自己顕示欲の強さセルフチェックと克服する3つの方法

世の中ではしっかり自分をアピールしたり自分の意見を主張したりすることも必要です。特に社会に出ていると仕事の面ではどんどんと自分をアピールすることも大切な場面が多いでしょう。とは言えまだまだ日本では自分を前面に起出すことが美徳とはされていないため、あまりにも自己顕示欲が強いと周りの人から引かれてしまう可能性があります。では自分の自己顕示欲がどれほど強いかチェックする方法はあるのでしょうか。

自己顕示とは?

自分の存在を過度にアピールすること

そもそも自己顕示欲とはどのようなものなのでしょうか。それは自分の存在を強く他者にアピールすることです。自分の存在や自分の優秀さには自分の駄目な部分でさえ、他の人に強くアピールしてしまう可能性があります。他人と会話するときにやたらと自分の話ばかりしている人がいませんか?そのような部分にも自己顕示欲が現れているのかもしれません。

自己顕示欲が強すぎる人は周囲から好かれない

自分のことをきちんと話せるということと自己顕示欲が強すぎるとは違います。適切に自分の話をできる人は人から好まれますが、自己顕示欲が強すぎる人は基本的に周りの人から好かれないことが多いです。

自己顕示欲の強さセルフチェック

つい自分語りをしたくなる

自分が自己顕示欲が強いタイプかどうかをセルフチェックするのは大切なことです。もしも自己顕示欲が強すぎるタイプだとわかったならばすぐに自分を調整してことができるでしょう。最もわかりやすいセルフチェックとしては友人と話をするときについつい自分の話ばっかりしていないかどうかチェックする方法です。もちろん話題の中心になりやすい人はいますし、自分の話を笑い話にして他の人を盛り上げてくれる人もいます。とはいえ他の人に話をさせずに自分の話題ばかり熱心に話している傾向があるなら注意が必要です。もしかするとそういう人は自己顕示欲の塊なのかもしれません。

負けず嫌い

スポーツの世界などでは負けず嫌いが以上に大切なものとなってきます。しかし一般社会ではあまりに負けず嫌いで他の人に不快感を与えることになってしまうと問題が生じます。仕事上でも負けず嫌いで一生懸命仕事をするのは良い事ですが、あまりに周りの人と競ってばかりでライバル心をむき出しにするタイプは自己顕示欲が強すぎて周りの人たちから敬遠されてしまうかもしれません。自分は負けず嫌いなところがあると自覚している場合はその傾向が健全な仕方でモチベーションにつながっているかそれとも他の人を不快にさせるほど強いものとなっているかをチェックしましょう。もしも強すぎると感じるのであれば自分の内側にとどめることを覚えましょう。

知ったかぶりをしがち

自己顕示欲の強い人は自分よりも他の人が知識があることが許せないので何事にも知ったかぶりをして話してしまいがちです。自分の物の言い方やコミュニケーションの取り方で知ったかぶりをしがちな傾向があると自覚しているならば、自己顕示欲がかなり強くなっている証拠かもしれません。そのような場合には知らないものは知らないと言える素直さを培えるよう努力しましょう。

相手の話に興味がない

女性 無視
自己顕示欲が強い人は自分の話ばかりをしたがるので、相手の話には興味がないというそぶりを前面に出してしまう傾向が強いです。相手の話に対しては上の空で自分が自分がという傾向が強いと感じているならば、その自己顕示欲の強さが周りの人から嫌がられている可能性があります。正直に教えてくれる人に頼んで自分の話し方の傾向を尋ねてみると良いかもしれません。もしも周りの人の話をよく聞かずに自分の話ばかりしている傾向があるならば今後は意識的に相手に質問を尋ねたり相手の話に耳を傾ける姿勢を示してみてはいかがでしょうか。

他人の気持ちがわからない

自己顕示欲の強い人の特徴としては自分の気持ちばかりを優先するため他の人の気持ちを理解しようとしない傾向があります。それで他の人の気持ちをないがしろにしてしまい人を不快な気持ちにさせてしまうことがあるのです。

