ローズマリーの使い方を紹介!おすすめレシピからアロマ活用まで

ローズマリーはさまざまな効果を期待できます。こちらではローズマリーの育て方や活用法を紹介しましょう。

ローズマリーの効果

こちらではローズマリーの効果について教えましょう。さまざまな効果を期待できるでしょう。

精神を高揚させるためうつに効果的

まずローズマリーを使うことによって、どんどん精神を高揚させていくことができるでしょう。それによって、気持ちがどんどん高まっていくでしょう。それによって、たとえばうつ病を予防したり改善することができるでしょう。精神的に落ち込んでいるときにはローズマリーはおすすめなのです。ストレスが溜まっている方にもおすすめなものなのです。

血圧の低下や冷えに効果的

冷え性
ローズマリーには血圧の低下を促すという効果があります。血圧が上昇してしまうと、さまざまな弊害があるのです。健康にも美容にも悪いのです。そこで血圧を低下させるローズマリーはおすすめです。また、冷え性を改善することにも効果を発揮するでしょう。女性の方は冷え性に悩んでいることが多いでしょう。そんなときにもローズマリーは役立つでしょう。

ロズマリン酸によるアンチエイジング効果

ローズマリーの中にはロズマリン酸が含まれています。こちらはアンチエイジング効果を期待できるためおすすめなのです。女性の方は老化してしまうことを恐れている方はたくさんいるでしょう。そんな方にはロズマリン酸がおすすめなのです。こちらはポリフェーノールの一種であり、抗酸化作用を期待することができるでしょう。酸化を防ぐことができるのです。

頭皮の血行促進による抜け毛対策

ロングヘアは寝るときのケアが大事!寝るときのおすすめまとめ髪
ローズマリーによって頭皮の血行を促進させることができます。頭皮にとって血行というのはとても重要な要素となっています。頭皮にしっかりと血液が流れることによって、髪の毛を生やすための栄養を届けることができます。栄養がしっかりと補給されることによって、元気な髪の毛が生えてくるようになるのです。そうすれば抜け毛対策ができるでしょう。

防虫効果

ローズマリーを使うことによって防虫効果を期待できるでしょう。ローズマリーの香りというのは虫が嫌うものなのです。そのため、こちらを使うことによって、虫を寄せ付けなくすることができるでしょう。虫が嫌いな方は多いでしょう。そういう方におすすめなのです。たとえば害虫避けとして使うことができるのです。蚊やハエといった昆虫は近寄らなくなるでしょう。

ローズマリーの育て方

ローズマリーはどのようにして育てれば良いのでしょうか。こちらではローズマリーの育て方について教えましょう。

ローズマリーの日常管理


ローズマリーは日常的に管理をすることが大切です。たとえば根詰まりをしてしまうと危険なサインとなります。この場合は植え替えをしなければいけないでしょう。根詰まりの状態では根がパンパンな状態となってしまいます。このまま放置しておいても大きく育つことはないでしょう。この場合はもっと大きな鉢に植え替えましょう。

また、ローズマリーの色があまり元気がなさそうに見えるときには根腐れしています。このときには水をやりすぎている可能性があるのです。この場合は小さな鉢に植え替えしましょう。

ローズマリーの挿し木


ローズマリーを剪定すれば、それによって挿し芽をつくることができます。生い茂ったローズマリーがあるならば、そこから挿し芽を作り、さらにそれを用いて挿し木を作ることができるでしょう。一番上の新芽の部分をカットしましょう。これに水を吸わせてください。その際には下の葉を取り除きましょう。挿し芽の準備をしたならば、それを水に挿しておきましょう。水をしっかりと吸わせたならば、土に入れましょう。

ローズマリーの水耕栽培


ローズマリーは水耕栽培することができます。スポンジ培地を用いてローズマリーを育てることができるのです。水栽培ができるのであれば、キッチンで育てて必要になればすぐに使うことができるため、とても便利でしょう。動画を参考にして水耕栽培をしてみましょう。

ローズマリーの育て方のポイント

ローズマリーを育てる際にはさまざまな点に注意するべきです。こちらではどのような点に気をつけて栽培をするべきなのか、ポイントを紹介しましょう。

水やりはたっぷりと

ローズマリーを育てる際にはたっぷりと水をやるのが基本となります。たとえば土の表面が濡れる程度では不十分なのです。それではしっかりと根にまで水を届かせることができないでしょう。そのため、底からしっかりと水が流れていることを確認できるぐらいまでたくさん水をやるようにしましょう。そうすることによって、ローズマリーは元気に育っていくのです。

水やりのタイミングは朝か夕方


ローズマリーに水やりをするタイミングとしては、基本的には朝か夕方のどちらかにすると良いでしょう。朝にするメリットは、根を傷めてしまうことが少ないという点です。夕方の場合は土が暖かくなっているため根が傷む可能性があるのです。ただし、夕方に水をやると土が乾きにくいために水をゆっくりと吸わせることができるというメリットがあるのです。自分のライフスタイルに合わせて最適な方を選ぶと良いでしょう。

