髪の毛の乾かし方を知っていますか?正しい乾かし方を知ろう!

髪の毛を美しく保ちたいなら、乾かし方はとても重要なポイントとなっています。どのようにすれば美しい髪の毛を維持できるのか、そのための正しい乾かし方について紹介しましょう。

美しい髪は乾かし方がポイントになる

美しい髪を実現するためには、髪をどのように乾かすのかがポイントとなります。髪の乾かし方の基本について紹介しましょう。

髪の毛は洗ったらすぐ乾かそう

まず髪の毛というのは洗ったあとにはすぐに乾かすようにしましょう。髪が濡れたままの状態でいるとさまざまなデメリットが存在してしまうからです。たとえば地肌に影響が出てしまったり、キューティクルに問題が生じてしまう可能性があります。他にも寝癖がつきやすくなってしまったり、雑菌が繁殖してしまう可能性もあるのです。髪の毛の美容や健康にあまり良くないため、髪の毛は濡れたまま放置するのではなくて、できるだけ早く洗うようにしましょう。

しっかり乾かせば翌日のヘアセットも容易になる

髪の毛をしっかりと乾かすことによって、翌日にヘアセットがやりやすくなるでしょう。すぐに乾かせば髪の毛に変な癖がついてしまうのを避けることができるのです。もし早く乾かさずに変な癖がついてしまうと、翌日にとても苦労してしまいます。その癖を治すことができなくて、シャワーを浴び直さなければいけない場合もあるのです。そのため、毎回しっかりと髪を乾かしておくことをおすすめします。

自然乾燥はデメリットが多いためドライヤーを使う


髪の毛を自然乾燥するという方は女性でもいるかもしれません。しかし、それではさまざまなデメリットがあります。やはりしっかりと髪の毛を乾かしておくことは大切なのです。自然乾燥することによって、健康にも問題が生じてしまうかもしれません。意外なところに問題が出てしまうこともあるため、面倒でもしっかりとドライヤーを使って乾かしておきましょう。

髪をしっかり乾かすメリット

髪の毛をしっかりと乾かすことにはさまざまなメリットがあります。こちらでは具体的にどういったメリットがあるのか教えましょう。

地肌が健康になる

まず地肌を健康にすることができます。髪の毛を濡らしたままにしておくと、頭皮を冷やしてしまうことになります。それによって血流が悪くなってしまうでしょう。そうなると髪の毛のための栄養がしっかりと頭皮にまで届かなくなってしまうのです。これでは健康的な頭皮を維持することができなくなります。そのため、髪の毛にまで影響を与えてしまうでしょう。肌トラブルが起きてしまう原因にもなってしまいます。

キューティクルが正常になる

黒髪ロング×ぱっつんの美しいヘアスタイル
髪の毛にはキューティクルというものがあります。こちらが開いた状態になってしまうと、髪は傷んでしまうでしょう。髪の毛の栄養がどんどん出ていってしまうのです。これをキューティクルがはがれるといいます。髪の毛が濡れた状態になると、キューティクルに影響が出てしまうのです。しっかりと乾かすことによって、髪の毛のキューティクルを維持することができます。乾かすことでキューティクルが開いてしまうのを防ぐことができるのです。髪の毛が濡れている状態というのは自然ではないのです。

寝ぐせがつきにくくなる

寝癖がついてしまい悩んでいる方がいるかもしれません。そういう方は髪の毛を自然乾燥させていることが多いでしょう。濡れたままの状態で寝てしまうために、それによって変な癖がついてしまうのです。髪の毛をしっかりと乾かしておくと、髪の毛に癖がつきにくい状態となります。濡れているときに髪の毛は癖がついてしまうものなのです。そのため、寝る前にしっかりと乾燥しておくことによって、寝癖を避けることができるでしょう。そうすれば、翌日も寝癖を直すことに時間を取られてしまうことはなくなります。

雑菌の増殖などを防ぐことが出来る


髪の毛が濡れていると、そこに雑菌が繁殖してしまうことがあります。この雑菌によって髪の毛が臭ってしまったり、かゆみが生じてしまう原因となってしまうのです。目に見えないけれども、雑菌が繁殖しているというケースは少なくないのです。

頭皮には常在菌が存在しています。それは濡れている状態でどんどん繁殖してしまうものなのです。そのため、できるだけ頭が濡れている状態は避けた方が良いのです。すぐに髪の毛を乾かしてしまうことによって、雑菌の繁殖を避けることができます。

髪の毛を乾かすときの注意点

髪の毛を乾かすときにはいくつか注意しなければいけないポイントがあります。意識するべき点について紹介しましょう。

タオルドライでしっかり髪を乾かす


まずいきなりドライヤーを使うのではなくて、最初はタオルドライをすることをおすすめします。そうすることによって、素早く髪の毛を乾かせるようになるのです。また、ロングヘアの方はタオルドライをする前に髪の毛を絞ることをおすすめします。そうすることで、しっかりと水気をなくしましょう。そしてタオルドライをするべきなのです。

ドライヤーをするまえにタオルドライをしっかりとしておくことによって、結果的にドライヤーを使う時間を短縮することにつながるのです。ドライヤーは髪の毛に負担をかけてしまうため、できるだけその時間は短くした方が良いです。そういう意味でもタオルドライは大切です。

