結婚線が枝分かれしている意味とは?枝分かれの仕方でわかる未来

現在独身の人、または結婚を間近に控えるカップルなどは、2人の未来が果たしてどんな未来になるのか知りたいと思っている人も多くいますよね。そこで今回は手相における結婚線の深い意味合いを詳しく掘り下げて行こうと思います。

結婚線とは

結婚線は数によって意味が変わる

手相占いでよく注目されるのが結婚線です。しかしそもそも結婚線とはどのような意味があるのか、またどこにあるのかご存知ない人も多いでしょう。まず結婚線は、どこにあるのかというと小指の付け根の下です。そして結婚線の種類と形で、その人の恋愛運や結婚運を見ることができると言われています。

左右どちらの手で占うかによっても結果は左右されますが、特に結婚線は数に注目してみてみましょう。何本線があるかによってもその意味は大きく変わってきます。結婚線が複数見られる場合は、恋多き人に見られる場合が多いようです。多くの人に片思いを繰り返す場合もあれば、何度も結婚と離婚を繰り返す場合もあるようです。しかし、この時気をつけたいのはシワを複数線に数えないことです。一般的には50cm以上離れてもくっきり見えるのが手相であり、薄くはっきりしないものはシワであることを理解しておきましょう。

結婚線が1本で枝分かれしない場合:一途な恋愛をする


太くくっきりとした結婚線が途中や最後に枝分かれすることなく伸びている場合は、幸せな結婚ができる結婚運の強い人と言えます。特に、一途な恋愛をする傾向にある人に多いと言われています。

結婚線が上り調:理想の相手と出会える


結婚線が並行よりも上向きに伸びているような場合には、特に幸せな結婚ができると言われているとともに理想の相手と出会える兆しがあるとも言われています。特に結婚に対して理想がある場合や、運命の相手と出会えるかどうか気になる人はチェックしてみるといいかもしれません。

結婚線が二股に枝分かれしている意味

夫婦仲に距離があることをあらわしている

結婚線が二股に分かれている場合、一般的に「別れ」を示唆していることが多くあります。しかし、一概にそうとも言えない場合もあるのです。それはその人が現在置かれている状況にも左右されるといったケースもあるためです。独身であれば今はまだ結婚相手に出会えていないことを意味していたり、未婚のカップルであれば、別れの他に結婚の時期が早すぎることを示唆していたりするようです。

既婚であれば、夫婦仲がうまくいかないことを示唆している場合も少なくありません。一概に距離といっても物理的なものではなく心理的なものに左右されている場合が多く、二人の距離が広がってコミュニケーションを取れていない時期なのかもしれません。

お互いに距離を置くと良さそう


特に心理的なすれ違いで夫婦の距離が広がっているような場合は、関係が悪化する前にお互いがリフレッシュできる環境に身を置いてみるのもいいでしょう。物理的な距離を置くことでストレスが軽減されることも多く、冷静な判断をしやすくなります。無理に一緒にいるだけが解決方法とは限らないということを忘れないようにしましょう。

二股の先が広がっていると離婚の可能性がある

特に二股に分かれている下部が極端に下がっているといった状態の時は別居の相と呼ばれており「離婚」を暗示していることもありますので注意してみてみましょう。特に遠距離恋愛や単身赴任など二人のコミュニケーションがうまくいかないと、出ている場合があるようです。

結婚線が小さな線や複数の線で枝分かれしている意味

こちらで紹介する3つの枝分かれする結婚線の意味

  • 結婚線から上向きに小さな枝が沢山ある
  • 結婚線に障害線がある
  • 結婚線が沢山分かれている

以下で、それぞれの意味や暗示していることについて紹介していきます。

結婚線から上向きに小さな枝が沢山ある:出来ちゃった婚をする可能性あり

こちらは大きくくっきりとした線ではないけれど、細い線が斜め上に立ち上がるように入っている場合は結婚後に運気がパワーアップすることを示唆しています。結婚しパートナーを得ることでモチベーションが上がり仕事でキャリアアップしたり、多くの子宝に恵まれる場合も多いとされています。仕事と家庭の両立が叶う良い手相であると言えるでしょう。

結婚線に障害線がある:夫婦仲が悪いことを暗示

結婚線を途中で断つように障害線が入っている場合、何らかの理由により夫婦仲に亀裂が入ってしまうことがあるかもしれないことを暗示しています。たとえお互いの相性が良かったとしても、嫁姑問題や地域の問題などトラブルの多い結婚生活となってしまうかもしれません。

