O脚改善ストレッチで美脚を手に入れる!おすすめストレッチ紹介

O脚に関して悩んでいる方は多いでしょう。そのような方のために、O脚を改善させるストレッチを紹介します。おすすめのストレッチを教えるので、美脚を手に入れるための役に立ててください。

O脚の原因を知ろう~こんな人は要注意~

O脚にはさまざまな原因が関わっています。どのような方がO脚になりやすいのか、要注意の人物の特徴について教えましょう。

靴のかかとの外側が特に減る


O脚の方というのは自然と外側の筋肉ばかり使っています。そのため、それが靴のすり減り方にも影響してしまうのです。もし靴のかかとの外側の部分ばかりが特に減っているのであれば、このような方はO脚である可能性が高いでしょう。重心の移動が外側に偏っているため、靴の外側がどんどん減っていってしまいます。自分がO脚の可能性があると思うならば、靴の裏をチェックしてみましょう。

無意識に足を組む癖がある

無意識のうちに足を組んでしまうという方がいますが、このような方はO脚となっている可能性があるため気を付けましょう。足を組むということは、体が歪んでしまっている証拠といえるのです。足を組んだ状態が長く続いてしまうと、それがどんどん体を歪めてしまうのです。足を組むというのは非対称性のある状態となっています。その状態が続いてしまうとそれが悪循環となってしまうでしょう。すでに骨盤が歪んでいる方というのは自然と足を組みたがることが多いです。気が付くと足を組んでいるという方は注意しましょう。

猫背になりやすい

O脚の方というのは骨盤が歪んでいることが多いです。体のバランスが悪くなってしまっています。筋肉のバランスも崩れています。こういう方というのは猫背になりやすいでしょう。そのため、現在猫背に悩まされている方というのは、O脚になっている可能性もあるのです。O脚の方は猫背になりやすいため気を付けましょう。正しい姿勢を保つことができなくなっているのです。

日本人の中には猫背になっている方が非常に多いです。世界的に見ても日本人特有の症状となっています。そして、猫背の方は同時にO脚になっていることも多いです。周りの人に聞いてみれば、自分が猫背になっているかどうか分かるでしょう。

O脚改善に効くストレッチ

O脚の改善に取り組みたいならば、それに効果的なストレッチがあります。こちらではストレッチの仕方について教えましょう。

ぺたんこ座りストレッチ


こちらのストレッチはまず肩幅くらいの広さで膝立ちをしてください。つま先は外側へ向けるようにしましょう。そして膝の下の部分にある骨をつかむようにしてお尻を下げていきましょう。膝は曲げないようにしながらお尻を下げていくのがポイントとなっています。このときに手は床方向へと押していくようにしましょう。こちらのストレッチを10秒で1回行うようにしてそれを5セット繰り返しましょう。それを毎日繰り返していくのです。ゆっくりとストレッチをしていくことが大切です。筋肉や股関節を意識しましょう。

寝転び足組みストレッチ


まず寝転んでください。上の足を前に出して、下の足を伸ばしましょう。そして、下の内ももを触るようにして、下の足を上げていってください。上でお尻の筋肉を用いて止めることを意識しましょう。こちらのストレッチは足を下ろさずにずっと空中に浮かべたままで20回行いましょう。これを逆の足についても行いましょう。

こちらは太ももの内側の筋肉を使うことを意識することが大切です。そうすることによって、O脚の方が衰えてしまっている筋肉を鍛えることができるのです。こちらのストレッチによって内ももを引き締めることもできます。O脚の改善だけではなくて美脚を目指している方にもおすすめのストレッチとなっています。

筋肉を緩めるストレッチ


O脚の方というのは外側の筋肉ばかりが張っている状態となっています。その部分ばかりがふくらんでいってしまいます。外側に重心がいってしまい、固くなってしまうのです。それに本人が気が付いていないというケースが多いです。これを緩めることは大切です。そのためのストレッチです。

