ストレッチでダイエット!おすすめの痩せるストレッチ13選

ストレッチといえば運動をする前にけがを予防する目的で行われるものです。そんなストレッチがダイエットのために活躍してくれます。こちらではストレッチでどうすればダイエットができるのか教えましょう。

ストレッチとダイエットとの関係性

ストレッチとダイエットには大きな関係があります。こちらではこれらにどのような関係性があるのかを教えましょう。

寝る前のストレッチで質の高い睡眠を取ることがダイエットに繋がる

寝る前にストレッチをしましょう。そうすることで質の高い睡眠をとることができます。しっかりと睡眠をとることはとても良いことです。ダイエットをするためには質の高い睡眠は必要不可欠となるのです。しっかりと寝ることによって、体調を整えることができます。基礎代謝を高めることにもつながります。消化吸収も促進してくれるでしょう。ダイエット中のストレスを解消することもできます。

寝る前のストレッチは脂肪を燃焼させて筋肉を定着させてくれる

寝る前にストレッチをするのは脂肪を燃焼させてくれます。また、寝る前にストレッチをすることによって、筋肉を定着させることができます。ストレッチによって質の高い睡眠を取れれば、寝ている間にどんどん脂肪は燃焼していくのです。体内でどんどん代謝が行われるようになります。また、しっかりと寝ることによって、筋肉をどんどん成長させていくことができるでしょう。

ストレッチは基礎代謝をアップさせてくれる

ストレッチをすることによって基礎代謝を上げることができます。基礎代謝というのは何もしなくても消費されるカロリーのことです。これが高い人というのは、毎日の消費カロリーを高い値に保つことができるため痩せやすくなるのです。ストレッチによって血行を良くすることができます。血行が促進されれば、体内の代謝反応も促されるでしょう。それが基礎代謝を上がることにつながるのです。

ストレッチは自律神経を整えて健康的な身体を維持してくれる

ストレッチをすることで自律神経を整えることができます。自律神経というのは人にとってとても重要なものです。自律神経が正常に働いていると、交感神経や副交感神経が効果的に働くようになるのです。これによって、ストレスを解消することができたり、疲れにくくなったり、代謝も上がりやすくなります。自律神経が乱れていると不健康になってしまうため、自律神経を整えるのはとても重要です。

ストレッチで痩せる習慣が身に付く

ストレッチをしている方というのは痩せる習慣を身に着けることができます。ストレッチをすることで代謝をよくしていくことができます。ほかにもさまざまな良い効果をもたらしてくれます。これらは痩せやすい体を作ってくれるでしょう。また、毎日ストレッチをする習慣を作ることによって、痩せるための行動を習慣化することができます。そうすれば、どんどん痩せやすい体になるでしょう。

ストレッチをダイエットに取り入れる際の注意点

ダイエットのためにストレッチを取り入れてみたいという方がいるかもしれません。そういう方はいくつか注意しなければいけないことがあります。どのような点に気を付けるべきなのか教えましょう。

効果が出るまで時間がかかる覚悟をしておく

まずダイエットの効果が出るまでには時間がかかってしまいます。ストレッチというのはダイエットのために直接的にどんどん効果を発揮してくれるわけではありません。あくまでもダイエットをしやすくするための体作りに役立つのです。痩せやすい体質になったとしても、すぐにどんどん体重が減っていくというわけではありません。実際に痩せるまでには時間がかかるため、そのことは覚悟しておきましょう。

冷え性の人はお風呂の後などに行うようにする

冷え性の方がいます。こういう方は普通の時にストレッチをしようとしても筋肉が緊張していたり、血行が悪いです。そのため、ストレッチの効果が上手く発揮されないでしょう。冷え性の人は一度お風呂に入ることをおすすめします。そうすれば全身に血を巡らせることができて、しっかりと体を温められるのです。そのような状態であらためてストレッチをしてみましょう。そうすれば、ストレッチの効果をどんどん引き出せます。

ストレッチの効果を得るコツ

ストレッチをしてその効果をしっかりと発揮させたいならばコツが必要です。こちらではそのためのコツについて紹介しましょう。

リラックスして行う

ストレッチは体の力を抜いてリラックスした状態で行うことが大切です。そうすればよりストレッチの効果が高まるでしょう。筋肉の緊張をほぐすためにストレッチを行います。それなのに、ストレッチをする際に体に余計な力が入っていると、筋肉は全然ほぐされなくなるでしょう。できるだけ心身をリラックスさせて、体の力を抜いた状態でストレッチをすることをおすすめします。

ゆっくりと呼吸しつつ行う

ストレッチ

ストレッチをする際には呼吸が大切です。ゆっくりと呼吸をしながらストレッチをしましょう。これがストレッチの基本となっています。息を吸う際には交感神経が働き、息を吐くときには副交感神経が働きます。ストレッチの際にゆっくりと息を吸ったり吐いたりすることによって、自律神経を整えることができるでしょう。また、ゆっくりと呼吸をすることで体に余計な力が入らなくなりリラックスしやすくなります。

水分をしっかりとる

ストレッチをすると血液の流れをよくすることができます。そのためには水分が必要となります。そのため、ストレッチをする前にしっかりと水分を補給しておくことをおすすめします。そうすることによって、血液の循環をよくすることができるのです。ただし、一気に水分を摂取するのではなくて、少しずつゆっくりと体の中に水分を取り入れるようにしましょう。そうすれば水分補給をしっかりと行えます。

継続が大事

ダイエットのためにストレッチが有効なのは、ストレッチをすることによってどんどん体質を変えていくことができるからです。しかし、ストレッチの効果というのは継続して行わなければ意味がありません。毎日ストレッチを続けましょう。そうすることで、少しずつ体の状態を整えられるようになります。そうすればダイエット効果が出てくるでしょう。

