寝る前のストレッチの効果!寝る前にやりたいストレッチ12選

寝る前にストレッチをすることをおすすめします。それによってさまざまな効果を得られるでしょう。こちらでは寝る前にできるおすすめのストレッチを12紹介しましょう。

寝る前のストレッチがもたらす効果

これから睡眠を取るまえにストレッチをするとさまざまな効果をもたらしてくれます。心身にとても良い影響を与えてくれるのです。こちらではストレッチの効果について紹介しましょう。

心身の緊張がほぐれ寝つきが良くなる

心身が緊張している人がいます。これでは睡眠を取ったとしてもリラックスすることはできないでしょう。睡眠の質が悪くなってしまいます。身体に疲れが溜まっていたり、ストレスが溜まっていることもあるでしょう。このような心身の緊張はストレッチによってほぐすことができるのです。そうすればベッドに入ったときに寝付きがとても良くなるでしょう。しっかりとぐっすり眠ることができるのです。

筋肉が緩まり血流が良くなることでリラックス出来る

ストレッチをすることによって緊張している筋肉を緩ませることができます。さらに血流を良くすることができるでしょう。これによってリラックスできるのです。血流が良くなれば脳までしっかりと血液が届くようになります。そうすれば酸素もしっかりと届くようになるでしょう。その結果として、しっかりと脳が目覚めるのです。ベッドに入ったときにはリラックスできるでしょう。

腸の動きが活発になり便秘が解消される

ストレッチをすることによって、全身のあらゆる部分に刺激を与えることができます。たとえばストレッチによって腸の動きを活発にさせることができるでしょう。その結果として、便秘を解消できるようになります。便秘に悩まされている方は、寝る前にストレッチをすることをおすすめします。しっかりとストレッチをしている方は便秘になりにくくなるのです。

シェイプアップ効果も期待できる

階段 運動

ストレッチによって、全身の血流やリンパの流れを改善させることができます。また、筋肉に刺激を与えることによって、代謝を促進するという効果もあるでしょう。これらの相乗効果によって、中性脂肪を燃焼させることにつながるのです。その結果として、気になる部分をどんどんシェイプアップしていくことができるでしょう。自分の体型が気になっている方はぜひともストレッチをしてみることをおすすめします。

寝る前のストレッチを行うポイント

寝る前にこれからストレッチをする際にはいくつか注意点があります。どういった点に気をつけるべきなのかポイントを教えましょう。

付加をかけすぎない軽めのストレッチを行う

ストレッチというのは筋肉をリラックスさせることが大切です。筋肉を傷めてしまうようなことがあると逆効果となってしまいます。ストレッチはできるだけ負荷をかけすぎないようにしながら行うべきでしょう。できるだけ軽めのストレッチを心がけることをおすすめします。軽い内容のストレッチならば、筋肉に負担をかけるようなことはありません。

快眠を誘うため薄暗くして行う

寝る前のストレッチというのは、目が覚めるようなことをしてはいけません。ストレッチをしたあとにそのままぐっすりと休むことができるようにしましょう。そのためには部屋を薄暗くしておくことをおすすめします。そうすれば快眠に誘われるでしょう。薄暗い部屋の中であれば、ストレッチをしながらもウトウトとしてしまうことがあるでしょう。そうすればすぐに寝つくことができるのです。

スマホやPCを見ながらはNG

ストレッチをしている間は暇になってしまうため、その間にスマホやパソコンを見たいという方がいるかもしれません。あるいはテレビを見たいという人もいるでしょう。しかし、基本的にストレッチに集中するべきです。あくまでも寝る前に行うストレッチのため、頭を覚醒してしまうようなことはするべきではありません。スマホやパソコンを見てしまうとどんどん眠気がなくなっていきます。逆にリラックスできなくなるでしょう。

入浴後に行う

入浴をしてからストレッチをすることをおすすめします。そのタイミングの方が身体が温まっており、血流やリンパの流れが良くなっています。このときの方がストレッチの効果がより強く出やすくなっているのです。また、入浴後の方が身体も柔らかくなっているでしょう。そのようなタイミングであれば、ストレッチもやりやすくなるでしょう。

理想は就寝の1時間前に行う

睡眠 女性

ストレッチの理想的なタイミングとしては就寝する1時間前に行うと良いでしょう。そうすればストレッチを終える頃には心身がリラックスしており、眠気も出てくるはずです。そのままベッドに倒れ込むようにすれば、自然と寝ることができるでしょう。気持ち良く寝るためにストレッチをするのです。そのためには1時間前からゆっくりとストレッチを始めましょう。

おすすめの寝る前のストレッチ方法

寝る前にできるストレッチにはいろいろな種類が存在しています。こちらでは一体どのようなストレッチの方法があるのかを紹介しましょう。

自律神経を整えるヨガ


こちらはヨガによって自律神経を整えるための方法となっています。まず床に楽に座りましょう。両手を頭の後ろで組んで肘を開きましょう。そして背骨を長く伸ばしていき、上を見上げてください。胸を開いていき、深呼吸をしましょう。そのまま頭を前に倒しましょう。このあとは左右に身体を傾けていきましょう。ヨガは呼吸のリズムが大事なため、動画でよく確認をしてください。

