O脚は座り方で改善!座り方を変えて綺麗な脚をめざす方法

O脚というのは座り方による影響を大きく受けてしまいます。座り方を改善しなければO脚がひどくなっていく可能性があるのです。こちらではキレイな足を目指すための方法について解説しましょう。

O脚の原因は座り方にある!?こんな座り方していませんか?

実はあなたのO脚の原因は座り方にあるのかもしれません。注意するべき座り方について教えましょう。

脚を組んで座る


脚を組んで座ることが癖になっているような方がいるのですが、このような座り方は実はとても危険なことです。これによってどんどん骨盤の歪みがもたらされてしまうでしょう。筋肉のバランスもおかしくなってしまいます。O脚の原因となるだけではなくて腰痛の原因となってしまうこともあるため、基本的に脚を組んで座るのはやめるべきなのです。さまざまな弊害があります。

ひざ下をクロスさせて座る

座るときにひざ下をクロスさせている方がいます。このような座り方もO脚には良くないため改善するべきでしょう。こちらも骨盤を歪めてしまう原因となってしまうのです。知らないうちにO脚を進行させていってしまうでしょう。これも足を組むのと同じような悪影響を与えてしまうのです。このような姿勢が楽だと感じる時点で、O脚が進行している可能性が高いです。

脚を流して座る


脚を流したような姿勢で座ってしまう方もいます。これもO脚を悪化させてしまう原因となってしまうでしょう。骨盤の形が変わってしまう可能性があるからです。骨盤はできるだけ正しい状態を常にキープするべきなのです。確かに脚を流して座るのは楽かもしれませんが、これによって知らないうちに骨盤には大きな負荷がかかってしまう可能性があります。

大股で座る

椅子に座ったときに脚を開いて大股になってしまう方がいます。これもいけないことです。O脚の状態をさらに悪化させてしまう可能性があるからです。このような座り方は矯正するべきでしょう。大股で座るのは足の筋肉をあまり使いません。そのため楽な姿勢となっています。しかし、それでは筋肉はどんどん衰えてしまうでしょう。長時間その状態でいれば、筋肉がなくなっていき、O脚がますますひどくなってしまうのです。

O脚改善!正しい座り方を意識しよう

O脚というのは座り方を改善することによってどんどん改善していくことが可能です。正しい座り方を意識するべきでしょう。どのように座るべきなのかを教えます。

①あごを引き背筋を伸ばす

椅子に座るときにはしっかりとあごを引いて背筋は伸ばすようにしましょう。猫背になってしまうとO脚はどんどん悪化してしまうのです。あごを引くことによって首を垂直にできます。さらに背筋を伸ばすことによって姿勢はキレイになるでしょう。こうすることによって、猫背を防ぐことができるのです。

日本人の中には猫背になっている方がたくさんいます。そして猫背というのはO脚によって引き起こされていることも多いです。猫背を矯正するためには普段の座り方から気をつける必要があるのです。

たとえば頭や顎が前に突き出てしまうと猫背になってしまいます。また、背中が丸まってしまうのも避けるべきでしょう。猫背の場合は肩が内側に入ってしまっていることもあるため注意してください。鏡を見てみたり、誰かにチェックしてもらうことで、正しい座り方を覚えましょう。

②骨盤を立て背筋を真っ直ぐにする

座るときに背骨を真っ直ぐにしたいならば骨盤を立てることをイメージすると良いでしょう。骨盤を立てるというのはよく耳にする言葉です。これは骨盤が正しい位置にあるということを示しています。したがって、骨盤にゆがみが生じていない状態にするということです。このような状態で背筋を真っ直ぐにすることが、正しい座り方となるのです。

骨盤は左右に水平になっているようにしましょう。右や左などに傾いていてはいけないのです。骨盤は横からみると前に少し傾いているものです。また、しっかりと正面を向いていることが大切です。骨盤が立たないと猫背になりやすくなるでしょう。また、お腹がぽっこりとしてしまう原因となります。肩こりや腰痛の原因ともなるため気をつけましょう。

③膝と股関節の高さが平行になるようにする

座っているときに膝から股関節までは水平になっていることが大切です。もしこれが水平でなくなっているならば、座り方がおかしいのです。脚が前に出すぎていたり、逆に後ろに引きすぎていると膝から股関節までが水平にならなくなってしまいます。水平のラインを意識するようにしてください。

④足裏は全体を床にぴったりくっつける


足の裏はしっかりと床にくっつけるようにしてください。O脚の方は足の裏がしっかりとくっついていないことが多いです。たとえ椅子に座るときであっても足裏を地面につけることを意識するべきでしょう。

こんな座り方はNG

一日の中でも椅子に座っている時間はかなり長いものです。そのため、その時間を正しい姿勢で過ごしておかないといつまで経ってもO脚が改善されることはなくなってしまうでしょう。

たとえば上記で紹介したように脚を組んだり股を開いて座るべきではありません。また、猫背にならないように気をつけましょう。猫背になると前傾姿勢となってしまいます。これではおしりと太もも裏にある筋肉が伸びてしまい、どんどん衰えていってしまいます。太ももの前の方ばかりが使われてしまうため、固太りの原因にもなってしまうのです。

骨盤を寝かせて座っている方も注意しましょう。あぐらもあまり良くありません。これは骨盤を歪めてしまう座り方であり、これによってO脚が進行してしまうのです。女の子座りも骨盤に対する負担は大きいため気をつけましょう。

座りながら出来るストレッチ

O脚を改善するためにはストレッチをすることもおすすめです。そうすることによって、骨盤をゆるめることができたり、筋肉を鍛えることができます。こちらではおすすめのストレッチ方法について紹介しましょう。

座ったままで膝の間に本をはさむ


座っているときに膝の間に本、あるいはバスタオルなどを挟むことをおすすめします。そして、膝をギュッと締めるようにしながら両膝を曲げるようにしましょう。その状態を数秒間キープしてください。これを繰り返すことによって、どんどん筋肉を鍛えていき、O脚を改善していくことができるのです。こちらは立った状態でも座った状態でも可能です。

座ってやる場合には、単に膝を合わせてその状態をキープするだけでも効果があるでしょう。手軽にできる方法のためおすすめです。たとえば仕事をしているときにこちらのストレッチを取り入れてみましょう。美しい脚を手に入れることができるのです。とても簡単なエクササイズとなっています。

両脚をそろえるストレッチ


こちらは椅子に座ってストレッチをする方法となっています。O脚の方は外転筋が緊張している可能性があります。その緊張をゆるめることができれば、O脚を改善できるのです。脚を外に引っ張って次に内側に持っていくという動作を繰り返しましょう。このような運動を繰り返すことによって、筋肉の緊張をほぐすことができるでしょう。両足でしっかりとストレッチをしましょう。外転をさせて内転をさせるという運動です。

これをたった5回繰り返すだけ筋肉の緊張がなくなることが期待できます。これだけでも座っていると楽になっていることが分かるでしょう。こちらを毎日繰り返してみましょう。そうすることによって、何もしなくても筋肉が緊張しなくなるのです。

まとめ

O脚というのは座り方の影響を強く受けてしまうものです。一日の中で長い時間座っている方が多いため、その時間を無駄にするべきではありません。正しい姿勢で座って、さらにはストレッチを続けることによって、美脚を目指すことができるのです。