クレンジングミルクのおすすめはこちら!クレンジングミルクの種類と選び方

メイク落としはいくつか種類があり、その中でもお肌に優しいと言われているのが、クレンジングミルクです。しっとりと仕上がりながらも、乾燥しにくく、刺激を与えずメイクを落とせるので、敏感肌の方にも良いです。ただ洗顔力が強いと肌への刺激が多いなどあり、選ぶポイントもあります。クレンジングミルクには、どのような効果があるのか、おすすめの商品は何かご紹介します。

クレンジングミルクがおすすめな理由

クレンジング後でもお肌が潤いを保っている

クレンジングミルクの大きな特徴となると、洗った後でも保湿してくれるということがあり、洗顔しても潤いを与えたいならば、保湿成分配合のものを選ぶと良いです。高保湿成分としてはセラミドなど、天然保湿成分としては、シアバターなどあります。保湿力があれば、しっかりとメイクを落としながらも、お肌に潤いを与えます。

肌のキメが整ってくれる

お肌を洗うために使う製品なので、メイクを落とすのはもちろん、古い角質などを綺麗に落としてくれるので、キメを整えるのにも役立ちます。特に潤いを与えて、洗顔してくれるような製品は、洗顔後に潤いやツヤを与え、なおかつキメも整えます。洗顔力のあるクレンジングミルクであれば、キメの中の汚れまで落としてくれます。

敏感肌や乾燥肌の方の肌トラブルを未然に防いでくれる

お肌に優しいクレンジングが、クレンジングミルクです。その中でも特に、無添加である商品ほど、肌への刺激が少なく、肌トラブルを起こしにくくなっています。天然成分をメインにしている商品ほど、肌への負担が少なく、肌トラブルも起こしにくいです。

失敗しないクレンジングミルクの選び方

しっかりとクレンジング力のある物を選ぶ

洗顔のために使うものであり、お肌に優しいですが、その分洗浄力が弱いことがあります。強すぎる洗浄力もお肌に必要な油分まで奪いますが、逆に洗浄力が弱いと、メイクが残り、肌荒れの原因となります。洗浄力をしっかり確保しているクレンジングミルクもありますが、マスカラやアイラインなど、使う化粧品によっては、落ちにくい場合があります。例えばアイメイクは専用のリムーバーで落とすなど、併用すると良いです。

配合されている美容成分に注目する

クレンジングのために使いますが、メイクを落とすのみならず、プラスで何か効果があると、嬉しいものです。毎日使うので、保湿力や、さらには美容成分も入っていると、お肌を瑞々しくして、美しく導いてくれます。コラーゲンなどの美容成分の他に、使用した後に、ほのかに香らせてくれる香料成分配合の製品もあります。

保湿力の高い物を選ぶ

メイクを綺麗に落とすので、油分も落とし、使用したあとは、お肌を乾燥させやすいです。しかしクレンジングミルクに保湿成分が配合されていると、洗顔後でも潤いを与えて、お肌の乾燥を防いでくれます。保湿力があるのは、セラミドやヒアルロン酸などですが、お肌への刺激を考えるならば、植物由来のオイルなど配合の製品が良いでしょう。保湿力があれば、綺麗に洗顔しながらも、お肌に潤いを与え、瑞々しい肌にしてくれます。

お肌が弱い方は洗い流すタイプがおすすめ

クレンジングミルクには、洗い流すタイプと拭き取るタイプの2つあるので、肌トラブルを防ぐならば、洗い流すタイプの方が、肌へのダメージは少ないです。拭き取るタイプは、コットンなどに付けて、お肌にこすりつけてメイクを取っていきます。洗い流すタイプは、お肌に付けて馴染ませてメイクを浮かせ、最後に水ですすいで洗い流します。それほどこすらずに済むので、洗い流すタイプの方が、肌への刺激は少ないです。

大人ニキビなどが出来やすい方は無添加タイプ


お肌にニキビが出来たり、荒れているような方は、香料や着色料などの化学成分が入っていない、無添加のタイプをおすすめします。保湿成分として鉱物油を使っている製品もあり、洗顔成分や保湿成分は何か、添加物はあるかどうか見てみましょう。お肌への負担を減らすためにも、天然成分を使っている、クレンジングミルクを使うと良いでしょう。