タオルでこすらない

タオルドライをする際にはタオルで髪の毛をこすらないようにしましょう。もしタオルでこすり合わせてしまうと、それによって髪の毛がどんどん傷ついてしまうのです。キューティクルが開いてしまい剥がれてしまうことがあります。髪の毛がどんどんもろくなってしまうでしょう。髪の毛の質が悪くなってしまうのです。たとえば髪の毛がパサパサしていてまとまりがない場合は、タオルドライでこすり合わせているのが原因となっているかもしれません。

ドライヤーは頭皮から20㎝ほど離して使う


ドライヤーは確かに髪の毛を効率よく乾かすことができます。とても便利なものです。しかし、ドライヤーによって髪の毛を傷つけてしまう可能性があることはしっかりと理解しておきましょう。

ドライヤーを利用する際には頭皮から20cmほど離しておくことが大切です。そうすることによって、髪の毛が傷ついてしまうのを防ぐことができるいのです。ドライヤーから出ている温風というのは平均で110℃もあるのです。そのため、近づけすぎてしまうと髪の毛や頭皮がやけどしてしまうため注意しましょう。20cm離しておけば安全です。

湿気の少ない場所で乾かす

髪の毛を乾かす際には湿気の少ない場所を選びましょう。そこでならば、髪の毛に湿気が溜まってしまうことはありません。より素早く乾かすことができるのです。湿気のあるところで乾かそうと思っても、効率がとても悪くなってしまうでしょう。空気中にある水分の影響を髪の毛は強く受けてしまうからです。髪の毛はできるだけ素早く乾かすべきでしょう。そのためにも湿気の少ない部屋の中で乾かしましょう。

これで完璧!髪の毛の乾かし方

髪の毛を乾かすためには具体的にどういった点に注意するべきなのでしょうか。こちらでは髪の毛の乾かし方を教えましょう。

美容師が教える髪の毛の乾かし方


こちらは美容師の方が教えてくれる髪の毛の乾かし方となっています。ドライヤーを使うときには毛の流れにそって上から下に向かって風を送るようにしましょう。髪の毛は根元から乾かしていくのがポイントとなっています。毛先を乾かしてしまうと根元を乾かす間に毛先がパサパサになってしまいます。ドライヤーを持っていない手で根元をしっかりとこすりながら乾かしていきましょう。他にもさまざまなポイントが説明されています。

ロングヘアをキレイに乾かす方法


ロングヘアの方は髪の毛を乾かすのに苦労しているでしょう。こちらではタオルドライをしたあとにホホバオイルを髪の毛につけています。そしてクシによって髪の毛をしっかりととかしてから、ドライヤーを用いて髪の毛を乾かしています。前髪からドライヤーを用いましょう。そして後頭部の根元から乾かしていきます。細かい部分は動画でチェックしてください。

ショートヘアの乾かし方


ショートヘアの方はロングヘアとは異なった注意点があります。まずドライヤーを使う前にしっかりと髪の毛をくしでといておきましょう。こちらは手の動きがポイントとなっているため、動画をよくチェックして真似してみましょう。最後は冷風を当てることによって、髪の毛を上手く整えることができます。ドライヤーを持っていない手でしっかりと髪の毛を擦ってあげることが大切です。これによって仕上がりが変わるのです。

ボブヘアの乾かし方


ボブヘアを上手くかわかすためのポイントを紹介しています。ショートヘアやロングヘアの方とはまた異なったコツが必要となります。動画を参考にして、どのように髪の毛を乾かしていけばいいのかを理解してください。最後はしっかりと上からブローしましょう。自然な内巻きにしていくようにすれば、ボブヘアがきれいに仕上がります。

髪の毛をサラツヤにするブローの仕方


髪の毛をサラツヤにすることに憧れている方がいるかもしれません。そういう方におすすめのブローの仕方を紹介しましょう。ポイントは根元を中心に乾かしていくことです。正しくブローをしていくことによって、まっすぐのキレイな髪の毛に仕上げることができます。動画を参考にしながらキレイに乾かしていくと良いでしょう。ハンドブローであっても髪をキレイにまっすぐにすることはできるのです。これによって梅雨時や雨の日であっても髪の毛がうねったり、広がらなくなるでしょう。

広がりやすい髪の乾かし方


髪の毛が広がりやすいという方がいます。そういう方におすすめの方法となっています。こちらでは洗い流さないタイプのトリートメントを髪全体につけています。そして指で頭皮をこすりながら髪の毛を6割から7割程度まで乾かしていきます。根元から手ぐしでしっかりと乾かします。少し引っ張るようにして乾かすことによって、クセを落ち着かせることができます。このようにすることで髪の毛があまり広がらなくなります。

まとめ

髪の毛は乾かし方によって美しさが決まってしまいます。髪の毛を美しく健康にするためにも正しい乾かし方について知っておきましょう。こちらではそれぞれの髪型における乾かし方のポイントについて説明してきました。これから髪を乾かす際の参考にしてください。きれいに髪の毛を整えることができるでしょう。