LDLコレステロールだけが高い!原因と対処法

健康だと思うのに、何故だかLDL(悪玉)コレステロールだけが高い。太っているわけではないのに、LDLコレステロール値が高いと言われる…。そんなことはありませんか?コレステロール値が高い状態のことは「脂質異常症」と呼ばれていて、様々な病気のリスクがあると考えられています。どうしてLDLコレステロールだけが高くなってしまうのか、その原因や対処法について見ていきましょう。

コレステロールの種類とその基準値とは


実は「コレステロール」と言っても、その中では「悪玉」と「善玉」、それから「中性脂肪」の3種類に分かれます。これら3種類のコレステロールの基準値をまずはチェックしてみましょう。

HDLコレステロール:基準値40mg/dl

「コレステロールが高い」と言われる状況は、HDL(善玉)コレステロールが少なくてLDL(悪玉)が多い状態を表します。HDLコレステロールの基準値は40mg/dl。HDLコレステロールは、余ったLDLコレステロールを回収する役割を持っていて、これが不足することにより血液中のLDLコレステロール値が上昇し、動脈硬化のリスクが高まってしまうのです。

LDLコレステロール:基準値140mg/dl

LDLコレステロールとは、「悪玉コレステロール」のことです。基準値は140mg/dl。LDLコレステロールを回収するHDLコレステロールに対し、LDLコレステロールは肝臓から作られたコレステロールを全身へと運ぶ役割があります。そのためLDLコレステロール値が高くなるとHDLコレステロールの回収が追い付かなくなってしまい、動脈硬化を起こしやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞などの様々な病気を引き起こすリスクが高くなるのです。

中性脂肪:基準値150mg/dl

最後に確認しておきたいのが、中性脂肪の存在。中性脂肪は150mg/dlが基準値とされていて、こちらも増えすぎると肥満や脂肪肝を引き起こして動脈硬化のリスクを高めます。血液の流れを脂肪が邪魔してしまうので、これにより動脈硬化のリスクが高まる…という意見もありますよ。LDLコレステロール値が高くなりがちな人は、同時に中性脂肪も高くなっていることがよくあるのです。

LDLコレステロールだけ高い原因:生活習慣編


LDLコレステロール値だけが高いのは、主に生活習慣が要因。普段の生活リズムや何気ない習慣など…次のようなポイントに心当たりはないか、よくチェックしてみてくださいね。

運動不足

運動不足気味な人は、よく運動する人と比べてコレステロール値が高くなりがちです。もしもLDLコレステロール値が高いことに悩んでいるなら、日常生活の中に有酸素運動を取り入れてみましょう。有酸素運動は体内の脂肪をエネルギーとします。体脂肪を燃やしてたくさん酸素を身体に取り込めば、HDLコレステロール値が上昇し、LDLコレステロールを回収してコレステロール値を下げる効果が期待できるのです。ですから逆に、普段から運動をしない人は酸素を身体に取り込めず脂肪も消費するどころか溜まる一方になり、結果HDLコレステロールが減ってLDLコレステロールが増えてしまうのです。

1日10本以上の喫煙


喫煙者さんの中でも、1日10本以上の喫煙をする人はLDLコレステロール値が高くなりがちです。タバコは血圧を上昇させる作用があるため、血液中のLDLコレステローを血管の壁に溜めやすくさせてしまいます。さらにタバコはHDLコレステロールを減らしてしまう作用もあるため、喫煙者はHLDコレステロール値が低く、LDLコレステロール値が高いという状況に陥ってしまうのです。喫煙はコレステロールを増やすリスクがかなり高いので、喫煙者の人はせめて1日9本以下に抑えておきたいですね。

LDLコレステロールだけ高い原因:食生活編


コレステロールと言えば、食生活を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?確かに食生活は、LDLコレステロールを増やす大きな要因です。普段の食生活で次のような心当たりのある人は、要注意ですよ。

