おでこ出しヘアスタイル9選!アレンジ方法を紹介します

前髪をあげたおでこ出しのヘアスタイルに興味のあるものの、似合わない気がしてなかなか挑戦できない方も少なくありません。おでこ出しのヘアスタイルはどんな方に似合うのでしょうか。

ここでは、

  • おでこ出しが似合う人の特徴
  • おすすめのヘアスタイル

を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

こんな人はおでこ出しがとっても似合う

おでこ出しスタイルに限らず、ヘアスタイルには似合う・似合わないが存在します。おでこ出しが似合う特徴として、額の形がキレイな人やロングヘアの人などが挙げられます。ここでは、おでこ出しの似合う方の特徴について詳しくチェックしていきましょう。

眉がはっきりしている人

眉が太い、濃いと聞くとマイナスなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、眉がはっきりしている方はおでこ出しのヘアスタイルが似合います。おでこ出しのヘアスタイルは、アレンジにもよりますが基本的にはクールな大人っぽい印象を与えてくれます。眉毛が濃いということは、凛とした印象を演出してくれるでしょう。

また、眉が薄い人に比べ剃ることで量を調整しやすいので、おでこを出したときの印象も変えることができます。

額の形がキレイな人

おでこ出しが似合う方の特徴として、額の形がキレイな人が挙げられます。額の形や広さは人によって大きく異なっています。おでこが広い人がこのヘアスタイルをやると、面長の印象を与えてしまうこともあるかもしれません。

顔とのバランスを踏まえて適度な広さがあり、少し丸み帯びている方はおでこ出しのヘアスタイルをやってみると良いでしょう。

生え際のキレイな人


生え際のキレイな人もおでこ出しには向いているでしょう。生え際が左右対称で、キレイなラインを描いているのであれば、おでこを出したときに魅力的なポイントといえます。生え際の産毛が目立つ方やラインが揃っていない方は、フェイスラインを整えてみてくださいね。

サラサラロングヘアの人

サラサラなロングヘアの方もおでこを出しても似合うでしょう。最近ではミディアムやショートでもアレンジできるものも増えてきましたが、サラサラのロングヘアであれば、長さの点から考えてみてもおでこ出しのアレンジがしやすいといえます。

おすすめのおでこ出し9選

額の形やサラサラのロングヘアなど、おでこ出しが似合う方の特徴を紹介してきましたが、おでこ出しのヘアスタイルにはさまざまなパターンが存在しています。

おでこ出しのヘアスタイルには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、おすすめのおでこ出しのスタイルを9つ紹介します。

定番のポンパドール

おでこ出しで定番となっているのがポンパドールです。まず髪全体を内巻きと外巻きで交互に巻いていきましょう。カールアイロンを用いてベースをゆるく巻きます。これによって髪に動きを出すことができ、軽い印象を与えられます。

前髪部分は三角形になるようにいくつかの束に分けましょう(ブロッキング)。このとき、サイドの髪を耳にかけておくことで、ブロッキングしやすくなります。そしてコームを用いて内側部分に逆毛を立て、分けた髪を前に押し出し膨らみを作ります。これでポンパドールの完成です。

前髪が短い人でもできる編み込みアレンジ

こちらは前髪の短い人であってもできる編み込みアレンジとなっています。前髪をセンターわけにして、横の髪も巻き込みながらねじっていきます。ある程度ねじったら、頭の横をとめるイメージでピンを刺しましょう。ピンは二本使うとよい固定できます。

髪のとる量によって崩れてしまうこともあるため、適量を取り分けるように練習すると良いかもしれません。

スッキリした印象の前髪ねじりハーフアップ

こちらはおでこを出したハーフアップスタイルになります。毛先をコテで巻き、右こめかみにある髪を少しとり、後頭部にまでねじっていきましょう。ねじり終わりは地の髪と一緒にピンでしっかりととめましょう。ピンは後ろから前に向かうように指すと目立ちにくくなります。

右耳上や真ん中、左こめかみ、左耳上の髪も同じようにねじってピンでとめましょう。最後に両耳の後ろの毛束をねじって後頭部にピンでとめたら完成です。

うざバングアレンジ

伸ばしかけの前髪におすすめのアレンジです。センターはギザギザでも良いため分けましょう。次に前髪と後ろにある毛を持って、上方向にねじります。こめかみあたりが出るくらいまでねじったら、頭の横あたりにピンでとめましょう。二本使ってクロスさせるとピンも可愛く見せることができます。

反対側も高さに注意して、バランスよく仕上げます。

小顔に見えるでこ出しアレンジ

小顔に見せることができるアレンジ方法となっています。まず目尻側の黒目から外の毛はおろします。前髪の部分は後ろのほうへ持っていき、ねじりましょう。ねじることによって、前髪がペタンとするのを避けることができます。

ねじった髪を少しだけボリュームを出し、山をイメージしてバランスよく高さを出していきましょう。ねじった髪をクリップでとめたら完了です。

ガーリーおでこ出し

まず前髪をブラシで上げ、指でじぐざぐに前髪を分けてください。分けた髪を後ろのほうへねじっていき、ピンでとめましょう。このときのピンは短めのほうが目立ちにくいです。両方行ったらボリュームを出します。おでこの広さが気になる方はシャドウを入れて、髪の生え際にラインを引くのもおすすめです。

リボンはピンをつけることで、ねじった髪に差すだけ完成です。

かっこいい系でこ出しアレンジ

まずは前髪をセンターに分け、地の髪を分けた髪を含めて3つに分けます。短くて出てきてしまう毛は地の髪と合わせてしっかり編み込みます。何回か編み込みをしたら、三つ編みと同じ要領で編んでいきます。前髪が短い方は地の髪に馴染ませるように下にやることでうまくアレンジすることができるでしょう。

また全体の髪の分け方をギザギザにしたり、耳にかけたりすることでかっこいい印象に仕上がります。髪型に合わせてファッションもクールな印象のものにしても良いかもしれません。

こなれ感あるでこ出しポニーテール

こちらは、こなれ感のあるでこ出しポニーテールです。まず髪の毛を全体的にとかし、顔周りだけ巻いていきましょう。次にボリューミングフォームを使い、根本と毛先を揉みこんでいきましょう。そして、ひとつにまとめてポニーテールにします。

縛るときはキュッと強く結ぶのではなく、後ろから前に引き出すようにします。耳の上は少し隠すようにし、遅れ毛を出すと大人可愛い印象に仕上げるためのポイントです。

ピンなしでできる前髪留め

普通は前髪をとめる際にはピンを用いるのですが、こちらの方法ではピンなしでも前髪をとめることができます。前髪をとり、根本から少しずらした部分で結びましょう。そしてゴムを後ろのほうへ持っていき、毛先を割いてゴムを前のほうに移動させます。髪の毛を引き出し、ボリュームを出したら完成です。

このときゴムが根本から離れてしまうとずれてしまうため、ピンが必要になってしまします。ゴムを動かすときは、地肌に沿うようなイメージで動かしましょう。

まとめ

大人っぽい印象に仕上げることができるおでこ出しのヘアスタイル。眉が濃い、額の形や生え際がキレイなどが似合う人の特徴です。おでこが広く生え際が気になる方はシャドウを入れて、調整しても良いでしょう。

ここではおすすめのでこ出しスタイルを9つ紹介しました。前髪が短くてもおでこ出しのスタイルを作ることはできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。