インナーマッスルの鍛え方!鍛えると得られるメリットを紹介

インナーマッスルは一体どういう筋肉なのでしょうか。こちらではインナーマッスルについて解説しましょう。

インナーマッスルとは

インナーマッスルを鍛えると良いということをよく聞きます。それでは具体的にインナーマッスルとはどういったものなのでしょうか。こちらではインナーマッスルについて説明しましょう。

深層筋と呼ばれるもの

人間の筋肉には表層筋と深層筋があります。このうち表層筋はアウターマッスルと呼ばれており、一方、深層筋はインナーマッスルと呼ばれているのです。深層筋というのは文字通り深いところに位置している筋肉という意味となっています。そのため、普段はなかなか意識することがないのです。とても重要な役割を果たしてくれる筋肉です。

身体全体に存在するもの

このインナーマッスルというのは体幹にあるものが特に注目されることが多いでしょう。そのため、体幹とインナーマッスルが同じ意味であると考える方がいるかもしれません。しかし、体幹というのはあくまでもインナーマッスルの1種でしかありません。実際にはインナーマッスルには体幹以外にもさまざまな種類が存在しているのです。身体のあらゆる部分の深層にインナーマッスルがあります。

微妙な動きを調整してくれる

インナーマッスルというのは表層筋のように大きな動きをカバーしているわけではありません。そうではなくて、インナーマッスルは深層筋として深い位置から微妙な動きを調整しています。アウターマッスルがしっかりと機能するように助ける役割を果たしているのがインナーマッスルなのです。そのため、インナーマッスルをきちんと鍛えることは重要です。

姿勢や関節の位置を調整してくれる

ダイエット

インナーマッスルというのは姿勢を維持するために使われる筋肉です。そのため、あなたの姿勢が悪くなっているのであれば、それはインナーマッスルが不足している可能性があるでしょう。たとえば加齢によってインナーマッスルが衰えてしまうこともあるのです。さらにインナーマッスルは関節の位置を調整するという役割も果たしています。

インナーマッスルを鍛えると得られる効果

実際にインナーマッスルを鍛えることによってさまざまな効果を得ることができるでしょう。こちらではインナーマッスルによって具体的にどういう効果がもたされるのかを紹介しましょう。

バランスの良い体になる

インナーマッスルを鍛えることによって、バランスの良い身体になります。バランスの良い身体を目指しているならば、全身の筋肉をバランス良く鍛えることが大切です。その際にはアウターマッスルだけではなくてインナーマッスルもしっかりと鍛えなければいけないでしょう。全身のインナーマッスルを鍛えることでほんとうの意味で均整の取れた体型になることができるのです。

美しいボディが得られる

インナーマッスルを鍛えることによって、美しいボディラインを実現することができるでしょう。ボディラインが崩れている方というのはインナーマッスルが衰えている可能性があります。インナーマッスルというのは表層筋を支えるという役割を果たしています。たとえばお腹のインナーマッスルが不足していると、それによってお腹がポッコリと出てしまうこともあるのです。他の部位についても、インナーマッスルは同様の役割を果たしています。

身体を引き締めたいのであれば、アウターマッスルではなくてインナーマッスルを鍛えることが大切だとされているのです。インナーマッスルによって内側から身体を全体的に引き締められるため、モデルのような体型を目指すことができるのです。キレイな人は体の内側にしっかりと筋肉がついていることが多いのです。

姿勢が良くなり血行が促進される

インナーマッスルを鍛えることによって、とても姿勢が良くなるでしょう。全身の筋肉をインナーマッスルがしっかりと支えます。姿勢を維持するためにインナーマッスルが力を発揮してくれるのです。姿勢を正してそれを維持するためには当然筋肉が必要となります。疲れてしまい姿勢を維持できなくなったという経験をしたことのある方は多いでしょう。そういう方はインナーマッスルが弱い可能性があるのです。インナーマッスルが強ければ長時間ずっと同じ姿勢を維持することもできます。

また、インナーマッスルをしっかりとつけることによって血行を促進させることができるでしょう。インナーマッスルは関節を正常な位置に戻してくれます。これによって姿勢を整えることができて、なおかつ血流をよくすることもできるのです。血行が促進されることでさらにいろいろな効果をもたらしてくれるでしょう。筋肉というのは血液を運ぶポンプのような役割を果たしており、特にインナーマッスルは重要なのです。

基礎代謝のアップによるメタボの解消

ダイエット

人間には基礎代謝というものがあります。こちらをアップさせることによって、消費カロリーをどんどん増やすことができます。基礎代謝というのは何もしなくても消費されるカロリーのことを示しているのです。この基礎代謝をアップすることができれば、太りにくくなるでしょう。基礎代謝が高い人というのは毎日どんどん脂肪を燃焼させることができるのです。

