カップル マンネリ

彼氏と喧嘩中の人は必読!別れを回避するための仲直りテクニック

そこまで大きなことにするつもりはなかったのに喧嘩の勢いで結局恋人と別れることになってしまって後悔するといった経験をしたことがある人が少なくないのではないでしょうか。恋人同士は時々大きな喧嘩もするものですが、それがきっかけで別れてしまうような喧嘩にならないようにどうすれば上手に仲直りできるのでしょうか。

彼氏と喧嘩!仲直りテクニックとは?

どちらが悪いかにこだわらず早めに謝罪する

喧嘩両成敗という言葉がある通り多くの場合喧嘩の原因や喧嘩になってしまったプロセスには両方の落ち度が少なからず関係していることが多いのではないでしょうか。それで早い段階で自分の落ち度について認めて謝ることによって必要に喧嘩が激しくなったり長引いたりすることを避けることができます。多くの場合女性側が素直になって謝ると男性の側も冷静さを取り戻して、自分も悪かったと謝罪してくれるでしょう。このような場合に男性がどのような態度を取るかで、自分もその人との付き合いを続けるべきかの大きな参考ポイントとすることができるでしょう。

「許す」のではなく「流す」スキルを身に付ける

深刻な内容の喧嘩もありますが、多くの場合は些細なことがきっかけでしょう。それでささいなことについていちいち許す許さない等の考えを抱くのではなく、さらっと流すことを覚えましょう。人間同士感覚の違いや育ちの違いがありますので、多くのことは流すことによって解決することがほとんどでしょう。些細なことでもどうしても流せない場合はしっかりと話しあうことが必要ですが、人の些細な点をいちいち気にしている人はどちらにせよ長期間にわたって他人と親密な関係を築いていくことが難しくなるでしょう。どんな関係にせよ流すスキルは役に立ちます。

適度な冷却期間を置いてみる

少し時間を置くことによって冷静になれることは少なくありません。そのまま話し続けているとお互いを傷つけるようなことや、怒りのままに別れ話などを決めてしまいそうな気がする場合は思い切ってその場を離れて冷却期間を置いてみるのがお勧めです。相手側にとっても少し時間を置くことは益になるでしょう。もしかすると冷却時間を置くことによって相手側から歩み寄ってくるかもしれません。

積極的にスキンシップを行う

カップル 家事
スキンシップを図ることによってお互いに対する愛情や親切な気持ちを思い出すことも大切です。積極的にスキンシップを行うことによってそもそも喧嘩がそこまで激しくならないように中の良い雰囲気を保つこともできるでしょう。もちろん喧嘩真っ最中で怒りがマックスになっている時はスキンシップをする気分になれないということもあるかもしれません。しかし仲直りをしたいという気持ちになれているなら積極的にスキンシップを図ってみましょう。

仲直りにスキンシップが有効!

スキンシップによって脳内に「幸福ホルモン」が分泌される

カップル

人間の体や脳内では様々なホルモンの働きが気分や気持ちに大きく関係しています。カップルがお互いに親密なスキンシップをとるように心がけるなら、幸福ホルモンがたくさん分泌されて喧嘩もしにくくなりますし喧嘩が始まりそうになった時でも仲直りに役立ちます。またすでに喧嘩が激しくなってしまった場合でも、積極的なスキンシップによって幸福ホルモンを出してお互いの気持ちを和めるようにしましょう。

「幸福ホルモン」には心を穏やかにする効果がある

脳内で分泌される幸福ホルモンには人の心を穏やかにする効果があります。それで普段からこの幸福ホルモンが分泌されるようにスキンシップをとることが大切ですし、特に仲直りをしたい時などは意識的に相手に愛情を伝えるような行動や言葉を選ぶことが大切です。

謝罪と共に愛情が伝わるスキンシップで別れを回避する

カップル 手

基本的に喧嘩を治めて仲直りするためには自分の方から、謙虚に謝るとともに積極的なスキンシップで愛情を感じ取ってもらうことが大切です。女性の方からこうした態度を示すなら彼にとってもかわいい彼女となりお互いの怒りが収まり仲直りできるに違いありません。

別れにつながる喧嘩中の彼女のNG行動7つ

電話攻撃やLINEメッセージを過剰に送る行為

喧嘩中に彼の気持ちをますます自分から遠ざけさせるような電話攻撃やLINEでのメッセージ攻撃をする女子もいます。気持ちが収まらずにこうした行動に出てしまうのかもしれませんが、そうした攻撃の仕方は相手がうんざりしてしまう可能性が高いので、容易に別れにつながってしまうでしょう。最悪のケースとしてはそのまま着信拒否されたりなど徹底的に避けられてしまうということも考えられます。相手の立場にたって考えて、電話はSNSを利用した執拗な攻撃はしないように気を付けましょう。

彼氏の謝罪をスルーする

彼氏のほうも喧嘩の原因や内容はさておき、自分の態度にも誤りがあったことを謝ってくれるかもしれません。こうした態度は男性としても大人としても非常に褒められるべきことです。それにもかかわらずこうした彼氏の謝罪をスルーするような態度を取るなら、彼氏はあなたの人間性まで疑うようになり、別れたいと思うようになってしまうかもしれません。相手の謝罪をむげにスルーするような事はしないように気をつけましょう。謝られてもそれだけではこちらの気持ちが収まらない、あるいは相手の謝罪も形だけのものに思えることもあるでしょう。そのような場合はしっかり話し合うことが大事で、決してスルーをしていいということにはなりません。

