瞼の筋肉を鍛えて目力アップ!今日から試したいトレーニング9種

瞼の筋肉はあまり意識しない人が多いかもしれません。しかし、目元の筋肉が衰えると、顔全体が老けて見えてしまうんです。瞼を鍛えて若々しい目元を作りましょう。

今回は、瞼の筋肉が衰えると出てくるトラブル、鍛えるべきポイント、トレーニング方法をご紹介します。

瞼の筋肉が衰えてしまうと困ること

あまり意識することはありませんが、瞼にも筋肉があります。

瞼の筋肉は見た目に大きく影響する部分。瞼の筋肉が衰えると顔全体が老けて見えるようになります。どのような弊害があるのかを詳しく解説していきます。

厚ぼったい瞼になる

瞼に筋肉がついていれば、しっかりと瞼を開けるのでぱっちりとした目の印象になります。しかし加齢などで瞼の筋肉が衰えてしまうと、厚ぼったい瞼になってしまいます。これは、筋肉が衰えると脂肪が目立つようになるのが原因です。

目の下のクマの原因になる

瞼の筋肉の衰えは、目の下のクマの原因にもなります。筋肉が衰えると瞼がたるんだりシワができてしまったりするようになります。それによって目元にくぼみができ、目の下に影ができることでクマのようになるのです。

上の瞼だけではなく、下の瞼の筋肉の衰えにも要注意です。

老けた印象を与えてしまう

瞼が衰えると、顔全体が疲れた印象になり、老けて見えるようになります。そもそも筋肉は加齢によって衰えてしまうものです。老人の目が厚ぼったく見えたり、クマが目立ったりするのはそのせい。

そのため、瞼の筋肉が落ちるということは、老人のような目になってしまうということなのです。そして、目元は顔の印象を作る非常に重要な部分。目元が老けていると、顔全体が老けて見えるというわけです。

瞼の筋肉を鍛えるメリット

瞼の筋肉を鍛えると、目力アップ、アンチエイジング、おでこのシワをなくすなどの効果が期待できます。これらについて詳しく見ていきましょう。

目力アップ

瞼に筋肉がつくと目をパッチリと開けることができます。そのため目力がアップするでしょう。ぱっちりと開いた目は相手からの印象もとてもいいものです。その方が可愛らしくも、美人にも見えます。

また、やる気に満ち溢れているような印象も与えられるでしょう。

アンチエイジング

上記のとおり、瞼の筋肉の衰えはたるみやシワの原因になります。また、たるみやシワがある目元は、老けた印象を相手に与えます。しかし、瞼の筋肉を鍛えれば、たるみやシワとは無縁の若々しい目元を作れます。

顔全体の印象も若々しく明るくなるので、瞼の筋肉のトレーニングは、アンチエイジングに最適です。

おでこのシワが無くなる

瞼の筋肉を鍛えることは、おでこのシワの改善にも効果が期待できます。実はおでこのシワは、瞼の筋肉と大きく関わっていて、瞼が垂れてしまうとおでこにもシワができる場合が多いのです。瞼の筋肉を鍛えれば、おでこの悩みも解決できるかもしれません。

瞼を鍛えるために重要なパーツ


瞼を鍛えるためには意識するべき重要なパーツがあります。瞼の上、下、横です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

目の大きさを左右する瞼の上側

瞼の上側にある筋肉は目の大きさを左右する重要な部分です。

瞼の上側には、眼輪筋、眼瞼挙筋、ミューラー筋などの筋肉があります。これらの主な役割は、瞼を上に持ち上げたり閉じたりすることです。これらの筋肉が衰えると、瞼が垂れ下がったような状態になり目つきが悪くなります。

逆に鍛えれば、パッチリと開く大きな目になります。

老けて見えやすい瞼の下側

瞼の下側は、クマやたるみ、シワなどができやすく、年齢が出やすい部分です。歳を取るほどトラブルが起き、そのせいでどんどん老けて見えるようになります。瞼の下の筋肉を鍛えれば、クマやたるみ、シワなどが出にくくなるので、若々しい印象を与えやすくなるはずです。

