【男女別】目を見て話す理由は?脈アリの可能性も判定します

「目は口ほどにものを言い」と言われるように、目には気持ちが出やすいものです。異性が目を見て話す理由には、脈アリの場合と脈ナシの場合があります。脈アリなのか脈ナシなのか、相手の目を見て判定をくだすことができます。

男性が異性の目を見て話すときの心理

イケメン 男性
男性が異性の目を見て話すときは、よほど気になっているか、まったく気にならないかのどちらかです。気になっている場合は、好きな人を自然に目が追ってしまっている場合です。頻繁に目が合うようなら、それだけ男性が女性のことを気にしているということでしょう。しかし、男性が女性を意識していない場合も、しっかり相手の目を見て話すことができます。目を見て話すからといって脈アリと限らない場合があります。

礼儀として向かい合っている

男性の中には、「会話するときは、相手の目を見て話すのが礼儀」と思っている人がいます。このような考えを持つ人にとって、相手の目を見ずに話すことはマナー違反になります。男性がじっと目を見て話してくる場合でも、話す内容がビジネス関連か固い内容の話ばかりだとしたら、脈ナシの可能性があるでしょう。

相手の理解度に合わせて会話を展開している


目を見ると、相手の理解度がわかると言われます。話を理解している場合、相手はまっすぐ見返してくるでしょう。理解が浅いと、目に不安な気持ちが出ています。男性は、女性の目を見ながら相手の理解度に合わせて会話を展開しているのでしょう。

異性として魅力的だと思っている

異性として魅力的だと思っている場合、男性の視線は女性にクギづけになります。その際には目を見るだけでなく、男性は女性の全身をチェックしているはずです。道ですれ違ったときに、より女性の全身を見るのは男性のほうです。女性はそこまで異性を見つめることはありません。「この人は、どこを見ているのだろう!?」などと不審に思わずに、異性として魅力的だと思われているわけですから大目に見てあげてください。

信頼して心を許している

男性 ハート

女性を信頼して心を許している場合も、男性は目を見つめています。男性が優しそうなまなざしで女性のことを見つめているときは、リラックスしている状態だと思いましょう。緊張しているときに男性は、そこまで女性を見つめることはありません。心が安定しているときには、気持ちの余裕が目に感じられます。

真剣な気持ちで話している


男性が真剣な気持ちで話している場合、目に真剣さが出ています。真面目な男性ほど、一生懸命に会話をする傾向があります。男性が強い視線を送ってくるときは、それだけ訴えたいことがあるときです。男性の目に真剣さが感じられる場合は、女性のほうも真剣な気持ちで答えてください。

対象相手を肯定してあげたいと思っている

対象相手を肯定してあげたいと思っている場合、男性は相槌を打ちながら女性の話を聞くでしょう。この場合、話しかけているのは女性のほうです。女性の話を理解しようと思っていれば、男性は真面目に話を聞いてくれます。男性の目からも、真面目に話しを聞いている雰囲気が感じ取れるでしょう。

目を見て話す男性が脈アリの可能性

多くの男性は、興味のない女性と何時間も見つめ合うような忍耐力を持ち合わせていないものです。相手の男性が目を見て、何時間も熱心に語りかけてくるとすれば、脈アリの可能性大です。ただし、目を合わせてくる男性の中には、恋愛対象でないから気軽に女性と見つめ合える場合があります。脈があるかないかは、男性の性格にもよるでしょう。

目を合わせてくれる男性は脈アリの可能性が高くない

目を合わせてくれる男性でも、脈アリの可能性が高くない場合があります。シャイな男性の場合、女性を見るとドキドキすることから目を見つめることができなくなります。それとは逆で、普通に見つめることができるということは恋愛感情がないからでしょう。

じっと見つめてくる人ほど脈アリ度が上がる

熱っぽい目で女性を見つめてくる男性がいるとしたら、その男性は女性に恋をしている可能性があります。ポイントになるのは、熱っぽい目です。恋愛感情がある場合は、なんとなく目も潤んでいます。じっと見つめてくる人ほど脈アリ度は上がります。

目線を合わせたときに逸らされるなら脈アリ度が上がる


本当に相手に気持ちがあれば、ドキドキと緊張している気持ちを相手に知られまいとして、目を逸らすことがあります。男性は、嫌いな相手の場合に目を合わせないことがありますけど、その場合はまったく合わせようとしないものです。それまで見ていたのに目線を合わせたときに逸らされるなら、脈アリと思って良いでしょう。