一方的に彼氏を責め続ける


少しヒステリックな傾向がある人は一方的に激しく彼氏を責め続けてしまうかもしれません。あるいはヒステリックな雰囲気はなくてもネチネチと相手の嫌味を言い続けてしまう人もいるでしょう。このように一方的に相手をすべ続ける行為はやはり相手からするとうんざりした気持ちになり別れを考えるだけになってしまうかもしれません。ある程度言いたいことを言わなければ気がすまない場合もあるでしょうが、一方的に攻め続けるような態度は避けるようにしましょう。このような場合でもお互いの気持ちを話し合うことが大事なので、一方的に攻め続けてしまうと話し合いにはならないでしょう。

過去の喧嘩の理由を蒸し返す

既に解決されたはずの過去の喧嘩の理由を蒸し返して持ち出すことも以上に危険です。こうしたやり方をするとこの先もずっと過去のことを持ち出されて喧嘩をしたり責められたりするのかもしれないと相手が考えてしまうからです。そのような相手とはこの先も一緒にいたいとは思えないでしょう。自分が逆に過去の落ち度を持ち出されたらどう思うかよく考えてこのような喧嘩の仕方をしないように気をつけましょう。時として以前の喧嘩で原因になったようなことを彼氏が繰り返すということもあるでしょう。そのような場合は以前の話しが持ち出されることもあるかもしれませんが、まったく関係のない過去の話しを持ち出すことはしないように気を付けましょう。

彼氏の周囲の人に喧嘩の原因を言いふらす

喧嘩の原因や内容、さらには彼氏の悪口などを彼氏の周囲の人に言い触らすような行為は絶対にやめましょう。自分の恥をさらされた気がして、男性としては大いにプライド傷つけられるそのような行動とる女性とは別れたいと思ってしまうに違いありません。特に社会人の場合は、仕事に影響が及ぶ可能性もあるので、こうしたタイプの女性とは付き合いたくないと思ってしまう男性が多いかもしれません。

彼氏や家族の人格を否定する


特定の失敗や喧嘩の原因について述べるのはまだしも、一気に彼氏の人格全てを否定したり、さらには彼氏の家族の事までも悪く言ったりするなら少しの喧嘩があっという間に別れにつながるような大きな喧嘩に発展してしまうかもしれません。どんなに怒っていても彼氏や彼氏の家族の人格を丸ごと否定するような言動は慎みましょう。

元彼と比べる発言をする

彼氏と喧嘩をしているときについつい自分の元彼と現在の彼氏を比べるような発言をしてしまう人もいるかもしれません。しかしこのような発言は即別れにつながる可能性もある危険な発言です。

彼氏と喧嘩しないために!日頃から注意すること!

約束を守る

無駄な喧嘩をしないために少なくとも自分の顔はささいなことでも喧嘩の原因を作らないように努力したいものです。そのためにも小さなことでも約束をきちんと守ることが大切です。そのような信頼できる行動を積み重ねるならば相手もそれに応えてくれるようになるからです。お互いに約束をしっかり守るようにするならばカップルとしての信頼度は高くなり、ちょっとしたことで怒ったりしなくなるでしょう。

束縛を激しくしすぎない

男性でも女性でも恋人を束縛してしまう傾向のある人は少なくありません。もちろんそうした束縛を喜ぶ人もいるのですが、多くの場合束縛を激しくしすぎると男性は無駄にしてしまうので不要な喧嘩や別れを招かないために束縛を激しくしすぎないように気をつける必要があるでしょう。ちょっとの束縛と激しい束縛を一緒にしないように気を付けて、適度な距離を作りましょう。

元彼・元カノや異性の友達への嫉妬が生まれないように

きちんと彼氏がいる人は彼氏からの不要な嫉妬を買わないように、周囲の異性との接し方や距離感に気をつける必要もあるでしょう。特に元カレや異性の友達との交際連絡の取り方に関しては充分気をつけましょう。浮気を疑われかねないような言動はもちろん、彼氏が自分が大切にされていないのではないかと考えてしまうような扱いをしないように気をつけたいものです。これは男性の自尊心に大きく関係する部分なので、自信のあるキャパシティーの大きい彼氏でいてほしいならばぜひ女性の側が気を付けるべき点といえるでしょう。

金銭


結婚していないカップルの場合でもお金のことに関して言い合いになったり喧嘩になる事は少なくありません。カップルの間でもお金の貸し借りをする事はかなり慎重になる必要がある事柄です。さらにデートの時の費用をどうするかなども喧嘩のためになりやすいです。男性の顔が基本的に思ってくれる場合でもそれに対する感謝をしっかり表すことによってお金のことが喧嘩の原因ならないようにすることができます。

まとめ

喧嘩を全くしないというカップルもいますが、多くのカップルは遅かれ早かれ、また大なり小なり喧嘩をすることになるでしょう。もちろん本当に深刻な喧嘩もありますし、相手と別れることを考えた方が良いようなケースもあるでしょう。しかしほんのささいなことが原因でせっかくの恋人関係が終わってしまうのは残念なことです。それで普段から喧嘩になった場合どのようにしてその喧嘩を収束させることができるか、少なくとも自分の側はどんな態度をとることによって相手の気持ちをなだめることができるか考えておくことが大切です。