他にもさまざまな動きがあるため、動画を見ながら一緒に真似をしてみると良いでしょう。

寝る前に自律神経が安定するストレッチ


こちらは寝る前に簡単にできるストレッチです。まず仰向けに寝ましょう。そして、片足を両手で胸の方にまで近づけてください。そのまま深呼吸を4回ほど繰り返しましょう。片方の足にも同じようにやりましょう。

次に片足を反対側に持っていきましょう。そして頭はその反対の方を向いてください。これによってお尻周りをストレッチさせることができます。このようなストレッチをすることによって副交感神経に切り替えることができます。よりリラックスして熟睡できるようになるでしょう。寝る前に簡単に行える方法となっています。

睡眠の質が上がるストレッチ


こちらを寝る前に行うことによって、とても寝つきが良くなるでしょう。夜に行うことをおすすめするストレッチとなっています。筋肉を気持ちよく伸ばしていくことができて、一日の疲れをしっかりと取り除けるでしょう。

これで快眠寝る前ストレッチ


こちらは首や肩、その周辺をストレッチするための方法となっています。これによって自律神経を整えることができるため、スムーズに寝付いてリラックスした睡眠ができる方法となっています。

まず鎖骨の下の部分をなぞってみましょう。次に肩の部分を握りましょう。またその状態で首を回しましょう。ストレッチの最後には深呼吸をしてください。このようにして快眠を実現するためのストレッチが完了します。

寝る前のデトックスストレッチ


こちらのストレッチを行うとデトックスを促進することができます。こちらは呼吸をまずは整えます。6秒で吸って8秒で吐きましょう。ストレッチは呼吸を意識しながら、筋肉への刺激を意識しながら行いましょう。首や顎を動かしたり、身体をねじったりしながらストレッチをします。息を吸ったり、吐いたりするタイミングで身体を動かしていくことになります。

たったの1分!寝る前ストレッチ


こちらではまず肩甲骨のストレッチをします。腕を前に上げて肘を90度曲げましょう。その状態で横にスライドして戻しましょう。開く際に息を吸って、戻す際には息を吐いてください。これをゆっくりと10回繰り返してください。

次は背中と股関節のストレッチです。足は肩幅よりも広く開いてください。そして腰を下ろしていきましょう。その際にはつま先は外に向くようにしてください。そして背中を伸ばしましょう。その姿勢のまま左右に身体をねじってください。その際にも背中が曲がらないようにしてください。これらのストレッチを1分間で行いましょう。

ベッドの上で出来るストレッチ


こちらはベッドの腕もできるストレッチとなっています。リラックスできるヨガとなっています。日中に凝り固まってしまった筋肉をほぐしてくれて、安眠効果も期待できるストレッチとなっています。身体をさまざまな動かしていきます。ストレッチをしている際にはできるだけ身体をリラックスさせるようにしましょう。緊張感があると効果が半減してしまうため注意しましょう。

ベッドで5分ひねるだけのストレッチ


こちらは首伸ばしやデコルテ・二の腕伸ばし、背面伸ばし、膝抱えといった内容を含んでいるストレッチとなっています。基本的にはベッドの上で身体をひねる動作が多いです。こちらのストレッチをすることによって、心身を落ち着けることができるでしょう。身体の疲れをほぐすことができます。

背骨をしっかりほぐすストレッチ


こちらは寝る前に1分でできるストレッチです。背骨をしっかりとほぐせるでしょう。背骨周りは筋肉が凝り固まりやすいため注意しましょう。まず手を合掌して身体を左右にねじっていってください。このように簡単な内容のストレッチとなっています。これを1分間繰り返していきます。息を吸って横にねじって息を吐きましょう。そして、再び息を吸って身体を逆側にねじってそこで息を吐きましょう。このような動作を繰り返してください。

身体が柔らかくなる寝る前ストレッチ


こちらは全身のストレッチとなっています。こちらのストレッチをすることで全身を柔らかくしていけるでしょう。しっかりと身体が伸びていることを感じながらストレッチをするべきです。

腰のだるさを解消できるストレッチ


こちらはデスクワークが多かったり、腰痛の方におすすめのストレッチとなっています。腰のだるさをしっかりと解消することができるでしょう。こちらのストレッチをすることで腰を柔らかくすることができるのです。

次の日脚スッキリ!寝る前ストレッチ


こちらは足の指を開いたり回したりしながら足の指をほぐします。また、指と指を握手するようにしてしぼりましょう。そして回しましょう。足首もしっかりと回りましょう。大きな円を描くようにして回してください。また、肘で足を掴んで膝をゆすることによって股関節や太ももの裏を伸ばすこともできます。このようなストレッチによって翌日には足がすっきりとしています。

まとめ

こちらでは寝る前に簡単にできるストレッチを紹介してきました。ストレッチを通して身体の筋肉や関節をほぐしたり、リンパや血液の流れを良くできるのです。毎日快眠を実現して疲労をしっかりと取り除きたいときには、こちらで取り上げたストレッチをやってみましょう。