カバー力のある化粧下地9選!肌の悩み別に紹介します

肌の悩みをカバーして、化粧持ちを良くするために欠かせないのが化粧下地です。メイクを綺麗に仕上げるには、自分に合った化粧下地を選ぶことが大切。そこでこの記事では、モデルがおすすめの化粧下地や肌の悩み別おすすめの化粧下地、正しい塗り方について紹介しましょう!

化粧下地がカバーできること

画像引用元:latte

化粧下地を塗ることで、肌の悩みをカバーすることができます。どのようなものをカバーできるのか紹介しましょう。

毛穴を目立たなくする

化粧下地は毛穴をカバーして、目立たなくしてくれます。肌表面を滑らかにすることで、ナチュラルで綺麗な肌に仕上がるでしょう。毛穴の黒ずみなどに悩んでいる人は、毛穴をカバーする化粧下地を選ぶのがおすすめです。

シミを隠す

画像引用元:latte

化粧下地はシミやくすみをカバーすることもできます。シミやくすみは、どうしても年齢よりも老けて見られてしまうもの。化粧下地でカバーすることで、若々しく見せることができるでしょう。

ニキビ跡などの肌の赤みを隠す

画像引用元:latte

化粧下地はニキビやニキビ跡をカバーすることも可能です。化粧下地を使わずにファンデーションを塗ると、かえってニキビやニキビ跡が目立ってしまうこともあります。そこに化粧下地を使うことで、自然にカバーすることができるでしょう

化粧下地の正しい塗り方

画像引用元:latte

ここからは、化粧下地の正しい塗り方について紹介します。

容器をよく振り、適量を手の甲にとる

容器をよく振ってから、手の甲に適量をとります。出しすぎに注意しましょう。

中指と薬指で内側から外側に伸ばす

中指と薬指の2本を使い、鼻の脇から外側に向かってクリームをなじませていきます。頰から耳下のリンパの方向に、おでこは真ん中から外側に。まぶたは目尻と目頭の部分も忘れずに塗ります。塗り忘れしがちな小鼻の部分も丁寧につけましょう。

全体にムラなく伸ばすこと

全体にムラなく伸ばしていきましょう。最後に指でポンポンと軽く叩いていきます。

完成

これで完成です。明るくて透明感のある肌に仕上がりました。

今回使用したアイテムはこちら!

セザンヌ皮脂テカリ防止下地/色 ライトブルー

色は透明感の出るライトブルーで、他に肌の色をトーンアップさせるピンクベージュもあります。しっかり皮脂を吸収して、1日中化粧崩れのない仕上がりを保つことができるでしょう

モデルがおすすめするカバー力のある化粧下地はこれ!

画像引用元:LATTE

ここではFeelyモデルがおすすめする、カバー力がある下地を3点紹介します。

セザンヌの「皮脂テカリ防止」

こちらのモデルが愛用しているのは、セザンヌの皮脂テカリ防止です。ライトブルーで、透明感のある肌にすることができます。もうひとつの色にピンクベージュがありますが、そちらは顔色が自然にトーンアップする効果があります。

白くてサラサラしている

使う前に容器をよく振り、手の甲に適量とります。サラサラした感触で、ブルーというよりはほとんど白い感じです。

伸びが良くスーッとなじむ

内側から外側に向かって塗っていきます。伸びが良く、スーッとなじむ感じです。塗った感じがサラサラしていて、ファンデーションとの相性も抜群です。

透明感のある仕上がりに

全体にムラなく広げて、完成です。皮脂を抑えてサラッとした仕上がりになりました。肌の色も明るくなって透明感が出ています。

メイク崩れの原因になる皮脂を吸収する下地です。ベタつかずサラサラした感触で、ファンデーションの美しい仕上がりが続きます。化粧もち持続成分のロングラスティングを配合。皮脂吸着パウダーが毛穴の凹凸をカバーして、光拡散効果で目立たなくします。

ライトブルーは顔のくすみを飛ばし、透明感を与えてくれるでしょう。水・汗に崩れにくいウォータープルーフ処方で、SPF28・PA++とUVカットにも期待できます。

マキアージュ「ドラマティックスキンセンサーベージュ UV」

化粧崩れがなく、乾燥も防げる優れものの化粧下地です

ベージュ系の色で、サラサラしている

容器をよく振ってから、適量を手の甲に取ります。ベージュ系の明るい色で、サラサラしています。

サラッと伸びて塗りやすい

サラッとしていて伸びが良く、とても塗りやすいのが特徴です。カバー力というよりはツヤを出す感じですが、毛穴もカバーしてくれるようです。

ツヤが出てしっかりカバーしてくれる

これで完成です。肌にツヤが出て、毛穴もしっかりカバーされました。

スキンケアまでできる化粧崩れ防止下地です。皮脂や乾燥などの肌変化に対応してテカりやカサつきを防ぎ、潤いのある美肌を保ちます。13時間化粧もちデータ取得済みで、過剰な汗や皮脂を吸収し毛穴やテカりを防止します。