また、未婚であれば親族の問題などでご縁がまとまらずなかなか結婚できないという場合もあるようです。しかし障害線は絶対に消えないものではなく場合によっては薄くなることもあるので諦めずに関係の修復に努めることが大切だといえるでしょう。

結婚線が沢山分かれている:結婚運が下がり気味である

下に向かって結婚線が分かれている場合、未婚であれば「結婚」に対してマイナスなイメージを持っていたり現状は結婚に不向きな状態であることを示していると言われています。結婚に対してポジティブなイメージを持てていないので結婚運が下がっているといえるでしょう。

既婚の場合には結婚生活がうまくいっていなかったり、現状の生活に疲れが出ている場合に多いようです。何事にも無理は禁物ですから適度にリフレッシュをして笑顔で居られるように心がけましょう。

結婚線に紋がある意味

こちらで紹介する3つの結婚線に紋がある手相

  • 結婚線の途中に島
結婚線の終点に島
  • 結婚線の途中にひし形
  • 結婚線の終点にひし形
  • 結婚線にスター
  • 結婚線にクロス

以下で、それぞれの意味や暗示していることについて紹介していきます。

結婚線の途中に島:結婚生活が困難な相

結婚線には直線や曲線だけではなく様々な紋も存在しています。中には極めて珍しい紋も存在しますが、よくよく観察してみると自分の手相にもあった!ということも少なくありません。そしてそれは人生においてとても大きな転機を示している場合もあるのです。

そして先ほどの障害線同様、結婚線の途中に島のような紋が存在する場合も何らかのトラブルが夫婦生活において発生する兆しとされています。イメージとしては結婚生活における流れが良くなく滞ってしまっているような感じと言えるでしょう。特に注意しなければならないのは、どこにも隙がなく完全な島になってしまっている場合は解決の糸口が見つからないような困難が待ち受けている、もしくは直面しているという場合もありますのでチェックしてみましょう。

結婚線の終点に島:離婚の相

結婚線に島がある場合、終点にあるのは特に珍しい相です。これは途中にある場合よりも厄介と言われています。いわゆる、何らかのトラブルが発生したのが要因で結婚生活が終わる、といったことを示しているのでまさに離婚の相と言えるのです。

結婚線の途中にひし形:結婚の困難を乗り越えられる

島と同様、ひし形の紋も結婚線の途中などにある場合があります。どちらも結婚生活においてあまり良くないことを示唆していることがほとんどですが、例えひし形があったとしてもその先まで線が延びているならば、それはその障害を乗り越えることができるという暗示です。あまり落胆せずにポジティブなイメージを持ちましょう。

結婚線の終点にひし形:結婚生活が終わりそう

しかし、こちらも結婚線の終点にひし形がある場合は結婚生活における障害を乗り越えることができないことを暗示しています。その時点で結婚生活が終わってしまうことも示唆していると言えるでしょう。しかし、こう言ったマイナスなイメージの紋はずっと存在しているわけではなく、自然と消えていくことも珍しくありませんので気持ちを落とさないでくださいね。

結婚線にスター:幸せな結婚をする相


手相においてスターの出現はとにかく幸運の相と言われています。さらに結婚線の周辺にスターが出現した場合は、誰しもが羨むような結婚ができると言われています。とにかく運気が高い状態なので、玉の輿や逆玉なども期待できると言えます。「この人と結婚してよかった」と思えるような結婚生活が送れることでしょう。

結婚線にクロス:結婚にトラブルが起きる可能性がある

結婚線がどこかで交わっているような手相の場合も、結婚に関して何らかのトラブルを抱える可能性が高いと言えます。特に、このような相の場合に障害のある恋愛をわざと好む傾向にもあるので、自分自身のコントロールにも気を使う必要があります。特に戸籍にバツがつきやすい傾向にあるので、一人で抱え込むことなく誰かに相談するという手段も忘れないようにしましょう。

まとめ

手相は結婚線のみに関わらず、例え悪い暗示や乱れがあったとしてもその上に上向きの線があったならば運気は回復する場合も多いです。そして結婚線は特に変化しやすいとも言われています。例え悪い運勢であったとしても決してネガティブな気持ちになることなく、ぜひポジティブな気持ちで捉えてみてくださいね。そして自分を見つめ直すきっかけや、パートナーと話すきっかけになればと思います。