ダイエットに効果的なストレッチの方法

ダイエット目的でストレッチをしたいという方のために、こちらでは効果的なストレッチ方法を紹介しています。どういう方法を用いるべきなのかを教えましょう。

柔軟性を高めるストレッチ


こちらのストレッチは柔軟性を高めるために役立ちます。こちらの動画では、こちらを流しながら一緒にストレッチができるようになります。呼吸もしっかりと取り入れているストレッチであり、ダイエット効果だけではなくて美肌効果も期待できるでしょう。また、柔軟性を高めることで代謝をアップすることもできます。こちらのストレッチはお風呂上りに行うことをおすすめします。

身体が硬くても痩せるストレッチ


こちらは体が硬い人でもできるストレッチとなっています。まず首周りのストレッチをします。首を円を描くようにして回しましょう。次に腕のストレッチです。片腕を横に伸ばしましょう。次に腰のストレッチです。床にあおむけに寝た状態からお尻を持ち上げて腰を曲げましょう。次にお腹のストレッチです。あおむけに寝た状態から体のみを上に上げます。このようにいくつものストレッチを行うことで、全身に刺激を与えてダイエットができます。

10分間のストレッチダイエット


こちらは寝る前のたった10分でできるストレッチとなっています。まず四つん這いの状態で手の前のほうまで足を持っていきましょう。お尻を落として10秒姿勢をキープしましょう。次に手を腰に回して目線を上にしましょう。次に後ろの膝をついてお尻を後ろに引きましょう。そして前の膝を伸ばします。つま先は天井に向けて体を倒しましょう。

このようなストレッチを無理せずにゆるく始めてみましょう。体のハリやコリを解消できるでしょう。

3日で即痩せチャレンジ


こちらはポーズをとるだけのストレッチです。まず片足を曲げて後ろに倒れましょう。これは前ももをストレッチします。またろっ骨を浮き上がらせるように背中を反らせましょう。次は片膝をついて後ろ脚を伸ばします。かかとは浮かないようにしましょう。こちらも背中を反らしてろっ骨を浮き上がらせます。次は足をもっと前に出して、横のほうへ開いていきましょう。その状態で前の足に体を寄せましょう。これは股関節のストレッチです。

こちらは10以上の動きが含まれているのですが、これらをどんどんテンポよくこなしていきましょう。

美容ストレッチ


こちらはゆがんだ骨格を正しい位置に導いて美容を実現するというストレッチです。こちらは呼吸が大切です。鼻から吸って口から吐いていきましょう。こちらで解説されているストレッチを正しい動きで行いましょう。骨盤を意識してください。

汗がたっぷり出るストレッチ


こちらは汗をたくさん出すことができるストレッチです。28分続けることによって、最終的には滝のような汗を出すことができるでしょう。筋肉をしっかりとほぐすことができます。

これで3キロ減らすストレッチ


こちらはすぐに3キロを減らすことができるストレッチです。まず女の子すわりを片足で行い、もう片方は横に出して膝立ちしましょう。これによって股関節周りを伸ばしていくことができます。ゆっくりと揺らしながら行いましょう。次に女の子すわりのような感じで座り、かかととつま先は横に向いた状態にしましょう。この状態で体をゆすりましょう。こちらは骨盤ストレッチとなっています。

このようなストレッチを10以上こなしていきます。

驚異の寝っ転がりダイエット


こちらは寝っ転がるだけでダイエットができるという方法です。ポールを使ったエクササイズとなっています。背中をポールに乗せて、腕や足を開くだけです。ポールに乗ることで肩甲骨周りを浮かせることができます。

1日5分寝るだけストレッチ


こちらはただ寝るだけを1日5分続けることで痩せられるというストレッチです。まず両足の親指をヘアゴムでしばりましょう。次に腰の下にクッションをひいてください。そして全身を伸ばすようにしましょう。こちらを毎日5分続けましょう。

寝る前にやりたいストレッチ


こちらは寝る前に簡単にできるストレッチです。まず。あぐらをかいて手を膝の上におきましょう。そして息を吸いながら手を上げて、息を吐きながら体を倒しましょう。そして、吸いながら元に戻して、吐きながらさらに下に戻しましょう。

次は寝て、膝を逆の方へ倒しましょう。そして逆の方に体を倒していきましょう。この際には息を吐きながら倒してください。これを逆でも行いましょう。

このようなストレッチを寝る前に行えば効果的でしょう。

主婦も無理なく続けられる5分間ストレッチ


こちらは無理なく続けられるストレッチです。まずウォールツイストです。次に肩甲骨ほぐしをします。ほかにも裏ももほぐしや股関節ほぐしなどさまざまなストレッチが紹介されています。これらを5分で一気に行います。これだけでも効果があるため、忙しい主婦にも最適です。

脚痩せストレッチ


こちらは足を細くできるストレッチです。まず肩幅よりも少し広く足を開いて膝を軽く曲げましょう。次に膝の位置をそのままにして息を吐きながらゆっくりとお尻を落としてください。そして息を吸い、さらに吐きながらお尻を上げていきましょう。これを繰り返し行ってください。他にも脚痩せに効果的なストレッチがいくつも紹介されています。

ふくらはぎのダイエットに効果のあるストレッチ


こちらは床に座り片足を内側に曲げて逆の足を伸ばしましょう。伸ばした足と同じ側の手でつま先をつかんで体の方へ引っ張ってください。これを10秒キープしましょう。次に片足を正座するように曲げて、逆の足の膝を立てて両手は床につけます。膝を立てた部分に重心をかけて10秒間キープしてください。これらを繰り返しましょう。

まとめ

こちらではストレッチでできるダイエットについて紹介しました。ダイエットをしたい方はぜひともストレッチをしてみましょう。