クレンジング力と保湿力のバランス抜群なクレンジングミルク

ロゼット クレンジングミルク

ロゼット クレンジングミルク 180ml

お肌をいたわる製品であり、無着色、無鉱物油とお肌へのことを考えて作られています。水分と油分のバランスを考えて作られており、やわらかい感覚の乳液です。クレンジング剤でメイクを浮かせて、化粧水で拭き取る使い方をします。洗い流さず、本来のうるおいを確保して洗顔できます。さっぱりと綺麗にしたいときは、水ですすいでも構いません。植物由来のオイルを配合し、保湿力もあります。パッチテスト済みですが、お肌への刺激は、個人差があります。

ダヴ センシティブマイルド ミルククレンジング

ダヴ センシティブマイルド ミルククレンジング 195mL

敏感肌の方も使うことができるマイルドなメイク落としです。保湿成分にカモミールエキスを配合し、これはハーブの1つです。アレルギーテスト済みであり、アレルギーを起こしにくくなっています。無添加無着色でパラベンフリーです。乾燥肌の方や敏感肌の方にも優しくなっており、洗い上がりはしっとりとしており、つっぱりにくくなっています。ナチュラルメイクぐらいならば、綺麗に洗い流すことができ、濡れた手でも使えるので、お風呂でも使えます。

洗い流すタイプのクレンジングミルク

カバーマーク クレンジングミルク

カバーマーク クレンジングミルク 200g

軽く伸ばすだけでメイクが浮き上がり、美容液から生まれたクレンジングミルクです。水でさっとすっきりと洗い流せて、潤いを与えます。独自のゲル構造のクレンジングで、落ちにくいメイクも落とします。MCキトサン配合で、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を保ちます。たっぷりと水を含ませると、クレンジングミルク剤がナノサイズ粒子に変化し、お肌に残らず洗い流せます。9種類のエッセンシャルオイル配合で、柑橘系の香りを与えています。

Koo ミラクルクレンジング フルボトル

Koo ミラクルクレンジング フルボトル

お肌に付けるとクレンジングとしてメイクを落とし、お湯を含ませると洗顔料となります。お肌に優しく汚れをしっかりと落とし、洗浄成分を9.5%だけ配合という、従来のクレンジングミルクよりも配合量を少なくしながらも、洗顔力を保っています。製造過程で不純物をフィルターによって徹底的に除去することにより、純粋な成分を抽出し、少ない洗顔成分でも、十分にメイクを落とす効果を発揮します。

無添加タイプのクレンジングミルク

カウブランド 無添加メイク落としミルク ポンプ付

カウブランド 無添加メイク落としミルク ポンプ付 150mL

無添加と製品に名前が付いている通り、デリケートな肌の方のことを考えた、無添加クレンジングミルクです。無着色無香料であり、パラベンなどの防腐剤も入っていません。保湿成分として、オリーブ由来の天然成分を配合しています。洗顔成分としては、ナタネなどの植物油、アミノ酸系の成分を配合しています。軽く肌に馴染ませるとメイクを浮き上がらせ、肌に余分な負担をかけずに洗顔します。

ママバター クレンジングミルク

ママバター クレンジングミルク 130g

天然成分のシアバターと、10種類のオーガニック成分を配合し、肌に馴染みやすいクレンジングミルクです。お肌にしっとりと潤いを与えながらも、綺麗に洗い流し、透明感ある肌へ導きます。ダブル洗顔をしなくても、マスカラなども落とし、洗顔しても肌が落ち着きます。お肌への刺激は少ないですが、その分1回につき多めに使って洗顔してください。合成香料、合成着色料、鉱物油、パラベン、シリコンは一切使っていません。

まとめ

クレンジングミルクの特徴と選び方、おすすめの製品をご紹介しました。クレンジングミルクといっても、洗浄力の高いタイプや保湿力のあるタイプなど様々です。天然成分を配合している製品や、無添加製品など、敏感肌やお肌への刺激が気になる人向けのクレンジングミルクもあります。メイクをしっかりと落としてくれるのか、洗顔後はお肌をしっとりとさせるか、保湿力はあるのかなどを見て、選んで使っていくと良いでしょう。