手磨き歯ブラシのおすすめ14選!あなたの歯に合う歯ブラシの選び方

手磨き歯ブラシを選ぶときに適当に選んでいる方は多いのではないでしょうか。そのへんで適当に歯ブラシを購入しているという方もおられるでしょうが、歯ブラシはどれでもいいわけではありません。

目的や用途によって歯ブラシを選ぶ必要がありますし、マッチしない歯ブラシを使っていると口内環境を乱してしまう恐れもあります。ここでは、歯ブラシの選び方やおススメの歯ブラシなどについてご紹介しますからぜひ参考にしてくださいね。

手磨き歯ブラシの選び方


手磨き歯ブラシはコンビニなどでも売っていますし、つい目に入ったものを購入してしまうという方が多いと思います。また、とりあえず安いものを買っておこうと考える方もいるようですが、これはNGです。ここでは手磨き歯ブラシの選び方についてレクチャーします。

歯茎が健康で磨いた感覚がしっかり欲しい:硬めの歯ブラシ

健康な歯茎で磨いたという感覚がしっかり欲しい方にお勧めをしたいのは硬めの歯ブラシです。ブラシ部分が硬い歯ブラシだとしっかりブラッシングしたという感覚がありますし、満足度も高いでしょう。

歯茎が健康でない方が硬い歯ブラシを使ってしまうと歯茎にダメージを与えてしまいますからNGです。あくまで健康な歯茎の方におすすめですから覚えておきましょう。

歯茎が過敏・歯肉炎:やわらかめ~普通の歯ブラシ

歯茎が過敏な方、歯肉炎の方はやわらかめから普通の歯ブラシを使ってください。これについては先ほど少しお話しましたが、硬い歯ブラシを使ってしまうと歯茎にダメージを与えてしまうからです。痛みも生じるでしょうからおススメできません。柔らかめの歯ブラシを使うときには磨き残しなどに気を付けて丁寧に磨くことを心がけてください。

歯と歯の間の汚れが気になる:山型ヘッドの歯ブラシ

歯と歯のあいだの汚れが気になる、という方には山型ヘッドの歯ブラシをおススメします。山型ヘッドの歯ブラシなら歯と歯のあいだの汚れをしっかり除去できます。細かい汚れにもしっかりアプローチできますし、清潔な口内環境を実現できるでしょう。このタイプの歯ブラシは毛が寝やすく劣化しやすいため交換の時期には注意してください。

時短をしながらしっかり磨きたい:平らなヘッドの歯ブラシ


ブラッシングの時間をなるべく短くしたいと考える方は少なくありませんが、時間を短くしてしまうと磨き残しも多くなってしまいます。時短をしながらしっかりと磨きたい方は平らなヘッドの歯ブラシが良いでしょう。ブラッシングの時間を短縮しながらしっかりと磨くことが可能になります。歯間の汚れは除去しづらいですから、フロスなども併用するとベストです。

歯肉炎・歯周病対策をしたい:毛先が0.2mm以下・柔らかめの歯ブラシ

歯肉炎や歯周病対策をしたい方には毛先が0.2mm以下で柔らかめの歯ブラシがおススメです。硬い歯ブラシを使ってブラッシングしてしまうと痛みを生じてしまいますし、余計なダメージも与えかねません。毛先がデリケートで柔らかめの歯ブラシならダメージを与えることもありませんし痛みも感じないでしょう。

奥歯までしっかり磨きたい・口が小さい:小さめヘッドの歯ブラシ

奥歯までしっかりブラッシングしたい、という方には小さめのヘッドの歯ブラシがベストです。ヘッドが小さなタイプだとしっかり奥歯にまで届きますし、除去しにくい食べかすなども排除できます。また、口が小さいという方にもヘッドの小さな歯ブラシはおススメですね。口が小さい方が大きな歯ブラシを使ってしまうと口が疲れてしまいます。子供用の歯ブラシを使うという手もありますね。

硬めの歯ブラシおすすめ2選

ここでは硬めの歯ブラシを2つ紹介します。しっかりとブラッシングしたい方は参考にしてくださいね。

DENT.EX システマ

DENT.EX システマ 歯ブラシ4本 アソート 44H(コンパクト かため)
超極細毛を採用した歯ブラシです。極細の毛ですが硬めに作られた歯ブラシですからしっかりと磨くことができますよ。極細のブラシが歯と歯のあいだの汚れもきちんと除去してくれますし、口内を清潔に保ってくれます。歯肉に与えるストレスも最小限ですから歯と歯茎に優しい歯ブラシと言えるでしょう。

プレミアムケアハブラシ 6列レギュラー かため

プレミアムケアハブラシ 6列レギュラー かため
こちらも硬めの歯ブラシとなっています。これまでの常識を覆すような幅広ヘッドを採用していることが製品の大きな特徴です。歯をしっかりと包み込んで磨くことができますし、いつも通りのブラッシングで効率よく歯を磨くことが可能になるでしょう。おススメです。

やわらかめ~普通の歯ブラシおすすめ4選

なるべく歯茎にダメージを与えたくない方、痛みがあるから優しくブラッシングしたい方にお勧めなのがやわらかめ~普通の歯ブラシです。ここでおススメ製品を厳選しました。

デントヘルスハブラシ やわらかめ

デントヘルスハブラシ やわらかめ 1本
柔らかいブラシを採用した歯ブラシです。柔らかいですから歯茎に余計なダメージ与えることもありませんし、口内炎などがあるときでも安心ではないでしょうか。一つ持っておくと役立つときがくるかもしれません。