野菜不足

野菜、毎日しっかり食べていますか?野菜が不足した食生活を送っている人は、LDLコレステロール値が高くなりがちです。そもそもコレステロールは、脂肪分の多い食べ物に多く含まれていて、食物繊維の多い食べ物で排出されやすいという傾向があります。つまり食物繊維たっぷりの野菜が不足することで、コレステロールが排出されることがすくなくなり、コレステロール値が高まってしまうというわけです。肉中心で野菜はめったに食べない…という人は要注意ですよ。

揚げ物が好き

油でカラッと揚げた料理、好物で良く食べるという人も多いのではないでしょうか?ご存知の通り揚げ物は油を使った、脂肪分の多い食べ物です。そのため揚げ物を食べるとコレステロール値が高まりやすくなってしまいます。特に肉類を使った揚げ物は、群を抜いて脂肪分が多くコレステロールが増えやすいメニューです。揚げ物に使われている衣もたっぷり油を吸い込んでいますから、「衣だけ取って揚げ物を食べる」という人も中にはいるようですね。

アルコールをよく飲む

飲酒の習慣はありますか?実はアルコールの摂取でもコレステロール値は高まる傾向があります。アルコールは肝臓で中性脂肪が合成されるのを促す働きがあります。そのためアルコールは中性脂肪値を高め、結果としてコレステロール値にも影響を与えてしまいかねません。また、お酒をたしなむ人は「おつまみ」と言って揚げ物や肉類、菓子類などのコレステロールが増えやすいものを食べることも、コレステロールを高める一因となっています。

午後9時過ぎに食事をすることが多い

忙しいからと言って、食事の時間が先送りになっているということはありませんか?午後9時以降に食事をする人は、コレステロール値が高まりやすい傾向にあります。何故なら、夜の9時以降は就寝までの時間が短いため、食べたものを消費しにくいからです。消費されなかった食べ物は寝ている間に脂肪として身体に蓄えられます。その結果、LDLコレステロールが蓄積されやすくなるのです。

LDLコレステロールだけ高い時の改善策:生活習慣編


もしも健康診断や病院の検査で「LDLコレステロールだけが高い」と言われたなら、すぐに生活習慣の見直しをしましょう。LDLコレステロールが高いまま放っておけば、病気で寿命を縮めるリスクが高まりますし、太りやすくなってしまうこともあります。

ウォーキングなど適度な運動を習慣づける

運動不足の自覚がある人は、毎日適度な運動習慣を身に付けましょう。最初は軽いウォーキングやジョギングなどでOKです。早起きしてゴミ出しついでに近所を散歩したり、通勤手段を徒歩に替えたりしてみましょう。自転車を使えばサイクリングにもなりますね。とにかく適度な運動を続けて行うことで、LDLコレステロールだけが高くなるのを防ぎます。脂肪が燃焼され、コレステロール値をコントロールしやすい体質になっていきますよ。スポーツの趣味がある人は、ぜひ積極的に身体を動かしてくださいね。

アルコール・喫煙は控える

アルコールや喫煙が楽しみだという人もいるかもしれませんが、可能なら控えるようにしてください。アルコールも喫煙も、コレステロール値を高めるだけではなく、身体を壊す要因になるものです。もちろん完全に断つ必要はありませんが、お酒やタバコの量を少し減らし、代わりにその時間を運動や趣味にあててみてください。もしタバコを1本吸う時間を運動にあてられたら、それだけでコレステロール値も変わっていきますよ。

LDLコレステロールだけ高い時の改善策:食生活編


LDLコレステロール値だけが高いときは、食生活を変えて身体の内側から体質改善を目指していきましょう。LDLコレステロールを下げるための食生活は、次の通りです。

なるべく油を使わない!茹でる・蒸すの調理方法

LDLコレステロール値を上げる大元は脂肪分。ですから、脂肪分を減らすために油を使わない料理を心がけていきましょう。おすすめは茹でる・蒸す料理です。揚げ物や炒め物は控えて、煮物や蒸し物、汁物中心のおかずを食べてみましょう。和食中心と考えると分かりやすいですね。シンプルな和食を中心にしていれば、コレステロール値が下がって脂肪が溜まりにくくなり、ダイエット的な側面でも嬉しい効果が出てきますよ。

野菜・海藻類など食物繊維を多く取る


普段から脂っぽいものばかりを食べているという人は、ぜひ野菜や海草類などの食物繊維を多く摂ってください。食物繊維が増えるだけでも、HDLコレステロールの増殖を助けて、LDLコレステロールの増加を防止することができます。調理が簡単なのはサラダですが、先にご説明した煮物や汁物に野菜類を使ってみてはいかがでしょうか?野菜の煮つけやワカメの味噌汁など…和食を通して食物繊維をたっぷり摂取してみてくださいね。

お肉の部位は脂身の少ないものを!

