ママ友の作り方が分からない!出会える場所やきっかけは?

子供ができてから友だちが増えた、という女性は多いのではないでしょうか。いわゆるママ友がたくさんいるという方も多いでしょうが、中にはママ友ができないと悩んでいる方もいます。そこで、ここではママ友の作り方が分からないという方のために出会える場所やきっかけなどについてお話したいと思います。

ママ友とはどんな存在?


ママ友という言葉はよく耳にしますが、いったいママ友とは何なのでしょうか。ここではまずママ友の基本的な情報をお伝えします。

ママ友は育児を通じて知り合うママ同士のつながり

育児を通じて知り合う友だちがママ友です。友だちができるきっかけというのはいろいろ考えられますし、共通の趣味を持っている、学校の同級生などが友だちになることが多いですよね。ママ友は育児を通じて知り合い、そこから友だちになったような人です。子供がいる、子育てしているという共通点がありますから、育児について相談したり悩みを語り合ったりすることもできます。

ママ友は育児の相談や情報交換ができる頼りになる存在

すでに少しお話してしまいましたが、ママ友は育児の相談ができるとても頼りになる存在です。特に初めての子供のときは周りにあまり相談できる人もいないでしょうし、一人で育児について考えなくてはなりません。ママ友がいれば育児の相談に乗ってもらうことができますし、経験談から最善の方法などを教えてもらうこともできます。育児についての情報交換もママ友同士ではよく行っていますね。

ママ友の作り方・場所編


ママ友を作りたいけどできない、どうやって作ればいいのか分からないという方もおられるでしょうから、ここではママ友の作り方をご紹介します。まずはママ友が作れる場所からですね。

ママ友作りは妊娠中から!母親学級

子供が生まれてからママ友作りを始めてもいいのですが、妊娠中からママ友作りを進めることもできます。妊娠中からママ友がいるといろいろ教えてもらえますしおススメですよ。では、妊娠中にどのようにしてママ友を作るのかということですが、一つは母親学級が挙げられます。母親学級とはこれから母親になる方がいろいろなことを知ることができる場所です。産婦人科や特定の団体が母親学級を開催していますし、そこにはこれからママになる方がたくさん集まっています。ママ友づくりにはこれ以上ない場所ではないでしょうか。

同世代の子どもが集まる!公園

すでに子供がいる方だと公園がおススメです。公園デビューという言葉もあるように、公園ではママ友を作るチャンスがたくさんあります。近所の公園にもママや子供たちが集まっていると思いますから、そこに足を運ぶことでママ友もできるでしょう。すでにママ友のグループができていることも多いですから、その輪に入れてもらうのが一番手っ取り早いですね。できるだけ同世代の子供たちがたくさん集まる公園を選ぶようにしましょう。

地域のサービスを活用!子育てサロン

地域のサービスを利用してママ友を作るということも可能です。地域によっては子育てを支援するためのさまざまな取り組みもしていますし、その一つに子育てサロンがあります。育児や健康に関する相談ができる場所で、情報交換などもできる場として重宝されています。地域によっては呼び名が異なることもありますが、子育てサロンとして行われていることも多いですからこのようなサービスも利用してみましょう。子育てに関する情報を求めてママがたくさん訪れていますから、ママ友を作るチャンスには恵まれると思いますよ。

送り迎えや行事がチャンス!幼稚園

幼稚園でママ友を作ることもできます。送り迎えや行事などがチャンスですね。幼稚園や保育園だと必ず保護者が迎えに来ていますから、そこで友だちになることは十分可能でしょう。行事にも保護者が参加することがほとんどですから、このようなときもママ友作りには絶好のチャンスですね。こうしたチャンスを逃さないようにしてください。せっかくママ友を作れるチャンスがたくさんあるのですから積極的に話しかけてママ友を作ってほしいですね。

ママ友の作り方・きっかけ編


ここではママ友の作り方きっかけ編をお届けします。ママ友を作るきっかけを知りたい、という方は参考にしてください。

子どもと仲良しの子のママに話しかける

もっともポピュラーな方法の一つがこれです。子供と仲良しの子のママに話しかけるという方法ですね。これでママ友ができた、という方は多いのではないでしょうか。自分の子供と仲良くしてくれている子のママはやはり気になるものですし、相手もそう思っているかもしれません。このようなケースだと良いママ友関係を築くこともできるでしょうから、自分の子供と仲良くしてくれている子のママに話しかけてきっかけを作ってみましょう。

送迎などで顔見知りになったママと会話してみる

保育園などに送迎で訪れたときに顔見知りになるママもいると思います。多少会釈したり挨拶を交わすような関係のママもいるでしょうから、そのような顔見知りになったママに話しかけてみましょう。ママ友を作るには消極的な姿勢ではダメですから、できるだけ積極的にコミュニケーションをとろうとしなくてはなりません。積極的にコミュニケーションをとっていけばきっとママ友もできますよ。

子どもと同じ年齢の子をママと一緒に家に呼ぶ

子供と同じ年齢の子とそのママを自宅に招待することでママ友になることもできます。子供同士が仲良しならなおイイですね。子供同士も仲良くなれて、ママ友になることもできますから一石二鳥です。まだあまりよく知らないような人を自宅に招くのはちょっと怖い、という方もおられるでしょうが、本気でママ友を作りたい、ママ友が欲しいと考えているのならこうした方法も覚えておくとイイですよ。

ママ友作りのポイント


ここではなかなかママ友ができないという方のためにいくつかのポイントをお伝えしたいと思います。

作らなきゃ!と思い詰めずにゆったり構えよう

別にどうしてもママ友がいないといけないわけではありませんから、ママ友を作らなきゃと焦らないようにしましょう。できるときにはあっさりとできますから、あまり焦るのは得策ではありません。ゆったりと構えてじっくりとママ友を作ってください。あまりにも焦りすぎてしまうと周りのママに余計警戒されてしまう恐れもあります。そのうちできるだろう、くらいの気持ちでいたほうがイイですよ。

はじめから距離感を詰めすぎないで

ママ友が欲しいという一心ではじめから距離間を詰めすぎてしまう方もいます。しかし、これは相手からすると怖いだけですし、余計に距離を置かれてしまうでしょう。ママ友を作るどころではなくなってしまいますし、ほかのママのあいだで変な噂が立ってしまう恐れもあります。最初から距離間を詰めすぎてしまうのはNGですよ。

価値観が違うママ友とは割り切った関係を

価値観が自分とはまったく違うママもいます。生まれ育った環境や考え方によって価値観は異なりますし、価値観のまったく違う人と付き合うというのは大変です。そのようなママ友とムリに付き合ってしまうと自分が疲れてしまうだけですから、価値観が違うママ友とは割り切った関係を築くことをおススメします。あまり深い関係にならないほうがお互い楽だと思いますよ。

まとめ

ママ友がいればいろいろなことを相談できますし、育児などについて語り合うこともできますよね。ネットなどでもママ友がいたほうがイイ、といった記事をよく目にしますからなおさら思い詰めている方もいるかもしれません。しかし、先ほども言ったようにママ友作りに焦っても仕方ありませんし、できるときにはスムーズにできます。あまり気負うことなくじっくりとママ友を見つけてくださいね。