ベースメイクのおすすめアイテム13選【下地・ファンデ・パウダー・BB・CCクリーム】

ベースメイクは基本的なものですが、基本だからこそ「どうしよう」と悩む人が多いのも事実です。美肌に見せるためにも、ベースメイク選びは重要です。今回はベースメイクの選び方とオススメのアイテムについて紹介していきます。

ベースメイク選びのポイント


コスメアイテムが自分に合うものを選ばなくてはいけないように、ベースアイテムも自分に合うものがあります。重要なのは「自分の肌や使い方に合うものを選ぶ」ということです。自分に合わないベースメイクの場合、不自然さが出てしまいます。そうなるとメイク自体が失敗しかねないので注意しましょう。

ベースメイクの基本は下地・ファンデーション・フェイスパウダー

ベースメイクの基本は、下地、ファンデーション、フェイスパウダーです。自分に合わないカラーを選んでしまうと、顔色が悪く見えたり、逆に浮いて見えたりなどデメリットばかりになるので注意しましょう。

BBクリームは日焼け止め・下地・ファンデーションの三役

ベースメイクの定番として、BBクリームというものを聞いたことがあるはずです。これは日焼け止めや下地、ファンデーションの三役をしてくれる優秀なアイテムです。化粧品メーカーによってBBクリームの効果に若干の差があります。

例えば、日焼け止めに特化したBBクリーム、肌への刺激を少なめにしたものなど、さまざまなタイプがあるので、自分の肌質に合うものを買いましょう。

CCクリームは下地・コントロールカラーを兼ねる

CCクリームは、BBクリームと違ってコントロールカラーをするものです。下地効果もありますが、ファンデーションとしての役割はないので、CCクリームをメインにするのはあまり良くないかもしれません。上手い使い方はBBクリームで肌のカバーをして、CCクリームでコントロールカラーをする、というのが理想的でしょう。

人気の化粧下地コスメ3選

こちらでは、人気の化粧下地を集めてみました。下地に悩んでいる人は、一度使ってみてはいかがでしょうか。

ロレアル アレクサンドル ドゥ パリ

こちらの化粧下地はエイジングケアをしながら肌を守るという、大人向けの日焼け止め用クリームです。紫外線は肌老化の原因になりますが、こちらの下地は潤い効果が高いと評判で、抗酸化作用の働きをする成分も配合されています。そのため、エイジングケアアイテムとして知名度も高いのでしょう。

ラロッシュポゼ UVイデア

敏感肌の人も使える低刺激性の下地です。みずみずしいだけではなく、とろけるようなジェルタイプなので肌心地も良いのが特徴です。

日焼け止めとして使う人が多いのですが、テカりを抑えることから化粧下地として使う人も少なくありません。皮膚本来の機能をサポートしてくれるので、ぜひ一度は使いたいアイテムです。

プリマヴィスタ

化粧崩れなどからテカりを気にする人にオススメしたいのが「プリマヴィスタ」です。女性にありがちな夕方の化粧崩れも皮脂をしっかりと抱え込んで広げない対皮脂処方がされているため軽減出来ます。

女性のメイクにはテカりも一緒についてくる悩みの種なので、プリマヴィスタの下地はそういった悩みを解決してくれます。

おすすめファンデーション3選

こちらでは、オススメのファンデーションを集めてみました。なんとなくメーカー名で選んでいる人はいませんか? ファンデーションなどのコスメアイテムは自分に合うかどうかが大切です。なんとなく使っているファンデーションを選んだ人は一度見直しをした方がいいかもしれません。

カバーマーク フローレスフィット

こちらのファンデーションは、ひと塗りでシミをカバーしてくれる効果が期待出来ます。女性が持つ艶やかな肌が完成して、ツヤや質感、みずみずしさも満足している人が多いようです。

