おひとり様だって悪くない!周囲に差をつけるひとりの過ごし方

おひとり様でいつも過ごしている方はたくさんいます。そんな自分を卑下している方がいるかもしれませんが、おひとり様を満喫している方は大勢います。おひとり様でも周囲に差をつけることができる過ごし方について教えましょう。

華麗なるおひとり様の過ごし方

おひとり様でも充実した過ごし方をしている方はたくさんいます。おひとり様の華麗な過ごし方について紹介しましょう。

自分磨きに不可欠!習い事もおひとりさまで


習い事をしてみましょう。習い事は友達でするという方もいるのですが、おひとり様でやっている方も大勢いるのです。習い事をすることによって、自分磨きをすることができます。もっと魅力的な自分を目指すことができるのです。いろいろな習い事がありますので、興味のあるものに挑戦してみると良いでしょう。おひとりさまでも問題なくできる習い事はたくさんあります。

ひとり飲みなら、お酒と食べ物にじっくり向き合える

ひとり飲みをしてみましょう。一人で飲むというのは寂しいというイメージがあるかもしれません。しかし、実はさまざまなメリットも存在しているのです。自分一人であれば、じっくりと酒や食べ物と向き合っていくことができるでしょう。しっかりと味わうことができます。みんなでお酒を飲む場合には味わう余裕があまりないでしょう。ひとり飲みでしかできない楽しみ方があるのです。

お買い物も美容ケアも!おひとりさまなら気兼ねがない

買い物をしたり、美容ケアをするのもすべて自由に挑戦してみましょう。誰に気兼ねをする必要もないのです。気を使う必要はなく、遠慮をする必要もありません。自分のやりたいことができるのがおひとりさまの利点となっています。どんどん自分の欲しいものを買ってみたり、エステに通ってみましょう。

稼いだお金はすべて自分のために!自分自身への投資も惜しまない

稼いだお金はおひとりさまであれば、すべて自分のために利用することができます。これは大きなメリットとなるでしょう。誰かのためにお金を使う必要はありません。何の遠慮をする必要もないので、どんどん自分自身に対して投資をしていくことができるでしょう。自分磨きのためにお金を使えるのです。

自分とじっくり向き合い、自分について深く知る

一人でいることによって、自分とじっくりと向き合っていくことができます。いつも誰かと一緒にいる方は、それによって安心感を得ているため、自分のことを考えないようになっている場合が多いです。自分について深く知る機会がないのです。おひとりさまであれば、自分への理解を深めることができるでしょう。そこで意外な自分を発見できるかもしれません。

一人だからこそ休日は自由に楽しめる

休日もおひとりさまは充実しています。一人だからこそ楽しめるということがあるのです。誰かと一緒に休日を過ごす場合は、その人が楽しんでいるのか気になるでしょう。自分のやりたいことではなくて相手のしたいことを重視してしまう場合が多いです。おひとりさまであれば、自由に自分のやりたいことをどんどん追求していけます。

おひとり様の不安はコレ!事前に対策を

おひとり様であることに不安を抱いている方もいます。具体的にどういった不安があるのでしょうか。おひとり様の不安について紹介しましょう。

収入源と老後資金の確保は徹底的に行う

おひとり様の場合は収入の問題が発生してしまうかもしれません。老後の資金についても不安になってしまうでしょう。金銭的な問題が起きないようにしっかりと収入源と老後資金を確保しておく必要があります。おひとり様の問題の多くはお金に関することなのです。

長期の入院で困らないよう今から準備


健康的なつもりの方は多いでしょう。しかし、いつ病気をしたり怪我をしてしまうか分かりません。おひとり様の場合はすべて自分で対処しなければいけません。長期の入院をしてしまうケースもあります。そのときのために準備をしておきましょう。荷物をまとめておいたり、万が一のときの資金も用意しておくと良いでしょう。

家でひとり時間を楽しむ方法を見つける

おひとり様は当然家の中ではひとりでいることがほとんどでしょう。そんなときにひとりで楽しめる方法を見つけておきましょう。すでにそういった趣味を持っているという方は、おひとり様になるのに苦労はしないでしょう。一人で楽しめることが何もないという方は、ひとりで時間を潰せることを見つけておきましょう。

困ったときには遠くの友人より近所の知人

困ったときにおひとり様の場合は友達を頼ることが多いでしょう。しかし、遠い友人よりも近くの知人の方が頼りになるものです。近くにいる方はすぐに駆けつけてくれたり、助けてくれます。そういう存在を大事にしましょう。

ひとりの老後でも安心な住まいの確保

部屋 インテリア
老後にどこに住むのかという問題が生じることがあります。一人でも老後に安心して住めるような住居を確保しておいてください。今のうちに将来の住まいのことまでしっかりと考えておくのです。準備は早めに始めるのに越したことはないでしょう。

おひとり様の方の老後に必要な生活費の平均は?

おひとり様は老後に不安を抱えていることが多いです。そこでこちらでは、老後に具体的にどのくらいの費用がかかってしまうのか、生活費の平均を教えましょう。

おひとり様の老後の年金受給額と支出額の平均額は?

まずおひとり様は老後にもらえる年金の額が国民年金の場合は5万5千円、厚生年金だと約15万円程度となっています。これは平均の額です。そして、60歳以上の単身で無職の世帯は月に平均して約14万円程度の支出があるというデータがあります。したがって、年金だけではかなり苦しい生活を強いられることが分かります。

老後を25年間と考えると合計4000万ほど必要


仮に老後を25年間としましょう。この場合、安心して暮らしていくためには4000万円ほどのお金が必要とされています。生活費や治療費、その他にもさまざまな費用がかかってしまうものです。年金だけでは補えない分は貯金を用意しておくべきでしょう。そして、一般的には4000万円ほどの貯金が必要といわれています。

おひとり様が気を付けた方が良い老後資金への対策

老後資金の対策というのはおひとり様が気をつけておくべきことです。結婚をしているのであれば、夫婦で年金をもらうことができます。お互いに貯えもあるでしょう。また、二人暮らしの方が一人あたりの生活費を抑えることができます。保険に加入しているというケースもあるでしょう。そのため、夫婦であれば老後資金の不安はおひとり様よりも低いのです。おひとり様は自分で老後のお金の心配までしなければいけないため、きちんと対策しておきましょう。

自信を持って!キラリ輝くおひとり様

おひとり様として生きていくことに不安を抱いている方がいるかもしれません。そういう方が自信を持って光り輝くおひとり様ライフを送るために意識しておくべきことを教えましょう。

おひとりさま時間が独立心を育て、心を強くする

おひとり様でいる時間というのは独立心を育ててくれます。そして心を強くしてくれるでしょう。もっと強い存在になることができるため、おひとり様でいることは価値のあることなのです。

一人を楽しめるようになれば、人生の選択肢はもっと広がる


おひとり様の方が人生の選択肢はどんどん広がっていきます。基本的に何をするにしても自由だからです。そのため、一人で楽しむということを覚えてしまえば、それによってできることの幅はどんどん広がっていくでしょう。より人生を楽しめるようになるのです。

豊かな時間を過ごせるのは、精神的に自立している証拠

おひとり様で豊かな時間を過ごすことができるのであれば、それは精神的に自立していることをあらわしています。おひとり様として生きている方は、それだけ自分に自信を持ってよいのです。

まとめ

最近はどんどんおひとり様が増えています。これは決して悪いことではありません。いつまでも結婚をしないで独身で一人で生きていくことを幸せだと考えている方もいるのです。ただし、お金に関する備えはきちんとしておくべきでしょう。