リンパ腺の場所はどこ?知っておきたいリンパ線のこと

リンパの流れが悪い、リンパマッサージが美容にイイ、といったことをよく耳にすることは多いかと思います。実際にリンパマッサージをしたことがある女性も少なくないでしょう。しかし、実際のところそのリンパ、リンパ腺などがどこにあるのか詳しいことをご存知という方は意外に少ないのではないでしょうか。そこで、ここではリンパについてのさまざまな知識をお伝えしたいと思います。

リンパとは?

人間の体にはたくさんの血管があります。血管は文字通り血の管で、この中を血液が流れて体中に行きわたっています。毛細血管の中にはいくつもの小さな穴が開いているのですが、そこからは水分が漏れています。この漏れている水分のことがリンパ液と呼ばれています。リンパ液はさまざまな体内の老廃物やたんぱく質などと一緒にリンパ節に入ります。つまり、リンパの流れが悪くなると老廃物などを体外にスムーズに排出することができなくなるとされているのです。

リンパ腺の場所

View this post on Instagram

✴︎リンパマッサージって?✴︎ 私達の身体には、血管に沿って網の目のようにリンパ管が張り巡らされていて その要所にリンパ節があります。 . リンパ管の中を流れているのがリンパ液で、全身に栄養分を運び .いらなくなった老廃物や疲労物質を回収したり .身体に侵入した細菌やウイルスなどの感染を食い止める働きを担っています。 . つまり、「排出」と「免疫」に大きく関係していると言えます。 リンパ管には心臓のようにポンプの役割をする器官はいので 筋肉を動かす事によって静脈に送られる仕組みになっています。 . リンパ液の流れは非常にゆっくりなので 運動不足や生活習慣、姿勢などによってリンパの流れが悪くなると、疲労物質や老廃物が体に溜まり、痛みやさまざまな不調を招くようになります。 . リンパの流れを良くする事は、健康で美しい体に導くカギとなり、それを助けるのがリンパケア(リンパドレナージュ)です。 ・ ・ 🔵効果🔵 ✴︎免疫力アップ ✴︎冷え性改善 ✴︎新陳代謝アップ ✴︎むくみ解消 ✴︎肩こり・首コリ改善 ✴︎自律神経を整える ✴︎疲労解消 ✴︎リラクゼーション効果 ✴︎美肌効果 ✴︎アンチエイジング効果 . 様々な効果が期待されますので .是非ご体感ください◡̈♥︎ . #リンパマッサージ #リンパドレナージュ #リンパ節 #serene #米ぬか酵素風呂 #河内長野 #三日市町 #健康寿命 #内側から美しく

A post shared by ✳︎non✳︎ (@serene.nodoka0724) on

リンパ腺はリンパ節とも呼びます。このリンパ節がどこにあるかを覚えておくと今後マッサージもしやすいかもしれませんね。ここではリンパ節がある場所についてお話しましょう。

耳の前:耳下腺リンパ節

ここは比較的ポピュラーなリンパ節の場所ではないでしょうか。正式な名称は耳下腺リンパ節と言います。

アゴの下:顎下リンパ節

アゴの下にもリンパ節がありますから覚えておきましょう。正式な名称を顎下リンパ節と呼びます。

鎖骨:鎖骨リンパ節

美しい鎖骨は女性らしさの象徴とも言われていますし、綺麗な鎖骨に憧れる方も多いですがここにも鎖骨リンパ節があります。

脇の下:腋かリンパ節

ワキの下にあるリンパ節も比較的有名かもしれませんね。ここにあるリンパ節は腋かリンパ節と呼んでいます。

肘:肘リンパ節

肘にあるリンパ節のことはあまり知られていないかもしれませんが、ここにも肘リンパ節と呼ばれるものがあります。

腹部:腹部リンパ節

腹部のリンパ節はマッサージを行うこともよくある場所ですから割とよく知られているでしょう。腹部リンパ節です。

脚の付け根:そけいリンパ節

ここも代表的なリンパ節の一つと言えるでしょう。足の付け根部分にあるそけいリンパ節と呼ばれるリンパです。

ひざ裏:膝かリンパ節

ここの場所にあるリンパ節についてはあまり知られていないかもしれませんが、ここには膝かリンパ節があります。

リンパの役割とは?

