豆乳ヨーグルトの作り方は?3つの方法とメリット・デメリット

豆乳ヨーグルトというものが最近は流行っています。こちらが美容や健康を応援してくれるのです。そこでこちらでは豆乳ヨーグルトの作り方やそれぞれの方法のメリット・デメリットについて説明しましょう。

豆乳ヨーグルトとは?

豆乳ヨーグルトというのはそもそもどのようなものなのでしょうか。名前は知っていても詳しいことが分からないという方もいるでしょう。こちらでは豆乳ヨーグルトの基本的な情報についてまとめました。

豆乳を原料に作られたヨーグルト

豆乳ヨーグルトはヨーグルトなのですが、原料として豆乳を使っているのが大きな特徴となっています。豆乳を用いることによって、普通のヨーグルトとは異なるメリットがたくさんあるのです。

乳製品アレルギーや乳糖不耐症の方でも安心して食べられる

普通のヨーグルトを食べることができないという方は意外とたくさんいます。その理由は乳製品アレルギーを持っていたり、乳糖不耐症となっていることがあるからです。このような症状が出てしまう方であっても、安心して食べることができるのが豆乳ヨーグルトです。こちらには乳糖が含まれていないため、乳製品を得意としていない方であっても安心して摂取できるでしょう。

牛乳ヨーグルトよりも腸内環境を整える効果が高いと話題に

牛乳によって作られたヨーグルトよりも豆乳ヨーグルトの方が腸内環境をしっかりと整えることができるとされています。腸内環境が悪化してしまうと体にいろいろな影響が出てしまいます。そこで豆乳ヨーグルトを食べることによって、しっかりと腸内の環境を整えるべきなのです。普通のヨーグルトも腸にとって良いとされているのですが、それ以上に効果的だといわれているのが豆乳ヨーグルトです。

イソフラボンなど女性に嬉しい成分を摂取できるメリットも


豆乳ヨーグルトには女性に嬉しい成分がたくさん含まれているとされています。たとえば、イソフラボンが豊富に含まれています。どんどんイソフラボンを摂取することによって、女性の美容や健康を応援してくれるのです。

低カロリー高タンパクでダイエット効果も期待できる

豆乳ヨーグルトはカロリーが低いにも関わらず豆乳が使われていることから高タンパクとなっています。そのため、まさにダイエットに最適な食品といえるでしょう。豆乳ヨーグルトを食べるだけでもある程度の満腹感を得ることはできるのです。たとえばこちらを用いて置き換えダイエットをするということも可能でしょう。

自家製なら市販品よりも低コストでさらにヘルシー

豆乳ヨーグルトは市販されているものもあるのですが、それだけではなくて自分で作ることもできます。自家製であればさらに低コストとなるでしょう。とてもヘルシーな豆乳ヨーグルトを作ることができます。

豆乳ヨーグルトの3つの作り方とは?

豆乳ヨーグルトはどのようにして作ることができるのか紹介しましょう。

玄米から豆乳ヨーグルトを作る方法


材料としては生玄米と塩、そして豆乳を用意しましょう。お茶パックの中で作ります。豆乳の中に塩を入れてかき混ぜてからさらに玄米を加えましょう。管理は常温で行います。3日過ぎたぐらいでしっかりと固まります。これで完成です。

豆乳に市販の牛乳ヨーグルトをプラスして作る方法


こちらは豆乳とヨーグルト、はちみつを用いて作る方法となっています。市販の牛乳ヨーグルトを加えることによって、どんどん善玉菌を摂取できるようになるでしょう。鍋の中に豆乳とヨーグルト、はちみつを加えてよくかき混ぜましょう。そしてフタをして弱火で2分加熱します。あとはそのまま放置しておくことによって、翌朝になるとしっかりと固まるでしょう。

市販の種菌と豆乳を使って作る方法


こちらは市販の植物性乳酸菌を使ったレシピとなっています。カプセルの中に入っているため、そこからしっかりと取り出しておきましょう。あとは普通に豆乳を作るのと同じやり方で問題ありません。市販の乳酸菌の中に豆乳を加えてよくかき混ぜてください。