ENT 軟毛歯ブラシ 超やわらかめ

ENT 軟毛歯ブラシ 超やわらかめ
ネーミングからも分かるように超がつくほど柔らかい歯ブラシです。弱ってきた歯茎にも優しくアプローチしますし、健康な歯茎の状態を保ってくれます。一般的な柔らかい歯ブラシではダメな方にはこちらがおススメです。柔らかいため磨き残しが増える可能性がありますから、そこは意識して気を付けるようにしてください。

GUM(ガム)・デンタルブラシ #428 (超コンパクトヘッド・ふつう)

GUM(ガム)・デンタルブラシ #428 (超コンパクトヘッド・ふつう) 1本入 (ブルー・レッド・グレー・グリーン カラーアソート)
こちらはふつうの硬さの歯ブラシです。超コンパクトヘッドとなっていますから奥歯へのアプローチも楽々ですね。口の中を隅々までブラッシングしたいという方にはもってこいの歯ブラシではないでしょうか。丁寧にしっかりと歯磨きしたいという方にこそおすすめしたい製品です。

P .D R ピーディーアール C ・ Selection ハノン

P .D R ピーディーアール C ・ Selection ハノン キャップなし 10本セット (ミディアム)
歯科医院専用歯ブラシですから安全性はかなり高い歯ブラシではないでしょうか。超極細のブラシがしっかり歯と歯のあいだに入り込んで汚れを除去してくれます。狭いところや歯周ポケットにも毛先がムリなく届きますからブラッシングしやすいですよ。丁寧なブラッシングを求める方に最適な歯ブラシでしょう。

山型ヘッドの歯ブラシおすすめ2選

山型ヘッドの歯ブラシは歯と歯のあいだの汚れをしっかり取りたいという方にピッタリの歯ブラシです。ここでは2つピックアップしました。

ジーシー GC ルシェロ B-10 歯ブラシ

ジーシー GC ルシェロ B-10 歯ブラシ 5本 (M(ふつう))
こちらは山型ヘッドになったふつうの硬さの歯ブラシです。歯肉炎や虫歯予防に最適な歯ブラシですし、グリップ部分も握りやすいよう設計されています。患者の口腔内の状態にあったものを処方する、というコンセプトをもとに開発された歯ブラシで、狭い部分にもしっかりブラシが届くような設計になっています。

ビトイーンライオン ハブラシ 超コンパクト

ビトイーンライオン ハブラシ 超コンパクト かため 1本
先端がかなりコンパクトになっているタイプの歯ブラシです。先端がコンパクトだと狭いところにもしっかりとアプローチできますし奥歯のブラッシングをしやすいというメリットもあります。磨きにくい部分もきちんと磨くことができますから、いつも口腔内を清潔に保つことも可能になるでしょう。

平らなヘッドの歯ブラシおすすめ2選

ここでご紹介するのは平らなヘッドの歯ブラシです。時短をしたいけどしっかり磨きたい、という方におすすめしたい歯ブラシですね。

タフト24

キャップなし タフト24 歯ブラシ × 10本 (MS)
使って納得できるだけの機能性をすべて備えた歯ブラシだと公言するほどのメーカー自信作です。理想のプラークコントロールを追求した歯ブラシとなっていますし、使いやすさにもこだわって作られました。高品質歯ブラシの代表格と言っても過言ではないでしょう。

ガム・デンタルブラシ#166

ガム・デンタルブラシ#166 3列超コンパクトヘッド ふつう
超コンパクトヘッドで狭いところのブラッシングにも適したタイプです。時短にもなりますし、持ちやすさにもこだわって作られていますから一度試してみてはいかがでしょうか。歯茎が気になり始めた方などにもおすすめできます。

毛先が0.2mm以下の歯ブラシおすすめ2選

毛先が0.2mm以下の歯ブラシをピックアップしました。歯周病や歯肉炎などが着になる方はこちらがおススメです。

CURAPROX(クラプロックス)歯ブラシCS Smart【スマート】

CURAPROX(クラプロックス)歯ブラシCS Smart【スマート】
柔らかいブラシを採用しています。毛先の直径が0.08mmとなっていますからかなりの極細と言えるでしょう。毛先も柔らかいですから歯茎に余計な負担を与えることもありませんし、ブラッシング力も相当なものです。

システマ ハブラシ 4列 レギュラー

システマ ハブラシ 4列 レギュラー ふつう 3本パック
システマからリリースされている超極細タイプの歯ブラシです。しっかりと細かいところまでブラッシングできますし、しつこい汚れもきちんと除去できるでしょう。歯や歯茎へのダメージも少ないタイプです。

小さめヘッドの歯ブラシおすすめ2選

ヘッドが小さな歯ブラシは奥歯なども磨きやすいです。ここでは2つおススメ品をご紹介しましょう。

クリニカアドバンテージハブラシ3列 コンパクト

クリニカアドバンテージハブラシ3列 超コンパクト ふつう
ヘッドがかなりの幅狭となっていますから奥歯もしっかりと磨くことができるでしょう。奥歯だけでなく普通のヘッドではなかなか磨けないような部分もしっかり磨くことができますし、丁寧な口腔ケアが可能になります。

【ジーシー(GC)】【歯科用】ルシェロ P20 M ピセラ


女性のために開発されたペリオ歯ブラシです。コンパクトヘッドにすることで男性よりも口が小さなことが多い女性が使いやすくなっています。効率よく無理のないブラッシングが可能な歯ブラシと言えるでしょう。

まとめ

歯ブラシの選び方やおススメ品をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。目的や用途に応じて歯ブラシを選ぶことが大切ということにも気づいたと思います。ここでご紹介した歯ブラシはどれもおススメですから、自分に合った歯ブラシをぜひ見つけてください。