傲慢な人の特徴とは?傲慢になってしまう原因と対処法

相手に対する思いやりがなく、人を見下す態度や横柄な態度を取る傲慢な人は少なくありません。傲慢な態度を取る人は一定の割合で存在し、自分が傲慢であることに気付いてないケースも多くあります。

人と関係を深めていく上で、傲慢な人と仲を深めていくメリットはさほどありません。今回は傲慢な人の特徴や傲慢になってしまう原因、対処法を紹介していきます。

傲慢な人が持つ10個の特徴は?

自分に自信がある

傲慢な人に共通して言えるのは自分に自信があることです。人を見下すという行為は、自分が上と言う認識があってこその行動になります。自分の物差しで相手よりも自分の方が上だと思い込んでいるわけです。自分に自信が持てることは魅力的である一方、それが傲慢につながる人とは関係を深めたくないものです。

自分が正しいと思っている

この世に絶対という言葉はない。この言葉をきちんと理解できている人は、傲慢になりにくい人の特徴です。一方、常に自分が正しくルールだと思っている人は傲慢な人の特徴になります。時には自分が正しいと思って行動することや意見することも大切です。しかし、自分が正しいと思い込みすぎると、傲慢な態度を取るようになります。

思い込みが激しい

思い込みが激しい人も傲慢になりやすい人の特徴です。思い込みをするのは物事を深く見ようとしないためで、短絡的な性格と言っても間違いではありません。物事を表面で見ているので、すぐに思い込んでしまうのです。思い込みで勝手に人を恨んでしまうことも少なくないので権力者になってしまうと厄介です。

マウンティングを取りたがる


傲慢な人は常に他人より自分が上だと感じながら生きています。自分より能力が上の人が身近に出現するとマウンティングを取りたがります。人との関係の中でマウンティングを取ることはマイナスの要素でしかありません。対抗意識が強いことの表れでもあり、傲慢を象徴するような行動の一つでもあります。

会話は常に上から目線

傲慢な人は常に上から目線です。これは会話の中で見られる特徴ですが、会話をするときは上から目線でやたら話しをしてきます。上から目線で話しをするのは他人を見下している証拠です。自分の方が上という潜在的な意識がいつもあり、そこから傲慢な態度で話しをすることにつながります。

店員に横柄な態度をとる

傲慢な人は店員にやたら横柄な態度を取るのが特徴です。関係上、どうしてもお客と店員という立場だとお客の方が優位になってしまいます。思いやりがある人なら、そんな立場を理解した上で店員さんにも優しく接するものですが、傲慢な人は横柄な態度を取ってしまいがちです。立場的に自分より下になるので傲慢になってしまうのです。

プライドが高い


傲慢な人の特徴としてあるのがプライドの高さです。上から目線の言動が目立つのも傲慢な人の特徴ですが、その背景にはプライドがあります。人よりも自分が優れているという気持ちがプライドを作り、プライドを傷つけないように傲慢な態度を振る舞って自分が人より上に立とうとするのです。

勘違い男とは?特徴・見分け方・勘違い男になる理由・対処法を解説

自分の意見を押し付ける

自分の意見を無理やり押し付けてくるのも傲慢な人の特徴になります。自分の意見を通そうとするのは、自分が正しいということを認めてもらいたいからです。人の意見に耳を貸すことがないので失敗も多く、その失敗も人のせいにしてしまいます。聞く耳を持つことができないので孤立しやすい特徴もあります。意見に逆らうと、敵だとみなされて急に冷たい態度を取られるようになることもあるので厄介です。

「ありがとう」が言えない

傲慢な人はありがとうという言葉が言えません。中には恥ずかしいという気持ちでありがとうの言葉が使えない人もいますが、傲慢な人はありがとうとそもそも思っていません。やってもらって当たり前という感覚が強く、一昔前の亭主関白の男性のような感じです。そのくせ、自分はありがとうと感謝の気持ちを伝えて欲しいと思っています。

協調性がない

傲慢な男性は自分ルールで動きます。人と足並みそろえてルールを守って一緒に頑張るという概念がありません。集団行動に不向きで、会社の中でいい地位に就くとワンマンになりがちです。協調性がないのは人を認めてないのはもちろんですが、自分が集団の一部になることを嫌うことも原因の一つになります。

傲慢になってしまう原因

小さい頃の家庭環境に問題がある

小さい頃にイジメや家庭環境が悪いなどの経験をして育ってきている人は傲慢になりやすい特徴があります。感謝の気持ちが乏しく、信じることができる人が少なかったのも理由になります。また、苦労をせずに育ってきた人も傲慢になりやすい特徴があります。このように家庭環境が与える人格への影響力は大きいものがあります。

体育会系の部活動でしごかれてきた

体育会系の中で育ってきた人も傲慢になりやすい特徴があります。これは上下関係がはっきりしている中で育っていることが理由です。精神的にタフになれるのはメリットですが、自分ルールを強く持ちすぎてしまい大人になって権力を持つとワンマンになりやすい特徴があります。

周りが持ち上げ過ぎている


傲慢な人は周りがやたら持ち上げているのが特徴です。傲慢になる人は社長のように権力者が多いですが、周囲の人に注意されることがなく持ちあげられるので、それが自然になってしまいます。自分が傲慢である意識もなく、持ちあげられることで自分はすごい人だと考えるようになります。

過去の栄光にすがり付いている

傲慢な人は人より秀でた特技や経歴を持っていることも少なくありません。過去にチヤホヤされた栄光がある場合、それにすがりついたままで傲慢になっているケースも少なくありません。自分が傲慢であることに気付くことができないまま、少しずつ周囲の信頼を失ってしまいます。過去の栄光ほど魅力的で脆弱なものはありません。

傲慢な人の対処法

話半分で受け流す

傲慢な人は自慢話しが多く、嫌味を言っていることもあります。大切なのは真に受けないように話し半分で受け流すことです。一つ一つの言葉を真に受けてしまっていると、精神的にやられてしまいます。傷付くことを言われても、寂しい人間の戯言だと割り切ることが大切です。

相手は喜びそうなところを褒める

傲慢な人と対処法として、有効なのが相手を褒めることです。傲慢な人が一番喜ぶことは、人に認めてもらうことです。部下であっても上司であっても人から褒められることに嫌な気持ちはありません。この性質を逆手にとって、相手が喜びそうなことはしっかり褒めるとよいでしょう。

相手が間違えていても注意しない


人の間違いを指摘しようとするお節介な人は傲慢な人の目の敵になります。傲慢な人は自分が否定されることを嫌い、ミスを注意されることも極度に嫌います。相手の為を思って注意をしても、その気持ちが届くことはありません。ですので、相手が間違えたとしてもそこは注意しないのが有効な対処法です。

物理的に距離を置く

傲慢な人には関わらないことが一番です。傲慢な人に嫌われてしまうと、あることやないことを言い振らされてしまうこともあります。可能であれば、物理的な距離を置くことが傲慢な人への対処法として有効です。関わらないようにすれば、自分が傷付くことも相手の反感を買うこともありません。あからさまに距離を取るのではなく、必要最低限以外のことで距離を取るように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?傲慢な人の特徴を紹介してきましたが、傲慢な人は心が満たされてない人でもあります。自分ルールがはっきりしているので、何を言っても無駄なことが多いです。

身近に傲慢な人がいる場合はできるだけ関わらないようにし、必要であれば自尊心を傷つけないように褒めるスタンスで接しましょう。もちろん、自分自身が傲慢な人間にならないように気を付けることも大切です。