子供 日焼け止め

子供用の日焼け止めを選ぶコツとおすすめの子供用の日焼け止め

小麦色に焼けた肌に真っ白な歯、元気に駆け回る子供は健康を象徴しているかのようです。しかし、最近では学校のプールの授業でも日焼け止めクリームの使用が許可されるようになっているように、紫外線が体に与える深刻な影響があることが話題となっています。子供も大人と同じように日焼け止めを上手に活用することが大切ですが、子供の肌はデリケートであるため大人用の日焼け止めをそのまま使うと肌に大きなダメージを与えることになります。子供用の日焼け止めはどのように選べばいいのでしょうか。

子供用の日焼け止めと大人用日焼け止めの違い

紫外線は美肌の敵とされているため、徹底したUVケアをされている方も多いことでしょう。子供にとって紫外線とは、体内のビタミンDの生成を促すものであり、成長期に骨を丈夫にするためには必要なものとなります。手のひらに15分程度日光を浴びるだけでもビタミンDの生成が促進されるといいます。しかし、その一方で地球温暖化にともなうオゾン層の破壊により、皮膚ガンを誘発するような危険な紫外線が照射されていることも事実であり、過度の日焼けは体にいいことではありません。日焼け止めを塗ることが大切ですが、子供も大人と同じ日焼け止めを使ってもいいのでしょうか。

子供用はSPFやPA値が低く設定されている

日焼け止めの効果はSPFやPAで表示されています。SPFはUVBの防止効果を表すもので、紫外線防御指数とも呼ばれています。紫外線を浴びた際に肌の表皮に赤い斑点ができるまでの時間をどれだけ遅らせることができるかを数値で表示しています。一方、PAはUVAを防御する指数で皮膚のコクかが起る原因を防ぐ効果の高さを表しています。日焼け止めの効果が高いものは、子供の肌への負担が大きくなるため、SPFやPAが低く設定されているのが普通です。

子供用は化学物質が少なく設定されている


日焼け止めクリームなどには、紫外線散乱剤や紫外線吸収剤が成分として配合されています。志賀線錯乱剤は皮膚の表面で紫外線を跳ね返す作用があり、肌へお負担は少ないもののベタつきや白くなることで使用感があまりよくない場合があります。紫外線吸収剤は、肌の表面でいったん紫外線を吸収してから放出させる作用があり、日焼け防止の効果が高いものの肌の負担が大きくピリピリとした痛みを感じることもあります。子供用の日焼け止めに配合されている化学物質は少ないため、大人用のように肌に負担をかけることはありません。

子供用は石鹸などで簡単に落とす事が出来る

日焼け止めはべたつきのあるクリームやオイルのようなテクスチュアであることがほとんどであるため、肌に密着してなかなか落とすことができません。ボディシャンプーを使ってもなかなか落ちないという経験をされた方も多いでしょう。その点、子供用はべたつきのある成分がほとんど使用されていないため、石鹸などで軽く洗い流すだけで落とすことができます。子供にとっては、日焼け止め効果のある密着性に優れたものよりも、効果が少し低くすぐに洗い流せるものの方がいいでしょう。

子供用は優しい素材でできている分取れやすいのでこまめに塗り直す必要がある

子供 日焼け止め
大人用の日焼け止めは、1回の使用で数時間効果を持続することができ、水の中に入っても落ちることもほとんどありません。1日に数回塗り直すだけで日焼けを防止することができます。一方、子供用は肌にダメージを与えない優しい成分からできているため、日焼け防止効果が低いだけでなく、肌への密着性も低く水の中に入ると落ちてしまうものもあります。水の中に入ったり出たりする海水浴やプール、汗をよくかくスポーツなどの場合は、こまめに何回も塗り直す必要があります。

子供用の日焼け止めを選ぶポイント

大人用の日焼け止めは、シミやシワなどの原因となる紫外線をカットすることに最も重点を置いています。一方で、子供用の日焼け止めは、日焼け止め効果が高くなるほど肌に与えるダメージが大きくなるため、ある程度日焼け止め効果が期待できる刺激の少ないものを選ぶことが大切です。また、塗りっぱなしではなく何回も塗り直しても肌の負担にならないノンケミカルのものなど、成分にもこだわって選ぶことが大切です。

低刺激であること

子供の肌はとてもデリケートで化学物質などの刺激にも過剰に反応して、炎症などの肌トラブルを起こすことがあります。日焼け止め効果が高いほど肌への刺激が強くなるため、肌に優しいものを基準として選ぶようにすることが大切です。アトピーなどができやすい敏感肌の場合は、使用する前に目立たない場所で一度パッチテストをしてから使用するようにするといいでしょう。また、なるべく植物由来成分などオーガニック成分で肌を保護できるものを選ぶようにしましょう。

