女性

頭の悪い人ってどんな人?コミュニケーションを取るときの注意点

頭が悪い人が周囲にいると自分のペースを乱されてしまいますし、ストレスを抱えてしまうようになります。また相手と一緒にいたくないと思うようになり、本来の自分を見失う可能性があります。頭が悪いと思う人に対しては正しい対処をしていかなければなりません。そこで頭が悪い人にありがちな特徴について説明したいと思います。これを知って冷静に対処するようにしてください。また具体的な対処についても触れてみたいと思います。

頭が悪い人に関わって起こりうるトラブル

仕事ができない人の特徴!困った部下を持ったときの4つの対処法
どうしてこの人はこんな頭の悪い思考をしているのか、また頭の悪い言動をするのかと思うことはよくありがちです。そんな時にはとてもイライラしてしまいがちです。しかしイライラしていると自分自身の体調を崩してしまうことにもなりかねません。まず頭の悪い人と関わって起こってしまうトラブルについて理解してみてください。きっと冷静になれることでしょう。この点について説明したいと思います。

ペースが乱れてしまう

頭の悪い人が周囲にいるとチームワークが乱れたり、時にはパニックになってしまうことがあります。これによって周囲の人はストレスを感じ、いつものような冷静な思考ができなくなってしまう場合もあります。ペースが乱れてしまうことは、どんな集団内でも起こりうることです。しかし頭の悪い人の影響を受けず、もっと冷静に周囲が対処をすればペースが乱れてしまうことを回避することができるものです。どんな場面でも冷静に対処する姿勢が重要です。

周りがイライラしてしまう

頭の悪い人がいると間違ったことが起こったり、うまくいっていたこともおかしくなってしまうことがあります。これもよく起こりうることではあります。ただそんな時には多くの人はイライラしたり、ストレスを多く感じてしまうものです。それによって一層状況が悪化してしまう可能性も出てきます。このような悪い状況に流れていかないためには、できる限りイライラせず、落ち着いて行動することが大切です。また一旦休憩をして心を落ち着かせることが大切です。

時間を無駄にしてしまう

頭の悪い人がいるだけで、仕事のペースが乱れたり時間がかかってしまうことも良くあることです。時間を無駄にしてしまうケースはいろんな場面で見られます。しかしこんな時でも、自分自身は時間を無駄にしないように心掛けることが大切です。相手を反面教師と捉えれば、比較的落ち着いて行動することができるものです。どんな場所でも頭の悪い人はいるものですから、影響を受けないことが大切です。

頭の悪い人の特徴18個

人それぞれ能力は異なりますが、中でも頭が悪いと言われる人は結構いるものですし、特に注意を要する人物だといえます。頭の悪い人がいるだけで周囲が振り回されてしまうものですが、自分のペースを維持することが大切です。そのためには頭の悪い人の特徴をよく理解しておくことが大切です。ここでその特徴について説明したいと思います。

自分で考えない

頭の悪い人というものは、楽をしようとする傾向があります。自分で何でも考えることが面倒なので、人に考えてもらおうとしがちです。人に考えさせ、自分では考えることをしません。また人が考えたことを実行して失敗するとその人を非難しがちです。そのため周囲の人から嫌われやすいものです。頭の悪い人のこの傾向は人を不快にさせることが多いため、自分のペースを守るためには、頭の悪い人のために考えてあげないことが大切です。

周りの空気が読めない

賢い人は周囲の空気を常に読みながら行動するものですが、頭の悪い人はそういったことを全くしません。周囲の空気を読むことをしないというよりも、そういった発想がないためにできないと言えるでしょう。そのためマイペースな行動を常にとることが多く、おかしな人と思われがちです。頭の悪い人の持つこの傾向をあらかじめ知っておくと、余裕を持ってその人のことを見ることができます。

