ムダ毛処理の方法は?一般的な自己処理の方法を紹介します

最近では男性もムダ毛の処理に気を遣う方が増えてきましたが、それでも基本的に男性はムダ毛処理をしない方のほうが多い傾向にあります。脇やアンダーヘア、腕、足などの毛を頻繁に処理しているという男性はそこまで多くないでしょう。それに比べると女性は頻繁にムダ毛の自己処理をしていると思いますし、特に夏場など肌の露出が多い季節になると、相当な頻度で自己処理をしなくてはならないかと思います。そこで、ここではムダ毛処理の一般的な方法や、ポイントなどについてお話したいと思います。

ムダ毛の自己処理:毛を剃る方法

もっともスタンダードなムダ毛処理の方法と言えばやはりこれではないでしょうか。毛を刃物で剃ってしまうという方法ですね。恐らく誰もが一度はこの方法でムダ毛の自己処理をしたことがあると思います。

手軽で簡単なカミソリ

カミソリを使った自己処理はもっとも手軽で簡単です。多くの女性がこの方法を用いてムダ毛処理をしているのではないでしょうか。カミソリはコンビニやドラッグストアなどですぐに手に入りますし、カミソリで剃る以外の処理方法を試したことがないという方も多いと思います。それくらい手軽で身近な方法ですよね。

肌への負担が少ない電気シェーバー

カミソリでの自己処理はどうしても肌に負担を与えてしまいます。直接肌に刃物をあてているわけですし、肌に余計なストレスを与えてしまうことも少なくありません。電気シェーバーは肌への負担がカミソリに比べて少ないとされていますので、肌が弱い方などが電気シェーバーでの処理を行っていることが多いです。

産毛や細かい毛に便利なトリマー

パナソニック ボディトリマー お風呂剃り可 男性用 白 ER-GK60-W

トリマーは細かい毛や産毛の自己処理に便利です。顔専用のトリマーは数多く販売されていますし、使っている方も多いかもしれませんね。眉専用のトリマーなども市販されています。デリケートな処理が可能になるとされていますし、シビアな処理も可能になるでしょう。

ムダ毛の自己処理:毛を焼き切る方法

毛を焼き切るといった自己処理の方法もあります。この方法を用いて処理している方も多いと思いますが、代表的なのは熱線式脱毛器とヒートカッターではないでしょうか。

毛先がチクチクしない!熱線式脱毛器

ヒーティングスタイル 熱線・パッド式 脱毛器 depiTime デピタイム シャンパンピンク ホットブレイドつき特別セット

熱線式脱毛器もさまざまな製品がリリースされていますし、そこまで高価でもないため持っている方も多いかもしれません。自宅で手軽に脱毛できると最近流行っていますよね。毛根にも間接的なダメージを与えることができますから脱毛効果も期待できるようです。毛先が丸くなるためチクチク感もないとされています。

Vラインの処理に便利なヒートカッター

audorx Vライントリマー Vラインヒートカッター 除毛 脱毛 ムダ毛処理 アンダーヘア用 RH-1801

ヒートカッターはヒートカット方式を採用したシェーバーやトリマーのことです。Vラインの処理に便利ですし、ビキニライン専用のトリマーも販売されています。ヒートカットというネーミングからも分かるように、こちらのタイプも毛先を丸く処理してくれるそう。そのためチクチク感も限りなく少ないことが期待できます。

ムダ毛の自己処理:毛を抜く方法

毛を抜いて処理しているという方も少なくないはずです。カミソリやシェーバーで剃るよりも抜いたほうがしばらく処理しなくていいから、という理由で抜いている方も多いのではないでしょうか。

眉毛の手入れにぴったり!毛抜き(ピンセット)

毛抜きやピンセットを使って行う処理の方法です。主に眉毛の処理にこの方法を用いている方が多いのではないでしょうか。人によっては鼻毛を毛抜きで抜いているという方もいるかもしれませんね。主に眉毛の処理に用いることが多いです。

広範囲の処理に適した脱毛ワックス・脱毛テープ

脱毛ワックスやテープを用いた方法です。メリットは広範囲に亘って一度に処理できるということですね。毛抜きだと1本ずつ抜いていくしかありませんが、脱毛ワックスやテープを使用すると一度に大量の毛を抜くことができるとされています。

