女性 天才

地頭がいい人の特徴は?地頭をよくするためにできる4つのこと

一般的に言われる頭の良さというのは勉強が出来て成績が良いことを言います。しかし、勉強だけがすべてではなく、学校の成績よりも地頭の良さが重宝される時代になりつつあいます。地頭の良さはパッと見ではわかりませんが、長く付き合っていくと素晴らしい能力として認識されます。今回は地頭がいい人の特徴や、地頭を良くするためにできることを紹介していきます。

地頭がいいとはどういう意味?

どんな状況でも自分で考えられる力

地頭がいいというのは、論理的な思考ができることを指します。どんな状況でも自分でものごとを考えることができる能力を持っているのが特徴です。理解力や応力力、推理力などの能力に長けています。強い好奇心を持っていること探究心を持っていることが地頭の良さにもつながっています。

学力の高さとは関係ない

勉強

学校でいい成績を出したからと言って地頭がいいわけではありません。地頭の良さというのは、学校の成績に左右されないのが特徴です。成績がよくなくても、物事を見る能力や予想する能力に長けています。地頭の良さは勉強によって培われるものではなく、感性や生き方によって作られていくものです。

地頭がいい人の特徴

応用力がある

地頭がいい人の特徴は応用力に優れていることです。どんなことにも柔軟に応用する力を持っているのが特徴で、会社でも重宝される人材にもなります。応用力の高さは勉強に関係のない部分になります。何かトラブルがあったときもいち早く問題解決に持って行く能力もあります。

コミュ力が高い

現代において大切と言われているのがコミュニケーション能力です。コミュ力が高い人というのは上手に人との距離感を保つことができ、なおかつ嫌われないように人の懐に入っていくことができます。コミュ力が優れている人は感性的な面で他の人よりも突出した能力がある場合がほとんどです。

集中力が高い

集中力が高い人も地頭がいい人の特徴です。集中力が高い人というのはここ一番のところで能力を発揮することができます。仕事のオンオフの切替もしっかり行うことができます。どれだけ勉強ができても、ここ一番のところで集中力が途切れてしまうといい結果を残すことはできません。集中力を発揮するだけでなく、上手く集中力を使うことができるのも特徴です。

好奇心旺盛


地頭がいい人というのは、いろいろなことを知っています。勉強の分野にこだわらず、多方面に好奇心を持つのが特徴です。幅広い分野の知識を包括的に持つことができるので、柔軟性にも長けています。好奇心を持ち、アクティブに行動することが地頭の良さにもつながっているわけです。

信念を持っている

地頭がいい人というのは信念を持っています。ここだけは譲ることができないという確固たる意志がありますが、地頭が良い人はそれを周囲に押し付けるようなことはありません。自分と違う考え方の人がいても、その人はその人と割り切ることができます。信念を持つだけでなく、それを押しつけないというのも地頭のいい人の特徴です。

客観視ができる

女性 頬杖
地頭がいい人というのは物事を客観的に見る能力に優れています。客観的な能力に優れていることで、物事を冷静に見ることができるのです。常に第三者的な目線で自分を見ることができるので、自分が大きくマイナスになるようなこともありません。客観できることは人とのトラブル防止にもつながってきます。また、客観視することで自分に足りてないことも分かります。課題を見つけることができて、失敗を未然に防ぐことにもつながります。

理解力が高い

地頭がいい人というのは総じて理解力が高い特徴があります。理解力が高いというのは物事を咀嚼することに長けている能力のことで、相手が何を言いたいのか理解する能力にも優れているのが特徴です。理解力が高いことはビジネスシーンでも大きな武器になります。また、人のことを理解する能力にも優れています。理解力が高いので、人の嫌な部分が見えたときも必要以上に憎むことや嫌うようなこともしません。

判断力が高い

地頭がいい人は判断力に優れています。ここで判断しないといけないというときに、しっかり判断できる能力があります。また、下した判断に後悔することもなく、そのときに下せる判断の中では最適な選択肢を選ぶこともできます。こうした判断力も地頭の良さが成せるわざです。

他人の気持ちを察せる

女性 友達
判断力が高い人は人の気持ちを察することができます。どんなことを考えているのか、悩みがあるのか、その人の立場になって物事を考えることができます。思いやりの気持ちを持つことができるのも、頭がいい人と地頭がいい人の違いです。この能力はコミュニケーションの高さにもつながってきます。

一人の時間が好き

地頭がいい人は無理に群れようとはしません。一人の時間を大切にできるのも特徴です。誰かがそばにいると、自分を見つめ直す時間を取ることが難しくなります。一人の時間で楽しみ反省し、時には悲しむことで感情のバランスを整えているのです。逆に一人の時間を作ることができないと、それがストレスになって本領発揮ができないこともあります。

タイムスケジュールを立てるのが得意

地頭がいい人は何でも効率的に進めようとします。そのため、タイムスケジュールを立てて大まかな流れを先に自分の中でイメージしておきます。タイムスケジュールを立てるときもキツキツに予定を詰め込むのではなく、もしもの場合に備えたスケジュールが立てられるのも特徴です。

マルチタスクでも仕事を進められる

マルチタスクの仕事は視野が広く、器用な人ではないと進めることが難しい仕事です。一つのことに固執してしまう人だと難しく、固定概念が強い勉強ができる系の頭のいい人もマルチタスクになると弱くなるケースがあります。その点、地頭がいい人は要領がよく器用なのでマルチタスクで仕事を進めていくことも可能です。

地頭をよくする方法

色々な人と話す

立ち仕事

地頭がいい人は、コミュニケーション能力に優れています。コミュニケーション能力が高いのは色々な人と積極的に話しをすることも理由です。人と話すことには気も遣いますが、その中でどうやって上手に会話を進めたらいいのか考えることにもなります。人と話すことは思っている以上に頭を使うことで、会話によって地頭が鍛えられているのです。

知らない知識を得ようと意識する

仕事

地頭がいい人は知らない知識を得るために積極的に行動を起こします。アクティブに知識を増やそうとする能力に長けており、分からないことがあっても見栄を張るのではなく、分からないと素直に言うこともできます。知らない知識を増やしていくことで応用力が高まります。どんなことにも興味を持っていく姿勢が重要になってきます。

何かと考えるクセを付ける

地頭を良くするためには、とにかく考えるクセをつけることが大切です。考えることによって思考能力を上げることができます。また、地頭がいい人というのは細かいことに気付ける人です。小さな変化に気付くためには、普段から目の前のことをスルーするのではなく、なんでそうなっているのか論理的に考えることが大切です。そういった意味でも何かと考えるクセを付ける必要があります。

時間の使い方を考える

女性 時計 時間
人々に唯一平等に与えられているものが時間と言われています。時間をいかに有効活用できるかどうかが重要なポイントの一つになってきます。限られた時間の中で、どのように時間を使っていくのか考えるだけでも地頭をよくするためのコツです。ただ何となく時間を過ごすのではなく、自分の成長につながる時間の使い方をしていくのが大切です。

まとめ

地頭がいい人というのは勉強ができるのではなく、現代を生き抜く力や頭を持っている人になります。地頭はもって生まれたものもありますが、努力次第で鍛錬することができます。地頭は本を読んで鍛えられるものではなく、感性によって鍛えられていくものです。