そして、基礎代謝というのは筋肉の量に比例しています。アウターマッスルによっても基礎代謝を上げることができるのですがインナーマッスルも基礎代謝には大きく関わっています。しっかりとインナーマッスルを鍛えることによって、基礎代謝はどんどん高まっていくでしょう。

身体機能の向上

インナーマッスルは全身のさまざまな筋肉の機能に関わっています。インナーマッスルを鍛えることによって、アウターマッスルの動きを助けてくれるのです。単にアウターマッスルを鍛えているだけでは意味がありません。腹筋や大胸筋といった筋肉はインナーマッスルがしっかりと支えているからこそ機能を発揮するのです。インナーマッスルを鍛えて初めて筋肉を有効に使えるようになるでしょう。

インナーマッスルを鍛えることでたとえばスポーツをしている人はどんどんパフォーマンスが向上するでしょう。身体の動きがとても良くなっていることを実感できるはずです。それぐらいインナーマッスルを鍛えることには意味があるのです。

インナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルは具体的にどのようにすれば鍛えることができるのでしょうか。そのやり方が分からないという方は多いでしょう。こちらではおすすめのインナーマッスルの鍛え方についていくつか紹介します。

女性におすすめのインナーマッスルの鍛え方


こちらは女性の方におすすめの鍛え方となっています。地面に寝て、お腹を浮かせるようにしましょう。お腹とお尻、腿の裏に効かせるようにしましょう。そして、身体を上下させていきましょう。これをやっているととても効き目があるでしょう。筋肉に刺激を与えていることを実感できるのであれば、それはインナーマッスルを鍛えられている証拠となるのです。

足はしっかりと閉じるようにしましょう。膝もしっかりと閉じてください。背中は反らさないようにしましょう。お尻が床についてしまう前に再び上げるようにしましょう。太ももとお尻をしっかりと引き締めることが大切です。それによって、トレーニングの効果が上がります。

座って行う肩のインナーマッスルトレーニング


こちらは座った状態で行える肩のインナーマッスルの鍛え方です。まず手のひらを上に向けて脇を締めて手を前に出しましょう。そして、手の上にお皿が乗っていることをイメージして、手を開いていきましょう。この際に肘が開いてしまわないように注意しましょう。手が横に開く範囲まで広げましょう。息を吐いて広げて、息を吸って戻しましょう。これをゆっくりとしたペースで行いましょう。

これをしているときには肩の裏側を鍛えているというイメージを持っていると良いでしょう。これを15回ほど繰り返してください。座りながらどこでもできるトレーニングとなっています。これによって、しっかりと肩のインナーマッスルを鍛えられるのです。

大腰筋のインナーマッスルを強くする


こちらはすぐに大腰筋のインナーマッスルを強くすることができるでしょう。こちらはアクシスメソッドによって大腰筋を鍛えるという方法となっているのです。これだけでも一瞬でインナーマッスルが強くなっていることが実感できるのです。潜在能力を引き出すという方法となっています。頭のゆがみをとるだけでも身体能力がとても向上します。とても強くなるのです。

インナーマッスルのチューブトレーニング


こちらはチューブを用いて棘上筋を鍛えることができる方法となっています。立った状態で足でチューブを踏みましょう。そして、腕を降ろした状態から前方へ向けてチューブを上げていきましょう。30回ほど繰り返したら筋肉に疲労を感じる程度の負荷が良いでしょう。トレーニングをする際には自分の棘上筋のことをしっかりと意識しましょう。イメージをすることがこちらのトレーニングでは特に重要なのです。

腰痛に効果的なインナーマッスルトレーニング


腰痛に悩まされている方はたくさんいるのですが、そういう方はインナーマッスルトレーニングをすることによって問題解決ができるでしょう。まず両手を伸ばしてお尻を引いて肩を落としてストレッチをしましょう。お尻を後ろに突き出すようにしてください。

四つん這いの姿勢のままで高く線の肘と膝を伸ばして、それを引き付けるという動作を4回ほど繰り返してください。これを反対の対角線についてもしっかりと行ってください。これによって体幹周りのインナーマッスルをしっかりと鍛えることができます。これによって腰痛を予防したり改善するだけではなくて、お腹周りをスッキリさせることができるでしょう。

水中でのインナーマッスルトレーニング


水中でインナーマッスルを鍛えることもできます。動画を参考にして水中でいろいろな動きをしてみましょう。水中の方が身体に負荷がかかるため、しっかりとインナーマッスルを鍛えることができるのです。全身のインナーマッスルにきちんと負荷を与えられるようになるのです。

まとめ

インナーマッスルを鍛えることによって姿勢を良くすることができたり、ボディラインをキレイにしたり、身体機能を向上させることができます。こちらで紹介した鍛え方を参考にして、あなたもインナーマッスルをしっかりと鍛えてみましょう。