眞子さまの婚約者「小室圭さん」の黒い噂!婚約反対ムードにはワケがあった

素直に祝福できないのにはワケがある

秋篠宮家の長女眞子さまが、2017年の9月に、同じ大学に通う男性・小室圭さんと婚約内定を発表しました。多くの人が眞子さまの婚約発表に、祝福する姿勢を見せていましたが、時間が経つにつれ、婚約者である小室圭さんの家族などの問題点が明らかになってきました。

婚約の祝福ムードもつかの間で「本当にこの男性でいいのですか?」と疑問に感じている女性も少なくはありません。実際に正式な婚約の儀式自体も、時期が延びている状態が続いています。結婚反対ムードのワケとは?一連の流れを見ていきましょう。

 

眞子さまの結婚に「反対の声」多数

正式な婚約がなかなか進められないということもあり、巷で噂になっている婚約者の小室圭さんに関する話題は、まったくの嘘ということはなさそう。多くの女性が、小室圭さんが眞子さまを幸せにしてくれるとは思えない様子です。

 

婚約者である「小室圭さん」の問題が数々浮上

①眞子さまと交際中「他の女性」との関係

眞子さまの気持ちを裏切るような問題が発覚。眞子さまと交際しているにも関わらず、他の女性とも関係を持っていたと言われています。交際期間が重複していることが発覚していることが話題となりました。

②職業は「フリーター」で低収入

皇族である眞子さまの婚約者であるにも関わらず、婚約を発表した時の小室圭さんの職業は「フリーター」。一般的に結婚となると、男性が女性を養っていかなければいけないという意識があるため、定職を得て安定してから結婚という流れが多いものです。

しかし定職がなく低収入であるにも関わらず、皇族である眞子さまにプロポーズするとは、その感覚に驚きを隠せません。普通の結婚の場合でも「NO」と言われる可能性が高いパターンですよ。

③小室圭さんの親に「多大の借金」

婚約を発表後に明らかになったのが、小室圭さんの親が背負った借金。その金額は400万円を超えると言われています。さらに問題なのが、婚約をする際に親が借金を持っていることを眞子さまに秘密にしていたこと。常識的に考えても、許される話ではありませんよね。

それに加えて小室圭さんは、その借金を返さない意思を示しているのだとか。小室圭さんの母と関係があった男性が、「お金を貸して欲しい」と求められ要望に応えたことが始まり。返すどころか「贈与」として認識していると答えています。

④宗教にハマっている母親

小室圭さんの驚くべき行動は、母親の影響を感じさせます。一部の報道によると、とある宗教に小室圭さんの母親がハマり込んでいるとの話があります。母親のそういった一面も、小室圭さんをより怪しく感じさせてしまう要因になっていると言えるでしょう。

もうすでに、眞子さまにも小室圭さん側の影響を大きく受けているのではないかと言われています。このような状況の中でも「わたしのせいで…」とご自身を責める発言をしているのだとか。周りの声が届いていないように感じます。

どこからどう見てもヤバい要素しかない!

この条件を見てしまうと決していい婚約者とは言い切れないもの。眞子さまに対してもマイナスイマージがついてしまっている印象。

 

図々しいさは母親譲り?皇族に「サポートを要求する」母

眞子さまの婚約者である小室圭さんの母親は、皇族に対してサポートを要求したと言われています。詳細な内容は明確に報道はされていますが、嫌な予感しか感じさせないですよね。

 

婚約者はアメリカ留学!結婚は「なし」であることを願う

現在、婚約者である小室圭さんはアメリカ留学で、弁護士を目指しているとのこと。多額の寮費や留学費はどこから出ているのか気になるところ。婚約者である小室圭さんには警備がついており、その費用も驚くほどの金額にのぼります。眞子さま自身は、小室圭さんに「会いたい」と発言していることから、まだこの恋から冷めるのには時間がかかりそう。恋は盲目とは、まさにこのことですね。

関連記事

関連記事