感情的になりやすい

冷静に対処することで、何事も失敗をできる限り避けることができます。しかし頭の悪い人は自分の感情に影響を受けやすく、感情的になった時には失敗をすることが多いものです。頭の悪い人は概して感情的になりやすく、周囲の人を困惑させやすいです。しかしこの傾向を知っておくと、冷静に対応することができます。知らないと自分自身が影響を受けてしまって、落ち着いて行動できなくなってしまいます。

他人任せ

自分で考え自分で動く人がいるのと対照的に、頭の悪い人は何事に対しても他人任せです。人に頼ろうとすることが多く、それが当たり前のように考えています。頭の悪い人から何か依頼されたとしても、自分で考えるように伝えることが大切です。相手のために考えたことがうまくいかなかったときに、頭の悪い人はその人を責めることが多いからです。

被害者意識の塊


自分の事しか考えていない頭の悪い人は被害者意識が強く、失敗した時にはすべて他のせいにすることが多いといえます。人よりも不幸に感じたり、自分のせいで起こった時も人のせいにします。被害者意識が強いため、非常に見苦しく見えてしまいます。自分に対して厳しい人からは不快に見えてしまいますが、この傾向は頭の悪い人には多いと知れば、冷静に頭の悪い人を見ることができます。

過大評価がすごい

自分に対して厳しい人は過小評価をする傾向がありますが、自分の事を客観的に判断することができない頭の悪い人は自分自身の評価が課題に高い傾向があります。自分の能力を過大評価しがちです。そのため勘違いな言動が多く見られます。この点を指摘しても本人は的外れな意見だと思い、無視したり攻撃的な発言をしてきます。本人にアドバイスをしても受け入れる余地はないため、無視をすることが大切です。

自慢話ばかり

自分を客観的に見ることができる人は自分の自慢をしたりすることは少ないものです。これと反対に自分の事がよくわかっていない頭の悪い人は、自慢話をよくする傾向が見られます。自分で自分自身を高く評価するような言動がこのタイプには多いものですが、その中の1つとして自慢話をすることがあります。頭の悪い人が自慢話をした際に相手にするとより自慢話を続けようとするため、すぐに会話を打ち切り、その場を離れることが大切です。

具体例がない

頭の悪い人は具体的な話をすることが苦手です。浅く表面的な話をすることは何とかできますが、具体的な話をしようとしても難しいため、会話を始める段階から諦めています。そのため、つまらない会話ばかりする人だと周囲は感じています。相手に具体例を出して話すように促しても困難なため、諦めることが大切です。能力以上のことを要求しても困難ですから、時間の無駄です。

最悪の事態を想定しない

女性
頭のいい人は現状だけではなく、将来的なことも考えてプランを練ったりするものですが、頭の悪い人は目先の事しか考えられないため、最悪の事態を想定して検討していくことができません。それだけの能力がないため、本人にそれを期待しても無理だといえます。頭の悪い人には将来的なところまで考えて検討することを期待してはいけません。

言い訳が多い

謙虚な人は自分が失敗した時には言い訳をしないものです。それに対して頭の悪い人は失敗をすると必ず言い訳を口にします。見苦しいほど言い訳に終始するため、周囲はとても不快な気分にさせられます。頭の悪い人は常にひどい言い訳をすることを理解しておきましょう。そうすればまた相変わらず言い訳ばかりしているなと、冷静に判断することができます。

物事を勝手に決めつける

物事は思った通りに進まないことが多く、人生の中にはそれが多いものです。多くの人は人生を経験していくとそれがよくわかるものですが、頭の悪い人は物事を勝手に決めつける傾向が高く、柔軟に考えることができません。他人がいくら勝手な決めつけは良くないと助言をしても、自分の考えを改めることがありません。柔軟に考える能力を身に付けられないため、助言をすることは意味がありません。

想像力に乏しい

物事を考える時には想像力を働かせて検討することが多くありますが、頭の悪い人は想像力を働かせる能力が著しく乏しく、柔軟に物事を考えることができません。また細かく繊細に考える能力がないため、何事にも大雑把な対応しかできないものです。この能力は頭の悪い人には今後も期待できないため、本人に想像力を働かせて考えるように助言することは時間の無駄になってしまいます。

