インナーマッスルとは?鍛えるメリットと鍛え方

最近いろいろなところでよく聞かれるようになったのがインナーマッスルです。このインナーマッスルを鍛えることによって、さまざまなメリットがあるとされているのです。こちらではそんな重要な筋肉であるインナーマッスルについて紹介しましょう。

インナーマッスルとは

インナーマッスルとはそもそも何なのでしょうか。この言葉はよく聞くのですが、具体的な定義について知らないという方は多いかもしれません。そこでこちらではインナーマッスルについて説明しましょう。

直訳で内側の筋肉の総称

インナーマッスルはそのまま直訳すれば内側に存在している筋肉ということになります。インナーマッスルはそのような筋肉を総称するための言葉となっているのです。

筋肉にはアウターマッスルインナーマッスルの2種類があります。このうちアウターマッスルというのは身体の表面に位置している筋肉のことであり、こちらは表層筋と呼ばれることもあるでしょう。

インナーマッスルについては体幹筋のことだと考えている方がいるかもしれません。実際にそのような意味でインナーマッスルという言葉を使っている方もいるでしょう。しかし、実際には身体の内側の奥にある筋肉はすべてインナーマッスルと呼ばれています。そのため、体幹だけではなくて他の部分にも当然インナーマッスルはあるのです。

このような筋肉というのは普段はあまり意識しません。体の外からインナーマッスルが目立つということもないのです。普段は隠れたところに存在しているのですが、とても重要な筋肉だとされているのです。

筋肉の深さを表す

インナーマッスルというのは筋肉の深さのことを指しています。そのため、特定の部位にある筋肉のことを指した言葉ではないのです。一方、体幹というのは胴体にある筋肉の事を示しています。したがって、体幹というのは胴体のインナーマッスルのことだと分かるでしょう。胴体部分にある深いところに位置している筋肉のことを体幹と呼び、それはインナーマッスルの中に含まれているのです。

インナーマッスルは深層筋と呼ばれることもあります。これはちょうど表層筋とは逆の意味であることが字面からでも分かるでしょう。深いところにある筋肉というのはこれまではあまり注目されていませんでした、身体の表面にある筋肉の方が目立つため、そちらの方ばかりが注目されていたのです。しかし、パフォーマンスを向上させるためにはしっかりとインナーマッスルの方も鍛えておかなければいけません。そのため、特にスポーツの世界においてはインナーマッスルが注目されているのです。

深層部にある身体の安定を支えてくれる小さな筋肉


身体の深層部に位置している筋肉がインナーマッスルです。こちらがしっかりと機能することによって、身体が安定するのです。身体の内側からしっかりと支えるという役割を果たしているのがインナーマッスルであり、この筋肉そのものは小さいです。

このインナーマッスルは成長しにくい筋肉となっています。そのため、意識的に鍛えなければいけないでしょう。インナーマッスルというのは加齢によってどんどん衰えてしまうものです。お年寄りがしっかりと自分の身体を支えることができないのは、インナーマッスルの衰えが影響しているかもしれません。

インナーマッスルというのは単にスポーツをするためのパフォーマンス向上だけではなくて、ダイエットにも効果があったり、お年寄りが健康で暮らしていくためにも効果があるのです。インナーマッスルを鍛えることの価値がどんどん認められているため、実際に鍛える人達が増えているのです。インナーマッスルに関するさまざまな情報が溢れています。多くの方が注目している筋肉なのです。

インナーマッスルを鍛えると得られる効果

実際にインナーマッスルを鍛えることによって、さまざまな効果を期待できるでしょう。こちらでは具体的にインナーマッスルを鍛えるとどういう良いことがあるのかを紹介しましょう。

身体機能の向上

女性 運動

インナーマッスルを鍛えることのメリットの1つとして身体機能の向上があります。人間が体を動かす際にはさまざまな筋肉を使用しています。特にインナーマッスルというのは重要な役割を果たしているのです。

