写真嫌いの理由は?写真嫌いを克服する方法

旅行などで思い出に残したい瞬間を写真に収める人は多いものです。特にSNSにアップしたりする人は特に多くなっています。しかし中には写真を撮られることが嫌いという方もいます。理由はそれぞれ個人によって大きく異なりますが、カメラを向けられると不快に感じるケースも見られます。

写真を撮られることが嫌いな人はどういった理由を持っているのでしょうか。その理由について説明したいと思います。また写真嫌いを少しでも克服するための方法についても触れてみたいと思います。

写真嫌いな人の理由


写真を撮ることで楽しかった時のことを思い出すことができますし、自分自身の記録にもなるメリットがあります。しかし中には写真を撮られることを嫌う方もいるものです。写真に写った自分を見るのが嫌だという理由などが挙げられます。

しかし実際にはこれだけではなく、いろんな理由があります。ここで多く見られる理由について説明したいと思います。

自分の見た目そのものが嫌いと思っている

写真に写った自分を見ることが嫌いな方がいます。自分の顔を客観的に見たくないという理由からですが、そのため写真にはできるだけ映りたくないと思いますし、積極的に自分からカメラの前に来ることも避ける傾向にあります。このような方が写真で笑顔を見せることはあまりなく、表情も硬くなってしまいます。

SNSなど個人情報の流出に気を付けている

最近ではネット上のSNSで様々な画像をアップしている方がいます。その画像に対してコメントが掲載されるととてもうれしいと感じ、さらにいろんな画像をアップして喜んでもらいたいと思っています。

しかし最近ではネット上にアップした画像によって個人情報が流出することに慎重になっている方も多くなっており、そのため、写真に撮られることを嫌う傾向にあります。

写真に写る自分にこだわりがある

カメラ

写真に写るからには自分のこだわりの表情を見せたいと思っている方もいます。こういった方は自分が納得する表情で映りたいと思い、他人が撮る写真を好まないことが多いものです。このような方は自分でじっくりと写真を撮ることを好みます。

承認欲求が強いと思われたくない

人に承認されたいと思っている方は、SNS等で自分語りを多くしたり、関連する画像を頻繁にアップしたりすることが多いものです。しかし中にはこのようなことを嫌悪する方もおり、承認欲求が強い人間だと思われたくないと思うものです。そのため、あまり写真を撮られることを希望しません。

過去や思い出を残したくない


人によっては過去の思い出を残したくないという方もいます。重要なのは将来であって過去にはあまり価値を置いていない方はこういった気持ちを持つ傾向にあります。

過去の思い出は写真ではなく、記録などによって残したいと思っている方も結構多いものです。将来に対して強いビジョンを持っている方にも、この傾向がある方が多いといえます。

写真は撮る方が好き

写真に撮られることを嫌う方の中には、自分が映ることが嫌いなのではなく、写真に対して自分なりのこだわりがあり、そのこだわりを持ってじっくりと自分で撮りたいと思っている人もいます。自分の個性を反映させたような写真を好み、自分の世界を感じさせるような写真を撮ることを求めます。そのため、他人が撮る写真は価値がないと思うことが多いものです。

みんなが写真嫌いになる原因

写真を撮る、また写真を撮られることを好まない方もいます。写真を撮られることが好きな方にとっては不思議に思われるかもしれませんが、写真が嫌いな方は自分なりのはっきりした理由を持っているものです。その人の写真を撮りたいと思っている方は、その理由を知っておくと何らかの対策になることでしょう。ここでその理由について説明したいと思います。

写真写りが悪い

写真を撮ると実物と違うことが多いと感じる方もいます。実際にあまり違っていないケースもありますが、中にはいつもの自分とは違った雰囲気にいつもなっていることがある場合もあります。カメラのレンズを向けられると表情が硬くなりがちな方に多いものですが、リラックスした状態なら笑顔も出て自然な感じになることでしょう。

歳をとった自分を見るのがイヤ


鏡で自分の顔を見た時と、写真に写っている自分を見た時に大きく違って驚くことがあります。写真の顔は現実をそのまま見せてくれるため、写真に写った自分の顔を見ると老けて見えたり、歳を取ったと感じることが多く、そのため写真を撮られることを嫌う方も結構多いものです。

この場合には、明るい場所で撮ったり、周囲に美しい花などがあると写真の顔もより素敵に見えることが多いといえます。

どんな表情やポーズをしたらいいか分からない

写真慣れしていない方に比較的多いものですが、カメラを向けられた時にどんな表情をしたらいいのかわからず戸惑ってしまうことがあります。

そんな時に写真を撮ると戸惑いや不安などがダイレクトに写真に反映されてしまい、撮られた本人は写真に撮られたくないと思ってしまうものです。また写真を撮るときにどんなポーズをしたらいいのかわからないという方もいます。

写真を撮るときのノリが嫌い

写真を撮る時には大人数で集まったり、ポーズをとることが結構多いものです。しかしいつもクールにしている方などはこういったノリで写真を撮ることを嫌う傾向にあります。

ただこんな方も自然な感じで撮る場合には比較的ナチュラルな表情で撮らせてくれることがあります。騒ぎながらの写真撮影といったことを嫌う方に対しては、落ち着いた雰囲気で撮るようにくふうしてあげるといいでしょう。

写真嫌いを克服する「写真写りをよくする」方法

写真を撮られることに対して嫌悪感を抱いている方は、写真写りが悪いことを理由とするケースが多いものです。写真嫌いを克服するためには、写真写りを良くする方法を知って実際に写真を撮られてみることをお勧めします。そうすればきっと納得できる表情で写真に写ることができることでしょう。

ここで写真写りを良くする方法について説明したいと思います。

恥ずかしがらずに歯を見せて微笑んでみよう


写真写りを良くするためには、明るい表情を見せることが何よりも大切です。歯を意識して見せるようにしてみると笑顔を作ることができます。写真を撮られるときに戸惑ってしまうという方は、歯を見せるようにしてみてください。ただあまり意識しすぎると不自然になるため、歯を見せながら笑顔を少し見せるようにして見ることで、今までよりもずっと写真写りがよくなります。

少し上目づかいすることがポイント

目が舌に向いていると表情が暗く見えたり、おもしろくないような感じになってしまいます。明るい表情にするためには、少し上目使いになるようにしてみるといいでしょう。そうすると表情の暗さは見られず、明るい感じに見せることができます。

余計な演技はしない

不自然さを出しながら写真を撮るとナチュラルな表情にならなくなってしまいます。いつもしないような余計な演技をするとかえって不自然な写真になってしまいます。ナチュラルさを失わず、自然体で写真に撮られるようにしてみてください。

神経質になり過ぎない

写真を撮られるときに神経質になりすぎると、表情が硬くなってしまいます。ナチュラルで明るい表情を見せるために、あまりいろんなことを考えないようにしましょう。自然に写真を撮られた方がはるかにいい写真になるものです。

カメラはまっすぐ見過ぎない

証明写真はカメラをじっと見ることが大切ですが、日常での写真撮影ではカメラをじっと見る必要はありません。さりげなく視線をカメラに向けることで、自然で明るい表情の写真にすることができます。

自分が一番良く見える角度を探す

人はそれぞれ自分が一番よく見える角度というものがあります。これは日常で見つけていくことが大切です。鏡を見ながら、自分の顔が一番よく見える角度を見つけるようにしてみてください。

まとめ

写真を撮られることが嫌いな方は、それなりの理由があるものです。その理由に対する解決法を知ることで、今まで以上に素敵な表情の写真を撮ることができるものです。またより多くの写真を撮ってほしいと思うことでしょう。