょう。心身を落ちつけやすくなるのです。そのおかげでゆっくりと眠ることができるようになります。

インナーマッスルが鍛えられて姿勢がよくなる


ストレッチをして身体を柔らかくすることによって、インナーマッスルを鍛えることができます。インナーマッスルというのは身体の深部にある筋肉のことです。こちらは普通に筋トレをしていてもなかなか鍛えることはできません。ストレッチによって鍛えることができます。インナーマッスルは姿勢を保つために役立ちます。これによって、姿勢が良くなるでしょう。

あなたの体は大丈夫?柔軟性をチェックしよう

自分には柔軟性があるかどうか気になる方がいるかもしれません。こちらでは柔軟性が自分にあるかどうかを確認するための方法について紹介しましょう。

体の後ろ側の柔軟性チェック:まっすぐ立った姿勢から前屈できるか


まずは身体の後ろ側に柔軟性があるかどうか確かめるための方法について教えましょう。これを確認するのは簡単です。まっすぐに立った状態から前屈をしてみましょう。それでしっかりと前屈ができるならば、その人はかなり柔軟性があることが分かります。床に手をつけることができないのであれば、かなり身体が硬くなっている証拠のため注意しましょう。

肩の柔軟性チェック:手を背中にまわして組めるか

手を背中に回してみましょう。その状態で手を組むことができるかどうか確認してみてください。人によってどこまできるのか異なっています。指を組むことができるのであれば、十分に柔軟性があることが分かります。指先だけがつく程度ならば普通でしょう。しかし、指先がまったく触れなくて離れているような状態の場合は身体がかなり硬いと考えてください。

太ももの柔軟性チェック:寝転んで片足を垂直に上げられるか

太ももの柔軟性も大切です。太ももが柔らかくないと怪我をしてしまう可能性があります。すべての動作の基本となるのが太もものため、この部分の柔軟性は大事なのです。寝転がってみて、片足を垂直に上げてみましょう。問題なく上げることができるならば、ある程度太ももが柔らかいことが分かります。しかし、垂直に上げられないならば、かなり硬くなっています。

太ももの付け根の柔軟性チェック:うつぶせになって片足を手で持てるか


うつ伏せになった状態で片足を手で持つことができるかどうか確認してみてください。たとえば寝る前にチェックしてみましょう。これができるならば、太ももの付け根の柔軟性が優れている証拠です。

早速実践!おすすめ柔軟ストレッチ

柔軟性というのは努力しだいで改善することが可能です。こちらではおすすめの柔軟ストレッチについて紹介しましょう。すぐにでも実践してみてください。

柔軟性を高めて代謝UPするストレッチ


こちらは毎日9分間続けることによって、どんどん柔軟性を高めていくことができるストレッチとなっています。こちらは呼吸も取り入れているストレッチとなっており、これによって血行をよくすることができて、美容にも効果を発揮することができるでしょう。こちらのストレッチをする際にはお風呂上がりにやるのが効果的です。身体を温まっている状態でした方が効果的だからです。

しなやかな体をつくるストレッチ


こちらはしなやかな身体を実現するためのストレッチについて教えています。こちらでは股関節や身体の裏側、肩周りのストレッチの方法について解説しています。動画に合わせて正しいやり方でストレッチを行ってみてください。息を吸うタイミングについても注目しましょう。注意点を意識しながらストレッチをすることで、しっかりと効果が出るでしょう。

体の硬い人のためのストレッチ


こちらは身体が硬くて悩んでいる方のためにストレッチを解説している動画です。前屈ができなかったり、そもそもストレッチができないという方でも実践できる内容となっています。こちらを続けていくだけで、身体をどんどん柔らかくしていくことができるでしょう。回数を守って毎日行うことが大切です。朝起きたときや寝る前に行いましょう。

みるみる肩こり解消ストレッチ


肩こりに悩まされている方はたくさんいるでしょう。そういう方におすすめのストレッチとなっています。顔のむくみを解決することもできるでしょう。たった1分でできる内容となっています。誰でも簡単に実践できるでしょう。こちらのストレッチによって筋肉の緊張をほぐすことができるのです。そうすれば、身体の状態はどんどんよくなっていくでしょう。肩の痛みも気にならなくなっていくはずです。

オフィスワーク中でもOK!腰のストレッチ


こちらはオフィスワークをしている方にもおすすめのストレッチとなっています。腰のストレッチをすることによって、柔軟性を高めることができるでしょう。腰回りにあるさまざまな筋肉に働きかけることができるでしょう。こちらは柔軟性が落ちやすいため、毎日ストレッチを行いましょう。そうすれば姿勢やバランスを維持しやすくなります。

3つのストレッチが存在しており、イスに座りながらオフィス内でも簡単に行える内容となっています。毎日継続してやることが大切です。

まとめ

ストレッチによって柔軟性を高めることは可能です。柔軟性というのはもちろん生まれつきの要素も関係するのですが、ストレッチによって努力で柔らかくしていくこともできるのです。柔軟性を高めれば、ぐっすりと寝られるようになったり、基礎代謝を高めて痩せやすくなります。美容にも効果があるでしょう。こちらで紹介してきたおすすめのストレッチを参考にして、実際に柔軟性を高めていきましょう。毎日継続して努力をすることによって、あなたの身体はどんどん柔らかくなっていくでしょう。