SNS依存が強い

女性 スマホ
自己顕示欲が強い人の物の特徴としてはSNSに対する依存が非常に強いという部分があります。なるべく多くの人から見てもらいたいという気持ちが多いので、SNSばかりをやっていたり毎日のようにつぶやきや写真を投稿するということがあります。極端にSNSばかりやっている自分に気づいたならば、一定期間SNSをお休みしてみたり、投稿する頻度を決めてペースを落としてみたりしてはいかがでしょうか。あるいは自分が投稿するのではなく他の人のSNSを見てあげることに努めてみるのも良いかもしれません。

リーダーや出世を望む

自己顕示欲の強い人は自分がリーダーになることが自分の出世することに強烈な関心を示します。もちろんリーダーになりたいと願うことや出世したいと思う事は間違いではありません。しかしそれが非常に強かったり、他の人から見てうっとうしいくらいにそのことばかりを気にかけているとただの自己顕示欲の強い人として認識されてしまうかもしれません。そのような人が結局人からの信頼を得ることができないので、望んでいるようなリーダー職や姿勢を手に入れることができないかもしれません。

頼まれていないのに口を出したくなる

自己顕示欲の強い人は自分が認められたい気持ちが強いので、頼まれてもいないのに口出しをして余計なお世話をしてしまうことが多くなります。特に男性であれば女性の前でいい格好したくて余計なお世話を連発してしまう可能性があるかもしれません。自己顕示欲を抑えて大事な時だけまたは頼まれたときだけ手助けしたり助言してあげたりするようにすると自分の評価が高まっていくのではないでしょうか。

最新ファッションに敏感


自己顕示欲が強い人は自分のファッションにも強い関心を抱いています。もちろんファッションに関心を抱いて常に清潔感のある服装をすることやおしゃれをする事は良いことです。おそらくは自分を意識しすぎた華美なファッションスタイルをしてしまうが故に自己顕示欲が強い人のレッテルを貼られてしまうのでしょう。それで自分のファッションに対する意識を適度に保ち周りの人から憧れられるようなファッションにしていきたいものです。

髪型がなかなか決まらない

髪型をコロコロとよく変える人は自分に対する関心が高い人と言われています。もちろんこれも悪いことではなく自分を素敵に見せるための努力の一環です。しかしこうした部分にも自己顕示欲の片鱗が顔出している可能性がありますので、よく自己吟味をして自分の傾向を調べてみるようにしましょう。

自己顕示欲を克服する方法

仕事や趣味で結果を出すための行動を増やす

ただただ自己顕示欲が強い人は自分をアピールするだけで実際には大した事していない場合が少なくありません。それで自己顕示欲だけの人にならないために仕事や趣味でしっかりと結果を出すことに集中するのは良いことです。結果が出ている人に対しては周りの人もそれ相応の評価をしてくれるものです。むしろ結果を出しているのにあまり自分をアピールしていないのであれば余計に好感度はドンドンと高まっていくに違いありません。

他人に感謝される行動をする

余計なお節介を抑えて他の人に本当に感謝される行動を心がけることによって自己顕示欲の強さを克服していくことができます。そのような人は自己顕示欲を示す人ではなく他の人への新設を示す人として知られるようになります。自分ではなく他の人のために行動することになって結局は自分の評価が高まっていくことにつながるのです。

SNS依存を辞める

SNS上での振る舞いが災いとなって評判を下げてしまう人も少なくありません。それで自己顕示欲が強すぎてSNS依存になっている人は思い切ってSNSの利用を止めてみるのも良いことです。

まとめ

自分に対する自信はある程度必要なものですが、過度な自信や逆に自信のなさからくる強烈な自己顕示欲は人間関係を壊してしまうことにもつながりかねません。大人として自分アピールは適切なレベルに留めて健全な人間関係を構築していきましょう。