何度も塗るので塗りやすいもの


子供用の日焼け止めは効果や肌への密着性が高くないため、1回塗っただけではすぐに取れてしまいます。また、汗をかきやすいことでも日焼け止めが流れることでも何回も塗り直す必要があります。したがって、子供用の日焼け止めは、すぐに取り出して手間なく塗ることができるものを選ぶようにするといいでしょう。携帯に便利で両手を使って開閉しなくていいものであれば、必要なときにすぐに取り出して塗ることができます。

SPFとPAが高すぎないものを選ぶ

紫外線が子供のデリケートな肌にダメージを与えるからといって、SPFやPAが高いものを選ぶと大人用と変わらず、肌に大きな負担をかけることになります。紫外線を防ぐために塗布した日焼け止めで肌トラブルが起きてしまっては意味がありません。SPFであれば25以下など、穏やかな効果を発揮するレベルのものに限定して使用し、何回も塗り直して効果を持続させるようにしましょう。また、服装や帽子などでUV対策をすることも大切です。

子供用の日焼け止めおすすめランキング

大人用の日焼け止めは、日焼け止めの効果やテクスチュア、付加価値のある美容成分の有無などによって数多くの種類があります。ドラッグストアやネットでも豊富なラインナップのなかから自分に合ったものを選ぶことができるでしょう。一方、子供用の日焼け止めについては十分な品揃えがないお店もあります。ネット通販を活用してお得に購入するのもおすすめです。そこで、子供用の日焼け止めで特に人気の高いものをランキングで紹介します。

10位「近江兄弟社 メンターム UVマイルドジェルポムポムプリン 100g」

近江兄弟社 メンターム UVマイルドジェルポムポムプリン 100g
肌に優しくスーッと伸びる塗りやすいジェルタイプの日焼け止めです。無添加でノンアルコールタイプなので、デリケートな子供の肌にもダメージを与えることがありません。また、白残りすることもないため見た目で目立つこともありません。2016年サンリオキャラクター大賞第1位に輝いた可愛らしいデザインは、子供の大好きなポムポムプリンのキャラクター仕様となっています。爽やかなハッカのような香りで虫よけにもなりそうです。

9位「ダリヤ ヒヨコート 日やけ止めミルクジェル 携帯タイプ 50g」

ダリヤ ヒヨコート 日やけ止めミルクジェル 携帯タイプ 50g
無添加、低刺激にこだわった日焼け止めミルクジェルです。可愛らしいヒヨコのデザインでコンパクトなサイズなので、バッグに入れてもかさばることがありません。紫外線からデリケートな肌を守るだけでなく、アロマオイルやシアバター、ホホバオイルの作用により乾燥からも肌を守ってくれます。伸びがよくて塗りやすいミルクジェルなので、塗り直すのにも時間がかかりません。天然ハーブの香りは虫よけ効果も期待できるかもしれません。

8位「ピーチアンド 子供用 日やけ止め UVパクト SPF50+ PA+++ (ピンクリボン)」

ピーチアンド 子供用 日やけ止め UVパクト SPF50+ PA+++ (ピンクリボン)
お姫様に憧れる女の子が大喜びするピンクリボンデザインのUVパクトです。デザインが可愛いだけでなく、化粧品専門家が研究を重ねて日焼け止め効果とともに安全性にもこだわって開発されたものです。紫外線を遮断する成分が配合されており、肌に刺激を与えることなく優しく紫外線から肌を守ってくれます。また、エアレスポンプ使用で最後まで無駄なく使いきることができます。ちょっとしたお出かけでも持っていきたくなる可愛いデザインが女の子の心をくすぐります。

7位「こども用日やけ止め乳液 サンスクリーンミルク SPF20 PA++ 25ml」

こども用日やけ止め乳液 サンスクリーンミルク SPF20 PA++ 25ml
子供の肌を優しく紫外線から守ってくれる低刺激性の日焼け止めです。塗布して水分が蒸発すると薄い耐水性の被膜が残り、肌への負担もなく肌を優しく包みこみます。また、乳液タイプなので肌へのなじみもよく簡単に伸ばすことができます。子供の肌にダメージを与える紫外線吸収剤や香料、着色料、アルコールなどは一切使用されておらず、敏感肌でも安心して使用することができます。薄く伸びるのでママの化粧下地としてもおすすめです。