まず片方の足をあぐらをかくようにして横にもっていきましょう。そして反対の足はそれに重なるようにして逆のほうへもっていくようにしましょう。この状態で重心を前のほうへやっていきましょう。このストレッチでは体の重心を移動させていくことによって、いろいろな筋肉を伸ばすことができるのです。気持ちの良い程度に体を動かしていきましょう。足の上下を逆にして再び同じようにストレッチをしましょう。体を倒したり斜めにしてみたりしましょう。

少し筋肉が痛いと感じる程度がちょうどよいでしょう。これによって、張ってしまった筋肉を伸ばしていく感覚がわかるでしょう。ゆっくりと時間をかけてこちらのストレッチをしてください。

内ももとお尻を鍛えるストレッチ


O脚の改善には内ももとお尻を鍛えることが大切です。こちらのストレッチではまずつま先を九十度に向けましょう。そして、膝をくっつけて背筋を伸ばして胸を張った状態で下までいって、そこから上がりましょう。次はつま先をハの字にして同じように体を下ろして上げてを繰り返していきましょう。それほど深くやる必要はありません。しっかりと膝を合わせることを意識することが大切です。

O脚を真っ直ぐにするストレッチ


こちらのストレッチではまず息を吸いながら太ももを持ち上げて、吐きながら足を後ろに伸ばしていきましょう。このときには体を支えている側の足の膝が外側に向かうようにしましょう。また、体重は股関節の内側にかかっていることを意識しましょう。こちらのストレッチは反対の足でも行いましょう。こちらを毎日繰り返しましょう。これによってO脚をまっすぐにしていくことができるのです。

寝ながらできる外スネストレッチ


こちらのストレッチではスネの外側を鍛えていくことができます。寝転がった状態で足を空中へ伸ばして親指を下にすることを意識しながらスネを動かしていきましょう。手で膝の裏をもって、太もも方向へ強く圧迫しましょう。動画を確認して正しいフォームをチェックしてください。正しいフォームでストレッチをしないと意味がないのです。こちらは寝ながらできるため、たとえば寝る前に行うとよいでしょう。痛みを感じることがあるのですが、それは効き目のある証拠です。

ストレッチをするときに意識したいこと

O脚のためのストレッチをする際には意識しておくべきことがいろいろとあります。何を注意するべきなのか教えましょう。

内側の筋肉を意識する

O脚の方というのは外側の筋肉ばかりが発達しています。内側の筋肉が外側の筋肉よりも衰えてしまっているのです。そのため、ストレッチをする際には内側の筋肉を意識するようにしましょう。そうすれば、内側の筋肉を上手く刺激することができるのです。そうすれば、どんどん筋肉を鍛えていくことができ、最終的にはO脚改善へと近づいていくことが期待できます。

お尻の筋肉を使うことも大事

O脚のストレッチではお尻の筋肉もしっかりと鍛えるようにしましょう。そのため、お尻の筋肉を気にしながらストレッチをしてください。お尻の筋肉というのはしっかりと股関節の動きをサポートしてくれます。股関節をしっかりと動かすことができれば、O脚の改善につながっていくのです。ストレッチでは内側の筋肉と同時にお尻の筋肉も鍛えていくことが大切です。ストレッチでは筋肉を意識することによって、どんどん鍛えやすくなるのです。

股関節をほぐすイメージで行う

日本人の中には股関節がO脚になっている方が多いです。そのため、ストレッチの際には股関節をほぐすことをイメージするとよいでしょう。O脚を外に開いてしまう癖を持っている方がいます。このような方はどんどんO脚を進行させてしまうでしょう。股関節をほぐすことによって、正常な状態に戻していくことができるのです。股関節の歪みを解消していくことができます。

まとめ

こちらではいろいろなストレッチを紹介してきました。これらのストレッチはお尻や内側の筋肉、股関節などを意識しながら行いましょう。毎日継続して行うことが大切です。O脚を改善して美脚になれるよう、ぜひ挑戦してみてください。

- 1 / 1ページ -