冷めている人って言われない?冷めてる認定されるポイント13個

冷めている人と言われたことはないでしょうか?「クールな人」と言えばカッコ良く聞こえますけど、リアクションが薄く無表情だと冷淡な性格だと思われてしまう場合があります。冷めている人には、団体行動が苦手なところもあるでしょう。周囲の人から冷めてる認定されるポイントをつかみ、自分の特性を生かして人と接することが大切です。

冷めていると言われるポイント

冷めていると言われるポイントですが、外見的には感情をあまり顔に出さず、無表情なことがあげられます。冷めてる人は個人主義的で、変化を嫌うという特徴があります。行動的には、マイペースな傾向があるようです。一人で行動することが多い場合は、何を考えているのか理解してもらえなくなります。積極的にコミュニケーションを取る努力をしましょう。

表情があまり変わらない

冷めてる人は、感情をあまり顔に出しません。いつも無表情だと、喜怒哀楽がわかりにくくなります。他人に「何を考えているのかわからない」と言われてしまいます。冷めてる人には物事に対して無関心なところがありますし、感情表現が苦手な場合もあるでしょう。黙っていると周りの人に気持ちが伝わりませんから、本音でものを言うことが大切です。

夢中になることがない


冷めてる人は、夢中になることがないと心から楽しめなくなります。仕事にしても恋愛にしても、どこか冷めた自分がいるという自覚はありませんか?冷静に考えることができるために、他人に何かにつけて「冷めてる」と言われてしまいます。趣味でも恋愛でもいいので何か一つ夢中になれるものがあれば、冷めた印象がやわらぎます。

団体行動が苦手

団体行動が苦手な冷めてる人は、一人で行動したがります。みんなで一緒にランチを食べたり、仕事帰りに同僚と飲みに行ったりするのが苦手です。会社が行う忘年会や新年会などは、できれば参加したくないと考えているようです。孤立したくなければ会社の行事には、とりあえず参加しておいたほうが無難でしょう。

他人をあまり信用していない


冷めてる人は、基本的に頼れるのは自分だけと考えており、人を信用しないところがあります。チームワークを必要とされる仕事は苦手で、一人で黙々と作業をこなします。一匹狼的なポジションを好みます。得意分野があるのは良いことですけど、もっと他人を信用して任せることができれば、周りの人に受け入れてもらえるようになるでしょう。

人や物に対して執着心がない

冷めてる人は人や物に対して執着心がないため、ストレスを溜め込むことはなく、人に対する対応がアッサリしています。去る者は追わずで、自分から人が離れていったとしても、それはそれで仕方がないと思っています。周りの人とは、一定の距離を取って付き合っていくでしょう。

人の喜怒哀楽に関する話題に共感できない

冷めてる人は素直な感情表現が苦手なことから、人の喜怒哀楽に関する話題に共感できないことがあります。他人と一緒に喜ぶことや、もらい泣きをするなどということもないでしょう。すべての話題に共感できなくても、たまに怒ったり一緒に笑ったりすることで感情移入できるようになります。

超が付くほどマイペース


冷めてる人は超が付くほどマイペースなので、いつも冷静で取り乱すことなどなさそうです。何が起ころうと焦らず、普段通りの行動を取ります。周囲の人にペースを合わせられないことも、冷めてる人の特徴の一つです。他人の都合を気にすることがないことから、振り回されることもないでしょう。

他人は他人だと割り切っている

冷めてる人は、「人は人、自分は自分」と割り切っています。自分と他人を比較することがないため卑屈になることがなく、他人をうらやましいと思うこともありません。この考え方は、他人に興味がないことや理性的にものを考えることも関係しています。他人をうらやましがったところで得るものがないことをわかっているからでしょう。

合理主義


冷めてる人は、考え方が合理的です。割り切った考え方をしますし、やることに無駄がありません。最初に頭の中で物事を組み立てて考えてから、最短の時間で結果が出るように努力しています。頭の中にプログラムが出来上がっています。自分の気持ちや他人の感情よりも理性を優先させますから、効率良く物事を進めることができるでしょう。

世間を斜めに見てしまっている

冷めてる人には、世間を斜めに見てしまっているようなところがあります。自分は、他人とは違った視点で世の中を見ていると思っています。そのような見方が、他人からすると素直さが足りないように思われることもあるでしょう。

過去にトラウマをもっている


なぜそのような冷めた性格になったのか、理由がありそうです。子供の頃から、性格が冷めていたわけではないでしょう。過去にトラウマをもっていて、そこから性格が冷めてしまったことが予想されます。

両親の愛を知らない

両親に可愛がられて育った子供は、愛情深くなります。冷めてる人は両親の愛を知らないから、冷めた性格になったのかもしれません。両親に会ってみないとわかりませんけど、子供の性格に親が大きく影響していることがあります。子供は親の遺伝子を受け継ぎますし、一緒に暮らしているうちに親と性格や考え方が似てくることもあるでしょう。

変化を嫌う

冷めてる人は、変化を嫌う傾向があります。マイペースに物事を進めたがります。周りの人に合わせることができないことから、集団行動があまり好きではないかもしれません。他人に自分を合わせるつもりはなく、根っからの個人主義です。他人から影響を受けたり、干渉されるようなことは好みではないでしょう。

冷めている性格を改善する方法

女性 ハート
冷めている性格を改善するには、他人の立場に立って物事を考えることでしょう。自分のことだけ考えているうちは、冷めた性格のままです。他人に興味を持てない場合は、趣味やスポーツでもいいので何か夢中になれるものを見つけることで、冷めた状態から抜け出すことができるかもしれません。

他人のために動いてみる

冷めてる人は、自己愛が強い傾向があります。自分を守ることが、他人に冷たく対応することにつながっているのかもしれません。人からバカにされたり、否定されることを避けようとすると、冷めた態度になってしまうようです。他人のために動いてみると、自分の中の温かい部分に気づける可能性があります。

夢中になれる趣味を探す

何か夢中になれる趣味があれば、そこから性格が変わることがあります。いくら冷めてる人でも、すべてに興味がないなどということはなく、比較的興味が持てるものはあるはずです。趣味の世界は奥が深いですから、一度ハマると抜けられなくなります。冷めてる人も、けして例外ではないでしょう。

体を動かしてみる


夢中になれるものとして、スポーツなどもハマり出すと止まらなくなります。フィットネスジムで、体を動かしてみるのも良いでしょう。最初は興味を持てないと思ったとしても、続けているうちに体を動かすことが習慣になります。

何でも話せる友達を見つける

冷めてる人は自分と正反対の友達ができると、影響を受けるのではないでしょうか。似た者同士で、クールな人と共感できることもありそうです。どちらにしても、何でも話せる友達を見つけることで、自分とは違った意見を聞くことができます。

恋愛をしてみる


恋をすると、脳にアドレナリンがたくさん分泌されます。人が恋愛に夢中になるのは、この脳内物質のせいです。冷めた人は好きな人ができることで、性格が変わる場合があります。恋愛をしてみるのも、自分が変わるきっかけとなる良い方法です。

まとめ

冷めてる人には、マイペースだったり合理主義などの特徴があります。仕事の面ではその冷静な性格を活かし、功績を挙げることができるでしょう。団体行動が苦手な場合は、人間関係で苦労することが多いかもしれません。自分の性質を知ってプラスに利用することで、良い方向へと変えていってください。