6位「マミー UVマイルドジェルN 100g」

マミー UVマイルドジェルN 100g
食用ではありませんが90%が食品成分でできている安全、安心な日焼け止めジェルです。子供のデリケートな肌を考えて低刺激性、弱酸性にこだわっており、アロエエキスやアセロラエキス、ホホバオイルなどの天然潤い成分で乾燥からも肌を守ってくれます。着色料、香料、王不在、アルコールなどは添加されておらず、石鹸だけで洗い流すことができるのでママの手を煩わせることもありません。SPF33、PA+++と適度な日焼け止め効果を持続させることができます。

5位「紫外線予報 UVさらさらジェル 250g」

紫外線予報 UVさらさらジェル 250g
外遊びやプール、スポーツなどにいつでも安心して使用することができるさらさらジェルタイプの日焼け止めです。パラベンやアルコールなど子どものデリケートな肌を刺激する成分は使用されておらず、そのかわりにユキノシタエキス、カミツレ花エキス、アセロラ果実エキスなどの植物由来エキスが配合されています。パウダーが配合されているため、夏の暑い時期でも肌がべたつくことがありません。また、ゴシゴシこすらなくても石鹸だけで洗い流せるのも魅力です。

4位「和光堂 ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用 SPF-21 30g」

和光堂 ミルふわ ベビーUVケア 毎日のお散歩用 SPF-21 30g
母乳に限りなく近いミルクの研究を重ねているメーカーが母乳を手本とした保湿成分を配合したベビー用日焼け止めです。とてもデリケートな赤ちゃんの肌に潤いをたもちながら紫外線から守るとともに、肌のバリア機能を整える効果も期待できます。紫外線吸収剤などの肌に負担を与える成分は一切使用しておらず、サラサラとしたパウダーも配合されているため、あせもを心配することもありません。赤ちゃんをスキンケアしながら日焼けから守ってくれます。

3位「ロート製薬 ママはぐ レモンユーカリ油配合日やけ止めミルクα SPF37 PA+++ 28g」

ロート製薬 ママはぐ レモンユーカリ油配合日やけ止めミルクα SPF37 PA+++ 28g
レジャーや長時間の外出でもしっかりと紫外線から子供の敏感な肌を守ってくれる日焼け止めミルクです。肌によく伸びてなじみ、レモンユーカリ油に含まれているメンタンジオールが肌の乾燥を防いでくれます。携帯に便利なコンパクトサイズなので、買い物や散歩などのお供としてもぴったりです。無添加、低刺激性で、赤ちゃんでも安心して使用することができる優しい使い心地が特徴です。外出から帰宅した後は、石鹸で簡単に流すだけで落とすことができます。

2位「ユースキンS UVミルク SPF25 PA++ 40g (敏感肌用 日焼け止め)」

ユースキンS UVミルク SPF25 PA++ 40g (敏感肌用 日焼け止め)
全商品に北海道の契約農家で減農薬栽培されたシソの葉エキスが配合されていることが特徴のメーカーが、デリケートな肌の子供のために開発した日焼け止めミルクです。SPF25と日焼け止めの効果があまり強すぎないように考えられています。また、余計な成分を排除していることから、子供の敏感な肌を紫外線から守りながら潤いも与えてくれます。いつも使用している石鹸やボディソープで簡単に落とせるのも魅力です。

1位「ビオレ UV のびのびキッズミルク SPF50+/PA++++ 90g」

ビオレ UV のびのびキッズミルク SPF50+/PA++++ 90g
強い日差しや長時間の屋外活動でも、紫外線からしっかりと肌を守ってくれるSPF50、PA++++の高い効果を誇る日焼け止めミルクです。ウォータープルーフタイプなので、汗や水、摩擦にも強く、水遊びやスポーツでも落ちにくいのが特徴です。アルコールや香料などを使用しておらず、肌と同じ弱酸性であるとともにワセリンが配合されていることから肌の保湿をキープすることができます。肌にスーッと伸びるミルクタイプで塗りやすく、白残りしないのも魅力です。

まとめ

地球温暖化の影響により、地表に降り注ぐ紫外線は年々リスクが高まっています。特に外遊びが大好きな子供には、紫外線から守るために日焼け止めを塗る必要があります。子供用の日焼け止めを選ぶ際には、デリケートな肌に負担をかけないように、日焼け止め効果が高すぎないもの、配合されている化学物質の量を極力抑えること、などがポイントとなります。ランキングを参考に子供を日焼けから守る日焼け止めを選びましょう。