江原道 マイファンスィー アクアファンデーション

肌にしっかりフィットして、シミやシワをカバーしてくれる効果が期待出来るファンデーションです。乾燥肌の人にも評判は良く、リピート率も高いのが特徴です。個人差はあるのかもしれませんが、基本的に良い口コミを買いている人が多い傾向があります。ただ、少しクレンジングで落ちにくいという意見もありました。

エリクシール シュペリエル ホワイトニングリキッドUVL

エリクシール シュペリエルと言えば、化粧品ブランドとして有名です。このファンデーションはシミや毛穴、キメを明るくカバーしてくれるという効果が期待出来ます。透明感やハリのある美白肌に仕上げてくれるので、美しい仕上がりを求めている人にオススメしたいファンデーションです。

おすすめフェイスパウダー3選

こちらでは、オススメのフェイスパウダーを集めました。肌を明るく見せるためには、フェイスパウダーは必需品ですが、どれを使えばいいか悩む人が多いのも事実です。ぜひ、参考にしてみてください。

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー

アトピー肌の人も愛用するほど、肌のことを考えられたフェイスパウダーです。普通の洗顔でも落とすことが出来るので、普段ナチュラルメイクの人にオススメしたいですね。粒子が細かく、サラサラした手触り、油浮きをしないという点も高く評価されています。

チャコット フィニッシングパウダー

肌よりも少し明るめのフェイスパウダーなので、ファンデーションのカラーを引き立てるのに最適です。オススメはピンク系のファンデーションを使っている人、顔色の悪さやくすみが気になっている人です。つやつやの仕上がりだけではなく、もちが良いのも評価されている理由のひとつでしょう。

カネボウ フェースアップパウダー ミラノコレクション

豪華なデザインのフェイスパウダーです。ベルベットのようななめらかな感触で、きめ細かく透明感のある美しい肌に仕上げてくれるフェイスパウダーです。ベースメイクを引き立てて、美しさを倍増させながらも明るい印象を作ってくれます。

おすすめBBクリーム2選

こちらでは、オススメのBBクリームを2つ紹介します。BBクリームは、今やメイクをする上で必需品と言っても過言ではありません。メーカーによって特徴が異なっているので、自分に合うものを選びましょう。

BB7クリーム

こちらはBBクリームですが、下地クリームの効果だけではなく保湿や栄養補給、肌トラブル防止などの効果があると言われています。自然に肌に馴染むため、潤いを保って、ハリとツヤのある透明感な肌に仕上げてくれます。

フレッシェル BBクリーム

保湿効果に優れているBBクリームで、ナチュラルメイクでも小じわやシミをしっかりカバーしてくれます。他にも若々しいハリツヤ肌に仕上げてくれるので、オールマイティなBBクリームが欲しい人にオススメしたいアイテムです。

おすすめCCクリーム2選

BBクリームは使っていても、CCクリームは使っていないという人も珍しくありません。肌を明るく見せるためにもコントロールカラーをしなければいけません。特にメイクをしても顔色が悪く見えてしまう人などは、CCクリームを使ってコントロールカラーをしましょう。

新日本製薬 パーフェクトワン CCクリーム

CCクリームはファンデーション効果がないものが多いのですが、こちらは1つで6役をしてくれる優秀なアイテムです。化粧下地、ファンデーション、コントロールカラー、日焼け止め、クリーム、美容液などさまざまな効果が期待できるため、メイクの時短アイテムとしても活用されています。

ケイト 化粧下地 シークレットスキンCCベースゼロ

ケイトのCCクリームは、顔の赤みやくすみ、血色の悪さをカバーしてくれるアイテムです。肌の色をワントーン明るく見せてくれます。保湿成分も配合されているので、しっかりと肌ケアをすることも出来るのでオススメです。

まとめ

ベースメイクは種類が多くあるため、悩みがちな部分もあります。お気に入りの品を使い続けるのもいいですが、各商品共に日々研究が積み重ねられているので以前よりも高い効果が期待出来るものも多くあります。今回紹介したものはどれもオススメなので、気になるものがあったらぜひ使ってみてください。