インナーマッスルは体の中の腹筋や大胸筋、太ももといった大きな筋肉の動きを支えるという役割を果たしています。インナーマッスルがあるおかげで他の筋肉のパフォーマンスを向上させることができるのです。

プロのアスリートがインナーマッスルを鍛えることを重視しているのには、このような理由があるのです。筋トレによって大きな筋肉を鍛えることは大切なのですが、その筋肉を活かすためにはインナーマッスルも必要となります。インナーマッスルが軸となることによって、筋肉をより効率よく動かすことができるのです。

身体機能の向上のために漠然と筋肉を鍛えているだけではあまり意味がありません。肝心のインナーマッスルがしっかりと備わっていなければ、全身の筋肉を自由に動かすことはできないでしょう。

美しいボディが得られる

インナーマッスルを鍛えることは美容のためにとても良いです。身体をシェイプアップしたいと考えている方は多いです。しかし、そういう方はアウターマッスルを鍛えることに集中してしまうかもしれません。そのときに同時にインナーマッスルも鍛えておくべきなのです。

インナーマッスルを鍛えることによって、体を引き締めることができるでしょう。引き締まったモデルのような体型になりたいのであれば、インナーマッスルを鍛えることがとても大切なのです。また、インナーマッスルによって重心を安定させることができるため、身体に余計な負荷を与えなくなり、バランスの取れた体つきになることができます。

ウエスト周りがたるんでしまったり、下腹部がポコンと出てしまっている人、これらはすべてインナーマッスルの衰えが原因となっているのです。

姿勢が良くなり血行が促進される

インナーマッスルというのは実は姿勢を正すために役に立つとされています。インナーマッスルによって関節が正常な位置を保てるようになるのです。これによって身体がしっかりと安定するだけではなくて、姿勢を保つためにも役立つのです。

インナーマッスルは年齢とともに衰えてしまいます。特に腹筋のインナーマッスルは落ちやすいでしょう。それによって姿勢がどんどん悪くなってしまうのです。体幹といわれている部分のインナーマッスルをしっかりと鍛えておくことによって、たとえば猫背を治すこともできるでしょう。

インナーマッスルというのは姿勢保持筋と呼ばれることもあるのです。こちらを鍛えることによって、身体の軸をしっかりと整えることができるでしょう。姿勢がとても美しくなります。軸がぶれてしまうと姿勢が崩れてしまいます。それでは美しいボディラインにはならないでしょう。インナーマッスルがあればしっかりと軸を固定することができるのです。

基礎代謝のアップによるメタボの解消

インナーマッスルはダイエットにも効果的であり、しっかりと鍛えることができれば太りにくくなるでしょう。これは基礎代謝を上げることができるからです。

基礎代謝というのは何もしなくても消費されるカロリーのことです。これは筋肉の量に比例します。たくさん筋肉があるならば、それに比例して基礎代謝もどんどん上がっていくため、一日の消費カロリーを増やすことができて、脂肪がたまりにくくなります。これによってメタボを解消することもできるでしょう。

基礎代謝にはインナーマッスルも関係しています。インナーマッスルをしっかりと鍛えることによって、それによって筋肉が増えた分だけ基礎代謝も上がっていくでしょう。人間が消費するエネルギーの内大部分が基礎代謝とされているのです。そのため、この基礎代謝を上げることは痩せるためにとても重要なことです。

中高年になってから太りやすくなってしまうのは、基礎代謝が下がってしまうため、それによって消費カロリーが減ってしまい脂肪が蓄積しやすくなってしまうためなのです。

インナーマッスルの鍛え方

ここまでインナーマッスルを鍛えることのメリットを紹介してきました。実際に自分もインナーマッスルを鍛えたいと思った方は多いでしょう。こちらでは具体的にどのようにすればインナーマッスルを鍛えられるのかを教えましょう。