お肉を食べるときは、脂身の少ない部分を食べるように注意してみてください。脂身は脂肪分が高いですから、食べると一気にコレステロール値を高めてしまいます。トンカツの脂身や脂身の揚げ物などには、特に要注意ですよ。脂身が好きだと言う人もいるかと思いますが、LDLコレステロールが高い人はぐっとこらえて、脂身には手をつけないようにしてください。自分で料理をすると言う人は、あらかじめ脂身の少ない部分のお肉を買っておくと安心ですね。

白米よりも玄米を摂る

日本人の主食でもある白米。これを玄米に替える方法もおすすめです。玄米に含まれているGABAは天然アミノ酸の1種。ストレスを軽減するほか、血液中のコレステロールや中性脂肪を調整してくれる働きがあるのです。もしどうしても好きなおかずを食べたいという日には、おかずを変えずにお米を玄米に替えてみると良いでしょう。…もちろん、一番理想的なのは「野菜中心のおかずと玄米」の組み合わせですね。

LDLコレステロールが高い時に生じる症状

 

LDLコレステロールが高いことに対して、「別に大したことないんじゃないの?」と危機感を持たない人も多いかと思います。ですが、LDLコレステロールが高いと厄介なことがたくさんあるのです。LDLコレステロールが高いことが、イマイチ理解できていない…という人は、次の点に要注目です。

脂質異常症

コレステロールが高い状態のことを、医学界では「脂質異常症」と呼びます。通常はHDLコレステロールとLDLコレステロール、そして中性脂肪は一定の数値を保ってバランスを維持しているのですが、LDLコレステロールだけが高い状態となると、このバランスが崩れているということになります。コレステロール値のバランスが崩れて異常な脂質になってしまっているというわけです。

動脈硬化や心筋梗塞のサインとなることもある


コレステロール値の高さは、動脈硬化や心筋梗塞のサインとして知られていることもあります。LDLコレステロール値が高い状態…すなわち脂質異常症になっていると、血管の壁にコレステロールが溜まってしまいます。そのため血管の壁がどんどん厚くなっていってしまい、血管の中で血液の通るべきスペースが狭まってしまうのです。その結果血流が悪くなって動脈硬化が引き起こされたり、動脈硬化が悪化して心筋梗塞や狭心症、脳卒中のリスクが高まってしまうのです。

家族性コレステロール血症

家族性高コレステロール血症という遺伝子性の疾患があります。通常であれば食事や運動などの生活習慣が原因でコレステロール値が上がるのに対し、家族性コレステロール血症の場合は遺伝でコレステロール値が高くなってしまいます。未治療時のLDLコレステロール値が180mg/dl以上で、手や足に黄色いしこりが見られる人は、家族性コレステロール血症のおそれがあるとされています。考え付く限りの生活習慣を正したにもかかわらず、コレステロール値が高いという人は、家族性コレステロール血症を疑ってみると良いかもしれませんね。

まとめ

コレステロールにはいくつかの種類があること、LDL(悪玉)コレステロールが高くなってしまうことで、たくさんのリスクが考えられることが分かったのではないでしょうか?コレステロールが高いということは、ただ病気のリスクが高まるだけではなく、生活習慣の乱れを表すサインでもあります。食生活が偏っていたり、運動不足になっていたり、お酒やタバコの量が度を超していたり…。コレステロール値の見直しをきっかけに、生活習慣も見直してみてくださいね。コレステロール値の安定を目指していれば、それに伴って生活習慣も規則正しくなり、健康的な身体に近づきますよ。