スピーディーに処理できる電動毛抜き

最近では電動タイプの毛抜きもあります。電動タイプの毛抜きだと労力がかなり少なくなるかと思いますので、最小限の労力でたくさんのムダ毛を処理することができるでしょう。電動タイプの毛抜きを使う方も増えているのではないでしょうか。

ムダ毛の自己処理:薬剤を使う方法

ここでは薬剤を使用した自己処理の方法についてご紹介します。薬剤を使った処理と聞くと少々怖い印象を持ってしまうかもしれませんが、まったく怖いことはありません。ここでは代表的な方法をご紹介します。

キレイに処理できる除毛剤

除毛剤を使用するとキレイに処理することができるでしょう。除毛クリームというネーミングで販売されていることが多いとされ、さまざまな製品があります。肌に塗布するだけで除毛できるでしょうし、手軽に自己処理できますから便利とされています。

ムダ毛を目立たなくさせる脱色剤

脱色剤を使用した方法です。脱色して何の意味があるの?と思った方もおられるでしょうが、脱色することで毛を目立たなくさせる効果が期待できます。黒い毛が金色、肌色になりますから、パッと見た感じではムダ毛がないように見えるとされています。そうした効果を狙った方法ですね。

肌への負担が少ない!抑毛剤

抑毛剤を使用した処理方法もあります。毛が生えてくることを抑える、抑制するための薬剤で、肌への負担が少ないとされることが一つの特徴ではないでしょうか。敏感肌や乾燥肌の方だと自己処理の方法によっては肌を傷めてしまう恐れがありますから、そのような方にピッタリかもしれません。

間違った自己処理は肌に負担をかける!ムダ毛の自己処理のポイント

ムダ毛の自己処理をしている女性は大勢おられるでしょうし、自己処理しかしていないという方が大半だと思います。しかし、ムダ毛の自己処理方法によっては肌に必要以上のストレスを与えている可能性がありますし、肌がどんどん傷んでしまう可能性もあります。そのようなことにならないためにもムダ毛の自己処理ではいくつかのポイントを押さえておかねばなりません。

ムダ毛処理の頻度は多くて2~3日に1度にする

ムダ毛処理を毎日のようにしている、という方も中にはおられるかもしれませんが、これはNGと言われています。ムダ毛が気になってしまう、毎日でも処理したいと考える気持ちは理解できますが、毎日のように自己処理していると肌に多大な負担をかけてしまう恐れがあります。ムダ毛処理の頻度は多くても2~3日に1度くらいがベストとされ、毎日行うことはよくないとされています。

ムダ毛処理したあとは肌を保湿する

ムダ毛の処理をしたあとに特に何もしないまま放置、という方は多いと思いますがこれもダメです。自己処理した後の肌は乾燥しやすくなっていますし、外気の影響も受けやすくなっているとされています。肌が傷みやすくなっていますから、きちんと肌を保湿することは忘れないようにするといいでしょう。化粧水や保湿クリームなどを使って、しっかりと保湿してあげるようにしましょう。

自己処理に限界を感じたらエステでプロに相談する

自己処理に限界を感じることもあると思います。また、毎日でも処理したいという方もおられるでしょうから、そのような方はエステでプロに相談してみるのも一つの手です。脱毛専門のサロンで施術を受ければ毛が生えてこなくなる効果が期待できますし、そうなると今後自己処理をする必要もなくなるとされています。自己処理することがなくなれば肌に与える負担もなくなりますし、肌もキレイになることが期待できるでしょう。脱毛専門のサロン、もしくは美容クリニックなどでプロに相談するという選択肢も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ムダ毛の自己処理方法についてまとめてみました。ここでは代表的なムダ毛の自己処理方法についてご紹介しましたが、ほかにも人によっては独自の処理をしている方もいるかもしれません。基本的に自己処理は肌に多少なりとも負担を与えてしまう恐れがありますから、肌が弱い方、敏感な方ほどエステや美容クリニックで脱毛して根本から改善したほうがおススメとされています。そうしたことも検討してくださいね。