左利きの人の特徴10個!左利きの男性と恋愛するときのポイントも紹介

日本において左利きの人は少数の割合です。中には左利きの男性に憧れを持っている女性もいますが、少数派ということで右利きの男性にはない特徴もあります。ここでは左利きの人の特徴や左利きの男性と恋愛する時のポイントなども紹介していきたいと思います。

左利きの人の10個の特徴

左利き

直感で動く

左利きの人の特徴としてあるのが直感で動けることです。パッと思ったときに、その方向に迷いもなく進むことができます。直感で考えることができるので、自分のことをストレートに表現することも上手です。心理的にも回りくどいことを嫌い、ストレートに接してくれる人に心を開きやすい特徴があります。

頭の回転が速い

左利きの人は右利きの人に比べると右脳を使う頻度が多い特徴があります。左脳も使うため、頭の回転が速くなると言われます。仕事においては周囲から熱い支持を得ることや複数のことを一回でこなすことができる器用さも兼ね揃えているのが特徴です。頭の回転が速いゆえに、人がする前に自分でしてしまい敵を作るケースもあります。

天才肌


左利きの人は天才肌の人が多いと言われています。右脳を多く使うことが理由としてあり、要領などに関係してくる感性も左脳を使って磨くことができます。左利きは才能にあふれる人が多く天才と言われるのも、右脳を使うことが理由です。また、生活の中には右利きの人に作られたものが多く左利きの人は不便さを感じることもあります。その中で自分がしやすいように変えていくことができるのも天才と言われる所以です。

物事を理解するのに時間がかかることがある

左利きの人は天才で直感的な行動に優れる性質がありますが、一方で説明されたことを解釈することや理解することは苦手です。たとえば、テストではテストで出題されている内容が理解できないことや意図をくみ取ることができないこともあります。理解するまでに時間がかかるのは左利きの特徴です。

応用力が高い

物事を理解する能力に乏しい一方で、持ち前の器用さで応用させていく能力があります。応用力の高さは左利きとして生きていく中で不便さを感じたときに、自分のしやすいように変えていく力も応用力につながっています。理解するのが遅くても成果を上げることができるのも左利きが持つ特徴の一つです。

性格が明るい

左利きの人は性格が明るい特徴があります。持ち前の明るさで自然と人が寄ってくるので、友達にも恵まれています。ただし、普段はポジティブな性格でも知らない間に抱えたストレスが原因でネガティブな思考に変わってしまうこともあります。人によっては精神が不安定なケースもあります。心から安定して明るいというよりは我慢した明るさも多く感情の起伏も大きいのが特徴です。

甘えん坊

左利きの人は甘えん坊が多いのも特徴です。直感的に動くということは、理性的に動くよりも感性で動くことに向いていることでもあります。自分をストレートに表現する人が多く、甘えたいときは素直に甘えることができるので、それが甘えん坊と取られやすいのです。

感情的な性格

左利きの人は直感で動く性質があるゆえに、感情的な性格が多いのも特徴です。普段は温厚なのに自分の思い通りにならないことがあると感情的になることがあります。ただし、感情的になったことに対しては後から申し訳ないという気持ちを持つので、まったく人に対して配慮がないというわけではありません。直観力に優れているがための感情的な性格とも言えるでしょう。

短気な部分がある

左利きの人に感情的な人が多いということにつながってきます。短気であることに自覚を持っている人も多く、短気な性格を改善したいと考えています。短気ということに自覚があるのは救いですが、感情的になってしまうとしばらくはピリピリしたままの状態が続きます。感情の起伏が激しいので理解してくれる人ではないと付き合うことが難しいでしょう。

リーダー気質

左利きの人はリーダー基質です。これは直感的な行動ができることに関係があります。リーダーの素質がある人は人をまとめることが上手いのはもちろんですが、それ以上に直観力で周囲の人を魅了することができるかどうかです。左利きの人には、リーダーになる要素の直観力に優れているので周りにも人が集まってきます。リーダーとして人を統率する能力はありますが、はっきりした性格から敵も作りやすい特徴もあります。

左利き男性の性格の傾向

結論から話したがる

左利きの男性は直感で生きているところが魅力ですが、直感が通用しない場面になると途端に回りくどく話しをする人に変わることがあります。特に多いのが結論から話したがるケースです。結論を言ってスパッと終わればいいのですが、そこからの説明がやたら長いのも特徴になっています。

友達が少ない

左利きの人は明るくても友達が少ない特徴があります。これは人とは違うというマイノリティを左利きという理由で感じることが多いことも関係しています。人と違うということを考えているうちに、自然と分かり合えないという先入観を持ってしまいがちです。浅い付き合いの友達は多くても深い付き合いの友達は多くありません。

考えなしで動く事が多い

左利きの男性は考えなしで行動することが多いのも特徴です。これも左利きの男性が直感で動きやすいということが前提になっているわけですが、直感的な行動で人を傷つけることも少なくありません。考えなしで動いて失敗することは多くても後には引かない性格なので、同じことを繰り返してしまいがちです。考えなしで動くことに対して、自分では特に悪いことと思ってない男性も少なくありません。

左利きの男性と恋愛するポイント

右側に座って手がぶつかるきっかけを作る

左利きの男性は天才と言われていますが、思考的な天才ではなく感性の天性です。そのため、打算が少なく恋にも直感的に落ちやすい特徴があります。そこで左利きの男性と距離を詰める方法としておすすめするのが、右側に座って男性の右手と左手をぶつけるきっかけを作ることです。意外とピュアな左利き男性が多いので、それが異性として意識してもらうきっかけにもなります。

2回目以降はその人の左側に座らない

左利きの人の左側にはなるべく座らないようにしましょう。利き手側が当たってしまうことが多く、相手に気を使わせてしまうことになります。左手がぶつかるきっかけは一回目だけにして、それ以降は左利きの人の右側に座るようにすると、相手も気を使ってくれていると感じてくれて居心地がいいはずですよ。

レストランなどでスープをよそってあげる

食事
バイキング系のレストランに行くと、お鍋の料理をすくう時に使うアイテムはオタマを使うことが多く、左側がとがっているのが特徴です。左利きの人は使いにくく、レストランに行って人知れず苦労していることも少なくありません。そのため、レストランに行っているときはスープをよそってあげるとよいでしょう。

お箸は左側が上になるように置いてあげる

左利きの人は、自分が左利きであることを分かってくれていて、その上で気遣いが見えると感動します。気遣いができる女性は好きなので、異性として意識するきっかけになるかもしれません。気遣いの例としてあるのが、お箸が左側になるように置いてあげることです。これだけで気を使ってくれていると感じて女性として見てもらえるきっかけになるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?左利きの人は天才肌と言われていますが、実際にはストレートな性格による直観的な行動が周囲の人を魅了しています。もちろん右脳をたくさん使っているので、右利きの人とは違う思考回路です。左利きの男性は人懐っこい人も多いですが、疑心暗鬼な部分もあり、なかなか人に心を開こうとしません。心を開いてもらうためにも自分から歩み寄ってアクションを起こすことが大事です。