玄米から豆乳ヨーグルトを作るメリット

玄米から豆乳ヨーグルトを作る方法があるのですが、これにはさまざまなメリットがあります。どのようなメリットがあるのかを教えましょう。

白米の4倍の栄養成分を含む玄米による健康効果が得られる

玄米には白米よりも栄養成分が豊富に含まれています。こちらを用いることによって、高い健康効果を得ることができるのです。

食物繊維とヨーグルトの相乗効果で腸内環境を劇的改善

玄米の中には食物繊維が豊富に含まれています。こちらとヨーグルトによる効果によって、腸内環境をどんどん改善させることができるでしょう。

ヨーグルトが玄米に含まれる「GABA」を2倍に増やしストレス・不眠を解消

玄米にはGABAという成分が含まれています。こちらはヨーグルトによって2倍に増やすことが可能であり、これによってストレスや不眠を解消することができます。

玄米から豆乳ヨーグルトを作るデメリット

玄米から豆乳ヨーグルトを作る際にはデメリットも存在していることを理解しましょう。一体どのようなデメリットに注意しなければいけないのかを教えましょう。

作る過程で雑菌が入りやすい

玄米から豆乳ヨーグルトを作る際には雑菌が入ってしまうことがあります。雑菌が入ってしまえばせっかくの豆乳ヨーグルトが台無しになってしまうため注意しましょう。

作り方によって発酵しない・固まらないなどの失敗がある

玄米入りの豆乳ヨーグルトというのは作るのが難しいです。そのため、上手く発酵してくれなかったり、固まらないといった失敗をしてしまうことがあります。きちんと作り方を確認しておきましょう。

豆乳に牛乳ヨーグルトをプラスして作る方法のメリット

豆乳の中に牛乳ヨーグルトを加えて作るという方法があります。こちらにはさまざまなメリットがあるため、一つずつ紹介しましょう。

作り方が最も簡単で成功しやすい

こちらの作り方は一番簡単であり、成功しやすいです。せっかく作ろうとしたのに上手く作ることができなかったらとても残念でしょう。

繰り返し作っても味が安定しやすい

この方法の場合は繰り返し作ったとしても、味が安定しやすいです。毎回作る度に味が変わってしまうと食べるのが嫌になってしまうものです。

豆乳に牛乳ヨーグルトをプラスして作る方法のデメリット

豆乳に牛乳ヨーグルトを加えて作る方法には実はデメリットも存在しています。どういうデメリットがあるのかを教えましょう。

100%植物性ではなくなる

この作り方だと普通のヨーグルトが含まれてしまいます。そのため植物性100%ではなくなってしまいます。豆乳ヨーグルトのメリットは完全に植物性のものでのみ構成されている点にあるのです。このメリットはなくなってしまうでしょう。

市販ヨーグルトの添加物が気になる方には向かない


市販のヨーグルトの中にはたくさんの添加物が含まれています。これが気になってしまう方がいるかもしれません。できるだけ添加物を避けたいという方がいるのです。

市販の種菌を使って作るメリット

乳酸菌は市販されています。そちらを用いて豆乳ヨーグルトを作るという方法があります。このメリットについて教えましょう。

自分の体質に合った乳酸菌を摂り入れることができる

乳酸菌にもいろいろな種類があります。その中から自分の体に合ったものを選ぶことができるのは大きなメリットでしょう。

ホエーやケフィアなど健康効果の高い種菌から作ることもできる

雑菌の中には健康への効果の高いものがあります。ホエーやケフィアといったものが売られているのです。

豆乳ヨーグルト専用の種菌も市販されており失敗が少ない

ヨーグルト

豆乳ヨーグルトを使うために雑菌を用いるという方は増えています。そのようなニーズに応えて、メーカーの方で豆乳ヨーグルト専用の雑菌がたくさん売られているのです。

市販の種菌を使って作るデメリット

市販されている雑菌を豆乳ヨーグルトづくりに用いることにはデメリットも存在しています。どういうデメリットがあるのか詳しく教えましょう。

種菌を売っている場所が限られている

まず雑菌というのは気軽に買うことができるものではありません。豆乳や玄米、牛乳ヨーグルトといったものは普通のスーパーへ行けば気軽に買うことができます。しかし、雑菌に関してはあなたのよく行くスーパーに売っているとは限らないでしょう。この点はデメリットとなってしまいます。

種菌の種類によって発酵に適した条件が異なるため注意が必要

雑菌にはいろいろな種類があります。そして、その種類ごとに発酵のための条件が異なっています。このことに留意して雑菌を選ばなければいけません。

まとめ

さまざまな注意点もあるのですが、豆乳ヨーグルトにはメリットがたくさんあります。こちらで紹介した注意点を意識しながら、玄米や雑菌、市販の牛乳ヨーグルトを用いて豆乳ヨーグルトを作ってみてください。きっとあなたの健康や美容を大きく助けてくれるでしょう。