女性 見栄

協調性がない人の共通点と協調性を身に付ける方法

協調性がある人は、仕事でもプライベートでも他人とうまく人間関係を構築することができる人です。そのため、協調性がある人は仕事でも重宝されます。協調性のある人になるにはどうしたらよいか、協調性とはどのようにはぐくむのか知っておくとよいでしょう。

協調性を持つメリット

人間関係を円滑にする


協調性のある人には、メリットがたくさんあります。まず、職場や学校でも人間関係を円滑にできることです。異なる立場、年齢、性別が集まっている職場では、人間関係の軋轢も大きいですが、協調性がある人がいるとそれだけでうまく周りをまとめることができるからです。

仕事がスムーズに回りやすい

協調性のある人がいるとスムーズに仕事が回りやすいです。人間関係の軋轢もなく、どんな人とでもうまくやっていけるので、それだけで仕事の上でも各人がパフォーマンスを発揮しやすくなります。

協調性がある人の職場は雰囲気も良く、仕事も順調に成果をあげることができます。そのため、企業の採用試験などでも協調性があるということは重要なファクターになります。

恋愛などが上手く行きやすい


協調性のある人は、恋愛もうまくいきやすいです。恋愛は一対一の人間関係なので、協調性を持っていると相手に合わせやすいですし、相手も付き合っていて気持ちが良いからです。協調性のあるカップルは付き合いも長続きしやすいですし、結婚となっても相手の家族ともうまく行く人が多いです。

周りから好印象を持たれやすい

協調性のある人は、周りの人と喧嘩をせず仲良くうまくやっていきますし、社交性も高いので周りからの評判も良いです。そういった人は家族であったり職場であったり、相手にうまく合わせることができますので、周囲の人からも好感を持たれやすいです。

仕事もプライベートもポジティブな感情を生み出しやすくなる


協調性を持っている人と一緒にいると、自分とうまくやってくれるので気持ちが良いです。こういった人と話していると気分も良くなりますし、ポジティブな感情が生まれます。それゆえに、協調性のない人は非難される傾向にあるのです。

あなたは大丈夫?協調性がない人の8つの特徴

他人の気持ちを慮るのが苦手

協調性がない人は、他人の気持ちを考えるのが苦手です。どちらかというと普段から自分の主張が通る環境にいるので、他人の気持ちを考える機会もなければその必要性もないからです。逆に協調性のある人は自然と他人の気持ちを考えて他人の立場に立った行動ができますのでうまくやっていけるのです。

場の空気を読むのが苦手

協調性のない人は、空気を読むことができません。空気を読むことが必要とされる場面においても、相手のペースを乱したりすることもありますし、してほしくない行動、言ってほしくない言葉など言動に問題があることが多いです。

協調性がない人は「この場ではこうしたほうがよい」と考えることができないのです。場の空気が読めない人と言われることもあるでしょう。

自分の意見を押し通そうとする

女性 見栄
協調性のない人は往々にして自分の意見こそが正しいと思っており、人の意見に耳を傾けないと思われています。あまりにも頑固で自分の意見を曲げない人は周りの人から頑固な人、厄介な人、そして協調性がない人と揶揄されがちです。わがままを言うことが当然だと思っている人もいいます。

被害者意識が高い

協調性のない人は、被害者意識が高いといえます。協調性がないがゆえに自分の意見が通らなかったり他人とうまくいかなかったことでも、必ずといっていいほど他人のせいにします。

協調性のない人の多くは人とのコミュニケーションにおいてうまくいかない原因を自分でなく他人にしているのです。

プライドが高い

協調性がない人は、プライドが高いです。それゆえに、他人に気を使うこともできませんし、他人の意見を許容することもできません。

人とうまくやっていくためには時には自分の意見を押し殺して相手に合わせないといけないこともありますが、プライドの高さゆえにそれができないのです。

自分に自信を持っている


自分に自信を持つことは悪いことではありません。自分に自信があるからこそ人が付いて行きますし物事を成功に導きやすいからです。しかし協調性のない人は往々にして自分に過度な自信を持っているがゆえに他人を寄せ付けないことがあります。そのため、周りの人が不快になり周りの人とうまくやっていけないのです。

周りからの評価や評判が気にならない

協調性のない人は、周りから自分がどう思われるかを気にしません。そのため、周りからの意見に耳を傾けて自分の言動を改めようという姿勢がありません。人間関係がうまくいかなくても、さほど気にしないので改善の余地もないのです。

物事を柔軟に考えられない


協調性のない人は、物事を柔軟に考えられません。自分の意見こそが正義だと思っているので他人と考えをすり合わせて妥協しようということができません。また、自分の持っている見方以外のものの見方を否定する傾向にあります。言い換えればそれは、物事を柔軟に考えられないということなのです。

協調性を手に入れる最適な方法

他人に興味を持つようにする

女性 会話
協調性を高めるためには、まず他人の言動に興味を持つことです。協調性のない人は他人への興味が薄い人が多いです。ですが、話している内容に質問してみる、相槌をすることから試してみましょう。これを言ったら相手はどう思うか考えながら相手の話を聞くことに主眼を置き会話を進めるだけで協調性がアップします。

他人と関わり合わなければいけない環境に身を置く

協調性のない人は往々にして他人と交わる場を避けがちです。しかしながら、友人の誘いには積極的に参加する、趣味の集まりなどに出かけてみることから他人と関わりを持ってみましょう。人と合わせるために我慢をすることを学べば、協調性は自然と身につきます。

過度に期待しすぎない程度に頼りにする


協調性のない人の中には、小さいころから甘やかされて我儘が通る環境で育った場合が多いです。しかし時には我慢して他人に合わせることを学ばねばなりません。それだけでなく他人を頼りにするとよいことがある、と言う経験もしておいたほうがいいです。ですので、過度に期待しない程度に他人を頼ってみることも必要です。

協調性のある自分を演じるのに徹する

協調性のない人は嫌われる傾向にあります。そのため、仕事上など他人に迷惑をかけられない場面では、少し自分を押し殺してでも協調性のある自分を演じるように努力しましょう。

協調性がないと思われていては、周囲から浮いているなどと別の評判を生みがちだからです。協調性のある自分を演じているうちに他人ともうまくやっていける可能性も高いです。

協調性がないメリットも活かそう

リーダーシップを取れると考える


協調性がなく他人と合わせられないということは、裏を返せば自分の意見を持っているということです。他人とは違うという面があり、能力があれば他人を引っ張っていくことができます。リーダーシップを取ることが出来、リーダーに必要な自信も持っています。そのため、起業してリーダーになるのも良いです。

ダメなものはダメとはっきりと否定できる

協調性が高すぎる人は、ダメなことをしていても組織や相手のことを考えて中々ダメ、ということができません。しかしながら協調性のない人は他人のことを気にせずにダメなことをはっきり否定できるという長所もあります。

周りに流されずに自分の考えを遂行できる


協調性のない人は他人や周りに流されず、自分の意見を言うことができますし、自分の考えを遂行することができます。周りに流されないことは必ずしも悪い意味ではありません。人と違った見方ができるので成果をあげることもあるでしょう。

まとめ

協調性がない人は、場の空気を読むのが苦手だったり他人に合わせられない、プライドが高く自己主張が強いという欠点があります。そのため、仕事においても人間関係においても協調性の高い人が良いとされています。

協調性を高めるためには、他人に興味を持ったり他人と積極的にかかわっていくことが大切です。一方で他人に流されない良い面も持っているので、その性格をいい方向に持っていくための努力も必要かもしれません。