内臓脂肪を落とす筋トレ8選!脱メタボになる運動を集めました

内臓脂肪と皮下脂肪は異なります。内臓脂肪は、体につきやすく落としやすいのが特徴です。そのため、気になりだしたら少し工夫することで比較的早く改善することが可能です。食事内容を見直すことも必要ですが、そこに運動を取り入れることができれば、更に効果を期待することができます。道具を用意することなく自宅で簡単に続けられる方法もありますので、一度試してみてはいかがでしょうか。そして、健康的な体を手に入れましょう。

内臓脂肪を落とす筋トレの方法


内臓脂肪を落としたいと思ったら、運動もオススメです。有酸素運動をしながら、適度に筋トレをするようにすれば、内臓脂肪の改善も更に期待することができます。筋肉を付けることができれば、その分脂肪が燃えやすくなり代謝がよくなります。つまり、痩せやすい体づくりできるということです。特に下半身の筋肉を鍛えることは、足腰を丈夫にすることができるだけでなく、体全体を痩せやすくできてオススメです。

スクワット

スクワットは、様々なメリットがある筋トレです。自宅でできますし、道具が不要なところも良いところです。足腰を鍛えることができるのももちろん、腹筋を鍛えることもできる良い運動です。また、スクワットを続けることで美しいスタイルを期待することもできます。

腹筋


腹筋を鍛えることで、おなか周りの脂肪を効率よく燃やすことが期待できます。初めて行う方や久しぶりに行う方は、初めは無理をしないようにしながら進めていきましょう。ある程度運動習慣がある方で、腹筋が得意な方は、一般的なやり方よりも、「クランチ」と呼ばれる方法の方がよりオススメです。クランチは、片方の脚を上げている状態で行う方法です。息を止めずに吐き出しながら体を起こすようにします。両脚を交代しながら、これを繰り返します。

バーピー

腕立て
バーピーは、おなか周りの脂肪を燃焼させるのはもちろん、体全体を効率よく引き締めることができる方法です。スクワット、腕立て伏せなど様々なトレーニングを行うことで得られるメリットを、バーピー一つで得られるのが魅力です。かなりきついトレーニングになりますが、本気でおなか周りを引き締めたい方やダイエットしたい方は、是非試してみてください。

内臓脂肪対策になるスクワット3選

スクワットには、様々なメリットがあると言われています。綺麗なヒップラインを手に入れることもできますし、脚を引き締めたり代謝を上げたりすることができるのも魅力です。もちろん、ウエストの引き締め効果も期待することができますので、多くの方にオススメしたいトレーニングです。ただし、間違った方法で行ってしまうと効果が半減してしまいますので、是非正しい方法を身につけるようにしましょう。

初心者の方におすすめしたい椅子を使ったスクワット


スクワットは、実際にやってみるとなかなか大変なトレーニングです。初めて行う方は、まずはこういった初心者の方でも試しやすい方法から始めてみるのも良いでしょう。椅子があればできますので、試しやすいのではないでしょうか。ゆっくり行うのがポイント。足の向きや、意識を向けるポイントなどに注意しながら行うのがコツです。

股関節と肩甲骨を使ったスクワット


できるだけ早く効果を実感したい方も多いでしょう。そういった方にオススメしたい方法が、こちらです。効率よく体を引き締めることができますので、多くの方にオススメですポイントは、股関節をしっかりと曲げるようにしながら行うことです。簡単そうに見えるかもしれませんが、実際にやってみるとなかなかキツイトレーニング方法です。しかしながら、メリットが少なくない方法ですから、無理をしない程度に試してみてください。

10分集中スクワット


こちらは、10分間ひたすらスクワットを続けるといった方法です。数回程度であればなんとかできるかもしれませんが、10分間続けるのはかなり大変であることが想像できます。筋肉痛も覚悟!これを続けられるようになったら、きっとメンタルもかなり逞しく鍛えられていることでしょう。

内臓脂肪対策になる腹筋3選

内臓脂肪対策として、オススメしたい腹筋方法があります。キツものだけでなく、比較的試しやすいものもありますので、無理をせずまずは挑戦してみてはいかがでしょうか。バランスボールなどアイテムを用意することができれば、更にトレーニングの幅が広がります。自分に合ったものを続けてみてください。

女性でも簡単にできる腹筋ローラー


腹筋も、内臓脂肪対策の効果的なトレーニング方法です。女性の中には、腹筋トレーニングが苦手な方もいますが、この方法であれば試しやすいのではないでしょうか。腹筋ローラーを用意して、是非試してみてください。壁に向かって行うようにすれば、初めて腹筋トレーニングを試す方も行いやすいはずです。

普通の腹筋が出来ない人におすすめ!バランスボールクランチ


バランスボールを使用して行うトレーニング方法もオススメです。バランスボールが一つあると、色々なトレーニングができて便利。この方法は、特に腹筋の上部を鍛えられるのがメリットです。初めは、上手くできないかもしれませんが、続けているうちにコツをつかむことができます。

毎日続けられるスロー腹筋


こちらは、横になって行うトレーニング方法です。ゆっくりと行うことができますので、初めての方も試しやすいのではないでしょうか。この方法を続けることで、縦線腹筋を作ることができます。上半身が、前や後ろに倒れないように注意しながら行ってみてください。左右両方を、それぞれ15回行って一セット。これを、一日3回行うようにしてみてください。

内臓脂肪対策になるバーピー2選

バーピーは、なかなかハードなトレーニング方法かもしれません。しかしながら、続けることで効率よく脂肪を燃焼することができますのでオススメです。色々なトレーニングの、良いとこどりでもあるバーピー。周りに危険なものがないことを確かめて、試してみてください。

初心者向け1分間バーピー


こちらも方法は、初心者向けですので、初めての方も安心して行うことができます。ゆっくりと行うことができますので、多くの方にオススメです。

上級者向け!片脚バーピー


こちらは、片方の脚だけで行うバーピーです。両方の脚を使って行うよりもキツく感じるかもしれませんが、全身を効率よく引き締めることができますので、メリットは少なくありません。たくさん体脂肪を落としたい方にも、オススメの方法です。ガンガンやって、是非要らない脂肪を改善していきましょう!

まとめ

内臓脂肪は体につきやすいといったデメリットもあるのですが、反面落としやすいといったメリットもあります。食事などで対策することも良いですが、合わせて運動を行うことで、より効率よく体脂肪を減らしていくことができます。スクワットや腹筋、バーピーなど色々な方法がありますので、是非試してみてください。中には、女性や初めての方でも試しやすい方法もあります。トレーニングを行うときは、正しいやり方で行うのがポイントです。