バストアップマッサージで育乳!効果とマッサージ方法まとめ

バストの悩みを抱えている方は多いでしょう。そういう方はバストマッサージをすることをおすすめします。それによって育乳ができるのです。こちらではバストマッサージの効果とマッサージの方法について教えましょう。

バストが小さく形が崩れる原因


バストが小さいと形も崩れてしまいます。そのため、バストをもっと大きくしたいと考えている方が多いのです。それではどうしてバストが小さくて形が崩れてしまうということが起きるのでしょうか。バストが小さくなってしまう原因について教えましょう。

乳房内に脂肪を溜められない

バストというのは結局は脂肪のことです。肌の中に脂肪が蓄えられて、その結果として大きな乳房が実現するのです。したがって、バストの小さい方というのは乳房の中にあまり脂肪が蓄えられていないということになります。脂肪を溜めることができないために、バストが全然大きくならないのです。たとえばダイエットをしているとバストまで小さくなってしまうでしょう。

女性ホルモンの分泌量の減少

バストが大きいのは女性の特徴でしょう。したがって、女性ホルモンがたくさん分泌されていれば、自然とバストは大きくなっていくものなのです。女性ホルモンの分泌によって、乳房内に脂肪が溜まっていくようになります。しかし、女性ホルモンの分泌量が減少している方というのは、バストに脂肪がたまらなくなってしまい、その結果としてバストが小さくなってしまうのです。

クーパー靭帯の緩み


バストにはクーパー靭帯というものがあります。これは乳房を維持するための結合組織のことです。こちらが機能しているためにバストはその形を保つことができます。しかし、老化などさまざまな原因からクーパー靭帯が緩んでしまうことがあるのです。この組織が緩んでしまうとバストの形が崩れてしまうことがあります。

バストアップマッサージの効果がある理由

バストアップマッサージをすると実際に効果があったという方はたくさんいます。それではどうしてバストアップマッサージに効果が期待できるのでしょうか。その理由について説明しましょう。

バストを正しい位置に戻す

マッサージをすることによって、バストを正しい位置に戻し、バストをきれいに見せられるようになります。バストには本来あるべき正しい位置というのが存在するのです。そこからずれてしまうと、バストの形が崩れ、見た目がきれいでなくなってしまいます。

リンパや血液の流れをよくしてバストに栄養を送る


バストアップマッサージの目的としては、血液やリンパの流れを良くするというものがあります。バストを大きくするためには栄養が必要不可欠なので、マッサージによってしっかりとバストに栄養が運ばれていくようになり、バストアップ効果が期待できるのです。

女性ホルモンの分泌を活性化

バストアップマッサージには女性ホルモンの分泌を活性化させるという効果も期待できます。女性ホルモンが出ていないとバストは成長しないので、バストの小さい方は女性ホルモンが不足している可能性が高いでしょう。

初心者向けバストアップマッサージ

バストアップマッサージをこれから初めて行うという方のためにマッサージの方法を具体的に紹介しましょう。さまざまな方法が存在しています。

基本のバストアップマッサージ

バストアップマッサージではリンパの流れを良くすることが大切です。そうすることによって老廃物をたまらなくして、しっかりとバストに栄養が届くようになります。そのために二の腕やワキ、デコルテといった部分を順番にマッサージしていきましょう。

また、肩甲骨からワキ、デコルテもしっかりとマッサージを行うべきです。直接胸をマッサージする際には親指の腹を用いて、痛くない程度にマッサージをしましょう。

ふんわり谷間を作るバストアップマッサージ

ふんわりとした谷間に憧れている方は多いでしょう。こちらの方法では拳1個分ずつ少しずつ圧を加えていきながらマッサージしていきます。鎖骨の下からみぞおちのあたりまでしっかりとマッサージをしていってください。胸の上を押してしまうと形が崩れてしまう原因となってしまうため気をつけましょう。下から押し上げるというイメージでマッサージをします。

首から鎖骨から行うバストアップマッサージ


こちらのマッサージのポイントはリンパの流れを整えて、筋肉のコリを取り除き、さらに筋力を鍛えるというものです。マッサージは首から鎖骨にかけて優しく丁寧に行っていきましょう。

また、クリームやオイルなどをしっかりと使ってください。リンパの流れを整えていることをイメージしてマッサージしてください。

ナイトブラを付けて行うバストアップマッサージ


こちらはお風呂場で簡単にできるマッサージ方法となっています。シャワーはバストの下から上に向けてあてていくようにしてください。マッサージは石鹸やボディソープを使用しましょう。胸の下のラインを意識して、下から上に向かってマッサージしていってください。脇の下にはリンパ節があるため、こちらもマッサージをしましょう。

リンパの流れをよくするバストアップマッサージ

バストアップのためにはとにかくリンパの流れを良くすることが重要となります。そのためのマッサージ方法について解説しましょう。

基本的なリンパマッサージ

まず谷間に指を当てて上下に動かしていきましょう。次にバストをすくい上げていき、脇の下へとリンパを流していくというイメージでマッサージしていきましょう。最後に脇の上から脇の下へとリンパを流していきます。

このようにすれば美しいデコルテを実現できて、バストの形も良くなるかも。丁寧にリンパを流していくのがポイントとなります。

ワキの下のリンパを流すポーズ


脇の下からリンパを流すことは大切です。そのためにこちらのポーズを参考にしましょう。

まず立て膝になって、肩の下に両手を置いてください。そして、両手を前方へやりましょう。手の先からお尻までが一直線になるように伸ばしてください。そして右手を元の場所に戻して左手の先からお尻までを伸ばしましょう。反対側も同じようにしてください。このような簡単な方法でリンパを流すことができるのです。