女性が異性の目を見て話すときの心理

女性が異性の目を見て話すときの心理としては、じっと見つめる以外に目の輝きなども参考にしてください。恋をしている女性の目は瞳孔が開き、キラキラしているものです。男性をキラキラした目で笑顔で話しかけている女性がいたら、脈アリと思って良いでしょう。

社会人としての礼儀として目を見ている

多くの女性は、「きちんと目を見て話すのは、社会人として当然のマナー」だと考えています。真面目な女性ほど異性の目をしっかり見て会話をします。目を見つめられたからといっても、真面目な女性の場合は脈アリと限らないようです。相手の女性の性格なども、関係しています。

真剣に話を聞いていることをアピールしたい

女性がしっかり目を見て会話をするのは、真剣に話を聞いていることをアピールしたいからです。男性は女性にじっと目を見つめられると、「自分に気があるのでは!?」と考えるようですが、女性によっては真剣に話を聞いているだけの場合があります。

好意的な感情がある

女性 ハート
女性に好意的な感情がある場合、まともに男性の目を見ることができないようです。女性に恥ずかしいという気持ちがある場合は、男性に見つめられると目を逸らせてしまいます。それまでじっと見つめていたのに、男性が見つめ返した場合です。頬を赤らめてうつむいてしまうようなことがあれば、脈アリと考えて間違いありません。

自分の気持ちに気付いてほしい

女性は、「自分の気持ちに気付いてほしい」と思うとき、じっと男性を見つめる場合があります。女性にじっと見つめられたら、「何か言いたいことでもあるの!?」と聞いてみてください。女性の気持ちを話してもらえる可能性があります。女性は聞かれもしないのに自分の気持ちを打ち明けることはありませんから、男性がきっかけを与えればそこが気持ちを確認するタイミングとなります。

自分に自信がある


自分に自信がある女性は、視線にその自信が出ています。自信のない女性は、視線にもオドオドとした感じが出ているものです。自信のある女性は、男性に見つめられたら見つめ返してきます。精神的に強くてあらゆることに動じない女性もいますから、このような女性の好意はわかりにくいかもしれません。

相手の感情の変化を読み取ろうとしている

女性は男性よりも観察が細かく、目から相手の感情の変化を読み取ろうとします。目からだけ読み取るわけではありませんけど、男性の表情の変化に敏感です。喜びの表情や悲しみの表情などを見分けますから、「何か楽しいことあった?」とか「落ち込んでるようだけど?」といった言葉をかけてくるでしょう。

目を見て話す女性が脈アリの可能性

目を見て話す女性が脈アリの可能性は、瞳がキラキラしていたら恋をしている証拠です。さらに、視線が合ったときに逸らす場合は、脈アリの可能性が上がります。女性の口角も見てください。口元が笑っていたら、好きな人に会えたうれしさが自然にこぼれているのかもしれません。

目を合わせてくれる女性は脈アリの可能性が高い


目を合わせてくれる女性は、脈アリの可能性が高めです。ただ、シリアスな場面だと女性は、相手の男性のことをじっと見つめますから、状況しだいで変わってきます。大勢でいるときと二人切りになったときでも、表情に違いがあるでしょう。大勢の前だと、好意を示しにくいことが考えられます。二人切りになったときの女性の様子で判断しましょう。

視線が合うと逸らすなら脈アリの可能性が上がる

女性は、気になる男性のことをいつも視線で追っています。見つめられると、恥ずかしくなって目を逸らすことがあります。視線が合ったときに逸らすようなら、脈アリの可能性が上がります。

口角が上がっているなら脈アリの可能性は上がる


女性は好きな人に会えた喜びを顔中で表現します。見つめると同時に口角が上がっているなら、脈アリの可能性は上がります。ただし、口角が上がっている女性と下っている女性がいますから、普段の女性の口角の状態を確認する必要があるでしょう。普段無表情な女性の口角が特定の男性といるときに上がるようなことがあれば、脈アリと判定できます。

まとめ

男性と女性とで、脈アリかどうかには多少違いがあります。じっと見つめられたからといって、必ずしも脈アリとは限らないようです。相手のことが好きすぎると、見つめるのが恥ずかしくなってしまうことがあります。脈アリのサインは必ずどこかに出ていますから、見逃さないようにしましょう。