SPF25・PA+++でUVカット効果も期待できます。

ソフィーナ「プリマヴィスタ 皮脂崩れ防止 化粧下地」

メイクを長くキープして、UVカット効果も期待できます

明るめの色で、サラッとしたテクスチャー

容器をよく振ってから、適量をとります。明るめの色で、このようにサラッとしたテクスチャーです

伸びが良く簡単になじむ

伸びが良く、肌に簡単になじみます。潤いはあるのにサラッとしていて、皮脂を吸い取ってくれる感じです。テカリやすい部分だけ塗るのにもおすすめです。

ツヤ感のある仕上がり

これで完成です。ツヤの出る仕上がりになりました。

プリマヴィスタ史上最強の化粧持続が長い下地です。汗や皮脂に強く、気温や湿度が高い日でもテカリのないファンデーションの仕上がりを持続させます。皮脂をかかえこみ広げないオイルブロック処方で、気持ちのいいサラサラ肌が続くでしょう。

さらにヒアルロン酸やカミツレ花エキスなどの保湿成分配合で、肌の潤いを保ちます。

毛穴をカバーする化粧下地3選

画像引用元:latte

こちらでは、毛穴をカバーできる化粧下地を3点厳選しました。メイクをしても毛穴が気になる人は、ぜひ試してみてください。

プリマヴィスタ

自然な肌作りができる化粧下地です。化粧崩れの原因になる皮脂を抱え込むので、化粧持ちが良くなります。みずみずしい感触で、サラサラのつけ心地。毛穴をカバーして、マイナス5歳肌を実現できるでしょう

サンキラーBCスーパーラスティングベースN

ポップで可愛いパッケージの化粧下地です。10時間テカリをブロック。ずっとサラサラが続いて、化粧崩れしにくいのが特徴です。潤い成分のヒアルロン酸、コラーゲン、リピジュア配合で、毛穴をカバーしながら美肌効果も期待できるでしょう。高いUVカット効果も期待できます。

マジョリカ マジョルカ スキンランジェリー ポアカバー

小悪魔コスメで有名なマジョリカ・マジョルカの化粧下地です。肌にぴったり吸着して、気になる毛穴をカバーします。テカリやベタつきを抑え、つけたばかりの感触を長く感じることができるでしょう

シミをカバーする化粧下地3選

画像引用元:latte

次に、シミをカバーしてくれる化粧下地を3点紹介します。

インテグレート スーパーキープベース

余計な皮脂を吸着して、テカリやヨレを未然にブロックする化粧下地です。ひと塗りで毛穴をカバーしながら、ファンデーションをしっかり密着。8時間化粧持ちテストもクリアするなど、化粧崩れしにくいのが魅力です

ロレアル パリ ベース マジック

柔らかいビンクパールカラーが透明感を作りだす化粧下地です。さまざまな毛穴悩みにオールマイティに対応し、しっかりカバー。塗った瞬間、毛穴ゼロの滑らかな肌が実現できるでしょう

インテグレート ミネラルベース クリアベージュ

カバー力が高いだけではなく、潤い効果やUVカット効果も期待できる化粧下地です。美肌効果を与えながら、毛穴や色ムラをしっかりカバーしてくれるでしょう

赤みをカバーする化粧下地3選

画像引用元:latte

顔の赤みをカバーできる化粧下地もあります。最後に3点、厳選して紹介しましょう。

江原道 メイクアップ カラーベース

ホイップのようなクリームが肌に極薄の透過フィルターを作り出し、 赤みをカバーします。 乾燥から肌を守る美容成分を配合で、美肌効果にも期待。UVカット効果にも期待でき、紫外線から肌を守ります

エリクシール シュペリエル コントロールベースUV

肌表面を滑らかに整える化粧下地です。透明感のある肌色を演出するグリーンの色合いが、赤みをしっかりカバーします。均一に伸びて、ファンデーションのつきや持ちを高めます。保湿成分がたっぷり配合され、透明感のあるハリ肌が実現するでしょう

オルビス(ORBIS) CCモイストベース

美容液ベースの多機能化粧下地です。絶妙なピーチベージュが赤みをカバーして、綺麗な肌色に仕上がります。美容液成分87%と贅沢に配合。ファンデーションをしっかり密着させてヨレや崩れを防ぎ、つけ立てのような美肌が長時間続くでしょう。

まとめ

化粧下地の選び方次第で、メイクの仕上がりが全然違います。肌の悩みに合った下地を使うようにしましょう。自分の肌の色に合わせたカラー選びも大切です。モデルおすすめの化粧下地や肌の悩み別おすすめ下地を参考に、自分に合った化粧下地を見つけてください!

*記事内で特定商品の効果・安全性を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」「すべての人にとって安全であること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品が「天然成分配合」「無添加」であることを紹介する場合、該当の記載は「天然成分を配合していること」「無添加であること」を表すものであり、商品の安全性を直ちに示すものではありません。