何度も同じ失敗をする

一度失敗したら同じ失敗を繰り返さないようにしようと多くの人は考えるものですが、頭の悪い人はそういった考えがなく、常に同じ失敗を繰り返します。能力的に低いため、何度チャレンジしても失敗ばかりを繰り返してしまうのです。そのため、頭の悪い人が成功することを期待しても意味がありません。必ず失敗を繰り返すことでしょう。

自分の意見が一番正しいと思っている

頭の悪い人は自分を客観的に見ることができないため、自分の意見が常に正しいというスタンスを崩すことがありません。相手の意見を受け入れる余地がないため、いくら助言をしても耳を貸す姿勢を持ちません。そのため、助言をする必要はなく、放っておくといいでしょう。

話があっちこっちに飛ぶ


会話をスムーズに進めていくためには、相手に分かりやすくを心がけるといいものです。しかし頭の悪い人はそういった能力を持っていないために、話の話題があっちこっちに飛ぶことが多く、話を聞いている人は何を言っているのかよくわからない状況に陥ってしまいます。これはその人のせいではなく、頭の悪い人が行き当たりばったりの会話に終始いしているために起こってしまっているのです。

必要のないことまで話す

無駄な部分の話題をカットして会話をすると、時間をかけずに要点を相手に伝えることができるものです。しかし頭の悪い人は今の会話に関係ない部分を含めて話をするために、相手は要点を掴みにくくなってしまいます。会話をスムーズに進めることができない頭の悪い人とのトークでは、最初から相手に期待をしないことが大切です。

優先順位を意識しない

時間の無駄を省くために通常は優先順位を考えて行動するものです。しかし頭の悪い人は優先順位を考えるということが能力的に乏しいため、今早急にすべきことが後回しになってしまうことが多いものです。周囲の人は重要なことを早くやればいいのにと思うものですが、頭の悪い人はその能力を最初から持っていないため、相手に要求することは無理なのです。

同時に複数のことができない

頭の悪い人の傾向として、能力が低いため、同時に複数のことを行うことができません。それを行おうとするとパニックになったり、結局1つの事を行った後に残りに取り掛かるようになってしまいます。本人が複数の事を行う能力を持っていないため、周囲はそれを期待しないことが大切です。

頭の悪い人への対処法

頭の悪い人の言動を見ると不快に感じたりしてしまうものですが、そういった人たちへの対処法をあらかじめ知っておくと不快感もストレスも感じないものです。ここでその対処法について説明したいと思います。

大事なところだけ説明する

頭の悪い人は複雑な会話は能力的に難しいため、大事なところだけを簡潔で分かりやすく伝えてあげるといいでしょう。とにかくわかりやすく説明することが大切です。相手が理解できないようであれば、メモ書きして相手に渡すなどの工夫が必要です。

指示は具体的に出す


頭の悪い人には抽象的な表現は理解できないため、とにかくわかりやすく伝えることが大切です。指示を出す時には相手が誤解をしないように具体的に出すようにしなければなりません。そうしないと間違った解釈をして失敗することでしょう。

距離を置くことも大事

頭の悪い人の言動は周囲をイライラさせるため、できるだけ距離を置くことが大切です。距離を置き、また頭の悪い人の特徴を知れば、これまで以上にストレスを感じにくくなることでしょう。

伝わらないことにイライラしない

頭の悪い人は相手の言うことが理解できないことが多いものです。ですから最初から相手に理解してもらおうと期待しないことが大切です。伝わればラッキー程度に考えるようにしてください。

まとめ

いろんな集団の中に必ず頭の悪い人はいるものです。周囲は戸惑いを感じたり、不快感を得ることが多いものです。しかし頭の悪い人の特徴をよく知ることで、きっとイライラすることも少なくなることでしょう。冷静に、距離を置いて対応することが大切です。また会話をしなければならない場面では、簡潔で分かりやすく説明をするように心掛けてください。