肥料はなくてもOK

ローズマリーというのは基本的に肥料を与える必要はありません。肥料がなくてもどんどん元気に育ってくれるのです。ただし、新芽や花芽のとき、あるいは樹勢が弱っていたり、根張りを強化したいというときには肥料を与えると良いでしょう。その場合には、液体肥料や緩交性肥料を用いると効果的でしょう。

湿気には気をつけて


ローズマリーを育てる際に注意するべき点は湿気です。実はローズマリーというのは湿気を苦手としているのです。そのため、雨が当たらないようにするべきでしょう。風通しの良い場所で育てることによって、土が常に乾いた状態にすることができるのです。真夏に直射日光を与えたとしても元気よく育ってくれます。また、枝が込み入っていると風通しが悪くなるため、しっかりと剪定してあげましょう。

15cm以上育ったら選定して料理などに使おう

ローズマリーを育てていてもし15cm以上にまで育ってきたのであれば、それを剪定しましょう。それをたとえば料理に使うこともできるのです。料理の中に入れれば、とても美味しく食べることができるでしょう。

料理にも使える!ローズマリーを使ったレシピ

ローズマリーは積極的に料理に用いましょう。こちらではローズマリーを用いたレシピについて紹介しましょう。

チキンとポテトのオーブン焼き


こちらは簡単に作ることができるのに、とても見た目が豪華に見えるためおすすめの料理となっています。おもてなしとしてぴったりな料理といえるでしょう。ローズマリーの香りとにんにくによって食欲をそそってくれるでしょう。チキンは皮目をぱりっと焼いてこれが絶品となっています。ワインとの相性が良いでしょう。どんどん美味しくワインを飲むことができます。疲労回復に効果的なレシピとなっています。

ローズマリーのオイル


こちらはローズマリーを使ったオイルです。こちらは市販のローズマリーでも作ることができます。枝からローズマリーを外して、これを包丁で甘めのみじん切りにしていきます。そのまま口に入ることを前提として切っていきましょう。そして容器に入れて、そこにバージンオイルを加えましょう。こうすることによって、ローズマリーのオイルを作ることができます。

豚肉のローズマリー焼き


こちらは豚肩ロース肉を用いてローズマリー焼きにしています。塩コショウやローズマリー、にんにく、オリーブ油を用います。これらを保存袋の中に入れて、よく揉み込んで冷蔵庫の中で2日漬けておきます。そして、実際にフライパンで豚肉とローズマリーを焼き上げていきます。こんがりと焼いて、最後にマスタードを添えましょう。そうすれば完成します。付け合せとしてトマトやじゃがいもを用意しましょう。

ラムチョップのローズマリー焼き


ラムチョップもローズマリーと合わせるととても美味しいです。ローズマリーの風味によってさわやかな香りがするようになるでしょう。こちらは赤ワインとの相性がとても良いのです。ラム肉と絡めてとても贅沢な一品となるでしょう。簡単に作ることができて、こちらを出すことによってディナーをおしゃれに演出することができるのです。特別な日にはぜひともこちらを作ってみましょう。きっと相手も喜んでくれるでしょう。特別感を演出するのに役立ちます。

秋野菜のローズマリー酢漬け


こちらは保存食としても活用することができます。秋野菜をローズマリーの酢漬けにします。とてもさっぱりとした味がするのが大きな特徴となっています。簡単につくることができるでしょう。酢や塩、砂糖にローズマリーやバジルを加えて、これに野菜をつけるというとてもシンプルなレシピとなっているのです。冷蔵庫の中で3時間以上漬け込みましょう。日持ちします。冷蔵庫の中に入れておいて、食べたいときに取り出しましょう。

ローズマリー風味のかき揚げ


こちらはワインのお供として最高なレシピとなっています。さつまいもとロースハムを用意しましょう。これらのかき揚げにさらにローズマリーを加えるのです。ローズマリーの風味によって、さらに美味しいかき揚げを実現できるでしょう。おかずとしてぴったりな一品となっています。出来上がったものはとてもおしゃれに仕上がっています。おつまみにもピッタリでしょう。

ハーブスコーン


こちらは外はカリッとしていて中はふわっとしているハーブスコーンです。ハーブはお好みのものでよいのですが、特にローズマリーがおすすめです。ローズマリーの香りによって、スコーンの焼き立てのものと相性がとても良いのです。サクサク感を楽しむことができるでしょう。こちらはお食事系のスコーンとなっています。

まとめ

こちらではローズマリーの使い方について紹介してきました。また、ローズマリーの育て方のポイントも説明しました。ローズマリーはさまざまなレシピに活用することができます。ローズマリーの風味というのはさまざまな料理と相性が良いので、是非試してみてくださいね。