リンパの大まかな意味や場所などについてはある程度理解できたと思いますが、そもそもリンパの役割とはいったい何なのでしょうか。やはりそれが一番知りたいことですよね。そこで、ここではリンパの役割についてお話したいと思います。

細菌やウイルスをくいとめる

この世には数多くの細菌やウイルスが存在しますし、それが体の中に入り込むことでさまざまな疾患を引き起こすことがあります。そうした細菌、ウイルスをリンパは食い止める役割を果たしていると言われています。リンパがないと、細菌やウイルスによってすぐに体が蝕まれてしまう恐れがあります。

骨髄で出来たリンパ球に正常な細胞と異常な細胞を識別させる

体内には正常な細胞と異常な細胞があります。リンパ球は骨髄でできているのですが、このリンパ球が正常な細胞と異常な細胞を識別していると言われています。何となくイメージできると思いますが、異常な細胞が体内に存在して良いことはないですよね。リンパ球がきちんと細胞を識別してくれているからこそ我々は健康でいられるとされています。

全身の水分を回収する

人間の体のほとんどは水でできています。体中を血液やリンパ液などが流れていますし、8割近くは水分でできてると言われています。リンパの働きの一つとして全身の水分を回収してくれると言われています。リンパの流れが悪くなってしまうとこの働きが弱くなってしまいますし、結果的に体がむくんでしまうとされています。

リンパ腺が腫れているときは?

リンパ腺が腫れてしまうことはよくあります。人によっては頻繁にリンパが腫れてしまうという方もいますが、このような時にはいったいどうすればいいのでしょうか。

大きさが1.5㎝以上ならまず受診するべき

リンパ節を触ってみるとなんとなく「ここかな」というのが分かると思います。特に顎下や耳の下などの位置にあるリンパは分かりやすいのではないでしょうか。手で触ってみたときに1.5cm以上の大きさだと思ったときには一度病院で診察を受けることをおススメします。これくらいの大きさだと一般的な大きさよりはやや大きいですし、リンパが腫れているという状態とされています。もしかすると何らかの異常が起きているのかもしれませんから、素人判断せずに一度医療機関で診察を受けてみた方がいいでしょう。

激しく痛む、リンパ節から膿などが出ている時は直ちに受診

リンパは腫れているだけでまったく痛みなどを生じないこともあります。そのため、リンパが腫れていたとしても病院に行くことなくそのまま放置してしまう方もいるのですが、激しい痛みを生じるようなケースもあります。このような時にはすぐにでも病院で診察を受けた方がいいでしょう。また、リンパ節から膿などが出ているときも同じく病院で診てもらった方がいいでしょう。そのまま放置しておくと大変なことになってしまう可能性もありますから、痛みを生じたときや膿が出ているときはできるだけ早く病院で診察を受けるようにした方がいいでしょう。

大きくなる速度が一か月で1.5㎝を超えるものは早めの受診を

リンパが大きくなるスピードにも注意が必要と言われています。じわじわと少しずつ大きくなるようなことが多いのですが、一ヶ月で1.5cmを超えるほどのスピードで大きくなった場合には注意が必要とされています。このような時にはリンパの流れもかなり悪くなっていると考えられますし、何らかの異常が起きている可能性があります。そのままにしておくと大病に繋がってしまう恐れもありますから、このような場合も早めに病院で診察を受けた方がいいとされています。

まとめ

リンパについてのさまざまな情報をまとめてみました。リンパという言葉そのものはよく耳にしますし、よく分からずにリンパマッサージなどをしていた方も多いと思います。ここではリンパに関するさまざまな情報をお伝えしました。

リンパが我々の体に及ぼしている影響は非常に大きいとされていて、リンパの流れが悪くなるとさまざまな疾患の原因となることも考えられます。リンパの腫れなども健康のバロメーターのようなものですから、今後リンパが腫れたといったときにはなるべく早めに病院で受診するようにした方がいいでしょう。