腹筋トレーニング


まず床に四つん這いになって、その状態で右手と左足を上げてください。これを10秒キープしましょう。逆の手足でも同じことをしてください。これによって、腹筋のインナーマッスルを鍛えることができるのです。次に肘と膝を近づけるという動作を10回やりましょう。こちらも左右で同じことをします。次に右足つま先を浮かすという動作をしましょう。こちらも10秒ほど行いましょう。

腕立て伏せのような状態から足を浮かすという動作も10秒ほど続けてみましょう。次に手を上に横向きに伸ばすという動作を10秒ほどやってみてください。そして、この状態のまま後ろ足を引き付けるという動作もしてみましょう。これらのトレーニングによって、腹筋のインナーマッスルはしっかりと鍛えられるでしょう。毎日継続して努力をすることが大切です。そうすれば徐々に筋肉を鍛えていくことができるのです。

プランク筋トレ


腹筋や体幹のインナーマッスルを鍛えたい方にはプランクがおすすめです。こちらはとても簡単にできる筋トレとなっているため、今すぐにでも試せるでしょう。まずうつ伏せの状態で腕とつま先のみで身体を支えましょう。この体勢を30秒ほどキープしてください。身体を一直線にするのがポイントとなります。必ず身体は床と水平を維持しなければいけません。そうすることによって、インナーマッスルに働きかけることができるのです。

こちらはとりあえず30秒ほど続けて、それを3セット行うと良いでしょう。それだけでもインナーマッスルを鍛えるためには効果的なのです。

体幹を鍛えるトレーニング


こちらは体幹を鍛えるためのトレーニングとなっています。まず肘を90度にして身体は水平にまっすぐにしてつま先で身体を支えましょう。この状態で腰をゆっくりと上下させてください。また、次に腰をゆっくりとひねるように動かしていきましょう。次は足をゆっくりと横に曲げていってください。このときには上半身を動かさないようにしましょう。最後はプランクの状態を5秒キープしましょう。

このようなトレーニングを毎日続けてください。身体の内側の筋肉に効き目があることがよく分かるでしょう。しっかりと効かせることによって、インナーマッスルに刺激を与えることができて、それによってどんどん身体の内側の筋肉は鍛えられていきます。普段はなかなか使わない部分にある筋肉を鍛えていけるのです。最初はきついかもしれませんが、少しずつ慣れていくでしょう。

簡単にインナーマッスルを鍛える


こちらは筋トレをしなくてもインナーマッスルを鍛える方法となっています。こちらは整体院によって鍛えてもらう方法となっています。こちらは高周波を用いることによって、筋肉に刺激を与えることによって、楽にしっかりとトレーニングができる方法となっています。体の奥の方にある筋肉であっても、しっかりと高周波を届かせることができるのです。インナーマッスルを鍛えるためには筋トレをしなければいけないと考えている方は多いでしょう。しかし、必ずしもそのことにこだわらなくても良いのです。

整体院がこのようなサービスをしているのは、インナーマッスルを鍛えることが骨盤や背骨をまっすぐに矯正させることができるからです。姿勢を改善するという効果を期待できます。

寝ながらインナーマッスルを鍛える


こちらはまず膝の間にタオルをはさみましょう。そして、お腹に力を入れましょう。ペットボトルをお腹の上においてください。腰は反らせないように注意しましょう。そして、息を吸いながらお腹を膨らませていき、息を吐きながらお腹をへこませましょう。この際にペットボトルが上下することを意識しましょう。このようなトレーニングによって、インナーマッスルを鍛えていくことができるのです。このトレーニングの際にはお尻をキュッと締めておきましょう。そうすればお尻にあるインナーマッスルを鍛えられるでしょう。

こちらのトレーニングを毎日繰り返していきましょう。

まとめ

インナーマッスルはとても大切な筋肉となっています。鍛えるメリットはたくさんあるので、毎日さまざまなトレーニングをすることによって、全身のインナーマッスルを鍛えていきましょう。そうすれば痩せやすい身体となり、姿勢を整えられ、美しいボディラインを実現することもできるでしょう。