しわになりやすい瞼の横側

瞼の横側、目尻はシワになりやすい部分です。乾燥が主な原因とされていますが、瞼周辺の筋肉もシワに大きく関係しています。目の下のクマやたるみと同じくらい、目の横のシワも老けて見られる原因になります。しっかり筋肉を鍛えて老け顔を予防しましょう。

瞼の上側を鍛えるトレーニング法

まず瞼の上側を鍛えるためのトレーニング方法について紹介します。自宅で簡単にできる方法のみを厳選しました。

瞼の垂れを止める顔ヨガ

おでこロックというトレーニング法です。瞼の筋肉と眼輪筋を鍛えて、パッチリとした大きな目を作るのが狙いです。

おでこを押さえながら目を動かすことで、瞼の筋肉を集中的に鍛えることができます。

目の周りの筋肉を意識しながらトレーニングをすると、さらに高い効果が期待できるでしょう。また、毎日継続するとそれだけ効果も出やすくなります。

瞼の脂肪を燃焼させるトレーニング

瞼の脂肪を燃焼させるトレーニングです。瞼の脂肪が減ることで、目がしっかり開くようになりデカ目効果が期待できます。瞼が重い人、腫れぼったい人におすすめです。

目を大きく見開くだけで簡単なので、いつでもどこでもトレーニングできるのがメリット。毎日空いた時間に試してみてください。

瞼のむくみを解消するトレーニング

こちらは瞼のむくみを解消するためにおすすめのトレーニングです。

目の血行を良くする効果が期待できます。血行不良はむくみの主な原因なので、血行を促進してむくみを取り除くのが目的。目元がすっきりして視界も広くなるかもしれません。

瞼の下側を鍛えるトレーニング法

こちらでは、瞼の下側を鍛えられるトレーニング法をまとめました。上側を鍛えるトレーニングより時間がかかるものが多いですが、それでも1分以内でできます。

両手の指を使って行う下瞼トレーニング

下の瞼のたるみを解消するためのトレーニングです。たるみを取るのと同時にハリを与えることもできるでしょう。たるみがとれてハリが出ると、目元が全体的にパッチリするようになります。

やり方は簡単で、両手の指で目を押さえるだけでOKです。

45秒の下瞼トレーニング

こちらは目の下のたるみをとるトレーニングです。

口周りの筋肉をはじめ、顔全体の筋肉を意識しながら行います。ひとつひとつの動作をゆっくり行ったり、筋肉が使われているところでキープしたりすることで、きっちり目の周りの筋肉にアプローチしていきます。

下瞼の血流を改善する「ムンクの顔」

こちらは文字通りムンクの叫びのような顔をすることで、下瞼の血流改善に期待できるというトレーニングです。目の下のクマに特に効果的な方法となっています。目の筋肉をしっかりと収縮させることを意識しましょう。

トレーニングを終えたあとは、目を閉じてリラックスしてください。

アンチエイジング効果の高い下瞼トレーニング

こちらは目の下にあるたるみの解消に効果が期待できるトレーニングです。また、顔のゆがみを整える効果も期待できるため、顔全体のアンチエイジングに有効です。

顔のゆがみを整えるために、自分の顔の左右の違いを意識して、力加減を調整しながら行います。

瞼の横側を鍛えるトレーニング法

瞼の横側を鍛えることは重要です。そのためのトレーニング方法について教えましょう。

目尻のしわの改善トレーニング

舌を軽く噛んだ状態で両目をまばたきしましょう。左右交互にまばたきしていきます。目の周りがだるくなってくるまで繰り返すのがポイントです。だるくなるということは、それだけ筋肉を使えているということなので、「効いているな」と考えましょう。1分程度行うと効果的です。

目尻のシワを1分で消すトレーニング

目尻のシワの解消に期待できるトレーニングです。こちらの方法では、1分で目尻のシワを消すことができるとしています。こちらはリンパドレナージュという方法で、リンパの流れをマッサージで活性化させ、老廃物を排出させるのが目的になります。

まとめ

瞼の筋肉が衰えると、たるみやシワ、クマなどが目立つようになります。目元は年齢を感じやすい部分なので、筋肉を鍛えて若々しい目元を維持したいですね。瞼の筋肉を鍛えると、アンチエイジングだけでなく、デカ目効果も期待できます。今回紹介したトレーニング方法を参考に、目元美人を目指してくださいね。