女に生まれたかった男性っている?男性が女性に憧れる9つの理由

最近では女性客が多く利用することを狙って女性限定のサービスを提供しているお店も多くなってきています。男性にとってはうらやましいと感じることでしょう。そんなこともあり、男性の中には女性に生まれたかったと思う方もいるのではないでしょうか。実際に女性に生まれたかったと思う男性は結構いるものです。それではなぜ男性の中には女性に生まれたかったと思うのでしょうか。またその理由はどういったものなのでしょうか。これらについてまとめてみました。

男性が女に生まれたかったと思うことはある?


日々仕事に追われたり、プレッシャーを感じている男性などは女性として生まれたかったと思う方もいるものです。また最近では女性向けのサービスが積極的に行われており、女性に優しい社会になっていることで、女性として生まれたかったと思う男性もいます。いろんな理由で女性に生まれたかった男性がいますが、実際にはどの程度いるのでしょうか。またどんな理由でそのように思っているのでしょうか。これらについて説明したいと思います。

「女に生まれたかった」と思う男性は一定数いる

ある調査によると、女性として生まれたかったと思う男性は33.7%という結果になったことを伝えています。女性の方にとっては結構多いと感じるのではないでしょうか。調査結果によると、その理由として女性の方が得だと感じているからというのが最も多くなっています。女性向けのサービスデーが充実している、女性向けのファッションの方が種類豊富にある、いろんなお店で女性限定の割引が行われているといった点で女性の方が得をしやすいと感じています。

若い男性ほど「女に生まれたい」傾向は強め

引用:ニフティニュース 図表:feely編集部で作成
生まれ変わったら女性になりたいかという調査が行われており、その結果男性のうち21%が女子になりたいと回答していることが分かりました。特に若い男性ほど女性に生まれ変わりたい傾向は強くなっています。女性向けのサービスが充実しており、それに対して男性限定のサービスが見られないことで、女性の方がより人生を楽しみやすいという意見が多く見られました。

女に生まれたかった理由は?

男性の中には女性に生まれたかったと思っている人が結構多いものです。女性にとってお得なサービスが充実していたり、結婚後は正社員にならずパート等で仕事をすることができるなど、女性にとって有利な世の中だと感じている男性が多いからだと思われます。それではどうして女性として生まれたかったと思う男性がいるのでしょうか。この理由について説明したいと思います。

女性に対して甘い人が多い


世間的に男性に対して厳しいことを言っても特に問題視されないことが多いものですが、同じことを女性に言うと大きな問題だと言われることがあります。女性に対して甘い人が多くなっており、そのため男性としては不公平感を感じてしまいます。男性よりも女性の方が人生を乗り越えていきやすいと考える男性は、女性として生まれたかったと思っているようです。

女性のほうが自由に感じる

男性は仕事や家庭に縛られることが多く、自由な時間を確保することが難しい世の中だと思われています。それに対して女性は自由な時間を作りやすく、友達と会ったり趣味を楽しんだりと、自由に生きているように見える男性が多いものです。女性の方が自由に見える男性の中には、女性として生まれたかったと思う人が多くいます。

女性料金やレディースセットのほうがお得

企業の業績アップのためには、女性に好まれることが必要だと言われています。女性の中には積極的にブログ等でお店に行った際の様子を画像にしてアップするなど、企業の宣伝を行ってくれる人も多くいます。そのため、レディースセットや女性料金など、女性にとってお得感を感じるサービスをいろんな会社や企業が提供しています。そのため、男性にとってはうらやましいと感じられます。女性として生まれたかったと思う男性が多いのも頷けます。

男性に奢ってもらいやすい

女性と一緒に男性が食事に行った場合、通常は男性が支払うことが多いものです。女性の多くは男性に奢ってもらえるため、この点でも女性の方が男性よりも恵まれていると感じる男性が多いのも当然かもしれません。もちろん女性のすべてが男性に奢ってもらえたり、食事に誘われるものではありませんが、女性が食事の料金を支払うことはあまりないことは事実でしょう。

笑顔や愛嬌で乗り越えられることが多い


男性は仕事の能力を問われることが多く、笑顔だけ見せれば通用するような時代ではありません。女性の中には笑顔や愛嬌でその場を乗り越えられるタイプの人がいます。特に魅力的な女性はこの傾向が高いものす。女性の笑顔に弱い男性が多いことが問題ですが、この点を利用している女性も結構多いものです。そのため、男性にとっては、笑顔や愛嬌で乗り越えられる女性に対して不公平感を抱いてしまうものです。

涙が武器になる

女性の武器として涙が挙げられます。自分の立場が弱くなった時には涙を流す演技を見せます。女性に泣かれたら男性側はそれ以上責められないものです。女性もこのことをよく理解しており、不利になった時には泣く演技を見せようとします。男性が女性と同じことをしても全く通用しないものです。そのため、涙が通用する女性に対してうらやましく感じる男性も多く見られます。

ファッションやメイクが楽しめる

女性向けのファッションは選択肢が多いのに比べ、男性の方が選択肢が少ないといえます。ファッションを楽しめるのは女性の方だといえます。また女性はメイクをするため、いろんな表情を演出することができます。おしゃれという点では男性よりも女性の方が楽しめることは間違いありません。おしゃれ好きな男性にとっては、女性として生まれたかったと思うことも多いものです。

専業主婦になれる

男性は未婚でも既婚でも正社員として働き、収入を得なければなりません。それに対して女性は結婚後は専業主婦になることができます。またある程度育児が落ち着いたらパートを始める人も多いものです。女性は結婚後に専業主婦になることで責められることがありません。それに対して男性はパートやアルバイトでいると陰口を言われることもあるものです。仕事のプレッシャーから解放される点で女性がうらやましと感じる男性も多いものです。

出産や子育てを経験できる


男性の中には出産を経験できないため、女性として生まれたかったと思う人もいます。また子供好きな男性の中には主婦のように子育てをしてみたいと思う人もいます。このような経験をしたい男性にとっては女性の方がうらやましいと感じるようです。

男性のほうが得な理由


女性の方がいろんなサービスがあったり、仕事に関しても女性の方が苦労が少ないと感じる男性も多いものです。しかし男性の方がお得なこともあるものです。それではどういった点で男性の方がお得だと思われるのでしょうか。その理由を説明したいと思います。

女性同士の付き合いが大変そう

女性はママ友のグループなど、ある集団の中に属することが多く、そのため、女性同士の付き合いが面倒に感じられることがあります。男性はこういった男性同士の付き合いは多くないため、女性の方が大変だと思われる人も結構多いものです。

メイクやファッションに掛ける手間が少ない

女性はメイクやファッションに気を遣わないと魅力的な女性に見えないと思われることもあって、日々メイクやファッションに気を遣わなければなりません。男性は女性ほどファッションに気を遣う必要はありませんし、またメイクをする必要がありません。ファッションやメイクにかける時間が必要な女性の方が男性よりも大変だと思う人が多くても当然かもしれません。

生理の負担がない

女性には生理があるため、体調を崩したりしてしまうことがあります。健康上の負担を感じることがないため、女性の多くは男性の方がお得だと感じています。人にとっては生理で貧血を起こすなど、辛い症状を持っている女性もいます。男性は生理による体調不良を感じることがないため、この点では男性の方がお得だと言えるでしょう。

まとめ

女性の方が人生を楽しめると思う方は意外と多く、その理由がレディースプランや女性限定のサービスがいろんなお店で提供されているからなどが挙げられます。しかし全て女性の方がお得なのではなく、男性の方がお得に見える部分も結構あるものです。