女性 友達

目が笑ってない人の共通点10個!印象を下げないための克服法

自分では気にしてなくても、周囲から目が笑ってないと言われる機会が多い人は要注意です。笑顔は人と接する上で基本的なことですが、目が笑ってないと怖い印象を与えてしまうことがあります。今回は印象を下げない克服も合わせ、目が笑ってない人の特徴を紹介していきます。

目が笑ってないと思われるデメリット

女性 友達

性格が冷たいと思われる

目が笑ってない人は性格が冷たいと思われがちです。目が笑ってない人はサイコパスなどの印象を受けやすく闇の印象を与えてしまいます。

目が笑ってない人を見る人は、笑顔を作っているけど心の中で笑ってないことに気付くものです。もちろんそんなつもりがない人もいますが、それくらい目が笑ってないと性格も冷たいと思われてしまいます。

信頼できない人間と思われる

目が笑ってない人は信頼できないと考える人は多いです。どこかで裏切られてしまうのではないかという先入観もあり、信頼できないと思ってしまいます。

表情は心が現れてくるものなので、自分では意識して無くても深層心理の中に人に対して信頼できない気持ちがあって、それが目に現れていることもあります。

「自分のことを嫌っている」と思われる


目が笑ってない人は自分のことを嫌っていると思うものです。目が笑ってない=作り笑顔でもあり、表情が笑顔でも目で嫌いという気持ちを訴えかけているように感じます。自分が嫌われていると感じると、その人も自然と相反する形で嫌うようになるものです。こうして負の連鎖が始まっていきます。

つまらなそうにしていると思われる

目が笑ってない人は、どこにいてもつまらなさそうな印象を与えます。場合によっては露骨につまらなさそうにしている人よりも、目が笑ってない人の方が負のイメージを与えることもあります。目が笑っていない人に対するイメージには我慢という印象も受けてしまいます。

目が笑ってない人に共通する10の特徴

女性

愛想笑いが苦手

目が笑ってないシーンで多いのが愛想笑いです。上手に笑顔を作ることができる人は目も笑うことができますが、愛想笑いが苦手な人は目が引きつってしまいます。目がひきつることによって目が笑ってないような印象を与えてしまうわけです。いわゆる営業スマイルが苦手という人に多いパターンになります。

人付き合いが苦手

人付き合いが苦手な人は、人と顔を合わせて話すことが苦手なケースが多いです。人と話をするときにニコニコしてないといけないという気持ちが先行してしまい、無理に笑顔を作ろうとして目だけ笑ってないパターンも少なくありません。

逆に人付き合いが得意な人は人と話すことへのプレッシャーがないので自然な笑顔が作れます。普段から人との接点を減らしている人は、気持ちを入れ替えて自分から人と接点を持つようにするとよいでしょう。

本音を口にするのが苦手

女性 不安
本音を口に出して人に伝えることが苦手な人は、自分の気持ちを隠そうとします。隠し事がある人が親しい人と話をするときに挙動不審になってしまうように、本音を伝えることが苦手な人も目が泳いでしまって目が笑ってない印象を与えてしまうことがあります。本音で話すことは自分の気持ちをすっきりさせる上でも大切です。

寡黙

寡黙な人は笑顔が少ないです。笑顔を作ってみると分かりますが、笑顔を作るのも顔の筋肉を使います。寡黙な人ほど笑顔を作るように筋肉が慣れてないので笑おうとすると不自然になってしまいます。表情に気が向いてしまい、目が笑ってない状態になってしまいます。

自分に自信を持てない

自分に自信を持つことができない人も、目が笑ってない人の特徴です。いつも笑顔で目も明るい人というのは自信に満ち溢れて楽しそうな雰囲気を出しています。自分に自信が持てないと伏し目がちになってしまいます。自分に自信を持つことが表情を明るくしていくポイントにもなります。

他人に興味がない

目が笑ってないのは人との関わりが苦手なケースや表情を作ることに慣れてないケースが多いですが、他人に興味がないという理由から目が笑わないケースもあります。サイコパス的な人に多いケースで、他のケースに比べると目が笑ってないことを改善するという意欲もわきにくい特徴があります。

現状を変えるのに恐怖を感じている

現状を変えようと思っていても、変化は怖いものです。現状を変えることに抵抗感を持っている場合、その不安な気持ちが表情に表れることがあります。現状を変えることへの恐怖が表情を曇らせ、無理に笑おうとするときに目だけ笑ってない状態になってしまうわけです。

疲れてしまっている


疲れが蓄積している状態だと、いくら笑っても明るい笑顔にはなりません。顔のパーツの中で疲れがダイレクトに影響してくるのが目です。顔は笑っていても、疲れすぎて目が死んでいるなんてこともあります。リフレッシュして疲れを取り除くことが改善する最善策になります。

話している相手のことが苦手

苦手な相手と話しをするときは、気持ちが張ってしまうものです。話しをしている相手が苦手なシーンも目が笑わないシーンとして多いパターンです。苦手意識を持つことで笑顔を作ろうとしても笑顔が引きつりそうになります。目まで意識が回らず、目が笑わなくなってしまうのです。

イライラしている

人はイライラしていると、我慢していてもどこかでイライラした気持ちが出てくるものです。仕事をしているときに多いパターンですが、理不尽なことを言われても笑顔でいなければならないときなどは目が笑わなくなってしまいます。感情とは別のことをしようとすると目の表情にも影響が出てくるのです。

印象を下げないための克服法

笑顔

ライフスタイルを改善して体調を整える

目が笑ってないことは生活においても仕事においてもマイナス要素しかありません。目が笑わない理由はいくつもありますが、多くに共通して言えるのが疲れや怒りなどの感情が原因になっていることです。

体が疲れてしまっているケースが多く、表情を明るくすることを心がけるよりも、心から笑顔になれるようにライフスタイルを改善していく方が大切です。体調を整えることができれば、おのずと目も笑うようになるはずです。

鏡の前で笑顔を練習する


目が笑ってないと言われてもピンとこない人は多いと思います。どんな風に目が笑ってないのか確かめるためにも鏡の前で笑顔を練習してみるとよいでしょう。

笑顔を作るときに目が不自然になってないか確認をして改善を心がけると、自然な笑顔が作れるようになります。笑顔を作るためには顔の筋肉を使うので、笑顔を作るためのトレーニングという意味でも効果があります。

お笑いのDVDなどで日常的に笑う練習をする

目が笑ってない人は心から笑うことができてない人です。笑う習慣を身に付けることによっても目が笑ってない状態を改善することにつながります。そこでおすすめするのがお笑いのDVDを見ることです。

お笑いのDVDを見て笑うクセをつければ、目も一緒に笑う自然な笑顔が作れるようになります。作り笑顔の頻度を減らしていくという意味でも有効策です。

自分に自信が持てるように自分磨きをする

最高の笑顔を作るためには自分に自信を持つことから始めましょう。もちろん自信過剰になり過ぎるのも目が笑わないことにつながることがあるので気を付けないといけませんが、自信は表情を豊かにしてくれます。

新しい資格を取得する、ファッションに力を入れるなど、何でもいいので自分磨きをする習慣を取り入れていきましょう。

まとめ

笑顔は人と接する時の基本ですが、不自然な笑顔はかえって相手に不快感をもたらします。特に目が笑ってない表情というのは不気味にも映ります。

笑顔を心がけることが大切ですが、自分の表情を確認することも忘れないでください。目が笑ってない人と言われないようにするためにも、日頃から笑顔を作る習慣も取り入れていきましょう。