デトックス効果の高いワキの下のリンパマッサージ

脇の下でリンパマッサージをするとデトックス効果を期待することができます。

まず肩の運動をしましょう。次にオイルを用いて脇の肉を前の方へ持っていくようにしましょう。二の腕からもワキに向かってリンパを流すようにしましょう。胸の方からもワキに向かってリンパを流します。大胸筋を前の方へ持っていくようにしましょう。

このようなマッサージによってリンパを流せるのです。

リンパをしっかりと流す鎖骨リンパマッサージ

こちらは指で行うマッサージです。鎖骨を1箇所につき5回ほどマッサージしましょう。このように簡単な方法によって鎖骨リンパマッサージを行えます。

女性ホルモンの分泌量を増やすツボ押しマッサージ

女性ホルモンを分泌させることは大切です。そうすることによって、バストアップ効果が期待できます。そのためのツボ押しマッサージを紹介しましょう。

身柱のツボ:女性ホルモンの分泌を活性化

身柱というは脊椎の一番盛り上がっている部分から三番目の骨のすぐ下に位置しています。中指によってぐりぐりともみほぐしていきましょう。

こちらを刺激することによって、女性ホルモンの分泌がどんどん活性化されていくのです。また、ストレスを改善させることにも効果を発揮できるでしょう。

中府のツボ:リンパの流れを改善

こちらは鎖骨の外側から指1本分下のところに存在しているツボです。ツボを押す際には3秒から5秒かけてゆっくりと押していきましょう。そしてゆっくりと力を抜いていってください。これを3回から5回ほど繰り返していきましょう。そうすればリンパの流れを改善させることができるでしょう。

また、あまり力を入れすぎないようにしてください。痛気持ちいいという程度に刺激をするべきです。押すときには息を吐くようにして、力を抜くときには息を吸い込むようにしましょう。親指以外の4本の指で八の字を描くようにしてマッサージしていきます。

天溪のツボ:バストラインを整える


こちらは乳首と同じ高さにあり、脇側にあるバストとボディの境目の輪郭部分に、左右にそれぞれ1つずつ存在しています。こちらを押すと痛みを感じるため注意して刺激をしましょう。

押す際には親指によって乳房を持ち上げて、ツボを押していきましょう。押してから力を抜きます。強く押しすぎないようにしてゆっくりと押してください。指を押すときには息を吐いて、抜くときには息を吸うようにしましょう。

渕腋のツボ:バストのハリを高める


こちらは乳首の約10センチ外側にあり、脇の下の部分の左右両側に1つずつ位置しています。親指によってこちらのツボを刺激していきます。3秒ほど押してから力を抜くのを3回から5回ほど繰り返してください。力を入れすぎないようにして、痛気持ちいい程度にしておきましょう。

こちらはお風呂に入っているときなど、血流が良いときにツボを押しましょう。食後や飲酒後、体調の悪い時、発熱時などにはツボ押しをするのをやめましょう。こちらを押すことによって、バストのハリを高めることができて、バストアップや肌の調子を整えるという効能も期待できます。

乳根のツボ:バストアップ


こちらは乳頭から指2本分ほど真下に位置しており、第5肋骨間にあるツボです。こちらはツボを指で3秒ほど押して、ゆっくりと離すというのを数回ほど繰り返してください。そうすることによってバストアップのためのホルモンを分泌やリンパの流れを促すことができます。

バストアップマッサージの効果を高めるポイント

バストアップマッサージはただ漠然とやっているだけではいけません。効果を高めるためにはさまざまなポイントがあるのです。意識するべきコツについて教えましょう。

お風呂上がりや半身浴中に行う


バストアップマッサージを行うと良いとされているタイミングはお風呂上がりや半身浴をしているときです。このようなときは、血の巡りが良くなり、細胞も柔らかくなっています。そのため、マッサージの効果がより大きくなるのです。

マッサージ用のオイル・クリームを使う

バストアップマッサージは直接行うべきではありません。それでは力が強すぎてクーパー靭帯を伸ばしてしまう可能性があるからです。これではかえってバストの形が悪くなってしまいかねないので、マッサージ用のオイルやクリームを使うことをおすすめします。そうすることによって、無駄な刺激を与えないで済むのです。

マッサージをする手の平は温める

マッサージ
マッサージをする際には手のひらをしっかりと温めるようにしてください。冷たい手でマッサージをすると血行を悪くしてしまったり、マッサージの効果が半減してしまう可能性があるので、直接バストに触れる手のひらはしっかりと温めておいてください。

普段から自分に合ったブラジャーを身に付ける

ブラジャーは自分に合ったものをつけることが大切です。もしサイズが合っていないと、バストが強く締めつけられてしまったり、あるいはたるんでしまいます。それではバストを小さくしてしまう可能性があるのです。自分に合ったプラジャーをつけるのが、バストの健康への第一歩です。

まとめ

育乳をしてみたいと考えている方は多いでしょう。そういう方はバストアップマッサージをしてください。それによって大きな育乳効果を期待できるでしょう。

こちらで紹介したいろいろなマッサージ方法を試してみましょう。自分に合った方法でバストアップを目指してください。